★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_20191202142233c42.jpg2_201912021422351d6.jpgグロい画像で申し訳ない。ご覧のとおり、「老人・ホモ」プラス「生フェラ」オプション付きの三重苦。まさに性欲界のヘレン・ケラー、地獄絵図といってもよかろう。おそらく読者のみなさんの大半は、モーレツな嫌悪感を抱くに違いない。が、ちょっと待ってほしい。この2人の老人、実は哀しく重い歴史を背負っているのだ。彼らはホモ迫害の苦難を乗り越えてきた生き字引なのである。世間ではよく「世界3大珍味」といった表現を使う。では同様に「世界3大狩り」なるジャンルが存在するのをご存知か。
3つとは、「魔女狩り」「ユダヤ狩り」、そして最後に「ホモ狩り」が続く(よりによって「ホモ狩り」0あまりにストレートすぎる表現でお間抜け感すら漂うか。が、一方で人類史の2大汚点「魔女狩り」「ユダヤ狩り」と同列に並べられているのが凄まじい。言い換えれば、それほど迫害を受けてきたという証拠なのだ。それを考えれば「オヤジ狩り」など可愛いもんだろう。なんせ21世紀に入った現在でも、ゲイカップルが殺される事件が世界中で続発している(特に盛んなのがアメリカで、専門の狩りチームが2千以上も存在しているほどだ。
この老人力ップルも、いつ標的にされるかビクビクしながら毎日を過ごしていることだろう。表情が硬いのもそのせいに違いない。ちなみに人類史上、もっとも壮絶な「ホモ狩り」は、ナチスドイツで行われた。あのヒトラーはご丁寧に「ホモ禁止法」を施行し、さらにはゲシュタポ内に「ホモ担当局」まで設置、同性愛撲減に力を尽くしたのだ。毎日ひたすらホモを探し続けるだけの仕事をさせられた担当局長の姿を想像すると実にせつない。
が、それ以上にせつないのは逮捕される側。ホモという理由だけで即(ガス室送り方では、たまったもんではなかろう。どうだろう。かように、ホモ老人カップルは厳しく哀しい人生を送ってきたのだ。単に気持ち悪い画像に見えても、その裏には侮れない闇の歴史が隠されているのである。第2次世界大戦以降、ホモの数は世界中で確実に増え続けている。社会の」局年齢化も急速かつ確実に進む一方だ。もはや、先の展開は言うまでもなかろう。20年後にはこの写首「同様の光景がアチコチで見受けられるに違いない。キミも来るべき将来に備え、あらかじめ自分の感覚を慣らしておきたまえ。写真の老人たちは未来への試金石なのだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ