★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
2_20191201162958201.jpg3_20191201162959962.jpg4_2019120116300125d_20200119095406d76.jpg5_20191201163002500.jpg6_20191201163004d6f_20200119095502a60.jpgee061.jpgee055.jpg148.jpg149.jpg
フェロモン香水をつけるとモテるのか?良い匂いフェチの女性は多い

「スズキさんってモテるんですね」
モテる。それはちょっと違う。実はオレ、一つ大事な武器を使っているのだ。それは、かつてぽちゃ女限定パーティで知り合った、ショップスタッフ26才女性と話したときの一言にあった。カップリングが成立し、近くの居酒屋に入ったオレたちは好きな異性のタイプの話になった。
「どういうタイプが好きなの?」
「うーん、今まで付き合ってきた人を振り返ってみても、これと言って共通点ってないんですよね」
「顔とかの好みもないの?」
「それもないんですよね」
いまいち腑に落ちない説明のあとに、彼女が「はっ」と思い出したように口を開いた。
「あっ、でもひとつだけありました」
「え?なになに?」
「アバクロのフィアースつけてる人いたら無条件で好きになっちゃうんですよね」
「フィアース?なにそれ?服のこと?」
「違います、アバクロが出してる香水で、めっちゃいい匂いするんですよ」
おいおい、香水ひとつで好意をもってもらえるならこっちも苦労しないって。
「でも、匂いだけで惹かれるなんてありえないでしょ?」
「うーん。でも私、街中でつけてる男の人わかるとちょっと追いかけたくなっちゃうくらい好き。彼氏には絶対つけてほしいし。抱きつきたくなるもん!あははは!」
なるほど、まあ変わった女もいるもんだな。この日、香水なぞつけてなかった俺は、彼女をホテルに誘うことはできず、解散となった。
「その香りを嗅ぐと近づきたくなっちゃう」
 それから数ヵ月後。再度婚活パーティに足を運んだ時のことだ。フリータイムで20代後半の事務職さんが、なんと同じ香水の話をしてきたのだ。
「今日ざっと話してみて、僕のプロフィール以外にピンときた男の人っていましたか?」
「うーん、あんまり思い出せないんですけど…あっ! 知ってる香水つけてる人がいたのでその人は覚えてますね」
「知ってる香水?そんなの見分けつくんですか?」
「私、そんなに香水詳しいわけじゃないんですけど、アバクロのフィアースだけは好きでわかるんですよね」
この単語、前のぽちゃパーティの女が言ってたやつだ!
「そんなにいい香りなの?」
「私は好きなんですよねえ」
たまたまかもしれないが、婚活女から2度も同じ商品の話をされるとさすがにその効力を信じてみたくなるものだ。すぐさまアバクロのフィアースを注文した。値段は50㎖で8千円ほどだ。届いた香水の匂いを嗅いでみる。うーん、スパイシーな男っぽい香りではあるが、正直そこまで珍しい香りだとは思えない。無個性な香りにすら感じる。こんなんで女のマンコが濡れたらどんだけ楽なんだよ。だが、なんでもモノは試してみるものだ。翌月、婚活パーティ取材に赴く前、フィアースを身体にひと吹きして会場に向かった。いつものように回転寿司タイムでセクハラと言わざるを得ないプロフィールカードを女性たちに差し出す。期待通りの多様なリアクションを示してくれる女性たちがいる中、ひとりの女性が俺の香りに反応を示した。
「なんだか、いい匂いしません?」
「あ、わかります?」
「いいですね、この香り!」
それがアバクロのフィアースという香水であることまでは当てられなかったものの、彼女は間違いなくその匂いに反応していた。さらにそのあとも2〜3人が反応を示し、この3時間後、最初の彼女に股を開かせることに成功したのだった。
むろん、香り以上にプロフィールカードに書いたスケベワードのインパクトが大きかったことは間違いないが、香水がさらに成功を後押ししてくれたことは間違いないだろう。以降、ここ1年ほどの婚活パーティ取材ではフィアースをひと吹きして会場へと向かっている。婚活女性から「いい香りしてますね」と言われた経験は数えきれず、また「それ、アバクロの香水ですよね?」とピンポイントで当てられたケースも少なくない。なかには、「その香りを嗅ぐと近づきたくなっちゃう」と言った女性すらいたのだ(もちろんヤれた)。オレはアバクロの宣伝担当者でもなんでもない。しかし断言したい。フィアースこそが本物のフェロモン香水なのだと。

フェロモン界はえらいことになってますね。
商談に臨むと、バシバシまとまるという…。
バカだねえ。ほんつとにバカ。
お前フェロモン好きだなあ。前も車に吊るすヤツ試してたじやん。
あれは、使う場所が特別だっただけでしよ。今度のは目的が違いますから。
目的?ええ。もう女をメロメロにするとか、
そんなレベルじやないんですよ。
これ見てくださいよ。商談がまとまる松どうでしょうか?
ありえないね。だいいち、お前に商談なんかする機会ないじやん。原稿料の交渉ぐらいだろ。
だから強引に押し売りでもやってみようかなと。ゴムひも持って「買ってくれないか」と交渉しに行くんです。
お前わざと無理なことしてないか?だって普通にまとまる商談だと効果がわからないでしよ。あえて難しいことに
だから、これをプシュつと吹きしてトライしないと。

女にモテてモテて困る、という悩みは恐らく大半の人には無縁であろう。

こんな悩みは、ズバ抜けた何かを持ちえた、ごく一部の人間に限られた特権だ。かくいう僕の場合を言うと、まったく女にモテないわけではない。バスケ部でレギュラーを張った時は、バレンタインデーにチョコレートのーつや2つは毎年もらってたし、これまでに付き合った女も4、5人はいる。やっちゃった子は…10人くらいだろうか。

まあ、女とは人並みに仲良くやってきた方だ。しかし、容易に女の目をハートマークにしてしまうモテモテ男と僕のケースとはまったく別次元の話。僕にとっては未知の状況と言ってもいい。では、モテる条件とは何なのか。

簡単に言うとキムタク並のルックスや一流の才能、そして女の物欲を十分満たすことのできる経済力のことだ。…噴飯ものだ。こんな条件は、一般の人間がクリアできるハードルではない。いやだーもっと簡単にモテる方法はないのかよっ。
「イタリア人のフェロモン使用しております」
いや、モテる方法はある、多分。というのは、最近実話系雑誌で「ヤツ」に出会ったからだ。まずはこちらを読んでくれ。

「あなたのそばに寄った誰かが性的興奮を引き起こす」

「憧れのあの女性が、あなたを欲しくなる」

これこれ。この胃モタレしそうな売り文句。体につけた瞬間、女にモテまくるという例のフェ口モン香水の広告である。おっと。シラケてはいけない。

もちろん、「そんなの効くわけないじゃん」「何言ってやがる」「お前はアホかー」

皆さんの意見は十分承知している。

実際、その広告から染み出てる独得ないかがわしさを否定するつもりはない。例えばフエロモン香水「フェ口チカホーク」の場合、成分には「天性のナンパ師であるイタリア人男性かり抽出されたフェ口モンを使用」、ある。
イタリア人モテるという図式。この根拠のなさ過ぎる理論がかえって頼もしくもあるが、いかんせんイージーで切ない感じは拭いようがない。そしたら、モテる成分を抽出されたイタリア人はニ度とモテんのかいー。

とまあ、ツッコめばきりがないこのフェロモン香水。しかし、ウサン臭いというだけで、頭ごなしに否定してしまうのも野暮な話だ。偉大な発見は堂識を否定することかり生まれるのだ。僕のようなボンクラライターが何の努力もなくバカモテしたいと思って何が悪い。
とにかく香水のお手並みを拝見してみよう。上手くゆけば儲けモンではないか。まず、フェロモン香水を買うにあたり、雑誌広告やネットを調べてみた。種類はさほど多くないものの、値段に相当のばらつきがある。一つの業者にその辺を間い合わせてみると、「うちのは、他社よりもフェロモン成分の濃度が濃いから効き目も強い。だから高価なんだよ」

要は、値段の違いでモテ効果に差が出るということか。それならばと、フェロモン香水。左から「フェロモンシャワー」、「フェロモン香水」、「夢・20」と値段の違うフェロモン香水を3つ購入した。状況によって使い分けようという魂胆だ。
オヤジ臭い香水。女性の反応もイマイチ
まず僕が香水の効果を試す場に選んだのが、ねるとんパーティだった。僕自身、初体験だが、何でも、出会いに飢えた女たちが結構くるらしい。フェ口モンを放ってモテまくるには絶好の環境といえよう。

新宿のパーティ(参加料4500円)会場には、男性13人、女性10人が集まっていた。ダサイ男ばかりだろうと紙めていたが、中には普通にかっこいいヤツもいて予想外。年齢も25-33と幅広い。一方、女性の方はとびきり、といっわけでもないが、27、8才くらいの力ワイイ子がそろっていてこれまた意外。女性の参加費が500円とただ同然なので、そこそこのコでも軽い気持ちで参加するということか。

さっそく会場のトイレに入り、香水をつける。まるでよくわからんが、首や手に適当に振りかけときゃ大丈夫だろう。ちなみに、使ったのは一番安いフェロモン香水。

ニオイは、少々オヤジ臭い。パーティが始まり、まず自己紹介タイムがスタート。女性参加者全員と3分ずつのご対面である。

「⑧番の高野です。会社員です。えー趣味はバイクでえ、週末はけっこう山とか攻めてます」

我ながらべタな自己紹介に女性たちの反応もイマイチ。話が弾まない。大丈夫か、フェ口モン。不安なまま自己紹介タイムが終了、男性陣にグッド・インプレッション・カードがスタッフから手渡された。これで、何番の女性が自分に好感を持ったかがわかるのだ。当然、何とも思われなかった男のカードは白紙である。カードを手渡され、緊張しつつ表を向ける。

…あったーしかも3人いる。どれも並以上だが、特に③番はショートカツトのハーフ顔。もろタイプ。上出来だ。しかし、これをどう解釈したものか。自己紹介の会話は弾まなかったし、会場には僕よりルックスのいいヤツも少なくない。

ってことはやはりククク、フェロモン君が効いたようだのお。心に余裕の出来たところでいよいよフリータイムに突入。ー回15分で計3回、目当ての女性と会話ができる。当然狙いは、③、⑦、⑨番だ。

「では、フリータイムー回目。スタート」よーし、まずは③番から・・

一瞬のできごとだった。振り向いたとき、ほとんとの女性が既に男どもによって奪われている。う飢えすぎだよ、あんたら。余っているのは、これだけは避けようと警戒していた⑦蕃35才前後の陰気なOLのみ。仕方なく貴重なフリータイムを2回ともコイツで浪費することになってしまった。ぐぐ、もう後がない。

「最後のフリータイムです。それでは始め」

声と同時にダッシュした。3番は無理だったが、何とか7番を確保。だが、安心しているヒマはない。時間はたったの15分だ。

「ずっと気になってたんですよ。やっと話せて嬉しい」

スラスラことばがでる。相手もかなり、積極的だ。だが、ほのかな好意は感じるものの、広告にある性的興奮云々の様子は見受けられぬ。まあ、悪い感じじゃないし、とりあえず今は順調なのだ。どんどんプッシュすべし。
フリータイムが終わると、男性陣は気に入った女性2人に自分の番号を書いた連絡カートを渡すことになっている。そして連絡カードをもらった女性は、その男性を気に入れば、その旨をカードに記入しスタッフに渡す。これで初めて力ップルが成立するというわけだ。当然僕は、7番を選び、もうー人を①番にして結果を待った。

「今回3組の力ップルが誕生しました。男性の名前だけ呼びますのでご起立ください」
フェロモン香水でモテモテ気分を味わおう
緊張の瞬間だが、自信はあった。フリータイムで話せなかった③番はともかく、少なくとも7番は僕を選ぶに違いない。しかし、なんたる仕打ち。そこで僕の名前が呼ばれることはなかったのだ。うそーーである。

だが、僕の顔に笑顔が戻るまでさほど時間はかからなかった。会場を出て、ちょっとここらで飲んでいこうか、と迷っていたとき、携帯が鳴ったのだ。表示されたのは見覚えのない番号だ。

「はい、もしもし」「あのー、伊藤ですけと」

「え伊藤さん?」「あの、さっきのパーティで7だった伊藤です」

「え、マジで?」

彼女が言うには、僕の連絡カードを却下したものの、今日特にすることもなく、それなら、と携帯を鳴らしたらしい。やった。とにかく、希望はつながった。

「まあ、とりあえず近くで飲みませんか」

居酒屋に入り、他愛もない世問話をしつつ、2時間近くたったころだろうか。突如、彼女が僕の体にしなだれかかってきた。しかも右手が僕の太股をシャラシャラいじくっている。もちろん酔ってのことだろうが、こりゃ明らかに誘ってますな。

「伊藤さんチ、行っていい?」「えー、いいよ」

なんじゃそりゃ。マジか。こんな簡単でよろしいのか。これがひょっとして

「彼女があなたを欲しくなる」といっあれですか?

そんなアホな、と皆さんはおっしゃるかもしれない。しかし、じゃ目の前にいる真っ裸の彼女をとう説明すればよろしいの?上手くいきすぎる…。

彼女をごちそうになりつつも、ちょっとピビる僕
モテモテ君はタダでウヒャヒャヒャ
初っばなに大成功を収めた僕は、次の実験に進んだ。テーマはずばり、「フェ口モンをつけたらヘルス嬢自らソーニューしたがる」だ。知ってのとおり、ヘルスでの本番行為は御法度だ。

店の中で行為が発覚した場合罰金100万円をいただきます

なんて貼り紙を見たことのある人も少なくないだろう。しかし、それは飽くまで女の子に本番を強要した場合だ。合意の上ならバレようがないし、まして普段、ビジネスライクな風俗嬢に「ちんぽ入れてー」などと言わすことができれば、フェ口モン香水の真価がわかると共に、非常においしいというわけだ。

使用する香水は「フェ口モンシャワー」だ。ニオイはまるで便所の芳香剤だが「フェ口モン香水」より数千円も高いので期待は大。僕は新宿のヘルス「M」に鼻息荒く乗り込んだ。…と、ここでヘルス嬢との汗ほとばしるプレイを実況すべきなのだが、それはできない。

簡単にいうと「フェロモンシャワー」のニオイがクサイと言う彼女に、ムキになった僕がプレイルームに香水を散布してしまったのだ。風俗嬢、マジギレだった。

「入れてー」どころではない。ぐぐぐ。やはり、ねるとんでの夜は偶然だったのだろうか。
いや、そう判断するのは少し早い。人とニオイには相性があってもおかしくはない。フェロモンが効く効かない以前に、「フェ口モンシャワー」の香料に問題があったとも考えられるだろう。それなら、もうここは「夢・20」の出番だろう。こっちは無香料だし、先の2つに比べて値段も一番高い。

業者のオッサンの話どおりなら最も効果があるはずた。さて、コレをどこで試そうか?ヘルス、ねるとん以外でどこかテキトーな場所はないか。こんな終盤で根本的なことに気づき恐縮なのだが、モテモテ君とは、そもそも力ネを払わずにあちこちでウヒャヒャヒャ言っている人間のことだ。

それなら、街にいる普通の女性にモテなくてはならないだろう。ただし、ナンパはいけない。ナンパは口説く行為であり、そのためのテクニックを駆使することだ。よって、モテることとは別次元の話になる。では、どんな状況が考えられるだろうか。バーなどでよくー人で飲んでいる女性に声をかけるのはどうか。

厳密に言うとナンパなのかもしれないがこっちからわざわざ引っかけるわけではない。偶然、女性と出会ったという状況でモテるかどうかがわかればいいのだ。
高円寺のバーで美人口ッカーを攻める
週末金曜、僕は、ー人寂しく酒を飲んでいる女が多いとウワサの高円寺界隈のバーを探索していた。時間は夜10時。それらしい女はなかなか見つからない。女がー人でバーに行くには、すこし早いかも。しかたない。とにかく数を当たって時間を稼ごう。そして4軒目。いたいた。カウンターでー人、暇そうにビールを飲んでいる。

しばらく離れたところで様子を伺ったが連れがいる気配もない。よし、香水タイムだ。トイレに入り、夢・20を首や手にかける。待ってろよ。さりげなく彼女の隣りに座りビールを注文。ひとまずー本飲み干してから、こう切り出した。

「あの、すいません。ライター貸してもらっていいですか」「ああ、はい」

「ここにはよく来るの?」「うん、たまにね」

滑り出しとしては上出来だ。しかも嬉しいことに、後の会話も向こうかり積極的に話しかけてくるのでナンパっぽくない。彼女、年齢は25才。友達と行ったライブハウスの帰り、ー人でふらっと寄ったそうだ。少しキツメの顔だがけっこう美人である。

「家に行きたーい」なんていってくんねえかな。そう願いつつ、相手を観察する。まだ欲情はしてない様子だ。いつかな、いつ欲情してくれんのかな。なんて思っているうち、なんてこったい。こっちがしこたま酔っぱらってきた。

「ねえ、家近いんでしよう?もう俺、終電ないから泊めてくんない?」

結局、口説いた。だって全然向こうかり誘ってこないんだもん。だが、露骨な誘い文句に彼女は特に嫌がる素振りを見せない。どころか、微笑みながらこっちの話に耳をかたむけている一。

あれ?あははは。ひょっとして待ってたの?口説かれるのを。まあ、考えてみたらいくら欲情しても、いきなり女の方から誘うのは抵抗があるかも知れない。そうかそうか。かわいいやつだ。ちょっと待ってろ。小便してから君の家に行こう。ぜひ行こう。

しかしトイレを出たとき、現実の厳しさが僕の横っ面を張り倒す。逃げられた・・失敗だ。これで実験は1勝2敗。結論。こんなもんでモテたら世話ないよ。あの1勝も偶然だね。僕がアホでした、と自分を罵っていたとき、また携帯か鳴った。

「あのー、覚えてますか?野口です。先日はどうも」

「は?どこの野ロさんですか」

「あは。えーと、③番の野口です。いやーどうしてるかなと思って」これがフェロモン様のご加護なのか、僕はいまだに断言できない。しかしこの事実に「どうだ、みたかー」と言いたい気持ちがあるのも理解してもらえるはずだ。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ