★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX騙しハメ撮りSEX読者様のヤリ逃げ体験談
俺が住むのは石炭と漁業の町、この町のエンコー相場は1・5万だ。都会に比べれば安いほうかもしれないが、たとえ幾らだろうと素人女に金なんか払いたくないに決まってる。俺も裏モノ読者の端くれ、最近ブーム(?)のヤリ逃げに挑んでみたところ、これが3回連続で成功してしまった。特に目新しい技はないが、とりあえず報告しておこう。
SnapCrab_NoName_2019-6-18_5-0-8_No-00.png
1人目の援助女は22才のポッチャリ系だった。車でホテルに向かう途中、
「お金は帰るときでいい?前にシャワー浴びてる隙に逃げられたんだ」
と後払いを了承させ、第一関門突破。相手は田舎娘、この辺りの展開は問題ない。1発ヤリ終わった後、やっぱり基本はシャワーを浴びてる隙に逃げることかと、先に女を浴室に押し込み、俺
はテレビを見てるフリを。シャワーの音が聞こえた瞬間、即行で服を着る。水の止まるキュッというのが聞こえるころ、あわてて靴下をポケットにねじこんでダッシュで外へーなんとか脱出に成功した。ここでノウハウをーつ。靴下より先にズボンをはく、これ鉄則です。
2人目は27才、まずまずレベルの女だった。ところがシャワーを先に浴びさせようとすると、こいつ、勘がいいのか一緒じゃなきゃイヤだと言う。その後も隙はなく、一緒にホテルを出ることになった。
「お金まだ?」「うん、車の中にあるから」
どうやって逃げようとか思案しながら駐車場へ向かう途中で、ふと名案が浮かんだ。俺の車はパワードアロックなので、運転席と助手席のロックが同時に開いてしまうが、キーを半分しか回さなければ運転席しか開かない。よし、これでいこう。数秒後、「カギ開かないよー」という声を外に聞きながら、アクセルをふかし、まんまと逃亡に成功。ノウハウは、うーん、女を車に乗せるなってことかな。
3人目は25才のデブ女だった。ところがこいつにはシャワー作戦も半ロック作戦も通用しない。なにせ助手席のドアレバーを握ったまま離さないのだ。しょうがなくドアを開けて車に乗せてやる。
「お金はー?」「うん、銀行で下ろすから。あ、ジュース買ってきて」
500円を渡し、女が車を下りたところでアクセルを全開にして走る走る。危ないところだったが、なんとか振り切った。500円ぐらいくれてやる。ノウハウ、乗せたら下ろせ。ヤリ逃げにもいろんな段階での手口がある、やはり人生ネバーギブアップと実感する31才の春だ。
ハイレベル人妻とホテルで本番
ホ別2万の条件で自称24才の人妻とホテルへ。ルックス、スタイル、肌のつや。どれをとっても2人の子供がいるとは思えないほどハイレベルだ。大当たり~いったんプレイが始まるや積極的な姿勢を見せる彼女。ちゅぱちゅぱフェラは最高だし
ポツリと彼女が口を開く。
「 あの、もう2万円はいいから、 1万円だけでももらえない?」
「無理だね」
「でも、2千円で本番とかさすがにあり得ないし」せっかく追加でチップを払うと言ってあげたのにこの嫌われよう。ま、こっちは予定どおりの金額(2万ウォン)でハメハメできたんだし、まったく文句はないんだけどさ
SnapCrab_NoName_2019-7-30_21-0-3_No-00.png
お久しぶりです、ビッグパパです。昨今の不況のおかげで水商売の女が簡単に股を開くようになりました。
オレのことを覚えてる奇特な人は、いるだろうか。「写メりまSHOW」でキャバ嬢のヌード写真を投稿させてもらっていたのはずいぶんと前のことだ。あのころのオレは会社役員(現在も同様)といっ地位もあり、力ネにモノをいわせてキャバクラやクラブの女を抱いてはハメ撮りしていた。
「今晩付き合ってよ」「えー、いいけど、アタシ最近稼げてなくて」
「大丈夫、お小遣いあげるし」「ホント?5万円くれたらイイョ」
ミナミのキャバクラ嬢はなぜか相場が決まっているかのように、みながみな、口をそろえて5万円と要求してきたものだ。これが北新地のクラブなんかだと
「いくら出せるの?」
「そうだなー、5万くらいつ」
「えー、せめて倍は欲しいな」
倍ですよ、倍。いくらキレイでスタイル抜群とはいえ、10万なんて、オレもよくホイホイと出してたもんだ。だがこれも運よく初対面で交渉が成立したときの話。基本的には何度も店に通ってバッグやアクセサリーをプレゼントした後にこの金額を請求されるのだから、平均すると一人に対して15万ほどは費やしていただろうか。さらにオレは、ー回抱いて気にいった女に対しては愛人契約を結んでいた。週に4、5回会ってセックスをして、40万。
「ちょっと今月厳しくて…」なんて猫なで声で言われた日には、5万円ほどを追加で渡すこともあった。なんにせよ、水商売の女は金がかかった。でも、こっちも楽しんでるのだから当たり前だと思っていた。
しかし、この状況はー年ほど前から急変する。仕事の忙しさもありしばらく女遊びを控えていたのだが、ようやくひと段落がつき、久しぶりにミナミのキャバクラに足を運んだ。木曜の21時、店内にはオレのほかにー組しかおらず、店の隅っこでは待機中のキャバ嬢が6人も。あれ、なんでこんなに空いてますのん?
「はじめましてーアタシもビール飲んでいいですかっ」
フリーで入るとすぐに女が2人ついた。どうぞどうぞ。席についたモデル風のスラっとした女がなかなか可愛らしい。やたらガツガツしてるのが気にはなるが、ぜひぜひー発お願いしたいところだ。そのまま場内指名して2時間ほど経ったころ、オレはいつもどおりにもちかけた。
「キミ可愛いから一緒に帰りたいなー」「サポしてくれれば」
ハイ、きました。まあいいよ。オレもこの不況で稼ぎは少し減ったんだけどね。ところが次の瞬間、女は指をー本見せながら言う。
「これで、ね、お願い」「え?ああ、もちろん」
なんてこった。相場が5万だったはずのミナミでこんなに可愛いコがー万だと
脳が揺れるほどの動揺を隠しながらも、店がはけた女とホテルに入った。
「オマエはたった1万円でこんなことしちゃうんだ。感じてるんだろっ」
「あん、感じてます・あっ」
コトが済んでタバコをふかしていると、何か言いたげな様子で女が抱きついてくる。
「よかったらまたこうやってお願いできないかなって」
みずから愛人になりたいと言うではないか。おいおい、あのお高くとまってた水商売根性はどこにいったんだ。この女とは会うたびに1万円の愛人契約を結んだ。その後、他のキャバやクラブの女にもエンコーをもちかけたところ、なんと1万~2万5干円と、当時の半額以下になっている。しかもエンコーに応じる女の数自体も格段に増えた。以前だと声をかけて半分ほどだったのが、今では8割以上の成績を残せている。彼女らが決まっていうこの言葉が、真理なのだろう。「不景気でお客さん減っちゃって大変なのー」不景気、バンザイー
このへんがみんな1万円台です
SnapCrab_NoName_2019-7-30_20-59-57_No-00.png
和風美人女子大生ワリキリヤリ逃げで大泣き
部屋について早々、「汗かいちゃったからさっと流してきます」と服を抜き出す彼女。
蒸し暑い夏日のおかげで先払いは無難に回避できたようです。
フェラのぎこちなさに若さを感じるなかなかの恥ずかしがり屋さん
「はやく2万円ちょうだい」
「 もうやだ、約束なんかしてないんですけど!」
「こっちが『2万で』って言ったんだから、そっちが円かウォンか確認しなきゃ」
「ムリだって」
「もうそんなのいいから2万円出せって言ってんの!」
怒りのボルテージを上げまくりだ。結構、手ごわい相手かも
長期戦を覚悟した矢先、突然、彼女がソファに顔を沈めた。肩が小刻みに震えている。
「 大丈夫?」
「…お金…ください。お願いしますから…」
「だからそれはムリなんだって」
「ううっ! ひどいよぉぉ!」
ついに大泣きが始まったところで、逃げるように部屋を飛び出した。
ホ別2万でアポを取ったのは、20才の女子大生
顔は平均点といったところだが、先月、成人式を終えたばかりと聞けば、にわかにプレミア感がでてくる。若いって素晴らしいですな。フェラはあまり上手じゃないけど、一生懸命な舐め評価しよう。
シャワーに誘っても、カネの先払いを要求してこないあたり、エンコー初心者なのかも。それにしてもソソる身体だこと。合体は正常位で。感じやすいのか、喘ぎ声は意外と激しめだ。
27才のエステティシャンが今回のお相手だ。ややポチャながらすらっとした長身で、胸もそこそこボリューミー顔も及第点だろう。
ホ別2万の約束でアポとなった。
丁寧な舌遣い、かつパワフルな吸い込み。お手本のようフェラですな。
財布から2万円が抜きとられているとわかったのは、その30分後のことだった。彼女がカネをパクったのは、おそらくこちらがトイレに立ったタイミングだろう。
つまり、あの不自然に長いオシャベリは、スキをうかがうための作戦だったのだ。
不覚というほかない。まさかこの無敵のウォン様がついに初黒星とは! …ガクッ。
今回のお相手は20才の専門学生だ。
しかし、ガリガリ体型、地味顔、リプルパンチでは、どうにもない。条件はホ別2万のゴム
素直に服を脱ぎだす彼女。おとなしいキャラは前払い回避が簡単だ
意外にもフェラはグッド
何食わぬ顔でプレイを促すと、蚊の鳴くような喘ぎ声にむしろ興奮! 
瞬く間に射精へ
フェラ好きを公言するスケベ娘・安くヤリ逃げで激怒
今回のターゲットは24才の介護職員だ。地味な顔立ちながらフェラ好きを公言するスケベ娘で、プレイタイムが待ち遠しくて仕方ない。提示された条件はゴム付き本番でホ別2万だ。しばらく出方をうかがっていたが、向こうからカネを催促してくる様子はない。後払いOKとみなし、シャワーを浴びることに。
やはりフェラはお見事。柔らかい唇をカリにひっかけながらのバキュームという妙技を存分に披露してくれた。めっちゃ気持ちいい!ニュルニュルしたアソコの具合もタマりませんなあ。
やや身構えて次の言葉を待っていると、意外な反応が。
「 はあ…。じゃ、もう帰るね」
「納得してくれたの?」
「いや納得も何も…だってこれ以上、お金くれないんでしょ?」
「まあ、そうだけど」
「私の運が悪かったってことでしょ。はい、勉強になりました。帰ろ帰ろ」心底あきれた顔を見せながら、彼女はそそくさと帰り支度を始めるのだった。
自称会社員のお相手(25)とアポ
デカイ。ゆうに180センチはあるぞ。「昔、実業団でバレーやってたの」
大柄オンナとはいえ、美形でスタ本番2万の条件でいざセックス
体は大きくても乳は小ぶりです。
おしゃべり好きで性格は底抜けに明るい。ニッコリ笑って服を脱ぎ出す彼女。よっしゃ!唾液たっぷりの舌を駆使し、時にねっとり、時に激しく。ふむ、フェラテクは100点をあげてもいいんじゃないかしら。合体後は全身を振るわせて感じまくる彼女。喘ぎ声もエロいし、このコ、相当な好き者とみた。てなわけで気持ちよ~く射精!
彼女が爆笑する。
「で、前はどうしたの?」
「呆れたっていうかウケ過ぎちゃって、そのままウォン札もらって帰ったよ」「じゃ今回は?」
「ふふ、どーしよっかなぁ」
今回のお相手は、ホ別2の条件でアポった自称26才のクールな顔立ちコンビニ店員
体を洗ったらまっすぐベッドへ。まずはチンコでも舐めてもらいますか。
先払いを回避するため、シャワーを促すと、素直に服を脱ぎ始める彼女。
が、それは良いとして、何ですか、そのぶよぶよの醜い腹は。
「あ、どうもすいませ~ん。実は子供を2人産んでるんで、たるみまくっちゃったんですよ。ヤバイっすよね。あははは」うーむ、テンション下がるなぁ…うんフェラテクはまあまあ
お次は正常位で合体。膣の具合も経産婦にしてはなかなかよろしいのではないでしょうか。
毎回1人のワリキリ娘に「ウン万で遊びたい」と交渉。たっぷり女体を堪能し尽くした後で、約束のウン万を韓国のウォン紙幣で手渡す(2万ウォンなら約2000円)。あとは「円で払うとは言ってないよね。ウソじゃないよね?」の一点ばりで逃げ切りを目指す。今回のお相手は25才のバツイチシングルマザーだ。新山千春似の推定Eカップで、むっちりしたボディなかなかエロい。条件はホ別2万である。
最後はバックの体勢で。怒濤のピストンをかまし、ゴムの中に大量発射!
今回アポったのは、27才の職業不詳さんだ。
顔はせいぜい平均点といったところだが、高身長のモデル体型のおかげマシに見える。条件はホ別2万だ。
フェラの技術はなかなか
カネの後払いを交渉しようかというタイミングで、彼女からこんな催促が。
「 ちょっと急用が入っちゃって時間があまりないんです。すぐ始めていいですか?」
で、せかせかした流れのおかげカネの支払いはうやむやに
ラッキー!
生理中のため、恥ずかしげにパンツを脱ぐ彼女
呆れたように、彼女が「はぁ~」とタメ息をついた。
「 それマジ?」
「 うん、マジ」
「大人のくせにこんなことして恥ずかしくないの?
「いや、別に。だってウソはついてないよね?」
「ちゃんと払ってよ」
「いや、だからもう払ったし」
「ニーゴー」「オーケー」「じゃ、××で待ってるから」「わかった」
アポに成功したら、どうにか後払いでエッチに持ち込んだ後、「ニーゴーくれよ」って言う。要するに、てっきりコッチがもらえるもんだと思ってた、と。自分、ちょっとイ力ついルックスしてるんですよ。
エンコー女がやっかいなのは、「乗り逃げ」が怖くて先に金を要求してくることでしょ。逆に言や、この《前払い》ってシステムをクリアすりゃいいと。で、オレが考えたのが、「お金は後でいいよ」って向こうに言わせる方法。ただ、田舎で車を持ってないと難しいんだけどね。まず相手とアポッたら、「実はいま手持ちがなくてさ。友達に金借してるから、ちょっと取りに行きたいんだ」田舎だと、向こうも遠くから出てきてるから、多少ヘンだなって思っても
「じゃあ別の人にする」なんて簡単には言えないわけよ。で、お次がこう。
「ただソイツ、奥さんとコンビニやってて、今、仕事中なんだよね。オレが行くと《借金》してるのが奥さんにバレちゃうし、代わりに行ってくれないかな」
もちろん女は「ヤダよ」って言うけど、そこは
「じゃあバイト料1万プラスするから」って人参をチラつかせりゃ、目キラキラ輝かせはじめるからさ。で、携帯で《友達》に電話をかけるんだ。もちろん、会話はぜんぶ女に聞かせる。
「おう、オレ、《タダノリ》だよ、タダノリ」冗談みたいな話、この《タダノリ》ってのが合い言葉になっててね、何も言わなくても、やってくれる手はずになってんの。
「なんだ、オマエか、何の用?」「あのさ、今から知り合いのコ子っちに行かせるから金、返してくん?」
「あー、悪りいけど、今ちょっと忙しいんだ。3時間後にしてくんない」
「マジで?ったく、しょうがねえなあ」ポイントは《3時間後》ってところで、
「そんなに時間あるんだったら、その前にヤッちゃおっか」
ってことになるんだよね。そこから先は言うまでもないでしょ。ホテルを出た後、テキトーなコンビニの前で、「アイツ、アイツ」って。で、女が店に入った瞬間、車で走り去りゃいいんだ。
伝言ダイヤルのオープンメッセージにエ夫してまして。
「初めまして。保険の代理店を経営する50才の者です。今、愛人になっていただける方を探しています。月2回ほど会って、10万円という条件でどうでしよう」
だいたい5件ぐらいリターンがあります。で、携帯(プリケー)の番号を伝えて、連絡がきたら、
「申し訳ないけど、お金は経費で落としたいから、うちのスタッフって形で銀行口座に振り込まさせてもらえないかな」もうわかりますよね。そう。この金を振り込まなきゃいいんですよ。もちろんそう簡単には信用してくれないから、「実は私もちょっと小づかいが欲しくてね。20万振り込むから10万円は返してくれないか」なんて話でリアリティを出さなくちゃいけない。ただ、住所とか身分証の確認もなしに「社員」になれるってのもヘンな話でしょ。けど女に引かれても困るんで、「銀行口座だけで働けるよ」って。
何でもアリの保険業界なら、そんないい加減な代理店があってもオカシくなさそうじゃないですか。こうして話がまとまったら、スーツでビシッと決めて相手に会いに行きます。「キミには《外交員》になってもらうか。そうだな。5本契約を取ったってことしよう。じゃ、経理に電話して今すぐ金を振り込ませるよ」
もちろん、経理の人間ってのは協力者。まずは私がソレっぼいことしゃべってから、女を電話口に出させるんです。「5本も契約を取ったんですか?いやあ、スゴイ。さっそく20万振り込みますんで。今後ともゼヒよろしくお願いいたします」で、最後の仕上げが、
「実は2時間後にお得意さんと約束があってね。振り込まれるまで待ってられないんだ。とりあえずエッチしようよ。終わったら銀行まで送ってくから」
ここまで念入りにやって疑う女はまずいませんね。銀行?もちろん行きますよ。ただ、キャッシュコーナーには1人で入ってもらうんですけど。
1発3万2発5万。どっちを選ぶ?
1発3万、2発で5万。どっちがいい?同じ会うならって、大半のエンコー女が後者を選びますね。もっとも、私もいい歳ですし、2回も持つかわからない。そこで条件をーつ。1回やってムリなら3万、2回目にチャレンジして大丈夫だったら5万円払うと。ね、これなら自然と「後払い」ってことになるじゃないですか。で、1回戦の後、「2回目できそうだよ」って、いったんシャワーを浴びに行くんです。汗もかいたし気持ち悪いですからね。
まあイヤがりませんね。そう。このスキに逃げちゃうってわけです。
今回のお相手は24才 顔は地味ながら、着衣でもわかる爆乳から
ゴム付き本番で2万
見て、このド迫力!
ホテルに着くなり缶ビールを飲みだす彼女
「お願いします。お金がないと本当に困るんです。お願いします!」
これほど食い下がってくるあたり、よほど切羽詰まってるのだろう。しかし同情は禁物だ。

近ごろ、テレビやネットで『パパ活』という言葉をよく目にするだろう。若い女の愛人(パパ)作り活動のことだが、出会い系マニアの私の印象としては、フザケンナだ。
試しに、どこのサイトでもいいから、キーワード『パパ募集』で女の書き込みを検索してみてほしい。ヒットするのは、エロイことはしたくないけど小遣いは欲しいという、いわゆる『茶メシ援交』が大半だ。
〈定期のパパさんを募集しています。身体の関係、恋愛関係など求めていません〉
〈ご飯デートパパ募集しています!〉
〈お食事のみで定期的に会えるパパ探しています〉
そして何と言ってもナメてるのは、これらの女がふっかけてくるデート代である。1万円以上などザラだ。ネットニュースなどで「一緒にご飯を食べるだけで5万円」なんて極端な話が取り上げられているから、女たちが調子こいているのだろう。そんなわけで、私はムカついてしょうがない。だからときどき、あえてパパ活女どもを成敗している。 
まずよくやるのは、アポを取るだけ取っておいて、待ち合わせ場所で放置だ。少し離れた位置から観察していると、女の表情が次第に強ばってくるので、ざまぁ見ろって感じ。ま、このへんは出会い系での定番イタズラなので、連中へのダメージもさほど大きくないだろうが。 
次に相手が「食事一回3、月10はほしいです〜」みたいに完全に舐めきっている場合は、実際に対面してカマす。
「じゃ、約束の食事に行こうか」
と歩いて連れていくのは牛丼の松屋。
「おまえレベルなら、ここが精一杯だわ」
プライドの高い女が悔しがって逃げて行く様は痛快だ。またあえて高級メシ屋へ連れていくこともある。その際は、荷物を持たずに手ブラで向かい、約束の小遣いについては後払いで押し通す。そしてひとまず適当にメシを食ってから、
「ちょっとトイレへ行ってくるわ」
そのままバイバイだ。焦った相手から連絡がガンガン来るが、もちろん知ったこっちゃない。この勘定押し付け作戦は、5回以上カマしたろうか。あるときは、わざとクチャクチャ音を立てて汚らしく食ってやったっけ。女の困惑ぶりが愉快だったの何の。また、相手に「好きなワインを選んでいいよ」と注文させてあげたことも。逃げたあと文句が来たときは、「だってオマエが選んだんだろ」の一言だ。 何をやってんだと思われるかもしれない。でも私は、舐めたパパ活女がどうしても許せないのだ。わかってくれる方もいますよね?

今回のお相手は22才の新米保母さんだ。

おっとりいい具合だ。チビッ子ウケの良さそうな、清楚な黒髪もこれは当たりと言ってもいいじゃないでしょうか?

フェラもなかなかだが、手コキのテクが素晴らしい!
感度もバツグンのようだ。いざ挿入するや、いい声だして鳴くんだこれが
条件はゴム付本番でホ別2万。挿入後わずか5分で絶頂を迎える彼女。その様子があまりにエロいもんだからこちらもあえなく射精しちまった。もったいない!
脅す、すかす、なだめる等々、いろいろなヤリ逃げ法はあっても、ケースバイケースの対応を求められるようでは誰もがおいそれと手出しするわけにはいかない。そこで僕は、チャート式に手順を踏んで説明することにする。
チャート1・女に「万」という単位を言わせない。テレクラで援助女に当たったときは、たいていこんな会話になるはずだ。
「いくらぐらい」「うーん、3は欲しいな」
エンコー女にも五分の魂。みなさんもご存知のとおり、彼女らはよくこういう言い方をする。
「3万」とまで言うのはあまりに露骨なのでためらってしまうのだろうか。ま、この段階は誰でもクリアできるはず。この後は3千円を用意して会いにいく。
「3」としか言ってないのだから3千円でいいだろうという理屈で攻めるわけだ。
チャート2・金は後で渡す無事に会えても、最初に金を渡さない。
「だって3でいいって言ったじゃない」とトボけるのも、ベットイン前では逃げられるのがオチ。そこで僕が使っている台詞はこうだ。
「最初に金を渡すと、売春婦を買ってるみたいで気分が悪いんだよね」この言葉に納得しなければあきらめるしかない。しかし、エンコー女というのはどういうわけか、自らが売春婦と同列に見られることを鷺師に嫌う傾向にあるので、ここもなんとかクリアできるだろう
「ホンマにちゃんとくれるの」「大丈夫」こんな会話も当然出てくるだろうが、そこでも「万」といっ単語さえ聞こえなければ大丈夫。
チャート3・正しいのはこちらだということを忘れない
終えれば、いよいよ金を渡すときが来る。封筒に入れておいたところで、まず全員が中をあらためるから逃げることはできない。僕の経験上、ここでの反応は次の3パターンだ。
「ええ、そんな人だったの」と、落胆して放心状態になる女。これは人妻に多いパターンだ。そんな人なんや、と答えて落ち込むだけ落ち込んでもらえばいいだろう
次は、納得いかんと怒り出す女「あんた、フザけんといてや。風俗でチンポこすってもらうだけでいくら取られる思うてんの」これは実際に僕が言われた台詞で、思わず「その通り」とうなずきそうになったもの。口の達者なやつはどこにでもいるものだ。そんなときは、このように逆ギレするのが一番だ。「なんで怒ってんねん。3千円持ってきたんやないか。誤解するような言い方すんなよ」そしてやっばりこう言い出すのもいる。「あんた、私のこと普通のもんと思わんといてや」
なんだかんだと組とのつながりを示唆するような女だ。このテの女はのらりくらりかわしていると、ポケットやカバンを強引に漁ってくる。そこで、こう切り出す。「おいおい、これ以上やったら行くとこ行くで」こう言われればみんなおとなしくなる。後は、黙って帰ってしまえばいいだろう。
人妻を騙して本番してヤリ逃げ・離婚した学生時代のマドンナと同窓会で中出し乱交
地方からの上京組にとって、年末は帰省シーズン。皆さんの中にも、久しぶりの実家で親兄弟と紅白を観つつ年を越した、なんて方もいらっしゃるだろう。しかし、俺の場合は、ここ数年、元同級生たちと飲み屋でワイワイ騒ぎながらの年越しが恒例となっている。いい歳をした独身者が5、6人雁首を揃え、積もり積もった話を語り合う。何ともむさ苦しい光景だが、それはそれで楽しいものだ。だから、俺は想像すらできなかった。昨年の大晦日、よもやあんなハレンチな事件が起きるなんて。
その夜、バーにやってきたのは俺を除いて、コージ、アキラ、ナオトの3人。全員、中学時代の同級生で各々地元の企業で働いている。にしても今年は集まりが悪い。ヒロシは今年の夏結婚したし、ミキオは入院中だし。誰か他に来そうなヤツいないのか。俺はこれが楽しみで帰ってきたんだぞ。ブツブツ文句を言いながら、生ビールのグラスを傾けていたところ、突然、ナオトが「アッ」と声を上げた。「そうだそうだ。森田のケータイにかけてみよっか」「え、森田っそんなヤツいたっけ?」「バ力、男じゃねえよ。森田洋子だよ」その名前を聞いた瞬間、脳裏に懐かしい顔が浮かんだ。
中学時代のクラスメートだった森田は女子陸上部のキャプテンで、級友の誰もが認める美人だった。
キョンキョンに顔が似ていたことから、ついたあだ名がモリキョン。成績はさほどでもなかったようだが、運動神経が抜群で、スタイルもよく、さらには、明るく気さくな人柄だったため、男子生徒だけでなく、女子からも人気を集めていた。もちろん、今ここで飲んでいるメンバーの中にも、彼女に恋心を抱いていた人間はいる。俺とアキラとコージ。しかし、みな恥ずかしさが勝ち、コクるまでには至っていない。彼女も当時は男女の事柄に奥手だったようで、彼氏がいるという噂は聞いたことがなかった。中学卒業後、森田は隣町の商業高校に進学。一方、俺は普通高校に入り、接点はなくなった。彼女の姿を見かけたのは、数年後の成人式が最後である。
風の便りでは隣県の男性と結婚し、子供も生まれたと聞いている。なのになぜ、ナオトは彼女を呼ぼうといっのか。人妻がノコノコ出てくるわけないだろ。「いやついこの前、駅前でバッタリあったんだけどさ」ヤツの話によると、森田はダンナとの不仲が原因で、半年前から3才になる娘を連れ、実家に戻っているらしい。すでに離婚が決まってるそうで、機会があれば皆で集まって飲みに行きたいね、とナオトに話していたというのだ。バ力者めが。なぜそんな大事なことをはやく言わん
「わあ、久しぶりー」バーに現れた森田は、相変わらずきれいなままだった。
いや、30となって大人の色気を増し、オンナっぷりが数段上がっている。
「みんな元気そうだねえ」「あ、ああ。森田もな」かつてのアイドルを前に、最初は年甲斐もなくモジモジしていた。俺たちも、3杯とグラスを空けるうち、緊張がとけてきた。
アルコールで顔を真っ赤にしたアキラがデレデレと口を開けた。
「聞いたぞ。いま実家に帰ってきてるんだってっ」「そうなの、変な男に引っかかっちゃったのよねえ」「ははは、大変だな」「それにあたし、病気になっちゃってさ」「えっ」
予想外の話だった。娘を産んで間もなく、育児ノイローゼになった彼女は、その後も症状が悪化し、ついにうつ病を発症。いまも定期的に通院し常用しているというのだ。あの明るい彼女がそんなことになってるなんて。何も言えず黙り込む俺たちに、森田は冗談めかしく笑う。「だから、あんまりお酒は勧めないでよ。飲み過ぎるとクスリの効果でハイになっちゃうかりさ」自らそんなセリフを吐いたにもかかわらず、なぜか、森田は飲み続けた。かなり強い体質のようで、すでにウイスキーの口ックを何杯もおかわりしている。大丈夫かつ心配は的中した。
「大沢くんさ、いま東京に彼女いるのっ」「うん、まだ付き合って3カ月ほどだけど」「へえー、じゃいま一番セックスが楽しい時期だね。やりまくってんでしょ」「あ、ああ。まあね」「アナルとかもしてんのっあれハマっちゃうとヤバイんだよね。あたしなんか、もう穴がガボガボでさ。きゃはは」「へえ、ははは」目が点になった俺たちをョソに、なおも森田は露骨な告白を続ける。精子の味が好きだの、今付き合ってる彼氏がドMだの、自分も乳首を噛まれると感じるだの。且臣田田ル11挙げ句には、口からウイスキーの滴を垂らしたまま、みなの股間を触りまくり「コージ君のが一番でかいな」と満足そうに額く始末。もはやそこに、アイドル・モリキョンの姿は微塵もない。
ショックだった。しかし、目の前の現実は同時に、一つの可能性も示唆していた。コイツ、絶対やれるーフラフラの森田を車に乗せ、一路ラブホへ。スッポンポンになってベッドに押し倒すと、彼女は自ら俺たちのものをしゃぶり始めた。そこかりは酔いも手伝い、もうメチャクチャだ。アキラが正常位でハメている間に俺はフェラチオを。コージが騎乗位で入れればアキラはアナルにという具合だ。それでも森田は、イヤな顔一つせず、どころか積極的に腰を振り、口を動かし、卑狼なセリフを叫びまくる。「ああ、マジ気持ちいい。マジ気持ちいいーっ。お願い、中で出してー」
かつて惚れていた女だったといっこともあり、願わくば2人きりでハメ倒したかったが、この状況では、賛沢すぎる悩みだろう。にしても、中学卒業後、彼女はいったいどんな人生を歩んできたのか。答を聞くのは今年の大晦日まで楽しみに取っておこう。
ムチムチお尻のOLが援助交際、騙しSEXで怒りの涙
今回のお相手は自称23才のOLさん。ホ別2で話がまとまり、さっそくホテルへ
彼女の情緒バランスは、ケータイでウォンレートをチェックしたところで崩れはじめ
「 …やだぁ~。2万ウォンって2千円より安いじゃないですか」
「そっか。でもこっちもウソついてないし、どうにもならないよ」
「…こういうのヒドいです。ちょっと信じられない」
目からポロポロと涙がこぼれ落ちている
その際、チラッとこちらを見た彼女の視線の凄まじいこと。ふう、呪い殺されるかと思ったよ
無口なタイプでも淫乱な援助交際娘、騙されてもリアクションなし
今回のお相手はホ別2万でアポった23才のちゃんだ。かわいいルックス。と言いたいところだが、極端に無口なタイプで、合流してからほとんど口を開こうとしない。先払いを回避すべくシャワーを促すと、そのまま裸になる彼女。少々不気味だ。正常位で挿入。するといきなりどでかいあえぎ声を出し始める。「 あああああ~!」
自分で胸まで揉みだすあたり、かなり淫乱なようだ。一戦を終えウォン様タイムに突入する。はい、どうぞと紙幣「 どうしたの?」
「これ…ナニ?」
「韓国の2万ウォンだよ。約束は2万だったから、それでいいでしょ?」
返事もせず、彼女はじっと紙幣を眺めている。突然、彼女が立ち上がった。てっきり怒り出したのかと思ったら、鏡の前でアップに結わえた髪を下ろし、ブラッシングを始める。何だ何だ?
「…あ、あの、そのカネで納得してくれたのかな?」
「うーん…」
その後に続く言葉は出てなかった。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ