★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0208_20190602180356614_20191105092418000.jpg0209_201906021803579eb_201911050924198cb.jpg0210_201906021803582f5_201911050924219c4.jpg0211_20190602180400b71_20191105092422c69.jpg0212_201906021804025cf_201911050924247b9.jpg0213_201906021804033f2_201911050924259a4.jpg0214_20190602180405c64_20191105092427e0d.jpg0215_20190602180408e94_20191105092428c76.jpg0216_20190602180410a87_20191105092430937.jpg0217_20190602180412474_201911050924310e4.jpg0218_20190602180413fb9_20191105092433b81.jpg0219_201906021804143ea_20191105092434734.jpg0220_2019060218041638e_201911050924362da.jpg0221_20190602180419bd6_20191105092437803.jpg
ぽっちゃりデリヘル、ぽっちゃり乱交パーティ時代はぽっちゃり女
ぽっちゃりという言葉が市民権を得て以来、ぽっちゃりデリヘルや、ぽっちゃり出会い系サイトなど、かつては日陰者扱いだったデブ女性たちが陽の目を見る機会が増え始めた。
ニ段腹にも二重アゴにも興味はないオレだが、怖いもの見たさという感情は人並みに持っている。そこで今回、デブ女性ばかりが集うぼっちゃり女性専用ねるとんなるものに参加してみることにした。さてさて、どんな人間が集まっているのやら。
本来、出会いパーティは、男性資格がよっぽど(医師、年収1千万以上など)でない限り、女性の参加費用は無料か500円程度のところがほとんどだ。
しかしこのぼちゃねるとん(ほぼ毎週開催)は、男性3500円女性2800円とほぼ平等。需要供給のバランスがうかがい知れる。日曜の午後。渋谷のパーティ会場に着くと、すでに20人ほどのぽっちゃり女性が集まっていた。みんな胸の谷間を強調しているあたりはさすがだ。中には黒々と日焼けしたB系ぼちゃも3人ほどいて、この世界の幅広さを物語っている。一方の男性陣は、オレ(57キロ)も含めどちらかといえば細身が多い。やはり男は自分にないものを求めるのかもしれない。まもなくパーティが始まった。まずはおなじみ、回転寿司形式にグルグル相手をチェンジするトークタイムだ。せっかくだからとタイプの子はいないかと探してみれば欽どこファミリーわらべのたまえちゃん似を発見。あの子と力ップルになれたら悪くないな。しかしー人ずつ順に進めど進めど、現れるのは柴田理恵、ドラえもん、朝青龍と、そうそうたる顔ぶればかり。ちなみに会話の内容は、「失恋してストレスで太っちゃったの」(失恋ってガラかよー)「3年前はモデルやってたの」(嘘こけー)「イケメンは苦手なんだよね」(偉そうにー)突っ込みたくなるところをぐっと押さえつつ、ようやくたまえとしゃべるチャンスが回ってくるも、なぜかアガってうまく盛り上がれなかった。だってこの中じゃすこく美人に見えるんだもの。
トークタイムの後、各自が第一印象で気に入った相手の番号を書き込み、スタッフからこっそり本人に伝えられた。オレを気に入ってくれたのは、なんとドラえもんと朝青龍の2人。なんてこった。ま、誰からも相手にされないよりはマシだけど。ちなみに集計の結果、女子1番人気はたまえ、男子ー番はオリラジの眼鏡に似たヤセ男だった。まあ妥当なところか。やっばり男女ともにルックスは大事なんだな。ここからはフリータイム。たまえが武勇伝と親しげにしているので、オレの出る幕はない。とりあえずはおとなしく座っとくか・・。「ねえ、ねえー」不意に、朝青龍がオレの腕をつかんだ。があるせいか身のこなしが慣れており、食べてはトイレ、飲んではトイレと、会場を縦横無尽に歩き回っていた。それだけ動けるなら、ちょっとこうしてフリータイムをだらだら過こし、最後の告費タイムへ。目当てのかなえはあっさり武勇伝に取られてしまった。力ップル成立はこのー組のみ。意外とぽっちゃりはガードが固いのだった。
手ぶらで帰るのもシャクなので、柴田理恵似に声をかけ、一緒に参加していた彼女のぼちゃ友達3人と共に近所のトンカツ屋へ行くことにした。ヒレカツをパク付きながら話巻聞くに、彼女らは全員このパーティの常連で、男を作っては捨てられ作っては捨てられを繰り返しているそうな「アタシたちも好きで毎回来てるわけじゃないし、ねー」
「いい人ができたらもいわよ。ねー」「オフコースー」
男はいたって普通なのに、ほとんど全員が玉砕。意外と厳しい
戸惑いながら聞いてると、1人から質問が飛んできた。
「ところでどんなぽっちゃりが好きなの?プチぽっ激ぽっメガぽっ」プチだのメガだの、よくわからん。つーか、元々ぽっちゃり好きじゃないし。「まあ、そんなにこだわりはないよ。この4人ならみんなタイプだし。でも強いて言えば彼女かな」
理恵を指差すと、彼女は満更でもなさそうな笑顔を浮かべた。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内