★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_20191226125400708.jpg2_20191226125401217.jpg3_2019122612540321e.jpg4_20191226130249f7a.jpg5_20191226125406fa4.jpg参加者中一番力ワイかった20代前半の女子大生風は、乱交開始と同時に3人の男が群がるほど。プレイに参加するならアチラ、酒でも飲んで鑑賞したけりゃコチラってわけですな。
参加の力ップルは全部で9組、女性の年齢層は20代前半から30代後半までと、通常のスワップパーティなどよりかなり若そうだ。
「これぐらいで驚いちゃアキマヘンで。平均年齢が25才なんてときもザラにあるんやから。もちろん、みなさん素人さんばかりでっせ」
30分後、ー組のカップルが隣のプレイルームへ立ったのをきっかけに、大陸大移動か始まった。
「なあ、オマエ、あの人にちょっとぺ口ぺ口してもらい」「いやあん」
「見られて興奮しとるんやろ。えらい濡れとるで」「アンタこそビンビンやんか」
テレながらお互いをけん制しあうカップルたち。案外カワイイもんだなと思いきや、そこはバーティ慣れした常連さん、5分もしないうち乱交突入とあいなった。
ここからはオランダから帰ってきた女子大生の乱交を目的とするセックスパーティ体験談
オランダ留学から帰国した私は、今つくづく感じることが2つある。一つは、この日本がとても暮らしやすく自由だといっこと。そしてもうーつは、オランダが日本の10倍、楽しくてフリーダムだということだ。そりゃそうだろう。国によっては死刑になってもおかしくない、売春とドラッグ(ただしマリファナのみ)が、政府公認なのだ。ま、ここまでは裏モノ読者にもおなじみの話だが、実はオランダにはもうーつ、意外と知られていない、おかしな自由がある。かつて、私がチューリップと風車の国で体験した凄まじい光景。ぜひ聞いてほしい。
「ねえ、あんた来週末ヒマじゃないっ」
春、学生寮近くの力フェで、ルームメイトのイギリス人、エヴァが言った。当時、私たちはオランダ内陸部の田舎街、ユトレヒト市の大学で社会学を学びながら、忙しい日々を送っていた。教授から毎週のように課せられるレポートの山、山、山。しかも数力月後には卒業論文の締め切りも控えている。これでヒマなワケがない。
「どっか行くのっあたしレポートがあるからとても無理だよ」
「あんた本気で言ってんのっ男の子がいっばい来る、パーティなのに」
「パーティっどーせまた変態パーティでしょ」
オランダに限らず、ヨーロッパの学生の間では、乱交を目的とするセックスパーティが珍しくない。と言うと、ちょっと大げさかもしれないが、少なくともグループセックスに関しては日本より間違いなく寛容である。一見フツーの女のコでも、昨日は誰と誰と3Pしちゃった、一昨日は友達のバースディパーティが乱交大会になっちゃった、なんてことを平気でいうお国柄なのだ。が、今回のパーティはいつもと違い、スペシャルなのだという。何でも、最近彼女が入会した野外セックスサークルのゲリライベントで、ロッテルダムの国立公園に男女30人が集まり一斉にって、メチャクチャじゃん。
捕まったらどーすんのよ。驚く私に呆れたように言う。オランダでは、日本やイギリスにある、公然狼褒罪に相当する法律はない。
野外セックスしたところで、何も問題はない。「こんな楽しいイベント滅多にないわよ。せっかくオランダに来たんだから、あんたも一緒に行くべきよ」そう言われてみれば、確かに面白そうな気もする。でもなあ。「ね、セックスはやらずに見てるだけでもいいのっ」「もちろんよ」じゃ、ちょっとだけ行ってみようかな。
パーティ当日、会場の公園は実にのどかな雰囲気に包まれていた。広大な芝生にはピクニックを楽しむ家族連れ。休暇をのんびり過こす力ップル。遠くには少年たちがサッカーに夢中になっている。
他のサークルメンバーに合流した私は生唾を飲み込んだ。ホントに、ここでセックスを始めるのっそれもこんな大人数で。
「あの木陰の辺り、人が少なくていいね。うん、あそこでやっちゃおうぜ、イイ」
不安な私をよそに、リーダーらしき若者がヘラヘラと言う。すでに何かドラッグを決めてるのだろう。改めて、他のメンバーの顔を見回す。男女とも年齢層は18才35才くらい。地味なタイプ、遊び人タイプ、いろいろいるが、共通するのは、これから起こる出来事に期待を膨らませ、実に涼しげな表情を浮かべている点。つまり、ソートーな変態揃いだということだ。
グループセックスは、静かに始まった。ますば服を着たままのペッティングからスタートし、それか欝徐々に、ハードな内容になっていく。「ああーん」「おおーう、おおーう」
悩ましげな声がそこら中から上がり、中にはすでに挿入に至った力ップルもチラホラ。エヴァなんか、あらやだ。ちょっと格好いい男の子の下半身をあんな必死になめてるよ。
きゃー。私は、ドキドキした。いやらしい光景に。そして周囲の突き刺さるような視線に。だって、あの家族連れのお父さん、いまにもこっちへ殴り込んできそうなんだもん?いくら法的に問題がないとはいえ、モラル的には大間題だもんなあ。「楽もうよ」突然、真っ裸のヒッピー風が私の隣に座った。抵抗する間もなく、キスされ、太ももの奥を触ってくる。…あ、とっても気持ちいい。エクスタシーが効いてるんだろう。気がつけば、大股開きで男の下半身を迎えていた。射精しヒッピー風がまた別の女のところへ行くと、入れ替わりにバンドマン風が私の尻を抱える。こうなりゃ、お互い楽しむしかない。ああ、もっと突いて、突いてよおー。
「こうかい?」「そう、もっと強く」かくして、週末のピースフルな公園の雰囲気をぶちこわしまくった野外セックスパーティは、始まって2時間半、ようやく終了となる。ここ以上に自由な国、アタシは本当に知らない。
※この記事は2003年当時の記事です。当時のものとして読み物としてお読みください。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内