★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
060_20191231100143b2b.jpg070_20191231100144cba.jpg
1_2019120214494874c.jpg2_20191202144949490.jpg3_20191202144951f00.jpg4_201912021449521a0.jpg5_20191202144954263.jpg6_20191202144955145.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
SnapCrab_NoName_2018-1-31_1-18-5_No-00.png
自分とは似ても似つかないイケメン写真を使えば出会い系サイトで女と会えるんじゃないか。そう考えて実行にうつしたことがある。たしかに募集をかけたらメールはたくさん届くし、アポが成立して待ち合わせ場所に出向いたりもした。だが、やはりというか、写真とまったく違う顔のオッサンがやってきたとき、女の態度はあからさまに変わった。
「騙しかよ」「死ねオッサン」などなど、いったい何度罵倒されたことか。
会う約束までは簡単にいけるのに、いざ会ってからの上手い持っていきかたがどうにも見つからない。そこで考えた。イケメン写メを使ってメールのやりとりをして、待ち合わせ場所にオッサンが行っても通用するシチュエーションを。たどりついたのは、風俗のスカウトを装う作戦だ。プロフィール写真をネットで拾ったイケメンホスト風にしておき、女に『スカウトやってるんだけどよかったらどう?』とメール。そこでやりとりを続けて、じゃあ面接当日は店長が行くからヨロシクってな具合の流れはどうだろうか。その後はニセの面接を挟んで講習ってなかんじで、ヤレた後はバックれちゃえばいい。いけそうな気がする。やってみっか。
『軽いフーゾク系のスカウトやってます。もし興味あったらメールください♪』
さすがにピュアな子には無視されるだろうから、ワリキリ系の募集をしている子ばかりに爆撃メールを送る。10人ほどに送ったところでさっそく返事がきた。
︿仕事ってどんな感じなんですか〜?﹀
20才のフリーター、愛菜だ。顔写真は載ってないけどその若さだけでオジサンにとっては勃起ものである。
︿突然ごめんね〜。そういう仕事に興味ある子探してて、なんか気になったからメールしちゃったんだ。愛菜ちゃんはデリとかそういうのやったことある?﹀
︿ん〜ワリキリはあるけど〜。けっこう大変なんですかね〜?﹀
︿そっか! まあ細かいところは店長じゃないとわかんないんだけどね。でも若いうちだから稼いでおいたほうがいいよ。彼氏とかはいるの?﹀
こんな感じで仕事の話はそっちのけでプライベートの会話を続けた。彼氏はいるけど暴力がすごくて大変らしい。それでその彼が浪費家でこれまた苦労してるそうな。へえ。と、彼女がこちらの容姿に
言及してきた。
︿高田さん(オレのスカウト名)すごいイケメンですよね(笑)マジびびった!﹀
 効いてる効いてる。やっぱイケメンってすごいなぁ。直メールに移行して数日やりとりしたが、彼女は風俗に抵抗があるようで、面接に行ってきなよと誘ってもなかなかイイ返事はこない。どうするか。ここは情に訴えるのがいいかもしれない。︿面接、行ってみない? なんか俺ノルマ厳しくてさぁ。女の子紹介しないと契約切られちゃうんだよね…﹀
︿そうなんだ…どうしよ…﹀
︿もちろん愛菜がイヤならしょうがないんだけどさ、面接のあとは軽い講習みたいなのもあるし。でも協力してくれたら本当に助かるんだ﹀
︿うーん。そっか〜﹀
 なんか心が動いてる気がする。もう一押しだ。
︿オレのためにお願い、って言ったら迷惑かな? 愛菜とはこれからも仲良くしていきたいし﹀
 さらにもう一つ。
︿そうだ、土曜空いてる? 夜飲みに行こうよ﹀
︿行きたーい!﹀
︿たとえばなんだけど、お昼に面接してきてそのあと会うのはどう? オレ予定があってそっちは行けないから、店長と会ってきてくれない?﹀
 数分ののちに待ち焦がれた言葉が返ってきた。
︿そうだねー 了解です☆﹀
当日お昼。やってきたのは乳だけがやたらと目立つ馬面のオンナだった。美味しそうなカラダではある。「タカダ君の紹介の愛菜ちゃん? 今日はヨロシクね」
「…よろしくお願いします」
 そのまま喫茶店に入り、嘘面接のスタートだ。
「仕事の内容はなんとなくわかる?」
「はい、いちおう」
「給料は、60分のお客さんが一人ついたら2万円ね。ウチは他と比べてバックが高いからいいと思うよ」
「へえ、いいですね」
ぜひとも講習に進んでもらうために適当な御託を並べまくる。そうだ、ちゃんとイケメンスカウトが実在することも匂わせておいたほうがいいな。
「タカダ君、キミが面接に来てくれるって決まってすごい喜んでたよ」
「んふふ」
「そういえば今夜会うらしいじゃん。彼、すごいテンション高かったなぁ」
「そうなんですかー、アハハ」
 馬面ちゃんの顔が少し赤くなった。いいぞいいぞ。
「じゃあウチとしては採用させてもらいたいので、このあと講習に移るけど大丈夫?」
「あ…うーん」
「このあとタカダ君と会うんでしょ? だったら彼のためにがんばらなきゃ」
「…うーん、はい」
 よっしゃ! ゴチ!ホテルに向かう道中、下を向きっぱなしの彼女に声をかける。
「彼、キミみたいな顔の子がタイプって言ってたよ」
「え?」
 やべ、タカダは写真の交換はしてないんだった。
「いや、タイプだと思うよ、うん。じゃあ急ごうか」
 なんとか無事にホテルに入り、講習と称して思う存分楽しませてもらった。講習が終わり、夜になってイケメンの高田に対して彼女からメールが届いたが、当然無視だ。その後、店長のオレも連絡をせず、彼女からも電話はなかった。この調子で月に2人はタダマンできている。最近は『ぎゃるる』などの出会い系アプリが主な漁場だ。
ヘルス店の風俗未経験嬢の新人講習を覗いてみた
各店の人気ナンバー1 ヘルス嬢
我らスケベ野郎の股間を熱くする笑顔の天使ヘルス嬢。中でも、各店の人気ナンバー1 嬢はぜひともお手合わせを願いたい存在だ。読者の中にも、風俗雑誌やネットで彼女たちの顔を見つけ、予約の電話をかけた方は少なくないに違いない。
しかし、コトは簡単に運ばない。毎日毎日、開店と同時に電話をかけても、返ってくるのは「予約で埋まってます」のツレない答。さほどに人気嬢の指名予約は困難を極めるのだ。
風俗情報誌の編集者A氏は語る。
「まず、その子が店にいない場合が2割ですね。とつくに辞めてる過去のナンバ—1 とか、働いてもいないモデルを広告塔に使ってるんですよ。あとは、上位人気嬢は常連客にしか付けない(=遊ばせない) ってパタ—ンが7割。純粋な指名争奪戦をさせてくれる店なんて1割程度だと思いますよ」
わからない話ではない。本人が最初から«居ない» のは論外として人気嬢は常連客だけで確実に予定が埋まるもの。新規客を他の女のコに回し、稼働率を上げるのは店として当然の戦略だ。
しかし、どれほど守りの固い城砦にも、必ず抜け道は存在する。
一般人でも使る3つの裏ル—卜を紹介しよう。最も確実•安心な手は、推薦指名だろう。目当ての風俗嬢に直接、「遊びに行きたい」と頼み、彼女のロから店に予約を入れてもらうのだ。当然、本人と面識があり、かつ連絡先を知っていることが大前提となるが、心配ご無用。仕事を終え、店から出てきたところで声をかけてしまえばいいのだ。のヤリ方で『フードル』たちと遊びまくっているというサラリ—マン高橋氏(34才仮名) は言う。
「一見、ハ—ドルは高そうですよね。けど、声をかける勇気さえあれば、特別な容姿や卜—クなんていらないんですよ。実際、ボクだって十人並みですしね」
彼の場合、風俗雑誌や店のHPをチェック、好みのヘルス嬢が見つかったら、後日、店の前で出待ちし、本人が現われるや、声をかけるという。
『キミこのお店のコでしよ?いま仕事帰り?これから遊ばない?』
え〜、厶リムリ
大抵は軽くあしらわれるが、それでOK。粘りまくるうち、必ず相手は口にする。
『そこまで言うなら、今度お店に来てよ』
じゃあ、キミの名刺ちょうだいよ。あと、携帯メ —ルのアドレス教えてくれる?行くときはキミに連絡するから、店に予約入れて欲しいんだ
わかった—
「簡単すぎる?いや、メル番って変更拒否が可能だから、意外と簡単に教えてくれるんですよ。中には、携帯番号まで教える女のコもいて。仕事柄、男に対する警戒心が薄いんでしよぅね」
ただし、連絡は携帯メ—ルに絞った方がいい。彼女たちは大半が夜型の上、プライベ—トタイムもめちゃくちゃ。タイミング悪く電話をかけると、即座に嫌われてしまうという。
「1度あったんですょ。夕方、電話をかけたら、本人が爆睡中で、えらく機嫌が悪かったことが。聞
いたら、昼までホストと遊んでたみたいで。起こして悪かったなって、謝りまくりましたけど、以降は連絡がぷっつりですわ」
ともあれ、相手ときがついたら、メ—ルのやり取りをしつつ、本人の出勤日、時間などを確認。で、都合の良い日に店に予約を入れてもらえばいいのだ。
「店から断られることは100%ありえません。ナンバ—1 嬢は、ダマってても金を稼ぐ店の宝ですから。頼みをムゲに断って、機嫌を損ねられたら大変でしょ。万が一、その日、予約で埋まっていても、どうにかして入れてくれますよ」
一般的なヘルスの場合、初回客の電話指名予約はNG、あるいは当日、朝から受付が基本である。
このケ—スでは、朝イチから電話を入れても、人気嬢の予約はまず不可能だ。
ところが、会員制度を設けている店なら会員様に限り、前日予約可能で、中には、なんと一週間前から予約を受け付けてくれる店もあるのだ。会になるのは簡単で一度、店を訪れ、女のコと遊べばいいだけ。その後、『会員証』に書かれた『会員専用予約電話番号』に電話、ナンバ—1嬢を指名できる、と言いたいところだが、指名は本指名、すなわち、一度付いていることが条件となる。
以前、お付きになったことがありますか?
店員からは必ず、こんな質問が飛んでくるが、ビビりは禁物。都内のヘルス5店舗の会員になっている田上氏(25才仮名) は、声色1つ変えずに、こう切り返すという。
『付いた。2 回目です』って( 笑) 。忙しい風俗店がいちいち女のコに『会員ナンバ—XX番の田上さんて知ってる?』なんて確認すると思う?仮にしたところで、. 彼女たちは1日に何十人って相手をしてるんだぜ。1 人1人の名前なんて覚えてるわけないって
本当か?中には、付けた女のコを把握してる店もあるはず。「あなた初めてでしょ」と突っ込まれは
しないのだろうか。
「そんなときは間違いありませんって言い切っちゃえばいいんだよ。多少、モメることもあるけど、こっちは客でしょ。最終的に向こうが折れるね」
最後にご紹介するのは、かなりの力技である。完全なノ—アポで店を訪れ、店員に「7 時にXXちゃん(ナンバー1嬢の名前) の予約を入れた者です」と大嘘をつくというものだ。
この方法で過去、5 回の成功を収めているといぅ関西のサラリーマン佐々木氏(31才仮名) は語る。
「もちろん、店側は知らない』って主張してきますわ。
けど、そこは粘り次第。特に営業時間が長く、男子従業員のシフトが早番遅番に分かれている店は誰かのミスとして認められやすいんや」
ゴネる一方で、小細工も忘れない。あらかじめ店にワン切りしておいた携帯の発信履歴を見せながら、
「確かに予約した、だから仕事も早く上がってきた」と主張するという。
「風俗店の基本は今、目の前にある客•現金やろ。しかも、ナンバ—1 を指名するよぅな『常連客』って、VIP気取りのヤツが多いせいかドタキャンが日常茶飯事なんや。だったらどっちを取るか自ずと決まってくるわな」
とはいえこの方法、成功率は高くはない。その時間に正真正銘の客が来てしまえば、一卷の終わりだ。
「いや、それならそれでええねん。例えば、この前なんか、『申し訳ありません』って、ナンバ—2 を紹介してもろた上に、次にナンバ—1をできる『権利』まで頂戴したんや。早い話、ゴネ得いうこっちゃ」
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内