★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0038_20190517172601bb5.jpg0039_20190517172602f09.jpg0040_20190517172603850.jpg0041_201905171726051c9.jpg
【漫画】合コンでだれがだれを狙うかをこっそり打ち合わせ作戦会議する方法
184_20200424095207059.jpg185_20200424095209ced.jpg186_202004240952104b1.jpg187_202004240952115e2.jpg
AV女優・風俗嬢と合コンでおまんこまで見せてくれたのにお持ち帰りできず
1_202001131636262d4.jpg2_202001131636276cc.jpg3_20200113163629baf.jpg5_202001131636305c7.jpg
合コンで知り合った巨乳のスッチー食事の約束するも
0202_2020041509230338f.jpg0203_20200415092305f38.jpg0204_202004150923066ef.jpg0205_202004150923089f1.jpg
合コンはチームワークが大事、狙いの女がバッティングしたら最悪だ

今回のお相手は取材を介して知り合ったOL3人組である。全員、同じ会社で、全員オレと顔見知り。むろん、誰ともエッチなことなどしていない。とりあえず、事前に入手している情報を紹介しておこう。

チカ・リーダー格の24才。知り合ったのはある2年前の飲み会。色白で胸は大きめ、元気がいい話し上手である。

ユミ26才。色白でぽっちゃり。レィコ23才、背が高く、色白でスリム。3カ月前に同じく飲み会でチカから紹介された。

3人に共通しているのは、現在は彼氏がいないということだ。リーダー格のチカにOKはもらったもののクリアしなくてはならない問題がいくつかある。
「ひとつは、合コンの相手はおっさんなんだよね。でも、おっさんだからワリカンな
んてケチなことは言わないよ。おごるから声かけてよ。
「ラッキー。いいですよぉ。みんな金ないんで、よろしくお願いします」
第一関門は突破。
「あとさ、おっさんチームの1人がレズビアンなんだけどいいかな」
「ハハハ、おもしろいじゃないですかあ。でも、私は女の子、苦手ですけど」
「そつか。んじゃ、チカちゃんはオレと消えようよ」「ハハハ」
ふふふっ。合コンが始まる前からもう勝ったも同然だね。ちょっと卑怯かもしれないけれど、これも幹事の役得か。「1次会が終った時点でそれぞれがカップルになるってのは、どうかなあ」
「うーん、最初からそれを言っちゃうとみんな引いちゃうかもしれないけれど、まあ、それとなく言っておくね」合コン場所は、前回、個室だと思い予約した店が単に柵で仕切られていただけだったので、その点を厳重チェック。結果、料理のおいしいと評判の中華料理屋を予約することにした。また、前回はダラダラ飲んでしまったことに対する反省から、今回はサクッと2時間で終えることに。これで完壁だ。今回は絶対におっさんチームがセックスまで持ち込めるようにガンバルぞ。おっさんチームは会場である中華料理屋前に集合。まずはオレが知り得た女子情報をオガタとまーこに伝える。
「とにかく今回は、最初に自分がどの女に行くか決めておこうよ」
「それが、そのままいくかどうかわかんないじゃん」
オガタが言う。変更がある場合は、早めにみんなに伝えるようにしよう。
「眉毛をさわって、指差した女がいいみいなブロックサインでいこうよ」
店に入った。会場に早めに行くのも合コンに勝つためには必要である。前回、オレは遅刻してしまったのだが、これも敗因のひとつかもしれない。会場は、畳の部屋だった。丸いテーブルが真ん中に置かれている。女、男が互い連いに座ることにするか。
7時。チカとユミがやってきた。
「レイコはちょっと遅れるんですよ。仕事が長引いてるみたいで」いいよいいよ。
「あ、ちょっと化粧をしてきていいですか」
チカが焦ったように言いながら化粧室へ。なるほど、内勤のチカはいつも会社ではスッピンだもんな。それに対し営業のユミはバッチリ化粧が決まってるが、彼女もチカと消えて行った。再びおっさんチームだけになったところで、それとなくオガタに聞いてみる。「どう?この2人でいいのいる?」オレは、ここでオガタがチカと言えば、自分はユミにしようと思っていた。実際のところ、今回の3人なら誰でもOKだ。
「オレはユミちゃんがいいよ。問題ない?」
いいだろう。ならば、オレは予定どおりチカでいこう。
「ま-こ、お前が脈あるのはレイコだから、それでいいだる」
オレがこう言ったのには理由がある。以前それとなくレイコにレズについてどう思うか聞いたところ、「う-ん、それも有りだと思う」と口にしたのだ。そのことをま-こに伝えてやると、うんうんと嬉しそうにうなづいてる。よし、もはや、完壁じゃないか。チカとユミが戻ってきたところで、まずはビールで乾杯!
「ここはね、料理がおいしいんでたっぷり堪能してね。あ、それから飲み放題からガンガン飲んでね〜」あくまで紳士的に友好的に。前回は、この段階ですでに下ネタを連発していた。下ネタ封印!前菜料理がきたところで、レイコもやってきた。話も和やかで
いい感じ。この調子だ。オレは、女性陣を褒めちぎった。
「ユミちゃん、痩せたんじゃないの?きれいになったよね」
チカに対しては「初めて会ったのは2年前か。あのときチカちゃん、輝いていたからな-」そんなオレの姿を見て、ま-こが耳元で「今日はいいぞ。その調子」とささやく。てか、おまえも頑張れよ。「チカさんは、合コンよくやるんですか?」
「ええ、ユミが合コン番長なんで、よく呼ばれていきますよ」
おお、オレが交渉したのはチカだが、実質的なリーダーはユミか。年も上だしね。これは、手ごわいのかもしれないぞ。オガタ、大丈夫か?始まって20分もすると、会話があちこちに分散し始めた。オレとレイコとま-こが、引っ越したばかりでひとり暮らしをしているレイコの話題。次はオレとユミが、実家に住んでる彼女の会話。チ力が前につきあっていた男の話をユミと鑓していると思えば、いつのまにかオガターとチカが仕事の話で盛り上がってる。1時間ほど経過したところで、ま-この携帯電話が鳴った。あわてて部屋を出ていき、そのまま戻ってこない。
「あいつ、どこ行ったの…?」10分もたつと、さすがにオガタも気にしだした。いかんねえ。こうして足並みを乱すのは。ようやく、ま-こが戻ってきた。涙目になっている。あ、わかった。昨日、ま-こは女にフうれたばかりなのだ。たぶん、その女からの電話なのだ。カラ元気を出しているが、どうにも変だ。が、心配は無用だった。絶対、落とすという気合いからか、ま-こはレイコに必死に話しかけ、合コン終了前には、彼女に抱きつくまでになっていた。さ-どうなることやら。
予定通り2時間で店を出る。オレは順調に進んでいると思っていた。
「それじゃ、オレたち2人はカラオケでも行こうか」
エレベータを降りたところで、チカに言う。いいですよ、と彼女は笑う。ま-こはレイコと腕を組み「家まで行っていんですかなんて、甘い声を出している。さあ、そろそろ消えよう。」「ぁ、ちょっと待って」チカがオレの元を離れていった。なになに?どうしたの?なにかトラブル?ん?女の子が集まって話してるぞ。おかしいなぁ。おいおい、ま-こ、いったいどうなってのよ・おまえはレイコと消えるんじゃなかったのかよ。

「いやぁ-、そのつもりだったんですけどね、オガタさんが『オレ、やっぱりレイコちゃんがいい』って言い出したんで、おかしくなっちゃったんですよ」
うまくいこうとしてるんだから、今さらそういうこと言うなよ・もう強行突破しかない。オレはチカの手を引きながらこっそりそばのカラオケ屋に入った。

で、カウンターのところで受付をしていると、そこへぞろぞろと4人がやってきた。何やってんだよ!
「まあ、それじゃみんなで飲みなおしましょうよ」
ま-こが言い、結局、近所の居酒屋へ入ることになった。ところが、なぜかオガタがいない。なんだ、どうしたんだ。と、ま-この携帯に「もう帰る・すまん」とオガタからメールが届く。う-ん、しょうがないなあ。ここから、ま-こによる合コン反省会が始まった。

「で、どうですかあ、この合コンベタのおじさんたちをどう思います?」
「いや、そんなことよりも、私たちが何かいけないこと言っちゃったからオガタさんが帰っちゃったんじゃないんですか」チカがしきりと心配している。「いや、問題ないよ。この前はプチ切れて帰っちゃったんだから」
「そう、ぜんぜん気にしないでいいから」しばらく呑んだところで、ユミが少し怒ったように言った。「この前も5対5の合コンに行ったんですけどね、実は男性側は1人だけが独身でその人を盛り上げるために合コンをやったみたいなんですよ。なんだかもうバカにされたみたいで」

暗にオガタが急に帰ってしまったり、おっさんチームにレズビアンを入れてい
たことへの批判かもしれない。オレは思わず下を向く。すっかり疲れた。5人は、もう少しだけ飲み、店を出た。ちなみにここの支払いはまこがしてくれた。彼女も責任を感じていたのかもしれない。オガタが消えたことで、オレたちは口数少なく、駅へ向かった。もうセックスのことなどどうでもよくなっていた。

合コンで知り合った巨乳のスッチー
合コン終了時にメールしたときは、《年末になったら時間あり》との返事をもらってていたので、クリスマスイブに出会えることを祈って、イブの1週間前にメールをしてみた。
《もし時間がありそうだったら、ご飯食べに行きませんか?それとも、もうすでにバカンスモードで一人旅に出ているとか?》しかし、待てど暮らせど返事は来ない。このままでは例年通りのロンリークリスマスか……と思っていたイブの早朝、ついに返事が。やった!今からレストラン予約しない
《こんにちは。返事が遅くなってすみません。胃腸炎らしきものにかかりダウンしておりまた……。年末はご実家ですか?年明けにでも、ごはん行きましよ》
もう年明けの話かよ・胃腸炎が治ったのなら今日会ってくれてもいいだろうに。年末、何もすることがないので大阪の実家に帰省した。家ではオカンが1人コタッに潜り込んでる。オレもそばに足を突っ込むと、オカンが話しかけてきた。
「あんたの大学の友達はみんな何してんねん?」「みんな一流企業に勤めて、たいがい結婚してるわ」「立派やな。あんたはどうやれん」「まあ、オレは結婚願望がないし」
「そんなこと言うて、年を取ったら独り者はさびしいで。子育てとかは若いうちにしておいたほうが楽やで」「じゃあオレがもし女の子を家に連れてきたらどうする?」
「そんなええ人いてるんか?」「いや、おらへんけど……」
「アホか。そういうのは見つけてから言いなさい」
それもそうだ。連れてくるどころか、付き合っている相手もいないようでは話にならない。オレに彼女がいないことを知り、オカンはことあるごとに理想のヨメ像を語り出した。おせち料理を食べながら「やっばり女の子は料理ができんとあかんで」。テレビで天気予報を見ながら、「東京は遠いなあ。そっちの人と結婚したら正月とか大阪に帰ってこなくなって淋しいな。私は関西の人がいいわ」
何を賛沢言っているのか。美人ならどこの出身でもいいじゃないか。オカンとしゃべっていても何も始まらない。新春早々、オレはバーゲン客で賑わう難波・心斎橋方面にナンバに出かけた。地元だけに東京よりも会話はしやすいはずだ。
まずは1人目。パンチラが拝めそうなミニスカ水商売系の女に声をかけたが、無視された。まあ最初はこんなもんである。
2人目。今度は人妻風の女に声をかけると、これも無視。
3人目。再び人妻と思しき女性に声をかけたが、うつむき加減のままローソンの中に逃げ込まれた。
4人目は、高校ぐらいの女の子。こんな若い子をもし実家に連れて帰ったら、オカンはどんな顔をするだろうか。「若くてええ子やなあ」と言うだろうか、それとも「もうちょっと年が近いほうが、私はいいと思うわ」と言うだろうか。オカンの反応を妄想しながら声をかけるも、あっさり無視された。妄想し損だ。5人目、美脚を見せつけるように大またで歩くスレンダーな美女。
「ちょっと、ちょっとちょっと。どこ行くの?これから帰るところ?」
「・・・・・・・」
ザ・たっちのギャグを交えるも、あっさり無視。やっぱり大阪は吉本芸人じゃないとダメか。
しかし結構タイプだったので、そのまま隣を歩きながら声をかけつづける。
「もし時間があれば、スタバでお茶でも飲まへん?」「・・・」
「お茶じゃなく、カラオケでもええよ」
しつこく声をかけ続けたところ、女は「なんよ◎あんた!」と怒鳴ってデパートに入っていった。品のない女だ。もしこんなのを連れ帰ったら、オカンは「まったく最近の子は」と嘆いていただろう。そんな女はこっちから願い下げだ。
スッチー合コンを開いてくれたA氏に、また合コンに誘われた。今度は2対2で、相手は普通のOLだ。オレの隣に座ったのは、馬のような面長の女だ。正直、もう1人のほうが巨乳かつ南野陽子似でかわいかったのだが、そっちは幹事のA氏に譲らざるをえない。恭子と音楽の話をしたり、おしぼりで巻き寿司の巻き方を練習したりと、その日はそこそこ盛り上がったこともあり、数日後、今度は2人きりで食事することになった。顔は好みじゃないが、今年はとにかくイケそうな女は全部選り好みせずにイッておこうという決意の表れである。渋谷で再会したところ、恭子が言う。
「私、来月に引っ越すのよ」オレはこの台詞をチャンスと読んだ。来月引っ越すのなら、現在の部屋にオレが上がりこんだとしても、ストーカーになる恐れは持たれないはずだ。ここはなんとか理由をつけて部屋に行き、セックスに持ち込みたいところだ。
「そうか、オレは掃除が趣味だから手伝ってあげようか」「うん、別に大丈夫」
「何かいらないもの出た?もらいに行くよ、オーディオとかDVDレコーダーとか」
「そういうのは捨てないよ」どうやらどさくさに紛れて部屋に上がり込むのは難しいようだ。ならばと、店を出た帰り、今度は正攻法で攻めてみた。
「今日は会えてすごいうれしかったわ。もうちょっと一緒にいたいから、オレの部屋のワインを飲みに来ない?タクシーだとすぐだよ」ドキドキしながら恭子の答を待った。
「ワインは自分で買うから大丈夫。じゃあまたね」
おかしい。合コンのときのあの好感触は錯覚だったのか。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内