★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_20191126170423ce2.jpg2_201911261704258b4.jpg3_2019112617042676c.jpg4_20191126170430594.jpg5_20191126170431fe5.jpg6_20191126170431711.jpg

店員さんにラブレターを渡してナンパする当企画、今回は店員さんではなく「飲食店で1人っきりでご飯を食べている女の子」を狙ってみることにした。
男だったらどうってことのない1人メシだけど、女性の場合はやはりどこか物悲しいも
のだ。友達の少ない、そしてカレシもいないものと前向きに推量して、手紙をバラまいてみた。

「どうもー」
「あー、この前はどうもー」
某ターミナル駅前に、ミニスカワンピースの子が現れた。5番の和食屋の子だ。
約束どおり、カラオケボックスに向かいつつ世間話で繋ぐ。
「いつもそういう格好してるの?」
「そうだね。ワンピース多いかも」
「いいね。よくナンパとかされるんじゃない?」
「うん。たまにされる」
「ついてったりするの?」
「うーん、どうだろう…なんてウソウソ」
なんかノリが軽い。これはもしかすると、すぐにエッチできちゃったりするパターンかも。一か八か、カラオケをやめていきなりホテルに誘ってみるか。
と思ったが、ふと先月の裏モノの記事を思い出した。女性読者の1人が「郷田はピュアな手紙の内容と、実際の行動に大きなギャップがある」的な指摘をしていたのだ。確かにわざわざ手書きのラブレターを渡すような紳士が、いきなりホテルはないよな…。
当初の予定通りカラオケに到着。まずは飲み物を頼む。
「俺はビールだけどどうする?」
「私は…ジントニックで」
お、酒に乗ってきた。しかも結構強めのカクテルだ。
「実は私さー、ここ来る前に飲んでて、ちょっともういい感じなんだよね」
「え?昼から飲んでたの?まだ6時だよ」
「今日スポーツバーで、F1を観戦するっていう会があって、それ見ながら2杯だけね」 
このコ、やっぱ遊び人の気がするぞ!
交互にビーズを歌い、盛り上がったところで、ちょっとばかし情報収集することに。
「あのさ…、今って彼氏いるの?」
「いないよー。いたら二人で遊んだりしないよ」
「そっか。良かった。この前みたいに1人でご飯食べてるときに声かけられたことある?」
「ないよ。郷田君くらいだよ。いつもあんなことしてるの?」
毎月してるよ…とは言えるわけがない。
「しないよ。すごいタイプだったから思わず。…迷惑だった?」
「別に、ごはん食べてるだけだったから迷惑じゃないよ。若干周りに見られてる感はあったけどね」
2人で10曲近くビーズの曲だけを歌ったところで、ラブソングを中心に選曲し、室内をムーディにして行動に出た。いよいよジェントルマン郷田の本領発揮だ。
「靖子ちゃん…俺と付き合ってくれないかな?」
「えー…、だって私のことまだ何もわからないでしょ?」 
ん?『あなたのこと何も知らないもん』だったらまだ警戒されてる気がするけど、『私のこと何も知らないでしょ』ってのはだいぶ意味が違う。これは攻めどころではないか。
「確かに知らないけど、一目見て素敵だと思ったし、メールで気が合ったし、会ってても楽しいから、付き合いたいなと思って」
「えー…」
「お願い、大事にするから」
「うん、わかった…」
よっしゃー!やっぱりイケた!
いきなり襲いかからないでよかったー。
では、恋人同士になった記念ということで、キスしてみよう。紳士な俺は、ちゃんと彼女に伺いを立てるのだ。
「キスしてもいい?」
「…うん」 
あっさりOK!唇を重ね、舌を入れてみる。
拒否されない!
調子に乗ってレロレロと舌を絡め合うと、彼女も乗ってきた。これは久々のビッグチャンスかも。
しかしここで2つの重大な選択肢が目の前に立ちはだかった。このまま乳を揉むのか我慢するのか。そしてホテルに誘うのか誘わないのか。 
ノリ的に、胸を触るくらいは許してくれるかもしれない。でもホテルは失敗する可能性が高い。 
ならばあえて、ピュアな男を演じるため、おっぱいもホテルも我慢するのが吉ではないか。近くのオッパイよりも遠くのセックスだ。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ