★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_2019112510313855e.jpg2_20191125103139833.jpg3_20191125103141d3e.jpg4_20191125103142c77.jpg5_201911251031447be.jpg6_2019112510314511d.jpg7_20191125103147421.jpg8_20191125103148c53.jpg9_201911251031509eb.jpg10_2019112510315189c.jpg11_20191125103153139.jpg12_20191125103154c50.jpg13_20191125103156477.jpg14_20191125103157a26.jpg
VR作品の最高峰・王様ゲームと家出娘×ヴァージンループで最高のオナニーが
1_20191126233458da7.jpg2_20191126233459d86.jpg
現在、市場には2千タイトル近くの作品が出回っているが、映像の中で主人公(ユーザー)が動けないというアダルトVRの特性上、どの作品も「女からエロ奉仕される」的なシチュエーションで構成されているのが特徴だ。つまり、内容が似たり寄ったりなのだ。
 そんなわけで、アダルトVRをこれまで散々見まくってきた俺が、他の作品と一線を画し、なおかつ現時点で最高にヌケる2作品をご紹介するしよう。
①「当然、勝手にAV化!イケメンの友達がほろ酔い状態の女の子を僕の部屋に連れて来た!女に無縁の僕にはそれだけで大興奮なのに超過激でHな王様ゲームが始まっちゃって…VR編」
 自宅に招いたオネーチャンたちと酒を飲みつつ、エロ王様ゲームを楽しむという設定だ。
 本作のポイントは、まさにその設定にある。
 皆さん、我が身を振り返ってみてほしい。長い人生のなかで、エロ王様ゲームなんてものを経験したことはあるだろうか。1番が3番の下着を脱がせなさい、2番は4番にフェラをしなさいなんて命令をしたことはあるだろうか。ないですよね。
 しかし本作ならば、夢のゲームをリアルに疑似体験できる。ガチでテンション上がりますよ。
②「ボクの部屋はいつの間にかワケあり家出少女たちの溜まり場!」
 本作のシチュエーションも、現実世界では到底、実現不可能なものだ。自室が家出少女たちのたまり場に。何と魅惑的でアンモラルな状況だろう。
 実際、部屋の中でだらしなくダベる少女たち(もちろん実際は正規のAV女優)が無防備にパンチラする光景は、一時期、流行ったJK見学店に迷い込んだかのよう。そんな背徳感がさらなる興奮をかき立ててくるのだ。
流行のエロVR機器のおすすめは
流行のVR機器の種類がありすぎて、どれを買えばいいのか迷っている人も多いはず。
一番普及しているVR機器といえば、スマホをゴーグルにはめ込むタイプだが、使った人ならわかるように、スマホの画面を近くで見るとかなり荒いし目が非常に疲れる。あれで満足しているのはVRのなかでもニワカの連中だ。俺が勧めるのはPIMAX社の4K VR(3万4千円)だ。この商品は、秋葉原にある個室ビデオ「SODVR」で使用されているのと同じもの。自宅に居ながらにして、本格的な臨場感を味わえる。市場には10万円以上もする機器も存在するし、そっちのほうがイイんじゃないかと思いがちだが、あれの用途は主にゲームなので、AVを楽しむだけならこっちで十分。手に入れたその日から、あなたの部屋はビデボに変わる!
千原ジュニア絶賛のオナホールヴァージンループ&VRは友達との協力で本物に近づく

おんボロアパートに住んでいるオレは、隣の部屋の住人と仲がいい。
隣人の名前はヨウスケ。同年代で共に一人暮らしの貧乏男だからか何となくウマが合い、今やしょっちゅう部屋飲みをするほどの間柄だ。
そんなある日、オレんちでいつものように酒を飲んでいると、ヨウスケがこんな話を始めた。
「そう言えば、ヴァージンループって知ってる?」「何それ?」
「テレビで、千原ジュニアが大絶賛していたオナホなんだけど。あ、ちょっと待ってて」 

いったん自分の部屋に帰り、ブツを持って戻ってくる。ぱっと見は、どこにでもあるゴム製のオナホだが…。「とにかく、内部の感触が本物っぽいんだよね」
「ふーん。試してみたくなってくるな」
「ぜひぜひ使ってみてよ。これ、何回も使ってるけど、毎回ちゃんと洗ってるし」
 何だ、この醤油の貸し借りみたいなノリは。面白いけど。
「じゃあ、試させてもらおうかな。最近オレもちょうどいいオナニーグッズを買ったし」
「何なに?」「VRセット」
「いいねー。ヴァージンループと相性良かったら、VR貸してくんない?」 了解です。いやー、隣人付き合いって楽しいなぁ。というわけで、オレたちは互いのグッズの貸し借りを始めた。そう、2つの相性は抜群だったのだ。ヴァージンループの感触は、本当に女のアソコそのもので、入り口のヒダヒダ、穴の密着具合い、最深部の子宮口っぽい突起など、とにかくリアルである。だからVRの騎乗位シーンがしっくりくると言ったらもう。2人共にドハマリし、競うように「貸してほしいんだけど?」と互いの部屋を訪ねる有様だ。しかしある日、例のごとく部屋飲みをしていると、ヨウスケがこんなことをつぶやいた。「でも、このオナニー、リアルっちゃリアルなんだけど、もう一歩ってところはあるよな」「というと?」
「やっぱ自分の手を動かしているっていう意識はあるじゃん。女に動かしてもらったら一番いいんだけどね」アホかこいつは? そんな相手がいるなら、セックスをさせてもらったほうが早いじゃねーか…。と思った次の瞬間、とんでもないアイデアがふと頭をよぎった。
「なんなら、お前がVRしてるときに、オレがヴァージンループを動かしてあげよっか?」
何を言ってんだオレ? やばい! ヘンタイ隣人だと思われたんじゃね?
…って、おいおい! ヨウスケがズボンを脱ぎ始めてるんだけど…。
「ナイスアイデアじゃん。じゃあ、さっそくやってもらっていいかな?」
ノリノリなのかよ!「…いや、さすがにキモくない?」
「それを言うなら、オナホールを貸し借りしてる時点でもうヤバイじゃん」
 ヨウスケは早くもVRを装着し、チンコにもヴァージンループをかぶせている。
「騎乗位シーンになったところで左手を上げるから、そしたら動かしてよ」「…マジで?」
「もちろん、オレのあとはお前がやったらいいし。絶対、最高だと思わね?」
 何なんだよこの展開…。うわ、左手が上がったし。こうなりゃもうやけくそだ。やってやろうじゃん。シコシコシコ…。「ああぁぁぁ、いい!」 すげー喘いでるんだけど。シコシコシコ…。
「ああぁぁ、イク〜」あちゃー、イカせちゃったよ。ヨウスケが恥ずかしそうに風呂場へ。そしてヴァージンループを洗って戻ってきた。「やばいわこれ、本当に本当にリアルだぞ」
そんなに? …んー、ここまできてオレだけ躊躇してもしょうがないし…。VRを装着し、まずは自分でシゴく。いつもの快感が襲ってきて、まもなく騎乗位シーンになった。頼んだぞ、ヨウスケ。左手をすっとあげる。さあどうだ?んんっ? 何このシンクロ感?目の前の女の股間に本当に入ってる? いや、映像だとはわかってるんだけど、リアル過ぎるって…。ううぅっ、気持ちよすぎるー!
というわけで、オレたちの関係はいよいよ深まった。互いにムラムラしたときは声をかけ、助け合ってのVRヴァージンループオナニー。隣人付き合いって楽しいですね。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内