1_202107060908234f5.jpg2_20210706090825c9d.jpg3_20210706090826277.jpg4_20210706090828f64.jpg0150_20190428095155b3f_20191017200654df7.jpg0151_20190428095156bbe_20191017200656548.jpg0152_20190428095157dc2_201910172006587e1.jpg0153_20190428095159ec0_201910172007005d0.jpg1_201911242113087df.jpg2_20191124211309541.jpg3_20191124211311e03.jpg4_20191124211312e08.jpg
結婚して10数年旦那とはセックスレスと勝手に彼女のストーリーを想像してしまう

近所に住んでいるという夏目三久アナ似の美女が、この1週間に3回も俺に声をかけてきた。知り合いでもない彼女が、なんでこの俺に話しかけたのか? 
偶然にしてはちょっと多い頻度だし、美人に話しかけられるのは嬉しいが、どこか腑に落ちない。そもそも、こちらから女に声をかけることはしょっちゅうだが、逆に、若くもなく、イケメンでもない俺が声をかけられることなんて滅多にあることじゃない。しかもこんな美人に。 
よくよく考えてみると、俺もよく目当ての女性を待ち伏せして、偶然を装って声をかける手を使うことがある。ヨガのKEIKO先生のときもそうだった。 やっぱり俺を狙って、待ち伏せし、声をかけたんだろうか。いやいや、確かにあのスーパーやコンビニはよく行くが、決まった曜日や時間帯ってわけじゃない。待ち伏せするのは不可能だ。 
偶然じゃないのなら、ずっと俺を見張っているか、俺の行動を誰かが彼女に伝えているとしか考えられない。
(もちろん、伝えてるとすれば俺の嫁さんだ)やっぱり嫁さんが仕掛けた罠なのか?
いやいや、まさかなぁ。 
考えすぎなのかもしれないし、自意識過剰なのかもしれないが、気になって気になって仕方がない。それもこれも、彼女が美人だからだ。夏目さん、いったい何者なんだ。
このチャンスをしっかりつかみ取ろう
念のため、嫁さんにも軽く確認してみた。
「こないだスーパーに行ったとき、女の人に話しかけられたんやけど、誰なんかなぁ?」
「へー、どんな人なん?」
「40才くらいかなぁ。割と美人やったで」
「ふーん、うちの子の友達の親かなんかちゃうか?こっちが知らんでも、向こうが知ってることだってあるんやから気を付けてな」
反応を見ると、嫁さんはどうやら知らないようだ。芝居かもしれないが、長い間連れ添っている夫の勘を信じたい。 
やっぱり偶然だったのか? 
もしそうだとして、「奥さんと一緒じゃなかったら少しお話ししたい」って言うくらい俺に興味を持ってくれているんだとしたら、こんなラッキーなことは人生でそうそう起こることではない。そう。あまりにもおいしい話に戸惑ってばかりいずに、このチャンスをしっかりつかみ取ろう。ヤルノート入り、決定や!
とは言うものの、こちらから何かアプローチする方法があるわけではない。やっぱり偶然の出会いを期待して待つしかないのか?
いやいや、2回も声をかけられたあのスーパー。夏目さんもよく利用しているに違いない。嫁さんと行くとき以外にもちょこちょこ足を運び、偶然の再会の確率を上げようじゃないか。 
以降、仕事帰りや、週末に俺ひとりで用事もないのにスーパーに行ったり、近所を歩いているときもバッタリ出会わないかと周囲に注意を払うことにした。ご近所の目もあるし、嫁さんや子供に目撃されるリスクもあるので、大胆な行動はとれないが、再会しないことには始まらない。 

そうして10日ほど経ったが、夏目さんとはまったく会わなかった。こちらから会いたいと思い、行動を始めたとたんに会えなくなるのはどういうことだ。簡単に再会できると思ったのに…。 
会えないと想いは募るもので、夏目さんに会いたくて仕方がない。彼女の情報は何もないから、勝手に彼女のストーリーを想像してしまう。

〜結婚して10数年が経ち、旦那とはセックスレス。まだまだ女としての自分に自信があるのに、主婦をしていると出会いがあるわけじゃない。そんなとき、近所でよく見かける少し年上の男が気になった。お互い既婚者同士だし、ちょっと遊んでみたいなと思って声をかけてみた〜
こんなんやったら、ばっちりなんやけどなぁ。あぁ、会いたいなぁ。
「ふふふ、だって久しぶりやったから」 
そして、最後に夏目さんに声をかけられてから約2週間。ついに彼女と再会することができた。 
仕事帰りに駅から家に向かっている途中、彼女がいないかと前方に注意を払いながら歩いていると、背後から「こんばんは」と声をかけられた。振り返るとスーツ姿の夏目さんが微笑んでいる。あぁ、久しぶりに会えた。
「どうやら同じ電車だったみたいですね」夏目さん、仕事してるんや。スーツ姿だといっそう若く見えていい感じだ。周りの目を気にしながら、一緒に歩いて会話する。
「家はこっちの方向なんですか?」
「次の角を左です」 
そうか、俺とは方向違いだ。方向が分かれる交差点で少し立ち話する。
「ところで、なんで俺に声かけたんですか?」 
ちょっと野暮な質問かもしれないが、やっぱりそこが気になる。
「ふふふ、だって久しぶりやったから」
えっ、久しぶりって?
「河内さん、私のこと覚えてへんみたいやし」 
俺の名前も知ってるやん。えっ、えっ?誰?誰なんや?
「やっぱり、覚えてへんかぁ。ちょっと残念やなぁ」
うーん、まったく思い出せないぞ。
「メアドも交換してるから、あとでメールしますね。それで誰かわかると思うし。あっ、メアド消されてたらわからないかもしれないですね。じゃ、また」 
そう言って、夏目さんは角を左に曲がり、すたすたと去っていった。まったく自分のことを覚えていない俺に少し腹を立てているのかもしれない。 
彼女からのメールが早く来ないかと、スマホを握りしめながら家に向かった。メールを待つ間も彼女が誰かを必死になって思い出そうとしたが、やっぱりわからない。 
マンションに着く直前、メールが届いた。 
差出人の表示は『しるこ』。 
文面は『わかった?』とたった一言だった。 
正直、まだ誰かわからない。 
アドレスに『しるこ』という名前があったのは知っている。ただ、それが誰で、なんで『しるこ』なのかもずっとわからずに、消さずに残していた。実際に会った今でもまったく思い出せない。 
夏目さん=しるこ、いったい君と俺はどのように知り合って、どんな関係だったんだ。なんで、こんな美人のことが俺の記憶から消えているんだ。

近所に住む夏目三久似の美人、夏目さん(仮名)は俺を知っていた。と言うか、俺の携帯アドレスにも連絡先が登録されてあり、彼女とは過去に知り合っていたことになる。
うーん、まったく思い出せない。こんな美人、出会っていたら忘れるはずないんやけどなぁ。今後、夏目さんを攻略していくうえで、彼女のことをまったく思い出せないままなのはちょっとマズい。わかっている情報を整理して彼女の正体に近づこう。
・アドレスには『しるこ』と登録されていた。本名とは思えないので、ニックネームなんだろう。
・3つ前の携帯にはすでに名前が登録されていたと記憶しているので、知り合ったのは10年以上前と思われる。
・見た目年齢は40才前後。
 以上のことから、推測される夏目さんの人物像はこうなる。10年ちょっと前、俺が40
過ぎ、彼女が30前くらいの年齢のときに知り合った。ニックネームで登録していることから、仕事関係ではなく、合コンか飲み会、ナンパが接点である可能性が高い。
そして、彼女とはヤッていない。さすがにヤッてたら覚えているはずだ。これ以上はどうしてもわからない。だいぶ前に知り合ったままだし、あのころは、ナンパや合コンをやりまくっていたしなぁ。そうだ、夏目さんからの『わかった?』っていうメールに返信しないと。
『しるこちゃんやろ』すぐに返信があった。
『うれしい! 思い出してくれたんや。ご近所になったし、これからもよろしくね! (^^)!』
 ほんまはまったく思い出してないけどな。でも少しは思い出したフリしてやり取りしてみよう。さすがに自宅ではまずいので、外でメールする。
『今、メールしても大丈夫なん?』
『うん、もう家に着いたし、ひとり暮らしやし、全然だいじょうぶ。河内さんは?』
 独身やったんや。
『俺も外やから、大丈夫』
そう返信すると、30秒ほどで夏目さんから電話がかかってきた。「こんばんは、しるこです。お久しぶりです」
「ほんま久しぶりやなぁ。もう10年以上ちゃうか?」
適当に話しながら、うまく聞き出していこう。
「そうですね。でも、1回、梅田でばったり会いましたよ。声かけたけど『あぁ、どうも』って感じで終わって。覚えてへんみたいやった」
「ごめんごめん。ところで、なんで『しるこ』なんやったっけ」
「あぁ、名前が『知る子』と書いて知子(ともこ)なんで、そう呼ばれてましたよ。今、そう呼ぶのは昔の友達だけやけどね」
 そうか、じゃ、これからは知子って呼ぼう。
「わぁ、河内さんに知子って言われるとなんかうれしいわぁ」
どうやら、合コンで知り合ったようなので、「あんとき、どんなメンツやったっけ?」とか「どの店行ったっけ?」とか言いながら、詳しく聞き出していった。途中で「ホンマに覚えてる?」とバレかけたが、だいぶはっきりしてきたぞ。知り合ったのは10数年前。クラブで声かけした医療事務をしてるコに合コンのセッティングを頼まれ、俺の後輩4人VS医療事務のコ4人で飲み会をした。その中の1人が夏目さん=知子だった。
俺はおまけで付いていっただけなので、お持ち帰りしようとかそんな気はなく、何もせずに終わったようだ。
「私、そのときは彼氏いたんですけど、河内さんがドンピシャのタイプで。もうビビビってきたんですよ」なんか、昔の松田聖子みたいなこと言うなぁ。
「あんとき、若くてカッコいい男おったやん」
「いや、私、渋好みって言うか、酸いも甘いもなんでも経験してるような落ち着いたオジサンがタイプだったんで」
後輩のための合コンで、ガツガツしてなかったのが落ち着いて見えたのか?
「連絡先、交換できたんで、ヤッター!って思ったんですけど、河内さん、全然連絡くれなくって」
そうなんや。なんで連絡せえへんかったんやろ。
「結婚されてるんで、無理なのかなぁとも思ったんですけど、やっぱりまた会いたいと思って、○○ちゃんに、『河内さんとまた会いたいので2対2くらいで飲みにいこうよ』ってセッティングをお願いしたんですけど忙しくて無理やって断られたみたいで」
いやぁ、女性の誘いを断ることなんかないと思うんやけどなぁ。それにしても、腑に落ちないのは、ここまでシチュエーションが判明したにもかかわらず、なぜ俺が美人の知子を覚えていなくて連絡もしなかったのかってことだ。だいぶ雰囲気が変わったのか?
「あのころとだいぶ感じ変わったよね」
「うん、あのころは髪、めっちゃ長かったしね。歳も取ったし。それに…、ちょっとだけ整形したんですよ」
 えっ、これはジョークなのか?
「またまた〜、そんなこと言って」
「いやいや、ホンマなんですよ。目だけですけどね」
整形して、髪型が変わったら思い出せなかったのも納得できる。メスとハサミの力を借りて、知子は『しるこ』から『夏目さん』へと変身したということか。少々複雑な気持ちではあるが、彼女が魅力的でヤリたい女であることに変わりない。俺に少なからず好意を持ってくれているようだし、独身だ。こりゃ、苦労せずにヤレそうだ。どんどん攻めていこう。
「じゃ、近いうちに飲みにいこか。10年ぶりに」
「えっ、いいんですか? やったぁ。いきましょ!」
 よしよし、いい流れだ。
「あの、河内さん、まだ外にいます?」
「うん、外やけど」
「よかったら、××のへんで会いません?」
「えっ、今から?」
時刻は夜の9時すぎで辺りは暗い。××は歩いて5分もかからないし、そんなに人目にもつかないところだ。迷わず待ち合わせ場所に向かう。そこには、さっきと変わらずスーツ姿の知子が立っていた。整形と聞いたので、思わず顔をチェックしてしまう。まぁ綺麗やし、不自然じゃないし、全然問題ないわ。路上にいるのもなんなので、テナントビルの共用スペースへ入り、立ち話を続ける。「こうやって、また会えるなんて、ホンマに嬉しいですよ」
そう言って俺を見つめる知子。いい雰囲気なので、迷わず体を引き寄せ、キスをした。少しだけ舌を絡ませる。たまらん、ヤリたい! 知子を抱きしめる腕に力が入ったが、彼女はするりと俺をいなして、身体を離した。
「今日は帰ります。今度ゆっくり会って、長い時間一緒にいたいので」
このまま知子の部屋に行って、ヤッてしまいたかったが、彼女の言うように、楽しみは次回に取っておこう。近所の目もあるしな。翌週に飲み会の約束をして、彼女と別
れた。

ムスコは元気なままだ。今日は、彼女をオカズにオナニーでもするか。来週は絶対に決めるぞ!
そして、その週末、嫁さんとスーパーに行ったときのことだ。雑誌コーナーで立ち読みしていた俺が、ふと目を上げると、信じられない光景が目に飛び込んできた。
知子と俺の嫁さんが立ち話をしている。知子はニコニコと笑顔で嫁さんに何か話している。いったい何の話をしてるんだ?どっちから声をかけたんだ? 何が起こっているんだ…!?

10年以上前に合コンで知り合い、何もせずにずっと放置していた知子。プチ整形し、髪やメイクを変えたおかげで夏目三久似のイイ女に変身して俺の前に現れた。人気のないビルでのキスも済ませたことだし、来週飲みに行くときには楽勝でヤレる。
そう思って浮かれていた俺だが、スーパーで、知子と俺の嫁さんが親し気に話している光景を目の当たりにして凍りついた。
ワケがわからず、一瞬パニクりかけたが、ひと息深呼吸。状況が把握できていないこの場面じゃ、どう対応していいかわからない。二人に気づかれないようにこそっと雑誌コーナーから離れ、2人の死角に移動した。しばらくして覗いてみると、さっきの場所に2人はいない。嫁さんは野菜売場に移動している。早足で嫁さんに近づき、「ごめん、車の中で待っとくわ」と伝えて店を出た。
「もぉ、こんなに荷物が重たいのに先に行かんといてよ」と文句を言いながら車に乗り込んできた嫁さんにさっきのことを確認する。
「さっき、誰かと話してたけど、誰?」「さあ、知らん人」
やっぱり、知子から声をかけたのか。いったい目的は何なんだ。聞けば、声をかけたのは嫁さんの方で、知子のスカートの後ろのファスナーが全開していたので「後ろ、開いてますよ」と教えてあげたんだそうだ。
ふーん、じゃ、2人が話してたのは偶然で、何も心配することはないってことか。ほっとひと安心したが、後から不安な気持ちが湧き出てくる。
こんなに頻繁にスーパーで会うって偶然にしては多くないか? 俺の嫁さんと話した一件でも、わざと近づき声をかけさせたんじゃないのか? そんなスパイみたいなことはしないだろうと否定しつつも、不安な気持ちが完全には消えない来週、不用意に知子と会って大丈夫なんだろうか…。 約束の当日まで少し迷ってはいたが、
結局はヤリたい気持ちが完全に勝り、会うことにした。まぁ、ヤッて大丈夫な女かどうかは、じっくり話してから判断すればいいじゃないか。
待ち合わせ場所のキタの某ホテルロビーで待ってると、パンツスーツ姿の知子が登場。化粧もばっちり決めていて、仕事ができる女って感じだ。
「河内さん、こないだスーパーで河内さんの奥さんに声かけられたんですよ。バレたのかって心臓止まりそうになりましたよ」
いきなりこの話題から始まったが、知子もかなりビックリしていたようだ。やっぱり偶然だったのか。
沖縄料理の店に入り、酒を飲みながらこの10数年間のことや再会の経緯を聞いた。本当にヤッていい女かどうかを見極めないと。
彼女によると、あの後、医療事務の仕事は辞めて知人の紹介で知り合った男と結婚したのだが、2年で別れた。現在バツイチで子供はいないそうだ。
「で、働かなあかんので、保険の営業始めたんですよ。プチ整形したのも、髪ばっさり切ったのもそのときで、いっぺんリセットしたかったんですよね」
 整形前の顔はいまだに思い出せないので、どんなだったかが気になる。
「ほんまに整形したん? 変わったとこわからへんねんけど」
と白々しい嘘をついて、整形前の写真をスマホで見せてもらった。地味でパッとしない女が写っている。確かに手術したのは目だけで間違いないようだ。でも、スマホの中の20代後半の『しるこ』と、目の前の40才の『知子』だと、ひとまわり上の知子のほうが圧倒的にいい女だ。プチ整形と髪型、メイクでこんなに変わるとは、女は怖い。そして、肝心の、再び俺の前に現れた経緯についても詳しく聞いた。
半年ほど前にたまたま俺の近所に引っ越して、駅から帰る途中の俺を見かけたらしい。すぐに俺だとわかったそうだが、もし間違ってたら嫌だし、自分のことを覚えていないだろうという気持ちから、声をかけたり連絡したりすることは止めたということだ。
「そのあと、何度か道すがらや近所のスーパーで見かけるうちに、『やっぱり河内
さん、ええなぁ』って思って。もう1回話したいなぁって」
「それなら、すぐに連絡してくれたらよかったのに」
「でも、私のこと、全然気づいてなかったでしょ。だから気づくまで近づこうと思って、ちょこちょこ声かけたりしてみたんです」
やっぱりあれだけ出会っていたのは偶然じゃなかったのか。
「まぁ、偶然のときもあったけど、待ち伏せ作戦したこともありましたよ。引かないでくださいね(笑)。ストーカーみたいなんじゃなくて、会うためにちょっと後をつけたり、待ち伏せしたりって、ドキドキして楽しいじゃないですか」
 まぁ、その気持ち、わからないでもない。『いいな』と思った相手と接触するために、あれこれこまめに行動して機会を作る。関係するためにあきらめずにポジティブに取り組む。これって、俺がやってることとおんなじやないか。
似たもの同士、本音で楽しく盛り上がり、「じゃ、いこか」とそのままラブホテルに。
部屋のソファでキスをして、抱き合い、互いの身体をまさぐり合う。俺はすでにギンギンで、ガマン汁がトランクスにシミを作っている。彼女はと触ってみると、パンスト越しでも十分にわかるくらいに濡れている。
「シャワー浴びてからじゃないと嫌や」
というので、二人で浴室に入り、身体を密着させてぬるぬると洗いっこ。彼女の股間は、ボディーソープと愛液が合わさり、ローションのようにトロトロになっている。もうたまらん!
ベッドに移動して、キスして、手と口で互いに愛撫する。知子は積極的に俺の身体を舐めまわし、シックスナインの姿勢でねっとりとフェラを続ける。エロい女や。
このままだとすぐにイってしまいそうだったので、彼女の口からペニスを抜き、正常位で挿入。騎乗位、バックと体位を変えた後、最後は再び正常位に戻る。夏目三久似の顔を切なく歪めて「あぁん、あぁん、もぅ、あぁん」と喘いでいる知子の顔を見ると興奮が一気に高まっていき、そのままフィニッシュした。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ