★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
3_201911210830153e2.jpg4_2019112108301798e.jpg5_20191121083018e0c.jpg6_201911210830195f5_202001161406586a3.jpg
一般女性のAV出演に対するハードルが下がってる
金さえあれば遊べる女を探している。その際は出会いカフェや援交サイトを使うことが多いが、やはり楽しいのは、売春が前提じゃない場所、たとえばガールズバーなんかで「小遣いあげるから」と切り出し、手応えがあったときだ。砂漠で宝物を見つけたときのような興奮と言おうか。 

今回紹介するのは、そんな私が編み出した、道ゆく女にエンコーを持ち掛ける方法だ。
その方法を思いついたのは、テレビのワイドショーで、コメンテーターのAVスカウトマンが語っているのを見たのがキッカケだ。
「最近は、一般女性のAV出演に対するハードルがすごく下がってるんでスカウトがしやすいですよ。東京の繁華街だと、50人に1人くらいはホイホイついてきますんで」
この話、私はすんなり納得した。日ごろ買春をやりまくっているため、世の中に金でマタを開く女が多いことが肌感覚としてあったからだ。そこで脳みそが高速で回り出す。
巷のAVスカウトマンたちが素人女を50人に1人というハイペースでAV送りにしているってことは、どういうことか?町にAV出演経験アリのコが溢れているわけだ。
彼女らは、小遣い稼ぎのためにカメラの前でマタを開くまでやった連中。援交のハードルなんて無きに等しいだろう。町で上手く見つけてアプローチできないだろうか?
方法を練りに練った末、池袋の繁華街、サンシャイン通りで実行してみることに。目に留まった女の子に片っ端から声をかけてみる。
「あれ?もしかして芸能の仕事してますか?」
AV女優を芸能人カテゴリーに入れるのは間違っていないだろうし、この聞き方なら、女の注意をひきやすいのではという算段だ。そして相手がはにかんでくれた場合は、それとなく尋ねる。
「ていうか、ビデオとか出てましたっけ?」
この2ステップ作戦でアプローチし続けること20数人目、大学生っぽいギャル風に声をかけたところ、「ビデオ?別にぃ…」「かるーく1本くらい出てそうなんですけど」「はははっ」
「もしかして10本くらい出ちゃってる?」
「いや、そんなには。ていうかVのスカウトですか?」 
ターゲット発見!「いや、スカウトとかではないんだけど。すごくカワイイんで気になって。ここだけの話をしたくって」「えっ、何?」
「よかったら、ギャラはちゃんと払うんで、遊んだりできません?」
「あっ、そういう感じね…。まぁ値段によるかな」食い付いてきたぞ! 
かくして1万5千円+食事という条件で話がまとまり、いざド興奮の割り切りセックスへ。プレイ後に聞いてみると、彼女は企画モノに3本くらい出たことがあるとのことだった。大成功だ。というわけで、以降同様の手口で町の女にエンコーを持ち掛けている。毎回、30人くらいアプローチすれば、AV出演経験アリの子が見つかるのだから、まったく世も末というべきか(自分のことは置いといて)。

アダルトビデオAVの面接の現場

都内某所。駅から徒歩2分の好立地にある立派な建物だった。ー階にはDVDの販売ブースが設けられ、ビルの脇に正面入口。そこから製作編成室の2階へ進む。
「本日はお世話になります」「どうも。お疲れ様です」
目の前に爽やかな笑顔で現れたAさんは、巨漢のお酒落坊主だった。5年前から業界で活躍する新進気鋭の監督さんである。面接までまだ少々時間がある。そこでAさんから話を伺ったのだが、ここで大きな勘違いをしていたことに気づいた。今回の面接、受けに来る女性には初めての経験じゃないらしい。彼女らの大半は、路上でスカウトマンたちに声を掛けられた後、プロダクションの面接を受け、本人の希望や特性に合わせて、グラビアモデルやAV女優などに振り分けられる。つまり、ここでの面接はギャラの交渉も、出演への葛藤も一
AVの面接風景を一度覗いてみたかった。生々しいギャラの交渉、AVに出演することへの葛藤、そんな気持ちとは裏腹に、触られて感じてしまうスケベな我が身体。AVに「面接モノ」と呼ばれるジャンルがあるように、我々男子は、その緊張感に興奮する。今回は大手AVメー力一のx社に協力をお願いして、その現場を拝見させていただくことにした。
当日、お世話してくださるのは、xの専属AV監督、Aさんだ
何でもxでは、単体女優モノから企画モノまで、膨大な数の作品をリリースしているため、毎月20人程度の面接が行われるという。当日は、本社面接室にお邪魔して、面接官である監督と、女優さんとの攻防戦を眺めてみたい。
プロダクションに所属した時点で、彼女たちの腹はガッチリ据わっているのだ。では、あの「面接モノAV」はどうなのか。素人の娘さんが恥ずかしそうに服を脱いでいき、そのままハメられてしまうというアレは。
「あの手のものも、一旦こちらで面接して、出演が決まってから、改めて撮影日に架空の面接をセッティングして撮るんですよ」
ガチンコの面接ハメ撮りは面倒が多いため、最近はほとんどがプロタクションの女優さんたちを起用しているらしい。そうですか。
「これ、宣材っていうんですけど、今日来るのはこの子です」
監督さんがA4サイズの紙を見せてくれた。口リっぼい顔をした女の子の写真が数点貼り付けてある。名前とスリーサイズ、特技が書かれてある。名前はRちゃんだ。」
プロダクションが、所属する女の子のイメージがわかる写真やプロフィールを載せて、各媒体に宣伝するための専用用紙だ。毎日こうした宣材が、モデルプロタクションから送付され、AVメーカーの監督さんはそれを見て、企画に合いそうな女優さんをピックアップし、プロダクションに面接を申し込むのだ。
面接では、本人の雰囲気、キャラクターなどを見極め、どの監督のどんな作品に向いているのか、アンケートに記入する。仮に面接していない別監督が撮影することになっても、アンケートを見れば対応できるようにするためだ
「なので、相手のキャラクターを見て、見送ることもあるんですよ。」
「宣材写真の写りが良すぎて、実際に会うととんでもない化け物だったなんてことも少なくないので。やっばり会ってみないとわからないですから」ちなみに、現在Aさんが手がけているのは、まだ出演本数が5本未満の、初々しい女の子のハメ撮りシリーズらしい。本日面接にくる女の子は、初めてではないものの、素人に限りなく近い女優さんかもしれない。
面接の中で、本当に工口いのか、どれだけ工口いか確かめながら聞いていくんです。顔の表情を見ながら、『マンコをこう拡げてさ』なんて言って、テレる様子を見てみたり。面接が終わるまでに女の子をピチャピチャにさせるぐらいの意気込みで望みますよ
ハメ撮り監督。やっぱり楽しそうな仕事だな。
「ナマが好きならナマでもいいよ」
約束の時間を過ぎたころ、廊下の奥から女性の声が聞こえてきた。「こんにちはー」「よろしくお願いしまーす」事務所の社長(女)とAV女優、Rちゃんの2人が到着した。Rちゃんは宣材写真より多少老けて見えるが、それ程ギャップは大きくない。一方、女社長さんも切れ長の目をした美人さんで、これはこれで興奮するかも。社長さん、Rちゃん、A監督、監督の補助役Tさんの4人で面接室へ移動。そこに私もお邪魔させていただく。監督が口火を切った。
「さー、この大人数の前で、どんなエロいこと聞こうかな」「うわーどうしようあはっ」
幼い少女のようなリアクションを見せるRちゃん。彼女、仕事上の年齢は20才の設定だが、実は25才らしい。確かにルックスもリアクションも幼くMっぽいが、8才のサバ読みはどうでしょう
「帰るころにはヌルヌルになってるかもねー」
監督さん、RちゃんがガチンコのMキャラだとわかったからか、どこか嬉しそうだ。
「はい、じゃよろしくお願いします」
生理不順、撮影NG日、泊まりの撮影の不可、特技、趣味など、前もって女優さんに書いてもらった面接アンケートに沿って、面接は監督主導で進んでいく。「それじゃ、撮影でのOK事項に進みます。基本的にはゴム本番でやるんだけど」「はい」「ナマが好きならナマでもいいよハハハ」「えへへ」「ビルは飲んだことあるっ」「ないですね」「例えばね、この先、中出しモノの撮影っていうのがあったとして、アフターピルがあればいいですよって子もいるわけ。確率的に言えば、99・9パーセント子供はできないんだけど、そういうのはのちのち出来たりするかなっ」
Rちゃん、おっとりしているというか、相当トロい。M体質だから断れないだけなのか、監督さんが質問しても、なかなかはっきりした答が返ってこない。
面接が終わるとその場でポラ撮影
レズ、SM、青姦、生理中のセックスなど、実際の撮影に関わる内容の質問が続く。AV女優だけに、何でもできる方が重宝されるのだろう。そのあたりの可能性を狭めないようとの配慮か、監督さんはなるべく肯定的な答になるよう誘導していく。
「バイブやローターは使っても平気っ」「はい、大丈夫です」「バイブはどんなのか知ってますっ」「はい」「どういっやつっ」「ええ、入れるやつ」
言葉責めが始まった。しかし、相変わらずRちゃんは、天然系のリアクションを崩さぬまま、肝心なセリフを口にしてくれない。ま、そういつキャラってことだね。
「じゃ、面接はこんな感じでね、あとは写真を撮らせてもらいますので」「はい」
マンコ開いて鼠められるの好きでしょ
なんと、面接の最後にこの場でヌードのポラ撮りを行うらしい。ラッキー。
「パンイチになってもらえますっ」「はい」ポラ撮影の最中、監督さんがなまめかしい声を出す。「ああーそんなに脱いじゃって、ああスゴイ、ああスゴイ、溶けちゃう、どこが溶けちゃうっ」
加藤鷹のモノマネらしい。サービス精神旺盛な方です。それにしても、会議室で初対面の女の子が素っ裸になる様は、なかなかにエ口い。
「お疲れさまでした。大丈夫っ濡れなかった?」「あ、はい(笑)」
「じゃ、まだ俺の責めが足りなかったんだねー」「うふふふ」
全員で撮り終えた数点のポラを確認し、Rちゃんが服を着終わったところで終了とあいなった。
「最近したのいつ?」「月曜かな」
翌日、別のモデルプロダクションが女優さんを連れてくるというので、2度目の面接拝見。なんと、本日は一度に4人の女優さんを連れてくる予定だったそうだが、変更されて2人になったらしい。本日はA監督のほかに、俳優顔の監督兼フロデューサーのK氏も面接を行うらしい。では、今日はKさんの現場存かさせてください。
部屋に入ると、すでに面接の女の子が座っていた。金髪ショートカットで気の強そうなFちゃん。年齢は20才前半だろうか。
「今はキャバとヘルスのお仕事をされてると。で、大変だから辞めたい。AV一本にするのっ」
「あ、違うんです。ヘルスを辞めたいんです」「何が嫌なのっ」「もう全部。すべて。ありえない」昨日の女の子と違って、Fちゃんはハキハキとした話し方でSっぽい雰囲気。自分の意思をはっきりと伝えていく。
「ちなみに、ビデオの方は何本ほど出ましたっ」「10本ぐらい」
出演作品はソフトSM、ハードプレイ、ギャルモノ、ナンパモノなど、典型的な企画系女優さんといったところか。初々しさはまったくないが、これもこれでリアル。Fちゃんもシャキシャキと話すが、K氏も負けじとSっ気が強そうなしゃべりで、なんとも言えない緊張感が漂ってくる。
「こっちの方がいい。仕事として割り切れるから」「プライベートでエッチはしてるっ」
「はい」「最近したのいつっ」「月曜かな」
「プライベートではゴムとか付ける?」「付けます」
「中出しの撮影もあるんだけど、やったことってある?」「あります。アフターケアがちゃんとしてれば、問題ないですよ」「中出しあんのか。それは後ピルっ」「後ピル。あと、最初に精子殺すやつ入れてた」「そういっのがちゃんとしてれば」「全然平気」
さすが10本以上の出演経験があるだけに、頼もしい答がポンポン返ってくる。一応K氏は面接カードを見ながら質問しているが、それより相手の口調や雰囲気などから探るタイプなんだそうな。人生観や価値観、どんな境遇で生きてきたか。そういう話を聞いていくうちに、セックスの中身や好みも、なんとなくわかってくるらしい
「FちゃんはSなんだねー。M男とかイジメたいの?」
「はい。前にスゴイM男と絡んだことがあって、思いっきり引っ叩いてんのに、気持ち良さそうにしてて、すこし興奮したかも」「そういっときは濡れるわけっ」「わかんない。確認してない」
んー。これはどうなんだろ。AV女優をやりたいのにSっ気をアピールしても、逆効果ではなかろうか。「じゃ、写真撮るから、服脱いでてください」Fちゃんが服を脱ぎ、得意技のY字開脚でポージング。それをK氏が淡々と撮影して、面接は終了した。隣の面接室からはポラ撮りするA監督と、女の子の笑い声が聞こえてくる。そろそろあちらも終わりのようだ。毎日たくさんの女の子と狼談し、エロい逸材を探すお仕事現場。素人女性が出演を決意する場ではなかったものの、AV製作のリアルな一日一を垣間見ることができたのは貴重な経験だった。感想は一言。大変そうだけど、やっぱりうらやましい。
続いては女流AV監督がレズからヤリマンに目覚めたわけ
レディーは、AVメーカー「桃太郎映像出版」の監督兼広報でいらっしゃる鈴木リズさんです。
さすが女流AV監督、フェロモンムンムンです。どんな作品を撮ってらっしゃるんですか?
「そうですね、結構アドリブな感じで、女優さんの素が引き出せるような作品を狙ってますね。今はシリーズモノで、女優さんと逆ナンしながら旅をする『ヤリマンワゴン』っていうのを撮ってます。
ロードムービーのような感じですね」
 裏モノは読んでいただいてるんですか?
「毎月じゃないですけども、気になる記事があったときにちょこちょこと(笑)。アオカンスポットとか、そういう有名スポットを紹介してるのが好きですね。怖いんで、実際に行ったりはしてないですけど」
3年前にAV業界に足を踏み入れたというリズさんですが、16才のころにはエロ業界で働こうと心
に決めていたそうです。
「10代のころに、たまたま色んなフェチの方と出会う機会がありまして。性の世界って面白いなあと思うようになって。それからですね」
ちなみに、ご自身は、何かフェチのようなものはお持ちなんですか?
「窒息と緊縛、呼吸管理とか、…まあSM全般ですね。私はMなので、完全に相手に身を委ねるというか、自分の命を握られる感じが好きなので」
 だいぶマニアックなお話になってまいりました。かなり本気のMなんですね。
「そもそもの性の目覚めが、幼稚園のときで、時代劇の拷問シーンでしたので」
 ちなみに初体験はいつごろだったんでしょうか?
「初体験自体は15才ですけど、プレイ自体は普通でしたね。実はわたし、レズビアンなんですよ」
 えっ!?
「だから、お付き合いした男の子もいたけど、あんまり盛り上がらずで。16才ぐらいからは女の子ばっかり好きになってました。そのあとは、ご主人様というか女王様とかもいたりして。でも男女の関
係と違って、相手もレズじゃなければ成立しない世界なので、なかなか見つからないんですよね」
 なるほど、色々と大変なんですね。じゃエロいことしたくなったらどうするんでしょう。
「それがですね、3年ぐらい前から男性ともエッチできるようになったんですよ」
 あれ、レズなのに? 
「わたし、いろんな変態さんたちの話が聞きたくて、ハプバーによく遊びに行ってたんですけど、そ
こにたまたまちょっと中性的というか、女性っぽい男の人がいて、その人とセックスできたんです。お酒の勢いもあったと思いますけど。それで、『なんだ、男もなかなかいいじゃないか』と」
 突然、男性に目覚めたと。
「はい。そっからは男の人ともセックスしまくってます」
 でも基本はレズなので、あくまでその相手とはお付き合いするわけではなく「セフレ」とのこと。ちなみに、そのセフレさんは何人ぐらいいらっしゃるんですか?
「10人ぐらいです。定期的に会う人もいれば、ゆきずりもアリですね」
 だいぶアリになったんですね。男はダメだったのに。
「フフフ、そうですね。なので今は青春を取り戻すかのように頑張ってます」
 ゆきずりの男性たちは、渋谷のクラブ『キャメロット』で逆ナンして見つけてらっしゃるそうで。
「イケるかなって相手がいたら、『ねえねえ、セックスしよう』って言えば、5分でホテルに行けま
すしね。その人に友達がいれば複数プレイできるのでラッキーです。3Pとか4Pが好きなので」 なんだかすごい話になってきました。こんな女性に逆ナンされてみたいものですね〜。
 ちなみに、どんな男を逆ナンするのか尋ねたところ「色黒でチャラそうな人」とのこと。みなさん、日サロに通ってからキャメロットへGO!
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!

エロアニメも見放題U-NEXTアダルトがすごい!
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。