★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
11_201912021223137d0.jpg0080_20171231201034e2e_20191101101246063.jpg201504055_2019110110124918f.jpg201504054_2019110110124732c.jpg22_201912021227321a2.jpg
0092_20180114124257a78.jpg
LINEPLAYラインプレイの攻略法
L I N Eやカカオならどんな女子でも簡単に教えてくれる時代だ
まず最初に知っておきたいのは、現在LINEやカカオの連絡先は、非常に簡単に教えてもらえる状況だということだ。もう本当にカンタンに。気負う必要なく手軽に。
たとえば合コン。かつてなら宴も終盤にさしかかったころに、いそいそとケータイを取り出し「良かったらメアド教えてよ。できたら番号も」なんて切り出してたが、いかにも「あなたこのとを異性として見てますよ」感がありありで、気恥ずかしくなかっただろうか。気負うばかりに、本命の可愛コいには聞けず仕舞いなんて失敗もあったはずだ。
これがLINEなら、もうなんてことはない。女がスマホを適当にいじっている場面で
「あ、LINE入ってる?」
「うん」
「じやあ交換しようよ」
これだけだ。どこにも力は入っていない。
たとえば会社のOL たとえば取引先のバイトちゃん、メアドを聞くにはどこか軽薄さが必要だったり、あるいは真面目っぼさを打ち出さねばならないがLINEだったらアホみたいに容易に聞き出せる。
「LINEやってる?」
「はい」
「交換しよっか」
なんて素敵なんだるう。無料メール、無料通話ができる相手が、こんなに簡単に見つかるな んて。
またLINEの場合は、オモシロイ現象なのだが、リターンが早いという不思議な特徴がある。メールでいついつ飲もうかと誘っても無反応だったがLINEだとどういうわけか即答で返事があるのだ(デートO K かどうかは別問題)。イケるイケないの判断がすぐにつくのはやはりありがたいものだ。
LINEには、互いのスマホをるふふると振るだけで互いのIDを交換できるその名も「ふるふる」という機能が備わっている。この機能、クラプなどで女の連絡先を手に入れる際によく使える。
まずはスマホを片手に目当てのコに踊りながら近づこう。そこでスマホを振る仕草を見せ「ラインのIDふるふるで交換しない」?バカっぽく、陽気に接近するのがポイントだ。
しょうもない方法だが、これが結構女にウケ、一晩で15人以上は軽くIDをゲットできる。あとは翌日、彼女たちに「昨日話したふるふるマンだけど」と言って片っ端からメッセージを送信しよう。あなどるなかれ。オレはこの流れでテート→即マンに繋がったコがなんと半年で40人超だ。もちるんこのワザ、クラプだけでなく飲み屋やBARなどでも 応用可能だ。
経験者ならこ存じだと思うが、婚活パーティ内で連絡先を交換できる女性の数は多くて2人だ。仮に、その2人とその後連絡が取れなければ、高額な参加費は全く持ってペイできないことになる。実際オレにはそんなことがたくさんあった。
こんな状況に突破口を開いてくれたのがLINEだ。
作戦は至ってシンプル。婚活パーティで話す女性に片っ端から自分のLINEのIDを教えていくのだ。
「あ、どうもはじめまして。LNEってやってます? これボクのIDなんでよかったらスタンプの一つでも送って下さい」
これを参加女性全員に施せば、驚くなかれ3人に1人ほどがこ丁寧にも連絡をくれるのだ。メアドを紙に書いて渡しても、まずこんな結果は生まれない
ヒマヒマかまちょ-チャットで出会い友達募集無料掲示板ー」 (iPhone アプリ)
LINEの掲示板アプリは数あれど、比較的業者が少なく、安全性が高いのがここです。現在はAndroid版が削除されている状態なので、iPhoneユーザー限定になっています。女の書き込みが多いので、「待ち」より もガンガン攻めていった方がいいですよ。
昨年夏に塗場した『トモコレ』は、友だち募集アプリの中では鉄板です。デザインがく可て愛使いやすく、"女性受け"を狙ったのが評判になったようで、猛烈な勢いで登録者数を伸ばし中。18オとかの若くてイマドキの女性が多いように感じますね。
周囲のヤリチンたちが揃って激推ししているAndroid対応の掲示板アプリだ。登録者数は他の大手掲示板よりはやや劣るが、シロート率は極めて高い。このアプリにおけるオレ流の必勝法を少しだけ紹介する。年齢検索の際に18オなどの若いコではなく、20代後半などの少し高めで検索してみよう。ぐんと業者の割合は低くなるし、冷やかしじゃなく普適に出会いを求めてる女を見つけやすい。
フレンズ掲示板(掲示板サイト)
この掲示板の特徴は、シロート書き込みの判断が容易な点だろう。自分に連絡をしてもよい時間帯を記載する、いわゆる「時間指定」をしている書き込みはまずシロートと見てよい。逆に「いつでも」とあれば2 4 時間体勢で獲物を探す業者の可能性がぐんと高くなる。
LINEPLAYラインプレイの体験談
1、LINEPLAYは人妻の釣り堀として非常に優秀だ。特に平日・昼間の人妻率の高さには目を見張るものがあり、どこもかしこも既婚女だらけだ。スマホで手軽に遊べるうえ、愛くるしいアバターを動かしてチャットするシステムが、ヒマな主婦には打ってつけの娯楽なんだろう。
さて、このLINEPLAYで俺が狙うのはもっぱら子持ちの人妻だ。いろんなスクエア(アバターが集まる広場)に出かけていき、手当たり次第に声をかける。
「こんにちは。失礼ですけどお子さんはいらっしゃいますか?」
 ここでノーなら次に行くまで。イエスの場合はこう続ける。
「おお、そうですか。実はウチも最近、産まれたばかりでして」
やや唐突な流れに思えるかもしれんが、母親という生き物は子供の話題に目がない。普段、ナンパを警戒している人妻ですらホイホイと乗ってくる。ここで演じるべきキャラは子育てに不慣れな新米パパさんだ。夜泣きがひどいけど大丈夫か、便秘になったら医者に連れて行くべきか、なんてことを相談し、子育ての先輩からアドバイスされる形を取るわけだ。しばらくこういう会話を続ければ、ラインIDの交換を求めてもまず拒否されることはない。で、以降も子育て関係の話題で盛り上がり、じっくり関係性を温めていくのが第一の目標だ。時間的な目安は3日くらいか。ある程度くだけた仲になったら、ようやく下世話な話題を織り交ぜていく。
「ダンナさんと仲良くやってる?ウチは嫁が妊娠してからさっぱりだよ」
 あるいはもう少し踏み込んで、相手への好意をほのめかす手も悪くない。
「●●ちゃんと話してるとすごい和むんだよね。なんでだろ」
 ただし、この手のトークはサブにとどめ、メインはあくまで子育ての話題に据えておくのが重要ポイントだ。露骨に下心を出せば、これまでの慎重な流れが一気に白々しいものになるばかりか、かえって嫌悪感を抱かれる。そうなったらすべてがパーだ。
 これを辛抱強く耐えていれば、やがて一気に道は開ける。勝手に相手がこちらに好意を持ち、積極的にアピってくるのだ。
「せっかく仲良くなったんだから一緒にご飯でも食べたいよね」
 当然の結果だろう。これまで子育ての後輩として従順にアドバイスを受けてきたということは、それだけ相手の自尊心をくすぐってきたとも言える。自分を全肯定してくれる男に、惚れない女などいないのだ。もしこの段階まで来てヤレないのなら、チンコを切ってオカマになるしかありませんよ。
2、ラインが運営するアバターを使ったSNS、と言われてもピンと来ないかもしれませんが、要はキャラクターを使ってコミュニケーションをとるアプリです。これとよく似たアメーバピグはパソコンを使いこなせる若い女の子たちがメインユーザーでしたが、ラインプレイの場合、パソコンには疎いけど、スマホなら動かせる30代~40代の主婦たちが大勢利用しています。登録方法も簡単で、ラインのIDをもってる人ならボタン一つですぐに使えます。
 アバターは無難なキャラを作ってもいいですが、プロフには地域や年齢などの情報が必要です。人妻との不倫を狙うならこちらも既婚者にした方が無難でしょう。僕のプロフは「東京住みの既婚者、アラサーです」といった感じです。遊ぶのはもちろん平日の昼間がベスト。大勢の利用者が集まるスクエア(広場)や、ラウンジ(チャット掲示板)でアラサーやアラフォーなどの部屋を覗いて女性に片っ端から声をかけていき、不倫願望のある人を探し出します。
 声のかけ方はそれぞれですが、私の場合は『その服、可愛いですね』などとアバターを褒めて『関東の人ですか。関西の人ですか?』ときっかけを作っています。ある程度打ち解けたら、ラインプレイ内での会話は他のユーザーにも見られてしまうので、『ここだとアレなんで連絡先交換しませんか?』とラインへ移行します。ただしラインプレイは個人の連絡先の交換が禁止されていて、メッセージで送ると内容が弾かれるのはもちろん、使用禁止というペナルティまでくらってしまいます。私の場合、前持ってIDを書いた紙を撮影した写真を送る、というやり方でクリアしています。
新たな不倫養殖場LINEPLAYはヒマ女だらけ
昔、“アメーバピグ“というサービスがあったのを覚えていますか?アバター機能とゆるいノリのゲーム性が主婦にウケ、ヒマな主婦とそれを狙う男たちで溢れて、不倫養殖場と化したゲームです。その後みんなスマホを持つようになって、PCがメインのアメーバピグは縮小していきましたけど、似たようなスマホゲームの"LINEPLAY"がほぼ同じ感じでいけちゃいます。ゲームの雰囲気やシステムはアメーバピグと同じ。アバターを着せ替えたリ、部屋を模様替えして友達同士で見せ合うみたいな、まあよくあるゲームですね。ゲーム自体はあリきたリですけど、ラインのゲームだから参加者が多いし、意外に年齢層も高めです。メニューを開くと、即席グループチャットみたいな“ラウンジ“っていうのがあって、そこのアラサー音6屋、アラフォー部屋はヒマを持て余した主婦とか独身女だらけなんですよ。深夜や早朝でも必ず人がいるんで、どれだけ人が多いかはやってみればすぐわかると思います。ラウンジである程度雑談に参加して、抜ける間際に「もうちょっと話したいので、友達申請しときます」と言って、友達になっておきます。一度友達になれば、ゲーム内にある相手の家に行って2人きリで話せるよ引こなるので、本格的に攻めるのはそこから。平日の昼間とか、旦那が寝た後の深夜とかに口グインしてるようなタイプがやっぱ熱いですね。
現実で愚痴る相手がいないから、自然とこっちに依存してきます。そうなったら、あとはラインを交換して一気に会うところまでこぎつけましよう。ただ、連絡先交換は禁止になっていて、露骨にやるとアカウントを消される可能性があるのでラインIDをひらがなで送ったり、記号を混ぜたりしてうまく対処してください。あと、ゲーム内で目立とうとして奇抜なアバターにする男性が多いですが、無難に小奇麗な恰好をしていた方が成功率は高いですよ。
テレビにつなぐ、いわゆる据え置きゲームのオンラインプレイをやってる主婦って、メチャクチャ食えるんですよ。いま自分がやってるのは、スプラトゥーンですね。普通に考えて、家庭のある主婦だったら平日の夜とかにテレビを占領するWiiなんてできないじやないですか。なのにゲームをやってるってことは、ダンナが単身赴任中とか、何かあって別居中とか、そういう事情があるってことですよね。ガードが甘いのも当然というか。例えばスプラトゥーンだったらイカナカマなんかのゲーム仲間募集サイトでゲーム内のランクがあんまリ高くない女を狙っていけば、かなリの確率で主婦に当たリます。SとかAの女は大学生とかの若い女が多いですけど、BとかCの女は7割くらい主婦じゃないか。
このゲームはチーム戦だから、ゲーム中にスカイプとかライン通話で連携を取るのが普通です。何度か一緒にスカイプしてたら相手の警戒心も解けてくるので、個別に連絡を取って飲みに誘う。ワケあリだってわかってるから、会ってからはゲームの話なんかする必要はないです。ストレートにヤリたいってのを押し出して攻めていけばOK「マリオカート」とかにも主婦はいるけど、オススメはやっぱリスプラトウーンですね。これほど甘い漁場はないですよ。
ラインプレイの簡単なアプローチ方法
ラインのサービスの一つで、ユーザーそれぞれが作ったアバター(自分の姿)を動かして交流できるアプリだ。こちら、女性ユーザーも非常に多いのだが、中にはエンコー相手を探してる子もちらほらいる。『パーク』なるスペースでこんなつぶやきをしている子がそうだ。
「お金なーい。。。都内です。。。」
「誰かコヅカイくれwww」
なんともわかりやすい。他にも『ランダム訪問』でマイページにやってくる子もいる。こちらのプロフィールを見て、地域が近ければ「お小遣い欲しい」などと誘ってくるわけだ。いずれにしても以降はラインIDを交換しての交渉となる。

電話営業マンのナンパ相手は、バストサイズを教える無防備女

住宅の販売営業という仕事は、電話帳を見ながら、どこそこに新しい分譲マンションができましたので是非どうぞと片っ端に電話をかけるという極めて単調なものだ。好景気で食いつきがいいというならまだしも、このこ時世、毎日毎日そんなことをしていれば、ほとほとイヤになってくる。ところがこんな活動の中でも意外なナンパが編み出せたりするから面白い。

つい先日先輩に教わったばかりのこの手口を使って、すでに私は2人の女性と仲良くなってしまった。皆さんにもお教えしよう。朝から晩まで営業電話をかけまくっていると、若い声の奥さんや娘さんが出ることがままある。どうせ彼女らにマンション購入の決定権などありはしないので、すぐに頭をナンパモードに切り替える。

「おめでと~ございます」声はこうだ。しかしこれだけだと、何かの当選にかこつけた英会話教材販売などと勘違いされてしまう。そこで次にこう続ける。

「新開発の下着が当選いたしました。つきましては、こちらのプロフィールにサイスのほうが抜けておりますので、お教えいただけませんでしようか」

怪しい。普通はそう思う。ハガキを送った覚えもないのに当選もクソもないだろう。しかし女性心理とはわからないもので、新開発の下着とはどんなものなのか気になる人
が少なからずいる。

「70のcですけど」「あ、そうですか。では、ちょうどそちら方面に他の当選者の方がいらっしゃいますので、直接商品をお届けします。」

その後はスーパーで下着を買って(値札をはずしておけば新製品かどうかなんてわからない)、お宅を訪間。顔を見て気に入ったら、後日電話して仲良くなる。おっと、簡単に「仲良くなる」なんて書いてしまったが、これには説明が必要だろう。要するに、彼女らは、オチやすい部類に入る人種ということだ。
だって考えてもみてほしい。相手は「当選」という言葉に疑いも持たず、さらに見知らぬ他人にバストサイズを教えてしまうような無防備な女なのだ。

「お会いしたときに、素敵な方だと思いまして」とかなんとか言いなから近付けばなんとかなるものだ(私は2回ともそうだった)。なんでもこの方法を教えてくれた先輩は、下着を持って行ったときに、「試着時の写真を撮らせてもらえますか」と大胆な器まで出しているらしい。そこまで行けば立派な犯罪のような気もするが、どうなのだろう。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内