★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_20191118205943f8a.jpg2_20191118205944d72.jpg3_20191118205946d08.jpg4_20191118205947de5.jpg5_20191118205949319.jpg6_20191118205950f70.jpg7_2019111820595243b.jpg2度目に会った際、なんとかセックスに持ち込み、素人童貞を卒業。以降やときどき2人は関係を持ち続ける。
「彼氏がいるのにセックスしたってことは、セフレという意味でしょう?」
間違いはない。しかし今回登場する他の男性8名の例と明らかに異なるのは、彼女がセフレなのではなく、彼女のセフレなのでは?という点である。
どういうことか。
たとえばそれは連絡の取り方に表れる。ヤリたくなったときにメールを送ったとする。
〈今度の休み、遊ばへん?〉
返事は来ない。待てど暮らせど来ない。そのくせ、平日深夜の2時3時にいきなり連絡が入る。
〈今、渋谷で飲んでるよ〉
眠い目をこすりながら迎えに上がる・往復5千円を使い、さらにコンビにで酒を買い与え、寝床を整えてやり、ようやく一発。その労力たるや並大抵ではない。
1、道尋ねナンパの完成型スイーツ法
道を尋ねる風を装って、路上で女性に声をかけるまではできても、その後、本題に入るのが難しい。そんな男性に、道聞きナンパの完成系を伝授しよう。まずは誰もが知ってるであろう有名なスイーツ店ケーキ屋、甘味屋などを調べておき、そこからやや離れた場所で、店の方面へ向かう女性に道を尋ねる。「●●ってスイーツ屋、ご存じですか」「まっすぐ行ったとこですよ」そのまま付かず離れずで歩いて、店の近くまで来たら、「俺、甘党なんですけど、男ー人で入るのはちょっと恥ずかしいんで…。もしよかったら一緒に入っていただけませんか?お礼におごらせてくださいー」
2、お見合いパーティの女性参加者は、だいたいジャガイモみたいな連中だが、美人もゼ口ではない。20人のうち3人ほどはいるだろう。けど、美人とカップルになるのは難しい。男どもが集中するうえ、そもそも彼女らは友達に誘われて付き合いでやってきてるパターンが大半で、さほど出会いを求めてなかったりするからだ。そこでオレが考えたのは、こちらも2人組で参加し、美人とそのツレの女をセットで引っかける作戦だ。まずは回転寿司タイムで、ちょうど2対2で向かい合うようになったタイミングで、4人まとめてしゃべるような空気にもっていく。
「こいつ、友達なんですけど、今日のためにシャツを新調したんですよ」
「言うな言うな、おまえこそ緊張してるし」
お調子者2人組を演じ、どこに住んでるかだの、休日は何してるかだの真面目な話はいっさいしない。むしろ、冷やかしに来たのかと思われるくらいのノリだ。こうやって美人を含むペア2、3組に対した後、フリータイムでも同じノリで。たとえば美人に男が集中していたら、その友人の前に座り「友だちモテてるねえ。俺もあの子かキミか迷ってる」
などと、なんというか、真剣さの足りない男を演じる。結果、おそらく誰ともカップルにはなれない。でも本番はパーティ終了後だ。出口で彼女ら2人組を待ち伏せする。美人ちゃんが他の男とカップルになることもあるが心配ない。女2人組の片方がカップルになったところで、出口で男とメアド交換し、「今日はこれで」とバイバイするものだからだ。オレたちはその後を狙って、彼女らに声をかける。「おつかれー。ちゃんとカップルになれた?ちょっと4人で反省会でもしよっか」この人たち、他の男みたいに出会いに飢えてなさそうだし友達感覚でおもしろいかもと、つきあってくれるものだ。マジロ説きに入るのは酒が入ってからで十分だ。
3、仕事柄、よく出張で全国を駆け回ってる俺には、多忙なビジネスマン生活の中で編み出した、とっておきのナンパ技がある。旅行代理店で国内線の航空チケットを買うついでに、スタッフのオネーチャンから連絡先を聞き出すテクだ。テクニックは単純で、メモとペンを借りて、『お土産買ってくるから連絡先教えて』と書き、ペンと一緒に黙って手渡すだけ。周りのスタッフの目を気にしながらアドレスを書いてくれるのは、5人に1人くらいか。
4、泥酔オンナを探すのに、深夜の繁華街をうろつくのは非常に効率が悪い。おいしそうな獲物には得てして他の男ががっつりマークしているものだ。むしろ狙いは始発電車だ。オレの場合はよく新宿駅の始発ホームでターゲットを探す。探すと言ってもそのへんでうずくまったりしてるからけっこう見つかるものだ。その後、その子と同じ電車に乗って声をかける。「水飲む?」とか「オレも超酔っちゃったよ」くらいのノリで。酔ってるからか、会話に応じてくれる子がほとんどだ。そしてその子が降りたら自分も一緒に降りちゃう。んで駅を出てトボトボ歩く女についていって、部屋についたところで「まあまあ」とか言いながらあがりこんじゃうって感じだ。そんなウマイ話あるかって思うかもしれないけど、酒で思考が停止してるヤツなんて案外こんなもんだ。一度なんて3つくらいしか言葉を発しないで家まであがったこともあるし。
5、路上でもいい、喫茶店でもいい。女の子に話しかけたいけど、なんて声をかければいいかわからない。世の男性、大半の悩みだろう。案ずるなかれ、とっておきの第一声がある。誰でもできて、自然で、かつ会話がつながりやすいそのセリフは、「それ、アイフォン(アンドロイド)ですか?」せっせとスマホをいじってる子に、試してみてほしい。無視はされないはずだ。今の時期、世間の空気のようなものもあって、この質問はあまりに自然なのだ。「はい、そうです」あるいは「いえ、アンドロイドです」と返ってきたら、すかさずアプリなどの話題へ移る。「このアプリ持ってます?」「これってどうやって使うんですか?」など。本当にこればかりはやってもらわないとわかりにくいだろうが、会話は面白いほどすらすらつながっていく。その後の流れは各自の腕頼みだが、とにかくきっかけ作りに困ってる方はぜひお試しを。
芸人のフリをしてナンパする成功率の高さ

AKBメンバ—のフリをしてイイ思いをしている女子の話が載っていた。世の中には同じよぅなコトをしてるヤツもいるもんだ。
何を隠そぅ、オレも芸能人のフリをしてオイシイ思いを経験した。
31才、独身。友人からは猪八戒に激似と揶楡されるこのオレが、だ。

お笑いコンビペナルティのヒデがプロデュースした店がある。正直言って興味はなかったのだが、取引先の人間が行ってみたいとウルサイので、足1を運ぶことになった。
店内は非常に混んでおり8割ほどが女性客だ。値段も手ごろなので、学生っぽい客も結構多いようだ。
向かいの席に座った3人組の声が聞こえてくる。
「ココって、松っちゃんも来てるらしいよ」
「えすごい!じやあジュニアとか宮川も来るんだね」
そう言ってキョロキョロと周りを見回している。
どうやら吉本の先輩たちがテレビでこの店の話題を盛んにしているらしい。そんなん、来てたとしてもキミらの相手なんかしてくんないってば。
食事を終えて店を出るときレジのところで女子学生グループとすれ違った。
「若手芸人が打ちあげで使ったりするんだって」
「どんな感じなんだろうね。」

どいつもこいつも、頭にお花畑が広がっている。だが、オレは思いついてしまった。こいつらは名前も知らないよぅな若手芸人にすら興味を持っているのだ。ならば別に誰だって…。
オレの脳内には、壮大なひまわり畑が広がっていた。翌週、悪友とともにオレは再び出向いた。前回と同様、いかにも芸人目当てらしき女子グル—プがたくさんいる。
案内された席は一階のテーブル席。左右には2人組、3人組の女が座っている。注文したビールとユッケが来たころで、いよいよ作戦決行だ。
「あー疲れた!今日のライブ凄かったなあ?」
「ああ。天津さんなんてめちゃめちゃウケてたし」
大の大人が大きな声で話し始めたので、付近の客がこちらを向く。
「やっぱりFujiwaraさんがウケてくれたからいい空気になったよな」
「オレも緊張しないでやれたもん」
設定は、ライブ終わりの芸人2人による打ち上げだ。
案の定周りの女子がヒソヒソ話をしている。

「芸人じゃない?」「誰だろうね?」

なんて言ってるのだろう。しばらく

「こないだ次長課長の河本さんと朝まで飲んだ」「ジャルジャルさんはモテる」だのと大きめの声で話し、隣の2 人組女が店を出たところで、後をつけた。

そのまま声をかける。
「このあとヒマ?飲みに行こうよ!」
「え?あ、どうする?」
二人は目を合わせて話し合っている。
普通に街で声をかけたところでこんな反応はこないだろう。やはり彼女たちから見ればオレたちは、ヒデさんの店で打ち上げをしているライブ帰りの若手芸人なのだ。河本や原西の後輩なのだ。
「いいですよ〜」
そのまま近くのバ—に入り、酒をおごる

「お二人って、芸人さんなんですよね?」
「さっきヒデさんの店で話してるの聞いちゃいました」
あんな大きな声で話してるのだから当然だ。
「漫オコンビですか? コンピ名は?」

この質問当然想定はしてある。
「オレたちはそれぞれピン芸人でさ、オレは西野貴文っていうんだ。売れてないから知らないと思うけど」
「へぇ、そうなんだ〜」
作戦は最終段階に入る。才レは鳴ってもいない携帯を取り出し耳にあてた。
「あ、はい、おはようございます。明日はしずるさんと一緒です」
まるでマネージャーかなんかからの電話を受けているかのようにすると、彼女たちもようやく心を開きはじめた。
店を出て二手に別れる。ラブホ街に入ったところで「今度芸人呼んで合コンやるから来てよ」と言うと、彼女は恥ずかしそうに頷き、そのまま:ホテルについてきた。
この後もときどき「秀久」を訪れては同じことを繰り返しているので'たぶん店員あたりは気づいているのではないか。ともかくヒデさん、ありがとう。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内