★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_201911182158322cc.jpg2_20191118215833099.jpg3_201911182158358bf.jpg4_20191118215836cf4.jpg【概略・全文は上記記事をお読みください】
スカウトマンという仕事は想像以上に風俗嬢と接する機会が多い。なにしろ、路上でオナゴに声をかけ、AVや風俗店に沈め、ときには肉体関係を持つこともあるのだ。この8年で出会った風俗嬢はざっと300人に昇るだろうか。彼女らは一見ごくマトモな神経の持ち主に思える。例え、風俗の理由が「金のため」「ホストに貢ぐため」「ブランド品を買うため」だったとしても、スカウトのオレからすれば、それは至極当然の動機だ。
しかし、一歩その内面に踏み込めば、やはり彼女らは病んでると言わざるをえない。自分の肉体を男に売るなど、ココロが壊れてないと出来る行為ではない。経験からはじき出せば、オレの知る風俗嬢は何らかの病を抱えていると断言できる。スカウトマンの視点から、風俗嬢たちの精神構造にメスを入れ、その心の闇を迫ってみたい。
一昨年の暮れのこと。当時、彼女は風俗歴1年にして、渋谷の大手マット系へルスの指名ナンバー3に入る、売れっ子だった。そんなことは露も知らず、俺は渋谷の路上で偶然、目の前を通りかかった彼女に「AVに興味はないか」と声をかけてしまう。その瞬間、彼女はニコリと笑って会釈した。
「どちら様?どちら様のプロダクション様?スカウトさんの方でしょうか?」
この、彼女の態度に、オレは風俗嬢的な精神病体質を見出した。普通の女性ならば、街中で見知らぬ男に声をかけられたら、完全無視を決め込むか、ゆる〜い感じでこう答えるだろう。
『急いでるんで、ごめんなさい!』
『マジすいません!興味ないんですよ』
対し、佳子は、逆に自ら無駄な質問の羅列、意味不明な敬語を連発した。ならば、AVに興味を持っていたかといえば、答えはNO。このあたりが、彼女たちの特異性を暴く入り口だろう。なぜか涙目の彼女の言葉に、俺は頭を抱えた。なぜ怖い?どこが怖い?事情がよく飲み込めないまま、ベッドの上で抱き合いながら、改めてAVに誘う。
「なぁ、風俗嬢をいつまで続けるんだい。風俗はお客さんが主役。AVはアイドルだからお前さんが主役になれるんだよ」
「学生のとき、パパもママも仕事で家にいなかったの。家に帰ると叔父さんがひとりでいるの。下を触られて、それが痛くて痛くて毎日のように泣いてたの。でも、嫌だっていうと、叔父さんは顔を殴ってくるから。でも、パパもママも見て見ぬふりをしていたのかも」
「両親のこと、どう思ってるっ」
「好きだよ。でも、もっとアタシを守ってほしかったな・・」
そう言うと、彼女は今まで見たこともない幸福感に満ちた表情を浮かべた。こうは考えられないか。まず佳子のように、性的虐待を受けたオナゴは精神の振れ幅が異常に激しい、いわゆる『躁鬱』の傾向に陥る。一方で、辛い過去を隠そうとするあまり、強烈な変身願望を持つに至った当たらずとも遠からず、ではないだろうか。
彼女を引きつれ、円山町のホテルへ。キスを済ませ、挿入しかけた瞬問、「いつもそばにいてくれる?ねえ、美智子のこと好き?」さっきまでのヤンキー気取りの態度が一変した。会ってすぐの成り行きセックスで、いきなり「愛」を口にするオナゴは極めて危ない。コトを終えた後、自分が現在、渋谷のヘルスに勤めていることを告白した彼女は、風俗嬢になった動機についてこう語った。
「風俗なんてヨユーとか思ったしね。だって、マグロでもいいわけでしょ」言葉ではそう言ってのけるものの、本音では愛されたくてしょうがない。典型的なエロトマニア(恋愛依存)だ。美智子の場合も、やはり家庭環境に問題があった。小学校のときに父親が他界、再婚相手の義父は放蕩男で、家にはろくろく帰らない。母親は母親で、パチンコや競馬に明け暮れていたという。
「で、高校を卒業してからすぐに家を飛び出したんだ。両親とはほとんど会話した記憶がないなあ」その後、彼女は地元の静岡で風俗嬢になり、最近になって都内に出てきたらしい。両親の愛晴を受けなかったぶん、青年期になって愛情の渇望が強烈なのだということは容易に相)像できる。恐らく、風俗という仕事も、誰かに『必要とされたい』一心で飛び込んだのではなかろうか。彼女の場合ヤクザは『父性』の偶像なのかもしれない。
リストカツトの傷跡が手首に10本
昨年まで渋谷のデリヘルに勤めていた橋口早苗(仮名、当時21才)は、外見上、風俗嬢にありがちな「だらしなさ」を感じさせない、珍しいタイプのオナゴだった。裏原系の小ギレイなパーカーに、フリルのスカート。ルックスは清潔感に溢れていたが、彼女にとっては、その外見が災いした。ある日の深夜、彼女から1本の電話がかかってきた。「もうアタシ、駄目かもしれない…・」そのまま5秒ほど黙り込み、電話は切れた。風俗嬢にはよくあること。オレはさして気にもとめなかった。
ロングT、ンャツを一めくり、露になった手首を見て仰天した。3センチほどの生々しい傷跡が10本あまり刻まれていた。いまだふさがらない傷口を恨めしげに見つめながら、彼女は平然と言った。
「あの電話の直後に切ったんだあ」言葉を失いつつも、俺は納得していた。彼女のように、リストカツトに走る風俗嬢は少なくない。しかも、そうした神経症的な潔癖さは、往々にして身なりなどに現れるもの。オレが最初に彼女の清潔感を『災いした』と表現したは、そのためである。早苗は、こうも語った。「死のうとしてるわけじゃない。生きてる実感を確かめるために切っているの」生きてる実感を確かめるために手首を切る。間違いなく壊れてるが、それでも、オレは彼女と肉体関係を持った。そして、まもなく早苗はオレの自室で手首を切る。さすがに血の気が引いた。行為自体にではない。広がる血糊を見つめながら、彼女が微笑んでいたのだ。
「初めまして。ミエちゃんです。オニイさんはだーれ?」しばらくして、正気に戻った早苗は語る。以前、精神病院で『分裂病』と診断されたことあり、そう状態が1ケ月続いたら、今度はうつ状態が1ケ月続くという生活を2年も繰り返しているのだ、と。「もちろん、すごく悩んだよ。でも、どうにもならないの。原因は幼いときの記憶にあるって先生はいうんだけど、私自身、何があったのか思い出せないの。ひょっとして思い出したくても田心いだせないほど怖い目にあったのかな」
「分裂病」「躁鬱」「パニック障害」。これらは風俗嬢によく見られる精神疾患の病名だが、スカウトのオレにとって、そんな区分けに何の意味があろうか。ひとりひとり過去に背負ったものが違うならば、その狂気も別物。300人の風俗嬢がいれば、270通りの病が存在するのだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内