★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_20191115223512b1d.jpg2_20191115223513e89.jpg3_20191115223514b3c.jpg11_20191115230218475.jpg22_201911152302191cd.jpg33_20191115230221bfd.jpg
1、有名ラブホ街にあるクラブ「クレア」では毎回限界ギリギリのトランスレイヴが行われている。これが超エロエロだ。このイベント、スケベ企画がウリで、水着限定やセーラー服などの制服限定パーティーを定期的に行っている。かかる音楽のせいか、ギャル率100パーセント、それもお肌を露出したエロい雰囲気の女がわんさかだ。
踊りながら酒を浴びるように飲んではしゃぐ彼女らは、少々のボディタッチも嫌がらない。そもそもギュウギュウのフロア+露出大のギャルの組み合わせで肌が触れないわけがないんだし。踊り狂う彼女らのパンチラ(ほとんどの子が水着だが)もヨユーだ。
2、週末のJR久留米駅前では、ライトも点けずに停車しているクルマが並んでいる。実はこれ、女の子2人組が乗っていて、男から声を掛けられるのを待っているのだ。たいていが、いかにもなギャルちゃんの乗ったムーブやワゴンRで、そこに男が車を横付けして誘うシステムになっている。かわいいコのクルマには10台ほどの行列ができるので、顔を見ずとも乗ってるギャルのレベルがわかる仕組みだ。暗黙の了解なのか、男子の声かけタイムは1回2分ほどと決まっている。時間内に誘えなかったら、また列の最後尾に並びなおすハメになる。手っ取り早くキメたければ、ライバルの並んでいない車を狙い、とにかく誉めまくること。 
3、いやー、あの人たち気づいてないんですかね。もうびっくりしましたよ。朝イチでパチ屋に並んでたときのことです。入口の横に換金所があって、僕らはそこに並ぶわけです。で、その横のビルに外階段がついてるんですけど、あるとき突然ドアが開いて、ミニスカ姿のコーヒーレディが4人くらいでぞろぞろ下りてきたんです。おそらく待機所でもあるんでしょう。あんだけミニスカだったら、当然パンチラしちゃうわけですよ。一人目は白、二人目は紺色、三人目は見えずに四人目も紺ってカンジで、まぁ、見せパンなのかもしれないですけど、もう凝視しちゃいますよね。 
4、夜になればどこからともなく女性が集まってくる。立っているのは地元の三十代の人妻が多い。2、3年前からはお小遣いに困った女子大生なども見かけるようになった。女子大生は若いぶん、大2枚と強気に切りだしてくる。逆に人妻連中はイチゴー。交渉の余地もあって、「不況でお給料も減らされたりして大変ったいねぇ」と1万~1万3千円程度までディスカウントしてくれることもしばしばだ。年齢は30代~40前半で、決してブスばかりではない。オレはとある人妻の常連客なのだが、「今日は安全日ったい」とみずから生ハメを求めてくることもある。博多のおなごは根っからのスキモノが多いのだろうか。大一枚で生中出しができるのだから、もうフーゾクになんて行けない。注意すべきは、積極的に声を掛けてくる熟女数名だ。実はヤツらはニューハーフ。強引な客引きには付き合わないこと。
5、地元ではセックスのできるネカフェとして確固たる地位を得ている。無料のシャワーが使え、スタッフの監視の動きが少ないからだ。〝見られたらど~するの感〟を楽しみたいオレなんかにはもってこいの場所である。でも別に彼女なんかいなくてもここは楽しめる。各ブースの壁が比較的低い(中腰になって隣がのぞける程度)ので、のぞきにも最適なのだ。嬉しいことに同じタイプのブースであれば、無料で部屋を移動することができるので、定期的にフロアを見回り、エロカップルを見つけたら、即その横に入るのみ。ラブホの部屋を確保できなかったカップルがなだれ込むのか、週末の深夜から早朝にターゲットを見つけやすい。中洲といえばヘルス、ソープとなんでもござれの、おチンチン1つじゃ足りないくらいにエロい街。そんななか、現在中洲ナンバーワンの呼び声高いのがこの店だ。画期的なサービスが九州男児のキンタマを見事に鷲掴みしている。 店舗型の風俗店でヘルス系、イメクラ系からソープ系までコースでセレクトでき、女の子のジャンルもギャル系から清楚系、人妻までたっぷりと在籍している。週末ともなれば入りきれない客が店外をウヨウヨしているくらいだ。人気の秘密はオリジナル、「極みコース」だ。個室でフツーにプレイをしていると、突然、何の合図もなく別の女の子たちがゾロゾロと乱入してくる(店の込み具合によって人数は変わる。たいてい4、5人)。みんなが束になり、ナニをシゴキまくる子がいれば、アナルを舐めまくる子もいて、それはもう天国としか呼びようがない。しかもソープコースの場合は全員と本番ができてしまうのだから、やはりチンチン1本では足りない。
6、ラブホって意外に窓を開けてしてる客が多いんだなって、この店で初めて知った。3回に1回の確率でやらしいシーンが見れるのだからコストパフォーマンスは非常に高い。普通のカップルも多いが、ネットなどでウワサになったのか、最近では複数カップル(露出サークル?)が同じ部屋に集まって見せつけてくることも多い。酒のいいアテになってくれて感謝です。
7、昔からある神社ですが、地元のテレビや雑誌で『縁結び神社』として紹介されて以来、女性がわんさか集まる場所になったんです。
恋むすび地蔵をなでるとイイ出会いが訪れるとかなんとかで。こんなヘンピな場所までよく来るなって思うんですけどね。相乗効果でナンパ男性の姿も増えています。そりゃあ恋に飢えた女子がゾロゾロやってくるんだから。さて、お察しのとおり、とんでもないキレイどころはここには来ません。ブスが多いです。まぁ田舎の女子大生みたいな子が好きならオススメです。
8、この階段、週末ともなればそれぞれの踊り場でカップルがシートを敷いて寝転び、セックスを楽しんでいるというとんでもない場所だ。階段に沿っていいアンバイの高さの木が生えていて、薄暗い時間になれば周りからはほとんど見えない。誰が最初にはじめたのかは知らないが、青姦するには絶好のロケーションとなっている。木がちょうど胸の高さくらいまであるので、立ちバックでもしない限りは誰も気づかないだろう。陽が落ちてからは地元民はめったに階段を利用しないのでオススメだ。まあ、人が来たとしても早めに確認できるので避難もしやすいし。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内