★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_201911170859412ed.jpg2_20191117085943ad9.jpg3_20191117085944a10.jpg4_201911170859463e5.jpg
逆さ撮りのパンチラ天国
バンコクで逆さ撮りにチャレンジしたら…
エスカレータの傾斜がキツイから覗きやすい
今年3月末、バンコク在住の友人を頼ってタイへ遊びに行ったときのことだ。連日連夜のゴーゴーバー通いにも刺激がなくなり、オレは思わず友人にボヤいた。
「あーあ、なんか日本の女が恋しくなってきた」
「だったら、さっさと帰ればいいじゃねえか」
「なあ、オマエ、エロビデオとか持ってねーのっ」
「うるせーヤツだなあ。今はこんなもんしかねーぞ」そう言ってー枚のCDを手渡す友人。おお、頼りになるねえ。「日本の海賊版っ」「いーや、これはタイのAVだよ。珍しいだろ」
「ふーん」
専用デッキで再生すると、いきなり画面いっぱいにパンティが現れた。んっ、逆さ撮りってやつか。「今、タイじゃパンチラが流行ってんだよ。オマ工もそんなにヒマだったら覗いてくればっへへへ」パンチラ。懐かしささえ感じる響きだが、こんなビデオがあるってことは、タイギャルのスカート下は危機管理ゼロじゃないの。よっしゃ。そういうことなら、ヒマつぶしに素人ギャルのパンツでも拝ませてもらいに行くべか。友人が言うことには、バンコクにはパンチラスポットが多数存在するらしい。中でも特に有名なのが、大型ショッピングセンターのエンポリューム、マーブンクローンセンター、サイアムセンターの3つ。若い女性が多いうえ、階段や工スカレータの傾斜がキツイのが理由らしい。
パンツルックでは話にならん
さっそく小型デジカメ片手に街へ飛び出すオレ。向かった先は、先に挙げた3スポットのーつで、タイOLに人気のデパート、エンポリュームだ。えーっと例のエスカレータはあったーほう、確かに急勾配、に見えなくもない。ほどなく、膝上ミニを穿いたギャルが現れた。よし、まずはウォーミングアップといこう。
背後にピタッ、力メラをスカート下へ。このアングルなら恐らく。《カシャッ》げっーなんかいつもよりシャッター音が大きく感じるぞ。盗し撮りなんて初体験だもん、ムリないか。ともかく画像をプレビューして・んっんちっとも撮れとらんじゃないの。ふー、あんなに緊張して損こいた。
それでも新たな獲物を力メタラに収めるべくジーっとチャ1ンスを窺うも、一向にその機会はやって来ない。それもそのはず、大半の女性がパンツルックばかりなのだ。たまにスカート姿を見つけてもタイトスカートではどうにも攻めようがない。
逆さ撮りのパンチラ天国
タイ版丸の内OLは保守的
パンチラスボットとされるマーブンクローンセンターとサイアムセンターを結タイルがお好みらしい。工ンポリュームに見切りを付け、次なるパンチラスポット、マーブンクローンセンターとサイアムセンターへ。2つは道路を挟んで隣接しているのだが、それを結ぶ巨大な歩道橋が狙い目らしい。よしよし、学生みたいな連中がウジャウジャしてるぞ。とりあえず歩道橋のたもとに立ち天を仰ぐと、ちょうどミーースカギャルがプリプリと階段を上がっていく。ボンレスハムのような太腿おお今チラッと見えたぞー道は開けた。さー、ガンガン撮るぜー。
振り返ったその顔はニューハーフ
勇んだのも束の間、すぐに厳しい現実が立ち塞がった。ギャルとの間合いを計ってるうち、どんどん通行人が割りこんでくるのだ。おまけに、実際の階段は傾斜がそれほどでもなく、地上から覗けるパンツもカメラにはうまく収まらないのである。何とかいい手はないもんか。しばし頭をひねっていたところへ、白いワンピースの山口智子似ギャルが登場した。かわいいータイで見た中じゃ文句なしでナンバーーだ。こりゃ、ちょっとムチャしてでも行かんとなあ。ふっー、落ち着け。股下にカメラを突っ込みシャッターを押す。それだけだ。ほんの一瞬ではないか。えーい、いくぞっー
《パシャリ、バシャリ》よし、今度こそ間違いないだろう。と思いきや、無情にもスカートの生地がレンズに触れてピントがズレてしまっている。あと1センチスカートが短ければ。クソー。しかし、格好の獲物がまたすぐに現れる。今度は、お尻が半分ハミ出てそうなミニス力ギャルである。
そのモンローウォークばりの歩き方は、覗けと言ってるに等しいではないか。迷うことなく覗かせてもらいましよ。ところが、「アラっアナタ日本人っ」気配を察知したのか、女がクルリ
と振り返った。げーその顔は、どっからどう見てもバンコク名物・ニューハーフじゃん。
「ワタシ、日本デ働イテタコトアルノョー。ン?ナ二、ソノカメラっアタシヲ撮リタイノっ」
★これは後で知ったことだが、もしタイで盗し撮りがバレて逮捕されれば実名報道は免れないらしい。そんなことも知らず、バンコクギャルの股間を追いかけ回していたオレ。ふー、もうちょっとで、どこかのタレントみたく人生を棒に振るとこだったぜ。
1、いま、個人撮影のエロ動画で大人気のジャンルがある。逆さ撮りチカンだ。内容は読んで字のごとし。満員電車などで見知らぬ女性にチカンを働き、同時にその様子を同じ人間が撮影するのだ。ときにはカメラをスカートのなかに突っ込むなどの荒ワザを駆使して。モデルを使った撮影だと思いたいところだが、映像を見る限りは実にリアル。女性の顔は映らず、確認できるのはもっぱら女性の下半身映像ではあるものの、身のよじり方やかすかに聞こえる息遣いが妙に生々しく、ガチで犯行に及んでいるとしか思えない出来映えなのだ。
2、360度レンズに狙われたら、部屋のどこにいようと逃げられない。
近ごろ、スマホ専用のこんなレンズが出回っているってご存知ですかこれ、レンズを中心にした360度の風景をいちどに動画撮影できるものでしてこんな方向も自由に撮れちゃうわけですこれが悪い男の手に渡れば、どうなります?
だから、こんな方向とか設置場所に悩まず
どこにでも置けるからバンバンされちゃいますよ
3、テーブル上のスマホだけを注意していたら実はもう1台に盗し撮りを
4、100人中99人が「絶対エロに使えるだろ!」と確信する新技術、VR(バーチャルリアリティ)。ソニーからもプレステVRが発売され人気となっている。
そんなプレステの中でも特に話題のVRソフトが「サマーレッスン」だ。女子高生の家庭教師になって勉強を教える、という建前で女子に密着したり、透けブラを眺めたりできるゲームである。スカートの中を覗きこもうとすると視界が真っ暗になる仕様となっているものの、実はこのゲームにはバグがあり、ゆっくりとスカートに顔を近づけていくと…。一部ではわざとバグを残したのではないかとも噂されている。これからのソフトにも期待したい。
5、10代を中心に、『ピクトリー』という写真投稿アプリが大流行している。10月末には「月間PV(閲覧回数)1億越え」なんて報道もされており、今や使っていない若い子はいないと言っていいだろう。そんな盛り上がりに伴い、話題になっているのが、カップルたちのキス写メだ。完全に匿名で使用できるからか、『キスプリ』『チュープリ』なんて名付けてアップしまくっているのだ。若い子好きのおっさん連中にとっては、見過ごせない状況になっているようだ。
6、テレビで見るエロ放送は興奮するものだが、地上波でのエロはもはや望めない。
いまエロ番組を見たければスカパーだ。「手コキカラオケ」や「絶対にイカせる男」で一躍有名になったエロ番組、“徳井義実のチャックおろさせて~や”や、たびたび街頭ナンパした素人のおっぱいを映す“BAZOOKA!”、出演者が全員AV女優のバラエティ“マスカットナイト”など、地上波では絶対見られないエロさと、AVにはない練られた企画のハイブリッドな映像が目白押し。そして極めつけは不定期で行っている“スカパー! 水泳大会”。AV女優たちのブラ取り合戦や、ノーパンで行うカーリングは完全に本家の水泳大会を超えたエロさ。すぐにチェックしよう。
カメラテストと称してビデオ撮影・スチュワーデスのトイレ盗し撮りAVに参加
SnapCrab_NoName_2020-1-17_17-50-39_No-00.png
カメラテストと称してビデオ撮影。お金を払わずにビデオだけが残ります。
こうして撮影したビデオを「ライブカメラ」と称してインターネットで流す。時計やテレビなどが映ってなければ、リアルタイム映像ということにもできます。
バイト希望者とユーザーを二重にダマすこの手口。ダマされた身ながら、ついつい感心してしまう私でした。
女の子の顔写真プロフィール付き会員制ツーショットリスト
ちょっと声を潜めながら盛んに薦めてくる。そんな言い方をされれば、買わなきゃ損という気にもなる。
結論としては、このリストは買いだと思う。一般のツーショットが、通話料の他に1時間6千円かかることを思えば、こちらは何時間話しても1万円。相手は88人もいるのだから、じっくり攻めれば会える女性もいるに違いない。
スチュワーデスのトイレ盗し撮りビデオ撮影に参加
つい最近「本物か」みたいな触れ込みで、スチュワーデスのトイレ盗し撮りビデオが話題になっていましたが、あれ、どうなんでしょう。私はたぶんどれも嘘だと思うんですけど。
というのも私、あるスッチー盗し撮りビデオのモデルをやったことがあるんです。事務所に所属している雑誌モデルの私がスチュワーデスだなんて冗談もいいところです。
普段はエッチ系の雑誌でヌードモデルをしている私に、ある日、スタッフが話しかけてきました。
「ユリコちゃん、パスポート持ってる?」「はい」「サイパンで仕事があるからやらない?」
普段の仕事は狭いスタジオやラブホテルばかり。海外で撮影なんて楽しそうだなと、二つ返事でOKしました。そして当日。成田空港に集合した私たちモデルは、貸し切りの待合い室のようなところで初めて撮影内容を聞かされたのです。
「君たちはスチュワーデスだから」
スタッフによれば、女の子たちが順番に機内のトイレに入り、自らビデオカメラを設置してシーンを撮影するとのこと。サイパンの砂浜でのグラビア撮影だと思っていた私たちはガックリ。まさか機内撮影が目的だったなんて。それなら最初から言えっちゅうの。でもわざわざ成田まで来た以上、怒って帰るコはいません。「・・というわけだから、まずここで練習しておこう」
練習というのは、どの辺りにカメラを置けば局部と顔が同時に映るかといったレクチャーと、スッチー制服の脱着。制服はブラウス、スカート、ブレザー、スカーフ、ヒールの5点。中にはブレザーの代わりにエプロンのコもいました。確かにJALのポスター内で笑っているスッチーの格好と同じものです。それにしても、こんなのどこから持ってきたのでしょう。
見た感じ、客は何も気ついてなかったようですけど、さすがに本物のスチュワーデスさんは不審な動きを察知したのか、途中からはトイレ前の椅子を倒して、見張るようにしながらずっと座っていました。やっぱり本物は違うなと感心する私。なんちやって。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内