3_201911151254447d1.jpg1_201911151254426c2.jpg2_2019111512544307d.jpg
1、オッサンが、若い女の子とタダで知り合える場所があると密かに話題になっている。ゴミ拾いのボランティアだ。グリーンバードなるNPO法人が運営するこのゴミ拾いボランティアは、全国の主要都市で活動していて事前の申し込みなども必要なく、ゴミ拾い開催日に手ぶらで集合場所に行けば、誰でも参加できる。開催日時はグリーンバードのホームページに出ている(週末の午前中がほとんど)ので、それを見て集合場所に行くだけだ。参加者の割合は、社会人と学生が半々。男女比も半々だが、魅力はなんといっても若い女子の参加率の高さだ。決められた時間、該当エリアのゴミを拾いながら、自然に会話できるし、最後に喫茶店などで打ち上げのようなお茶タイムも設けられているので、ごくごく自然に関係を作りやすいのだ。
完全個室タイプのマン喫に若いカップル客がつめかけている。他人にのぞかれる心配がないため、ラブホとしての使用が浸透してきたのだろう。首都圏の有名店『DICE』など、週末にはカップルの行列ができるほどだ。近ごろは、店自体がラブホ使いを勧めていることも少なくない。東京『カスタマカフェ』では、個室内にゴムを入れるためのビニールが置かれており、埼玉『りらくカフェ』にいたっては、なんと電マまである。個室マン喫をとりまくこの状況、今後もさらに盛り上がっていくと思われる。
2、何でも言うことを聞いてくれるM気質が強い女を探していくうち、ナイスな場を見つけた。町内会のボランティアだ。
介護師にM女が多いと言われるように社会奉仕で喜びを得たいと考える女はM気質が強いんだろう。
地域の公民館や集会所、住宅街の掲示板などに、ボランティア募集と書かれた広告が頻繁に貼ってある。
その手の会合に参加してみると、花壇の植木を植えたり、ゴミ拾いをしたり、老人や障害者と交流したりといったユルい社会奉仕活動をさせられるのだが、
その手のボランティア活動に参加してる女どもは、暇な主婦かM女しかいないのだ。
町内のゴミ拾いは、ヒマな年配者や主婦が多いが、障害者や老人との交流会には、介護系の専門学生や会社員など20代から30代の比較的若い女がかなりの割合で混ざっている。
この手のボランティア女たちは、泣きたくなるほど地味な雰囲気を放っている。
化粧っ気がなく髪もボサボサで、衣服には大量の毛玉が付いてるような連中ばかりで、長年セックスしてなさそうなオーラ全開。
こういうタイプは、一度ハメてしまえば、セックスにどっぷりハマることが多い。
何しろ相手は近所に住んでいるので人畜無害なキャラを演じてランチに誘い出すのも簡単。
最初のセックスまでは丁寧に連絡を交わし、女として扱ってやりさえすれば、間もなく自宅へ連れ込めるようになるはずだ。
3、『社会福祉協議会』という組織のボランティアによく参加している。全国津々浦々に事務所があり、老人ホームに行ったりと、地域福祉の活動をいろいろやってるのだが、意外と出会いの場として悪くない。
ます申し込み時、事務所に問い合わせてこう伝えるのがぼくのバターンだ。
「ボランティアは初めてだし、できれば、同年代の方と一緒にやりたいのですが」(ぼくは27 オ)
 もともと男女比が1対9ほどなので、これで間違いなく若い女性が指導についてくれる。抜くとかヤルとかじゃなく、真剣に恋人を作るには悪くない方法だ。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。