★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
エッチを拒む女とセックスする方法エッチを拒む女とセックスする方法エッチを拒む女とセックスする方法エッチを拒む女とセックスする方法エッチを拒む女とセックスする方法エッチを拒む女とセックスする方法
エッチを拒む女とセックスする方法エッチを拒む女とセックスする方法エッチを拒む女とセックスする方法エッチを拒む女とセックスする方法
セックスで腰をスコスコ振る際、男はチンコをなるべくマンコの奥へブチ込む。そうすれば女は感じるんだ、乱れるんだと我々はごく当たり前のように信じているが、この風潮はいったいどこからやって来たのだろう。固定観念でガチガチになっている人は、にわかに信じられないかもしれないが、実際のところ、女は浅い挿入にもまた、快感を覚えるものなのだ。具体的にいえば、チンコを挿入して亀頭が膣の中にちょうど隠れるライン。そこを基準に腰をクックックと短くグラインドしてみてほしい。女の喘ぎ方が普段と比べて、ガラッと変わるハズだ。そんな浅い挿入だとしょっちゅうチンコが抜け落ちちゃうじゃん、と不安視する向きもあるかと思うが、ご心配なく。チンコがスポッと膣口から抜け落ちる際も、それはそれで女は気持ちいいのだ。
澄ましたエリート才女とのエッチは男の究極の悦び

澄ました才女やエリート女とのエッチは男の究極の悦びである。有名大学を出てそのまま入省、バリバリのエリート街道を歩んでいる美人官僚とエッチな関係に。想像もつかなかったが、この女、根っからの淫乱のようだ。

井川遥みたいなフェロモンボディ。優香のような巨乳娘。誰しも一度は夢一見るお相手だが、それとは別の対極にいる女はどつだろうう。

ツンと澄ました才女やエリートとの濃密なセックスもまた、男の究極の悦びではないか。

婦人警官とHする記事が載っていた。しかし、それはたった一度きりのエンコー。オレが濃ゆーい関係を持った、とある美人官僚とは比べものにならないだろう。しかし、オレはいま後悔している。自分の欲望のままにあの女を抱いたツケがこんな形で返ってくるとは。オレは見抜けなかった。

川島なお美似の美人と京都の小料理屋へ

滋賀と京都で集金を終え、清水寺近くの自販機でタバコを購入していると、目の前をー人の女が通りかかった。右手に分厚いビジネスパッグ、左手に書類のスーツ姿が艶っぽい川島なお美似の美人だ。観光客ではないだろう。

「ドコ行くのー」声をかけた。3人の子供を抱える中年男ながら、オレは根っからのナンバ好き!いい女には声をかけずにいられない。

「0×駅を探してるんですが」

「あれ?なんや、関東の人やったんか。迷ってんなら、オレが駅まで送ったるわ」

「いえ、結構ですから」「ええから、ええから仕事終わったばかりやし。京都は地元とちゃうけど、おねーちゃんより土地勘あるで」

「でも」「カバンも重たいやろ案内したるわ。」

何とか口実をつけ、一緒に歩き始めた女は桐山響子(仮名)34才、20代でも迎用する若さで、ほのかな香水が心臓をキュッと締めつける。

「旦那さんもカッコエエ人なんやろね」「・・・」「あれフなんかマズイこと言うたか

「私、独身なんよ」
しまった。ようやく打ち解けた雰囲気のところへ不注意な一言。オレとしたことが・・

「いいんです。私の話、聞いてくれます?」

こう言ったかと思うと、響子は堰を切ったかのように自分のことを語り始めた。10年前に職場結婚したものの、5年で離婚子供がいないため、現在は悠々自適のシングルライフ。ただ、仕事は不満だらけで、北海道、大阪、沖縄と、毎週のように飛び回るのが苦痛でたまらない

「そしたら今日も出張で京都?」

「そうです、明後日までいます」「どんな仕事してはんの?」「詳しくは申し上げられませんが、法律関係なんです」「へえ、弁護士さん?」

「違います」「まあ、いずれにしても、エリートさんやね」「・・」

おいおい、何ダマっとんねん。ちったあ否定せんかい。

「なあ、仕事終わってんなら、メシでも行こか」「いえ、そんな、知りあったばかりの人と」

「そら無粋やで。ー人のメシは寂しいし。なっ、いい小料理屋知ってんねん」「小料理屋ですか」

「そうや。地元の人しか行かへん場所やから、オモロイで。東京にはない料理もあるし」

「たしかに、楽しそうですね。それでは、食事だけ付き合ってくださます?」

よしよしノッてきたぞ。食事だけなんていってるけと、誰がそれだけで帰すか。いったんホテルに戻るという彼女と30分後に口ビーで待ちあわせ、馴染みの小料理屋へ。2人並んで力ウンターに座ると、響子は再びマシンンガンのように話し始めた。

「以前は、ずっと都内だったんですが、変わってしまい」「ドコで働いてるの?」「それは内緒ということで。昔は部下も10人以上いたのよ」

話の内容もさることながら、想像以上にプライドは高いようだ。日本酒も高い品ばかり注文しやがって、しかも、自分で器を取る素振りすら見せない。いったいオマ工は何様やねん。響子のグチは延々3時間も続き、店を出る頃には、すでに午後11時を過ぎていた。さーて、いよいよお楽しみタイムといきますか。

「では私、これで」「えっ?ちょっと待ってえな」「明日も朝から仕事がありますし」「せやったらオレもコッチに用事があんねん。またメシ食おうや」

「…わかりました。それでは、携帯番号を教えてください。仕事が早く終わりましたら、ご連絡さしあげます」

「はあ」体のいい断り文句を聞き、ガックリ肩が落ちた。この様子なら粘るだけ時間のムダ。とっとと帰るのが正解だろう。
その翌日、思いもよらぬメールが届いた

本日、タ方6時に終わります。お食事いかがですか。響子

マジか!?昨日はニ度と連絡してこないような口ぶりだったのに、いやー、女はわからんもんや。いずれにしろこんなラッキーは滅多にない。オレは大急ぎで彼女の泊まるホテルへ向かい、昨日と同じ店に誘った。

「疲れたわー」「大変やなあ」「そうね。以前に取った資格が何も活かされなくて太当に腹が立つ。今日もバ力な主任がいて・・」「うん、うん」

グチを聞いてやれば股を開くんじゃないか。スケべ根性心で2時間、ひたすら相づちを打つ。実際、その後行ったカラオケボックスではかなりいい雰囲気になった。肩にさりげなく手を回しても抵抗する様子はない。くふふふふー。エリートとはいえ、しょせんは女。誰かと過ごしたい夜もあるんやね。今日ばっかりは間違いない。オレは意気揚々と彼女をホテルに送った。

「コーヒーでも飲んできません?」とでも言うてくれ。しかし…。

「今日はどうもありがとう。またご縁がありましたら」

玄関前で響子は臆面もなく言い放った。キョトンとするオレに対し、表情は大マジである。隙だの色丸の類はいっさいない。

「また明日、おやすみなさい」蝋爽と引き揚げていく響子。いったいぜんたいどないやちゆうねん。単におちょくつとるだけか。ただ、引っかかるのは「また明日」という彼女の言葉。額面どおり受け取ればまた明日もオレと会うってことか。明日こそはOKつてことか。それとも、また飲んで食ってサョナラか。うーん。ようわかりん女や。

そして3日目。果たして、オレは三度彼女と飲みに行った。ところが、例によって例のごと<目的は達成できず仕舞い。それはあまりに殺生いうもんやろ。もはや、勝ち目がないのはわかってる。彼女にしてみりゃ、たんに見知らぬ土地の見知らぬ人間にグチを聞いてもらっただけなのだろう。しかし、このまま終わるワケにはいかん。そんなアホな話があっていいわけがない。

「明日、帰るんか?」「はい」「帰らずにもうー泊しろよ」必死だった。

「そしたら昼間もドライブできるし、大阪や兵庫への観光もOKやんか」「でも、泊まるトコないので」「かめへん、かめへん。そんなもんオレがなんとかしたるって」「……」

「何を迷っとんねん。オレといて楽しくないか?つまらんかったら三日連続で付き合うたりせんやろ。一緒に行こうや」

オレは懸命に彼女を口説いた。これでダメならきれいさっばりあきらめよう。しかし、情熱は通じるものだ。響子はオレの真剣な目を見ながら最終的にクビを縦に振ったのである。

翌日の響子は、従順だった。人が変わったようだ。神戸に予約したホテルにも何もいわずに付いてくる。彼女がオレに好意を持ち始めていることは明らかだった。もはやオチるのは疑いようもない。エレべータの中でそっと手を握った。軽く握り返してくる響子。くわあ。心臓がバクバクと高鳴る。部屋のトアを閉めると何もいわずにキスをした。ガクンと彼女の体の力が抜ける。驚いてるのかと思ったらそうじゃない。チューチュー、レロレ口、ものスゴイいきおいで吸いついてくるではないか。

ツンと澄ましていたくせに、めちゃめちゃ溜まってたんやな。背後から乳房を両手で鷲掴み。おお、巨乳やんけ。「…ああん」「なんや、感じてんの?」「・・」「なあ」

シャツをたくしあげ、素肌の乳を操みしだいた。手の平が吸いつくほど柔らかい。チョー興奮のシチュエーション。すでにオレはビンビンになっていた。ズボンのチャックを外し、響子に近づける。少し大胆かなと思ったが、彼女は素直に工レクトしたペニスを口に含んだ。左手は竿の付け根、右手はアナルとタマを同時に攻め、

「おいしい、おいしい」て、ちょっと待て。ドコでこんなテクを覚えたんや

「前に、不倫していた上司に・・」「不倫なんかしてたんか?意外やなあ」「そうかしら」「っていうか、響子、ドコに勤めてんの。いい加減、教えてえな」「絶対に内緒よ」

「言っわけないやろ」「えっー」詳しく明かせないのが残念だが、彼女はいわゆる官僚だった。超有名大学を出てそのまま入省、バリバリのエリート街道を歩んでいるらしい。そんな女がヨダレをたらしながら、洗ってもないオレのチンチンをくわえている。

そう考えただけで…ドクトクッうわっ、もう射精してもうたやないかー口内に大量に流れ込む精液を響子が飲む。想像もつかなかったが、この女、根っからの淫乱のようだ。小休止の後、今度は2本の指でオメコをかき回した。「あー、イッちゃうーー」

絶叫する響子。シーツは飛び散った愛液でビショビショである。正常位で挿入し、バック、騎乗位と体位を変え、再び正常位。イキまくる彼女が悦惚の表情で叫ぶ。

「な、中に出して、お願いー」「大丈夫か?」「絶対に平気、ソッチの方が気持ちいいから、お願いー」「……」

言われて拒む男がどこにいよう。オレは一段とピッチを早めた。

「で、出るよー」「きて、きてーー」「ああー」

虚脱感と同時に、全身が超敏感になっていくのがわかった。それは、最高の射精の後にくる感覚だった。再び大阪を訪れたのはそれから2週間後のことだ。あくまで出張絡みだが、真の目的は言わずもがな。前回が前回なだけに、さぞ濃厚な時間になると期待したらそれ以上だった。薄々感づいてはいたものの、彼女、Mだったのである。立ちバックで中に放ち、太ももを流れる精液はそのままに、チンチンを口で洗わせると、これがまた嬉しそうな顔をしてナメること。とにかくいたぶられることに至上の悦びを感じるようだ。「ねえ、縛って欲しいの」「はっ?」「HPを教えるかり、通販で道具を買って」圧倒されるほどストレートな要求だが、こんなチャンス滅多にない。さっそくオレは、定価ー万円のバイブとアナル用の飛びっ子(リモコンバイブ)、バナナ味のローションに赤い縄、SM入門セット(仮面やソフト手錠、皮パンツ等が入った袋)を入手した。全裸ストッキングにロングコートをまとわせ、コンビ二やデパートで飛びっ子のスイッチオン。同時に、響子の尻が微妙に揺れる。

まさかこんな美人がバイブでヨガッているとは思わないだろうな。

「早くう、お願いします、私を縛ってください」「しゃあないなあ」

両手両足を縛り、チンポを口の中へ。おら、淫乱メス豚め、バイブか欲しいんかーそれともワシのチンポが欲しいんかー「ああー、ダメー、もっと」こんなプレイを彼女の出張に合わせ、福井から兵庫、三重、愛知へ。気が付けばいっぱしのご主人様と奴隷である。しかし、オレは回数を重ねるうち、徐々に気持ちを冷ましていく自分に気づいていた。淫乱なのは大いに結構。が、オレの求めるのはあくまでノーマルなセックス。毎回のようにハートなSMを要求されても、それに応えるだけの体力も気力もない。とにかく、彼女は度が過ぎたのだ。こうして、オレはメールの返事を2回にー通、3回にー通と距離をとり始める。ここらが潮時。そう考えた。しかしー。

可愛い子供に何かないよう祈ってますわ
〈なぜ連絡をくれないの。ダマしたのね。こうなったら法に訴えるから、首を洗って待ってなさい〉

ある日、響子から不気味なメールが届いた。ダマすだの法に訴えるだの穏やかじゃないが、お互い割りきった関係のハズだ。何をホザいてやがる。と、軽く考えていたオレが大甘だった。そのー週間後、思いもよらぬ電詰が入ったのである。「藤原さん、京都の××やけど」

相手は例の小料理屋の主人だった。はて?主人がオレに何の用やろ。っていうか、なんでオレの番号知ってんねん。「いや、女の人に頼まれてな」「女の人?」「前に連れてきたコおったやろ」

まさか?「替わるから」「い、いや、ちょっと待って」「もしもし、私だけど」「なんで、そこにおるんやー」「来て」あんなメールを送っておいて、よく言えたもんだ。もう終わりなんじゃ、オレとオマエは。アタマに来て切ったその翌日、またメールが届いた。

大阪府〇×市△町いい場所に住んでるのね。事故が起こらないように気をつけて。

響子なんやコレーなんでオレの住所を知ってんねん…。響子に対する恐怖は次の日に届いたメールでさらに激しさを増す。

〈〇〇ちゃんに、××くん、△△ちゃん。可愛い子供に何かないように祈ってますわ〉

背筋が凍った。響子に子供の話をしたことは一度もない。いったいドコで調べたのか。まさか。浮かんできたのは彼女の職場だった。エリート官僚なら、役所やしかるべき機関に手を回し、個人情報をあぶり出せるかもしれない。なぜ、なぜこんなマネをするのか。オレみたいなオッサンにフラれて、プライドが許さないのか。それにしてはヤリ渦ぎだろう。響子からのメールは今も止まらない。

ただただ前後に腰を振り、バックで挿れればスパンスパン
キミはこんな単純セックスで満足していないか。
俗に四十八手と言われるように性技の中で最も奥が深いのが体位である。女にはよがり狂う悦びを、男には新鮮な刺激を。持ち駒が増えれば増えるほど、セックスライフは充実するものだ。
が、新体位の習得など、そうそう果たせるもんじゃない。四十八手もその大半はカタチが奇抜なだけで実用性に欠ける。皆さんも、あーだこーだと独力で研究を重ねても、結局は正常位やバック、騎
乗位といった王道スタイルに落ち着いているのではないか。
ならば、この際、発想を転換し、これまでの基本型に工夫を加えたらどうだろう。
案ずることはない。あくまで基本に忠実に。それでいて、誰もが簡単に味わえる新鮮なワザばかりだ。興奮が高まるにつれ、無意識に女性の膝を深く折り曲げる人も少なくないだろう。コレだけで締まりが格段にアップすることは体験的にご存知のハズだ。
ここで提唱したいのはそのスタイルをさらに発展させたモノ。アソコに沿って視指と人差し指の輪を作らせイチモツとタマタマを刺激させるのだ。必然的に自らの性器に触れざるを得ない女性も「私こんなに濡れてるの? 」と、より一層の興奮を覚える。
ただのバックじゃねーか?と、思われるかもしれないが、見てのとおりヘソ下の枕がポイント。これを起点に両ひざをブランコのように揺らすと、女の尻がプルプル震える。すると、亀頭の先端に子宮の入口が当たり、まるでアソコの中でフェラチオされているような極上の感触を味わえる。また、いったんこの動きを始めると、女も気持ちよさのあまり勝手に尻をクネクネさせるため、男はジッとしてるだけでチョロチョ!を堪能できてしまう。
女が髪を振り乱し、2つのお乳をタプンタプン——。騎乗位ほどイヤラシイ体位はないが、何と言っても問題なのが女の動き。ヘタな方向に腰を振られると、ムスコに激痛が走ることも珍しくない。
がこのスタイルならバッチリだ。女の動作は上下一定方向に限られ、内股に力が加わる分、締まりも抜群。バキュー厶フェラで精子を搾り取られるような錯覚に陥る。ゆっくり引っ張ってもらえばもらうほどサオにまとわりつくビラビラの感触も愉しめる。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ