★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
128_202006100924483e6.jpg129_2020061009244914c.jpg0077_20191113114750173.jpg0076_2019111311474987d.jpg1、ツイッターのテレフォンセックス、通称「オナ電」が流行中だ。音声だけでなくビデオ通話でオナニーを見せ合うことまであるから面白い。これらを積極的にやっているのはいわゆる裏垢(エロ垢)の連中。裏垢女子はアカウントの最後に「@裏垢」とついているので、アカウント検索をすればすぐに見つけることができる。裏垢女子たちのツイートは、「誰かラインのビデオ通話でオナ電しよ~」などと、ストレートにエロ目的をさらけ出しているパターンが多い。カッコつけずにこちらもストレートに応じていくべきだろう。なお、最近のオナ電ブームを受けて、出会い系業者もツイッターに参入してきている。他のサイトに誘導されそうになった場合は相手にせず、すぐにブロックするように。
2、ライブチャットコーナーには、あいかわらず素人女性が溢れている。無料配信でおっぱいや尻を披露し、こちらを喜ばせてくれる女の子たち。だが、だいたいオナニーを始めるあたりで有料配信に切り替え小遣い稼ぎを狙うってのが定番である。しかし最近は、そんな状況にちょっと動きが。切り替え作戦が使われ過ぎて男たちに毛嫌いされるようになり、なかなか稼げなくなったからだろう。プロフィールにツィッターのIDやブログのリンクを載せ、その先で下着を販売している女性がよくいるのだ。つまり、ライブ映像がダメなら物販でって話だろう。この状況、下着マニアにはありがたいのでは?
テレフォンセックスで結婚

3年前、ある出会い系サイトを介し、タケシという男性とメールのやり取りを始めました。同じ県内に住む2才年上の会社員で、すぐに意気投合。エッチな話題でも盛り上がるようになり、そのうち彼のほうから「君の声が聞きたい。電話で話をしよう」と誘いをかけてきました。わたし自身、自分の見た目に自信がありません。体型もいまいちだし、顔はひどいブスだと自覚していますが、声だけなら大丈夫かも。
実際に会う必要もないのだし、電話ぐらいはいいだろうと、彼の携帯に電話したのです。
「もしもし…」「もしもし、俺だよ。よくかけてきてくれたね。いま何してた?」
「もうお布団に入って寝るところでした」
「色っぽい声をしてるね。俺とのセックスは想像した?
今からオナニーして、イヤラしい声を聞かせて」
「はい…」
こうして始まった彼とのテレフォンセックスが、私の人生を変えていったのです。生まれて初めて試したテレフォンセックスは、私が想像していたよりも、ずっと興奮できる
ものでした。「オマンコを自分の指でゆっくり触ってみろ。ゆっくりとだぞ」
「はい…」「興奮してるか?」「…自分でも信じられないぐらい興奮してます」
「ならどれぐらい濡れてるのか指で触って音を聞かせてごらん」
「ああ…、聞こえますか?」「聞こえるぞ。クチュクチュとイヤらしい音が聞こえる。どんどん濡れてきてるな」 
過去には男の人とエッチしたこともあります。だけどタケシさんとのテレフォンセックスは、過去にしたどのエッチよりも、もちろん自分でするオナニーよりも、遥かに気持ちのいいものでした。それからというもの、彼から連絡があるたびに、テレフォンセックスを続けていきました。そのうち彼とのテレセ用にバイブも購入し、夜になると、彼からの連絡を待っている自分に気が付きました。彼のテレセは想像力に溢れ、いつも私を異次元の世界に誘ってくれます。
「もう我慢できないよ。タケシさんのを私の中に入れて欲しい」
「よし、お前のビチョビチョに濡れたマンコの中に硬く勃起したチンポが入っていくぞ〜」「ああ、奥まで入ってくる。もう我慢できない、中に出して!」
「出すぞ!お前の中に全部出すぞ!孕ませてやる!」こんな擬似中だしセックスをすることもあれば、携帯を手にベランダに出て、屋外プレイをしたこともあります。テレセが終わると雑談をするのがお決まりで、そのうち、彼は私に会いたいと口にするようになりました。
正直、悩みました。私も彼と会ってみたい。でも実際に会って素顔を見られたら、フラれるに決まっています。
「会ってもいいけど、私、すごいブスだよ?」
「それでもいいんだよ。俺はヤスコと結婚したいんだ」
結婚だなんて。こんなことを言う人は、異性にはモテないタイプなのでしょう。私と同じ境遇。それならフラれることもないかも。結局、彼と会うことに決めました。「ようやく会えたね」「はは、どうも初めまして…」
目の前に現れたタケシさんは、やはりモテそうにはないブサイクな顔でした。私とどっこいどっこいくらいの。 喫茶店でお茶をして、当然のように言われました。ホテルに
行こうと。さんざん電話エッチしてきたのだからこの流れは予期していました。
「エッチは結婚してからね」 
冗談半分、本気半分で答えました。だってもしエッチしてしまったら、タケシさんは次の女を探すでしょうから。 すると彼はこう答えたのです。
「うん、わかった」      
そこから籍を入れるまでは、ふた月もありませんでした。そうです、タケシさんは本気で私を愛していたのです。テレフォンセックスが縁で結婚した私たち、親戚にはとても言えませんが、今も幸せです。

ランダムトークアプリ「ロンリー」にテレセが好きな若い子がわんさか集まってます

ランダム通話アプリの「ロンリー」をご存知だろうか。無作為に選ばれた利用者同士で会話できる仕組みで、以前大流行した「斉藤さん」と同じだと思ってもらえればいい。このロンリーがいま、若くてムラムラしてる女の子と簡単にテレセが楽しめる、実にナイスな状況になっている。コトの発端は1カ月前、ネットのエロ系掲示板に『ロンリーでテレセ相手でも探そうかな』という女の子の書き込みを発見したことだ。口コミを見てみると、斉藤さんよりも女の子の利用者が多いと書かれていたので、すぐにインストールした。アプリの仕組みはシンプルで簡単なプロフィールを作ったら「通話」ボタンを押すだけ。すぐに誰かと繋がるので、女性の名前なら再度通話ボタンを押せば会話できるし、男の名前だったら切ればいい。男女比はおよそ7対3ぐらいだ。ちなみに「動画通話」も可能だが、そいつはなかなか難しかろう。「音声」のみで満足するほうがよさそうだ。最初に繋がった子は、甘ったるくて少しオツムの弱そうなしゃべり方をする若い女の子だった。

「もしもし」「あ、もしもし〜」「いまどこにいるの?」「え〜いま? おウチ」

「そうなんだ。なんでこのアプリ使ったの? 寂しいの?」

「うん、そんな感じかな。お兄さんは?」

「オレ? ちょっとムラムラしてきたから試してみたんだよ」

「そういうことか〜なるほど〜」「ねえ、ちょっとおっぱい触ってみてよ」「え〜…うん…」

なんとなく甘えた雰囲気だったのでストレートに仕掛けてみたら見事に乗ってきてくれた。イヤならすぐに切ればいいだけなので、彼女もその気だったんだと思う。オッパイを揉ませ、パンツの上からクリをいじらせていくと、「はあ、はあ…」と喘ぎ声が大きくなっていき、最後には「中に入れて、激しく突いて〜」などと言いながら絶頂へ。かなり積極的なテレセが楽しめた。その後もヒマをみてはロンリーを試してみた。昼間の明るい時間や逆に深夜の時間帯は男性がやたら多く、夕方から夜10時ぐらいまでの間なら、比較的女の子の出る確率が高いことがわかってきた。

2人目のテレセ相手は夕方5時くらいに繋がった子だ。

「こんにちは〜。いまどこにいるの?」「いま? カラオケですよ」

ヒトカラに来たという若い女の子で、ムラムラしてるから電話したと伝えると、クスクス笑いながら話につき合ってくれる。「なんかさ、おっぱい大きそうな声してるよね」「え〜わたしCカップだよ」「ほんと? でもDに近いCじゃない?」「うん、当たり。アハハ」

こんな感じで話題を下ネタに振ったところ「ホントは私も一人で個室にいたらムラムラしてきてロンリー開いたの」と告白してくれ、それならばということですぐにテレセになった。ちなみにこの「オッパイ大きそうな声してるね」というセリフは、相手が下ネタOKかどうかの判断に便利なので、皆さんも使ってみてほしい。3人目は、夜8時ぐらいに繋がった女の子で、おっぱいトークでEカップだと答えてくれた巨乳娘だ。軽くテレセでイカせてあげてから、おっぱい写真を送って欲しいと頼むと、素直に送ってくれ、ついでに顔も見たいと頼んだら、とんでもないブスの写真が送られてきたのでそこで終了。4人目は、夕方4時くらいに繋がった子で、これから野球観戦に行くと言っていたテンション高めの女の子だ。例のごとくおっぱいトークを振って、ムラムラしてると伝えたところ、あっさりテレセに応じくれた。わずか1カ月の間に4人の若い素人ムスメとテレセできたことになる。けっこうすごいと思いませんか?

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内