★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0251_201911112111390d0.jpg0252_201911112111412c1.jpg0253_20191111211142c89.jpg0254_20191111211144174_20200113172542b03.jpg0255_2019111121114541c.jpg0256_201911112111478b8.jpg0257_20191111211148bbc.jpg0036_20191111211124cfa.jpg0037_20191111211126e73.jpg0038_2019111121112790c.jpg0039_201911112111291cb.jpg0040_20191111211130878.jpg0041_20191111211132696.jpg0042_20191111211133fe0.jpg0043_201911112111358dd.jpg0044_20191111211136086.jpg0045_20191111211138c94.jpgオカルト関係のリポートは難しい。どんな怪しい場所に出向いても、基本的には何も起こらないからだ。それではつまらないからと、ちっぽけな出来事を針小棒大に、意味ありげに報告すればソレっぽくは読めるのだろうが、そんな作為的なことはしたくない。ならば、ありのままをありのままに書けばいいのか。一見正論だが、1分1秒の単位で描写できない、つまりすべての出来事の中から、
「書く」「書かない」を選別した時点で、〝作為〞ははたらいていることになる。大いなるジレンマだ。今回、オレが向かったのは紀伊半島を南北に走る2つの国道(42号、23号)だ。昔から地元民のあいだでは、この長い道路に沿う地域で、数種のオカルト現象が語られている。その真相を確かめようとしたのだ。
結果を言おう。何も起きはしなかった。ちょっとした不可解はあったがどれも合理的解釈のできるものばかりだ。しかし、抽象的に言うならば、空気は確かにあった。長年にわたりオカルトが根付いている、その理由の一端のようなものは感じ取れたのだ。 以下はその空気感をあらわすためのリポートである。未知の土地を深夜に走れば、この程度のことはままあるのか、あるいはあれは珍しい一夜だったのか。見たものをできるだけそのまま書くつもりだが、もし作為的に感
じたならば、差し引いて読んでいただければありがたい。どの兄ちゃんも詳細はあやふや
号線沿いのコンビニに車は到着した。ここから1キロばかり北上したところが第一のオカルトスポットだ。ウワサの発端は、とある釣り雑誌だ。読者投稿欄に次のような内容の手紙が、複数人から届いたのである。
『熊野で釣りをした帰り、国道を走っていると、深夜遅くに村人らしき人々が集まってこそこそと何かをしていた。何をしているかわからないけど、深夜なので怖かった』複数の人間が目撃しているあたりが興味深い。処女をいけにえにする儀式とかだったらスゴイが。 コンビニにたむろする兄ちゃんたちに話を聞いてみた。「謎の村って知ってます?」「ああ、聞いたことあります」「何をしてるんすかね」「さあ、それは…」
どの兄ちゃんも、噂は知っていたが、詳細はあやふやだった。地元なら確かめればいいのに。
車を現場付近で停め、木々をかきわけながら森の斜面をのぼる。村人などどこにもいやしない。釣り人たちは車から目撃したのだから、ここまでヤブを進む必要もないわけだが。
「帰ったほうがええ、ココは怖いところやから」いったん森を下り、周辺の細い道を歩いてみる。 真っ暗な前方から自転車が近づいてきた。漕いでいるのはジイサンだ。
「すいません、ちょっとお伺いしたいんですけど」「え?…知らん、行け まだ何も聞いてないのに気が立っているご様子だ。「謎の村ってご存知ですかね」
「知らんて。帰りや」「夜中に人が…」
「知らんから、帰りや」 じいさんはものすごいスピードで走っていった。 先に進む。民家らしきものはなく、食堂が一軒あるだけだ。 犬の吠声が聞こえた。音の方角を見れば、リードを引く老婆の姿が。 犬の散歩? 
夜中1時半だぞ。
「こんばんは。東京から来たんですけど」
「あら、遠いところからよう来たねぇ」
「このへんで深夜に人が集まって怪しいことをしてるって聞いたんですけど、ご存知ですか?」
「怪しいこと?さぁ、知らんねぇ。アタシは散歩してるだけやから」
礼を述べて立ち去ろうとしたとき、老婆は不思議なことをつぶやいた。「はやく帰ったほうがええ、ココは怖いところやから」
思わず振り返った。「それ、どういう意味ですか?」
「気をつけて帰りや」
気味の悪い婆さんだ。横溝正史の世界かよ。窓ガラスに、指で引かれたような線 車にもどり、北上を続けた。次のスポットは「平谷」交差点近くの側道である。
C級オカルトで恥ずかしいが、ここでは「謎の生命体」が目撃されている。夜中に人型のヌメヌメした物体が歩いているという、いまどきちょっと聞かない低次元なホラーだ。
近くのコンビニに車を停め、辺りを歩いてみる。田んぼの中に、古い民家や公民館が並んでいるが、
さすがに深夜なので真っ暗だ。 
人型のヌメヌメどころか、人そのものもいない。唐突に神社があらわれて少し気味が悪かったが、
だからどうしたって話だ。側道からぐるっとコンビニの裏をまわって車に戻り、調査は終了した。
さてここで、冒頭のジレンマと闘いつつ、牽強付会のそしりは免れぬことを承知で、ある出来事を紹介したい。助手席の窓ガラスに、指で引かれたような線があったのだ。先までは絶対になかった妙な線が。こう書いた時点で、ヌメヌメ人と結びつけたがっているように思われるだろうが、そんな意はない。報告しないのもおかしいので記しただけだ。オレ的には誰かが覗き込もうとしただけだと理解している。UFOの正体は飛行機で間違いない
松阪市に入って間もなく、道路の名称が国道23号線に変わった。ファミレスやガソリンスタンドが並ぶ、いかにも郊外の国道といった光景だ。
そのまましばらく名古屋方面に走れば鈴鹿市に入る。次のオカルト「UFO多発地帯」はこの付近
だ。土曜日(他の曜日は見えない)の深夜2〜3時の間に、23号線西側の鈴鹿山脈の方角にUFOがあらわれる、というのがその噂だ。
このカラクリは、走っている途中でわかってしまった。鈴鹿山脈とは逆の方向に、中部国際空港があるのだ。飛行機をUFOと勘違いする例はくさるほどある。飛行機なんだからいつも決まったルートを通るわけで、土曜日にしか見えないのもそういう理屈だ。 
今日は土曜日、せっかくだから目撃情報の多い郵便局で飛行機見物をしておこう。 
天気が悪いのか、飛行機の光は見えなかった。迷子になる理由は中心部の円環道路 今回は、あえてカーナビのない車で旅をしている。 というのも最後のオカルト地帯、23号線、鈴鹿市「白子町」交差点を左折した一帯のウワサが、『必ず道に迷い、いつのまにか5時間ほど経過している』 
というものだったからだ。文明の利器はわざと放棄したほうがおもしろい。
交差点を左に曲がり、しばらくまっすぐ行って…じゃあそこ右折しよう。道が細くなった。住宅街だ。じゃあ次は左折と。 適当に走っても、体は方向感覚を持っているので、国道23号がどっちにあるのかはなんとなくわかるものだ。戻ろうと思えばいつでも戻れる自信はある。 
―何故かあたりの住宅街が同じに見えてきた。ここさっきも通ったよな。じゃあ右に曲がりますか。あれ、またここか…。 深夜のドライブでたまに起きる迷子感覚だ。理由はハッキリしている。同じような建て売り住宅が並んでいるせいだ。しかもここ、住宅街の中心が円環構造になっていて、東西南北を間違いやすくなっている。ナゾは簡単に解けた。 建て売り住宅街を抜けだしたあたりで、タンクトップ一枚で手ぶらの女性が前方に見えた。まだ陽も昇らぬ午前4時だというのに。「すいませーん、23号ってどっちですかね?」念のために(というかちょっと自信がなかった)確認しておく。
「ここ、左に曲がってから右折」
「ありがとうございます。いま何やってるんですか?」
「ええ、まあ…」 
なんだか奇妙な人によく出会う旅だ。彼女の教えに従い、左に曲がってから右へ。なんだかどんどん細い道に入ってるような… 行き止まりだった。
以上である。 最初に、空気、と言った意味がわかってもらえたのではないかと思う。 みなさんも一度あの国道を走って、この気分を共有してみてほしい。なんとも説明のできないものが胸に残ることだろう。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内