★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_202001131703216ac.jpg2_20200113170322864.jpg3_20200113170324064.jpg4_202001131703252dd.jpg5_20200113170327fce.jpg6_20200113170328250.jpg0144_2020050309454825a.jpg0145_20200503094549465.jpg0146_20200503094551ab6.jpg0147_20200503094552cfa.jpg
飯ネタ作戦はスゴイんじゃねっ昼キャバとの組み合わせは最高なんじゃねっとはいえ、ぬか喜びは禁物である。ここまでは昨日すでにクリア済み。さあ、気合いを入れ直せ。午後8時過ぎ、大昔に一度入ったことのある「Q」で乾杯。たわいもない話でほぐしながら、酒を勧め、徐々に工口話への機を伺う。まもなく、アイから格好のネタが飛び出した。何でも、7月に付き合っていた男と別れ、8月はふさぎ込んでいたらしい。
「最近、ようやく元気が出てきたって感じ」「ふーん、じゃあ、近ころセックスしてないのっ」「うん、あんまないかも」「かもって何よ」会話ははずんだ。それなりのムードもあった。ベッドインは近いはずだった。だが。「ねえ、どこ行くのっ」焼き肉屋を出た後、手を繋いで歩く横で、彼女が足を止めた。「明日ー限あるから、もう帰らなきゃ行けないんだけど」「じゃあ、うち行ってもう少し飲もうよ・一人暮らしだろ」「えっダメだってー」「あそこのコンビ二、お酒売ってるかなあ」「ほんと無理だから」
焼き肉屋で、元力レのHをグチるアイ。誘っているとばかり思っていたのだが。
勢い、彼女は俺の手を振り払う。んなアホな。ここまで来てバイバイって、あんまりじゃんか。今日、2万近く使ってる、こっちの身にもなってくれよ、おい。
「んじゃ、家まで送るよ」「ヤダー来たら部屋に上がろうとするでしょっ」図星を突かれた俺は、とりあえず場を立て直そうと必死にフォ口ーに回る。が、彼女に取り付く島はなく、帰らせての一点張り。挙げ句、俺が彼女の肩に手をやろうとすると、突然、近くの電柱にしがみつき泣き喚き始めたから堪らない。「もうー。ヤダヤダヤダいい人だと思ったのにー。最悪う」
今まで生きてきた中で、こんな展開は初めてだ。
3度目の正直で20才の専門学校生を
2連チャンの敗北、計5万円近くの出費。大失敗からー週間ほど考え抜いて、俺は確信に至った。昼キャバは利用価値アリ
誤解無きよう断っておくが、強がっているのではないし、希望を述べているのでもない。根拠に基づいて出した頁面目な答である。まず、注目すべきは、アフター率の高さだろう。2連続成功は、単なるラッキーとは言い難い。夜も浅い時問帯の誘いは、思っていた以上に、女の子たちに安心感を与えるようだ。また、連れ出してもヤレなかったため、一時、当初の非銭ゲバ説が揺らぎもしたが、その後、2人からメールも電話もなかったことで、再び自信を持った。お金の大好きな夜キャバ嬢なら、来店希望の営業メールが入るハズ。さもなくば、わざわざアフターに付き合い、男をジラした意味がない。昼キャバとは、デートに誘いやすい素人娘がたくさんいる(盛場)と捉えていいのではなかろうか。いやいや、本来、貧乏人には偶然のチャンスも与えられないのがキャバクラなのだ。踏ん張れば口説ける可能性があるのなら、これを穴場と言わずして何と表現する。よし、次こそは。
9月の最終金曜日。俺は再び「A」に足を蓮んだ。花金にアフターに応じるような女は少ないとは思いつつも、そこを何とか連れ出せたのなら、平日より即マン率は高まるだろうと目論んだ。暇人はいた。専門学校生のミホ、20才。昼キャバ歴3日、過去にも水商売歴がないというネーチャンだ。全国チェーンの居酒屋で、ー時間半。酒は噛む程度と前置きをしたミホに、生中→力ルーアミルク2杯→美少年と飲ませる・酔っばらった彼女は、ファンシーになった。「私、宇宙のことが気になるんだよね。どれくらい広いのかなあ」「東京ドーム何個分だろうね」「月の裏には何があるのかな」
「何もないと思うけど、月の土地が買えるの知ってるっ」
数年前に話題になったアメリ力系ネット企業のギャグサービスだ。ノリノリのミホの手を引いて、ネットカフェに向かうわけがない。デキ上がった女とPCを眺めるなど野慕の骨頂。ここは真っ直ぐラフホテルが正解である。ハタチのびちびちボディは、それはそれは災味しかった。3度目の正直。ちいと金と時間はかかったが、これが夜キャバなら倍の出費だったろう。
荒川の土手でアフターできるなんて
翌日調子に東った俺は、足かけた相手は、大学2年生のミズキ。ルックスは80点だ。腹べこ作戦は、いまいち不発に終わった。が、彼女が学校のことを話し出したことで、事態は大きく好転する。「サークルの友達と、よく公園で飲んだりするんですよ」「わかる。俺も大学の頃は、よくやってた」「今も、やってみて下さいよ。けっこう気持ちいいですよ」「うん、やりたいねえ。んじゃこのあと、外飲みするっ」「アフターでツまじウケるんだけど。楽しいかもー」まさか、OKが出るとは思わなかったし、その後、荒川の土手で2時間飲み食いし、さらには、ホームレスのブルーテントの横の暗がりでイチャつき始めたときは、自分でも信じられなかった。相手は、仮にもキャバクラ嬢様である。鳴呼、夜の店には、もう行けねー。★キャバクラ愛好家よ、ぜひとも河岸を変えてみてくれ。愚き物の落ちたような世界に、アナタはきっと魅了されるはずだ。
おっパブ・セクキャバの女の子専用のマンションでやりまくれSnapCrab_NoName_2019-7-21_10-47-31_No-00.png
きっかけは昨年、池袋西口で飲んだときのことだ。仲間と別れロマンス通りをフラフラしていたところ、高校の後輩リクオとばったり再会。あまりの懐かしさにスケベ話で盛り上がり、そのままお触りパブになだれ込んだ。
オッパイふにふに、手マンチョぐにゆぐにゅ。40分1万円の制限内に女体を堪能した後は焼き肉屋へ。目を覚ますと、見覚えのない6畳一間の部屋の中だった。
ドコだよ、ここ?…っておええ、気持ちわりぃ。「んんん…起きたの?」
「え?」
振り返れば金髪のショートヘアにミニスカの女が立っていた。キミはいったい誰?
「…ふわぁ。やっぱり昨日のこと覚えてないんだ」
「ああ」
「リクオ君と一緒に焼き肉屋で飲んだじゃん」
「おっ、そうだ。アイッは?」
「ミホの部屋だよ」
「ミホ?」
「もう、マジで何にも覚えてないの?あのさあ…」
その女、ルカの話によれば、彼女はお触りパブのおネーチャンで、オレとは焼き肉屋で顔を会わせたようだ。最初は彼女の連れのミホとリクオが意気投合し、4人で大いに盛り上がったらしい。
が、そのときのオレは完全な泥酔状態。別れた彼女のことで涙まで流し、いたたまれなくなったルカがタクシーで部屋まで運んでくれたというワケだ。
ってこたあなにかい。オレはこの娘とHしたんかい。くそっ!何にも覚えてね〜よ
「え-、ヤってないよ」
「…うそ?なんで、キミみたいなカワイイ子といたのに…。オレってアホだね」
「はあ?」
「だから、前の彼女にもうふられちゃったんだよな。ねえ、ルカ…」
「ちょっと止めてよ」
「…いいじゃんかよ」
「私、イヤよ・別れた彼女の代わりだなんてムナしすぎ」
くふふふふ。その言い草にその態度。ど-せキミだってヤリたいんでしよ。だいたい、同情だけで1人暮らしの部屋に男を上げるワケないもん。強引に唇を奪うと、やっぱりだ。下のおクチ、濡れ濡れじゃないっスか。
「…ア、アン」
「ちょっとしゃぶって」
「…はい」
ヤルことヤって彼女の住むワンルームマンションから出たのが午後3時。タバコに火をつけ、マフラーを巻き直そうとしたとき、リクオからケータイが鳴った。
「せんぱ〜い、先行かないでくださいよ」
「ん?何言ってんのオマエ」
「今すぐソバにいるんすよ」
「ナニー?」
慌てて後ろを振り返ってみれば、そこにいたのはマジでリクオじゃね-か。なんでこんなトコにいるんだよ
「いや、それがですね」
池袋に向かう電車の中でヤツがタネを明かす。
実は、オレが喰ったルカも、リクオがヤったミホも、同じマンションに住んでいたらしい。早い話がマンションはお店が丸ごと借りた社宅、つまり住人すべてがお触りパブだったのだ。
こうしてオレたちは、ルカたちが明け前(勤務時間は午後7時〜午前3時)に行って打ち上げに顔を出すようになる。
服装は彼女らの好きなホスト風。飲み会ではひたすら盛り上げ役。これで彼女らが気に入らないワケがない。
幸池袋で盛り上がってるうち、別の住人ともすぐに打ち解けた。もはやオチるのも時間の問題だろう。と思いきや、いきなりリクオがコケた。
2Fに住むミユキを口説いてたのがミホにバレ、部屋から追い出されたのだ(すでに半同棲状態だった)。
もちろんオレはそんなヘマはしない。ルカとは付かず離れず、お互い気が向いたときだけ部屋でH・その一方で、隣室のカナメちゃんをせっせとメールで口説くことも忘れない。
チャンスが訪れたのは年が明けた5月中旬のことだ。ルカの部屋を出て、階段を下りると、パジャマ姿の彼女と遭遇した。ゴミ捨てにでも行ったのだろう、胸元から巨乳がチラっとのぞいてる。
「おはようございます」
「おはよ・あ、カナメちゃん、映画見たいって言ってたよね。ルカの部屋にあるから貸したげるよ」
「え〜〜〜。悪いからいいですよぉ〜〜i」
「平気、平気。ソッコーで持ってくるから部屋で待ってて」
「え?ちよ、ちょっと」
忍び足でDVDを持ち出し、ドアをノックすると、彼女はコーヒーを入れて待っていた。
いや-、気が利くね〜。
「平気?怒られない?」
「つ-かオレ、別に彼氏とじゃないから」
「でも…」
「いいから、見ようよ。ほらコッチコッチ」
「うん」
後は簡単だった。ビデオが20分も過ぎたころ、そっと抱き寄せキスすると待ってたかのように舌を絡めてくる彼女。憧れの巨乳をパジャマの上から操みまくり、うりや〜、このやわらか〜い乳にチンチンを挟んでやれ〜。ああぁああ。
この後オレは1カ月かけ、リクオがミスった2Fのミユキ、続いてその隣のアイコを陥落。調子に乗って3Fメグの部屋を訪れようとした直後、お店の幹部にとがめられゲームオーバーとなった。
旦那さんと喧嘩してプチ家出してきた最高の美人人妻との最高のセックス
ヤルノートダービーは6人の出走のうち中森さんのみがゴールして終了した。他の5名についてはいまだにヤリたいという気持ちに変わりはないが、ここは一区切りつけて全員ターゲットから外すことにしよう。まぁ正直に言って、みなヤレる可能性はかなり低いしなぁ。心機一転、新しいターゲットを見つけなければと思っていた矢先、信じられないラッキーな出来事が起こった。ヤルノートを初めて約10年。好きでやっているとはいえ、女とヤルために、あとを付けたり待ち伏せしたり、ヨガのクラスに通ったり、公園を走ったり…と、50代の身体にムチ打って頑張ってきた。
苦労ゆえに、ヤレたときの喜びもひとしおなのだが、本音を言えば、いい女が向こうからやってきてくれるに越したことはない。残念ながらルックス、金、若さいずれも大したことがない俺にはそんなラッキーが起こることはまったくなく、期待をしたこともなかった。そんな俺のもとに超いい女が向こうから飛び込んできたのだ。11月のはじめ、飲み会の帰りに、もう少し飲みたいなとミナミの安いバーで一人で飲んでいたときのことだ。肩をトントンとたたかれたので振り向くと、その店には似合わない綺麗で上品な女性が立っていた。
「あれっ? 菊池さん…?」
事情があって、どうしても彼女の素性をつたえることはできないが、何度かあいさつをしたことがある程度の関係だ。30代後半の井川遥似の美人で、すらりと背が高く、いつも上品で高そうな服を綺麗に着こなしている。婦人雑誌の表紙を飾ってもおかしくないレベルの女性だ。レベルが高すぎて、そして攻めるには危なすぎてヤルノートのターゲットにはなっていなかった。そんな彼女がなんでこんな時間に、こんな所に一人でいるんだ? そしてなんで俺に声をかけてきたんだ?
「河内さん、隣、いいですか?」「もちろん。どうぞ、どうぞ」
「どこかで飲もうかなって歩いてたら、河内さんの姿が外から見えたので。ちょっと図々しいかなって、入るか迷ったんですけど、こんな機会、もう絶対にないから入っとけって思って」
なんかよくわからんが、俺にしたら菊池さんと二人で飲めるなんて夢みたいだ。でも、いったいこんな時間にどうしたんだ?「家出です。プチ家出」聞けば、旦那さんと喧嘩して「出ていくわ」と家を飛び出したそうだ。「大丈夫なんですか?」
「はい、時々するんで。気持ちがスッキリするまで飲んで、朝には帰って仲直りします」
へぇ、そんなことする人やったんや。「私ね、河内さん、めちゃめちゃタイプなんですよ。ほんまにタイプで、こんなとこで会えたなんて信じられなくって。入るしかないやろって」
こんなこと今まで言われたことない。しかもこんな美人に。うれしいけど信じられへん。なんでや。
「見た目もすごくタイプなんですけど、絶対に中身も大好きなタイプなんやと思いますよ」「ん?」
「河内さん、いつもニコニコいい人そうですけど、中身はめっちゃエロくて悪い人でしょ?」
まぁ、その通りだが、なんでわかるんや。
「私もおんなじやからわかるんですよ。当たってるでしょ?」
おんなじってことは、菊池さんもエロくて悪い女ってことか。俺にはわからんかった。ちょっとドキドキしてきたぞ。お互いにある程度の素性はわかっているので、話題に困ることはない。色々と楽しく話しているうちにお互いタメ口になり、昔からの知り合いだったかのように仲良くなった。菊池さん、こんな人やったんや。2時間くらい楽しく盛り上がったあと店を出た。菊池さん、朝帰りでも大丈夫と言ってたし、もう1軒、次はもう少しお洒落な店に誘ってみるか。そう思って歩きだした時に菊池さんが「河内さん、ここならだれも知ってる人いないし、手をつないでもいい?」と言うや俺の手を握ってきた。心臓がバクバク鳴っているのがわかる。菊池さんは歩きながらピタッと身体を密着させてくる。そして、次の店のビルに入ったときに彼女からキスをしてきた。柔らかい唇と舌の感触がたまらない。あかん、クラクラしてきた。夢みたいや。もう2軒目に行ってる場合じゃない。彼女の手を引き、入ったばかりのビルを出た。「行くの?」「行こ」
うなずいた菊池さんを連れてラブホに向かう。こんな展開になるなんて想像もしていなかった。2時間ほど前には一人で飲んでたのに。ホテルで裸になった彼女は、身体も最高だった。胸はやや小ぶりだが綺麗な形で、均整の取れたスタイル。肌も白くて張りがある。こりゃすごいわ。
そしてセックスも積極的ですごかった。エロい舌遣いで身体中を舐めまわし、ねっとりとしたフェラで俺を攻める。喘ぎ声もエロい。
「あぁ、あぁ、すごい。奥の方、いいっ」
菊池さんがこんな声を出して腰を振りまくってるなんて。興奮のあまり、すぐに絶頂がやってきた。
「あぁ、もういきそうや」「あぁ、あぁ、中に出して。ピル飲んでるから。あぁ、出して」
彼女の中でドクドクと精液が流れ出しているのがわかる。身体の奥の方から出ていく感じの痺れるような快感。気持ちいい!ベッドでの会話も驚くほどエロかった。
「私ね、河内さんとのエッチどんなんやろって想像してオナニーしたことあるねん。これからは思い出してできるけど」
俺をオカズにしてくれてたなんて光栄だ。俺も菊池さんのフェラ顔と喘ぎ声を思い出すだけで何回でもオナニーできるよ。2回戦を長めに楽しんだ後、「河内さん、そろそろ帰らないとまずいでしょ」
と言われ、時計を見たらもう4時。タクシーで帰途に就いた。連絡先を交換はしたが、菊池さんは何
度も二人で会うにはリスクが高い相手。もう会わんほうがいいんやろなぁ。でも最高の美人との最高のセックス、もう1回してみたいよなぁ。 悩みに悩んで、連絡するのを我慢していた俺に、彼女の方から連絡がきた。「今日、友達と飲むんですけど、そのコと別れた後、一緒に飲みませんか?」
「行く!」迷わず二つ返事してしまった。 10時ごろに会った菊池さんはすでに酔ってご機嫌で、ちょっと飲んだらエロモードに。じゃ、ホテルに行きますか。今日も最高のセックスを、とワクワクしながらホテルに入ったのはいいが、思わぬ事態が待っていた。
まったく勃たないのだ。彼女の裸体を見ても、濃厚なフェラをしてもらっても、乳首や裏筋まで舐めてもらってもピクリとも反応しない。こんないい女を前に、俺のムスコは何をしてるんや。気持ちが
焦ると、いっそうアカン状態に。菊池さんも、いい女のプライドが許さないんだろう。粘り強くあの手、この手で勃たそうと頑張ってくれるのだが、半勃ち→ふにゃちんの繰り返しで挿入はできない。
結局、口と指で彼女に奉仕をして、その日の情事は終了した。不細工な女と無理にしようとして勃た
なかったことはあるが、いい女相手にできなかったことは今までに一度もない。
ちょっと飲みすぎたんかなぁ。寝不足やったし。そう自分に言い聞かせていたが、事態はそう甘くはなかった。詳しくは次号でお話しするが、ダービーの中森さん相手にまたしても勃たなかったのだ。こんな身体でヤルノートは継続できるんだろうか…。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ