★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0047_20190202222138fde_201911082107520cf.jpg0048_201902022221409bb_201911082107545ae.jpg0049_201902022221412b1_20191108210755c1c_20200113162424c5c.jpg0050_20190202222143456_201911082107576bd.jpg0051_201902022221449fd_20191108210758ded_20200113162509d18.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】

ジェットスキーの合宿場があるのは広島県尾道市だけで、全国から参加者が殺到しているらしい。
「だから、若い女もいっぱい集まってきてるってワケ。どう、やる?いやなら他のライターに回すけど」
「やらせてください!」
ダダでジェットスキーの免許が取れ、女ともヤレ、原稿料まで入る。こんなオイシイ仕事、そうあるもんじゃないだろう。
翌日、さっそく海技学校「M」に問い合わせの電話を入れる。と、合宿は「1泊2日」(5級小型船舶免許)「3泊4日」(4級)「7泊8H」(1級)の3種類があり、料金は7万2千500円、だという。宿泊費は別途支払いで、こちらは2コース。「ホテルコース」(1泊食事無し6千円)の場合、1人1部屋が割り当てられるのに対し、「合宿コース」(1泊2食付き2千940円)は相部屋になるらしい。考えた末、僕は「3泊4日」を選択、女の連れ込み易さから、「ホテルコース」に申し込むことにした。5月某日の昼、広島県新尾道駅を降りた僕は、みやげ物屋が並ぶロータリーからタクシー
に乗り込んだ。入り口で受け付けを済ませ、言われたとおりエレベータで3階にある教室に向かう。
古めかしい黒板に椅子が約20席。ちょうど高校の教室を一回り小さくした感じだ。翌朝、集合場所の大広間で待っていると、昨日の講師が現れた。
「みなさん揃ってるみたいですね。じゃ授業を始めましよ」
エッ!学校に行くんじゃないの?ここに至り、ようやく僕は「ホテルコース」の何たるかに気が付いた。ホテルコースとは「ホテルへの宿泊」と同時に、「ホテルでの授業」をも意味していたのだ。なんてこった。スケジュール表によれば、他の教室との合流は明日の実技講習のみ。ということは、その1回の授業しかナンパのチャンスがないことになる。

そんなとき、パンフレットに記された『女子寮』の3文字が目に留まった。合宿コースの女性はみなここに泊まっているらしい。この女子寮の前で待ち伏せすれば何とかなるかもしれない。ただ、寮はここから5キロ以上先、とても歩ける距離じゃない。タクシーに乗ってもいいが、後々の展開を考えれば、やはりアシは確保しておきたい。
「すいません、この辺りにレンタカーってないスかね」ドアマンの若い男に尋ねてみた。「どこかへお出かけですか」
「うん。ナンパにでも行こうかと思って」何の気なしのことばだったが、なぜか彼は腹を抱えて笑い出した。
「いやあ、そんなこと言ったのあなたが初めてですよ」
「じゃ僕の車で一緒に行きましょうよ。この辺りで有名なナンパスポットに案内しますから」
慣れ慣れしさか、僕のことを相当気に入ったか。いずれにしろこの男、よほどヒマに違いない。
「いやいや、そういうわけにもいかないんだよね」
成り行き上、仕方なく取材の主旨を打ち明けると、関口(名札にそう書いてあった)はさらに面白がった。
「いや、それぜひ僕も仲間に入れてくださいよ◎絶対悪いようにはしませんから」
オイオイ、どうしてそうなっちまうんだ。キミはレンタカーの場所さえ教えてくれりやいいんだよ。
とは思ったものの、関口はなかなかの2枚目、パートナーとしちゃかなり心強い。僕はこの男を仲間に引き入れることにした。夕方6時ごろ、鉄筋3階建ての女子寮に到着。僕らはまず車を正門の前にはん付けにした。見ると、ところどころ窓に灯りが。女の子はすでに帰ってきているようだ。う-ん。どうすりやいいんだろ。
何の策も思いつかないまま待つこと3時間、なぜか寮から2人の女の子が出てきた。よし、行け!「こんばんわ」
「え?.」
2人が驚いた顔で立ち止まる。ま、門を出ていきなり声をかけられりやムリもないか。
「名前何て言うの」
「ヨウコ」
「絵里子」
ポッチャリ目で茶髪がヨウコ、黒髪のGジャンは絵里子。2人ともなかなか可愛い。歳は20前半だろう。
聞けば、彼女たちは名古屋の証券会社のOLで、週末の休みを利用してこの免許合宿に来たという。まさに狙いどおりの女たちだ。
「なんでこんな時間に寮から出てきたの」
「部屋でテレビ見てたんだけど、あんまり退屈だから散歩にでも行こうかって」
「そんなにヒマなら、飲みに行こうよ」
「絵里子、どうする?」
ちょつとぐらいならいいか」
リゾート気分も手伝ってか、2人はアッサリ後部廃席に乗り込んできた。まずは、居酒屋でビールでも飲むか。
「カンパーイ!」
「はじめまして」
「ねえ、どうしてジェットスキーの免許取りたいと思ったの」
「オーストラリアでやったことがあって。そのときにハマつちやったんだ」
この後、コンパノリで盛り上げると、彼女たちの方から「部屋に遊びに行きたい」と言い出した。簡単なもんだ。
「へえ、寮なんかより全然イィところだね」
ベッドの上で缶ビール片手にはしゃぐ彼女たち。さて、ここから先どう攻めるか。まさか乱交まではムリだろう。
「川崎さんはどっちの方が好みですか」
関口がソッと耳饗打ちしてくる。
「っ-ん。絵里子かなあ」
「じゃあ、僕がヨウコを外に連れだしますから。あとは頑張ってくださいね」
自信満々の関口。ホントにそんなにウマクいくのか。
「ちょっと話あんだけどさ」
関口が強引にヨウコを外へ連れ出した。10分、20分、30分、いつまでたっても2人は帰ってこない。アイッ、やるじゃん。
気が付けば、部屋には沈黙が降りていた。
「ねえ」
「っん」
肩を抱いて唇を重ねる。絵里子にさしたる抵抗はない。よつしや-。いきなり一発かあ。
ところが、ベッドに押し倒した途端、彼女はジタバタと暴れ、やがて、シクシク泣き出した。
「ごめんね、やっぱり彼氏に悪くてできない」
「なんだよ。ここまできてそれはないだろ」
3日目.僕は眠い目を擦りながらマイクロバスに乗り込んだ。
いよいよ今日は待ちに待った講習である。
後に降ろされた湾の中の入江には、3人乗りの小型ポートが6台。これに乗るのか。面白そうだ。
ところが、いくら周囲を見渡しても、肝心の若い女がいない。、
る他の塾主の生徒はまたもや男ばかり確一の女は彼氏持ち。まさか…。
「それでは実技に入りたいと思います」
クソー、なんでこうなるんだよ。
「川崎さん、船に乗ってください」
「はい」
狭い船内に入るともう1人の生徒と教官が.座った瞬間にわかに睡龍感がこみ上げてきた.
沖合に出たところで、エンジンをフルスロットに回した。ボートがみるみる狐超していく。いや-、気分がいい.
3時間ほど運転を楽しんだ後、再びマイクロバスに乗りホテルへ。
昼メシが済めばすぐに講習だ。オチオチ休んでるヒマもない。
「昨日はどうでした?」
ホテルに戻った途端、関口が近づいてきた。
「いや、実はね…」
正直に事情を話すと、関口は大笑い。
「そうですか。いやあ、そりゃ残念でしたねえ」
「キミはどうだったの」
「僕ですか。もちろん一発キメましたよ」
クッソー。なんでオマエはしっかりヤってんだよ。
「あ、そうだ。やっぱりオレ、レンタカー借りたいんだけど」
「今夜も女子寮に行くつもりなんですか」
「まあね」
「じゃ僕も付き合いますよ」
いや、いや、そう度々キミの手を借りるわけにはいかん。
「そうですか。でもレンタカー屋は遠いからなあ。あ、もしよかったら僕の車かしましょうか」
「え、そりゃ悪くない?」
「いえ、いえ、友達に迎えに来てもらいますから。それに取材の人に協力できるなんて嬉しいっスからね」
う-ん。キミはなんていい子なんだ。この日、講習から解放されると、僕はすぐに女子寮に駆けつけた。
が、さすがに夜じゃみな眠ってしまったのか、窓の灯りが落ちている。
窓ガラスに石でも投げつけてみようか。古典的な方法だが、案外誰かが顔を出すかもしれない。いやいや、うっかり通報されでもしたら…。
と、そのとき、女子寮の玄関口の辺りでオレンジ色の小さな光が瞬き、白い煙が風に流されていった。誰かがタバコを吸っているらしい。
「すいませ-ん!火貸してくれませんかあ!」
声をかけてみる。ウサン臭いことこの上ないが、やってみるもんだ。そのシルエットはゆっくりと近づいてきたのだ。
「どうぞ」
ずいぶん背が高いが、ルックスは悪くない。後でMの職員に聞いたところによると、若い女性の大半は費用を安く上げるため、合宿コースを選ぶらしい。例え相部屋の不自由さはあっても、こちらに参加するのが正解だった。おまけに、合宿が混むのは休みシーズンで、今はその半分も女性がいないとのこと。僕は来る時期までも間違っていたというわけだ。
ミスにミスを重ねた僕が、どうにかナンパに成功したのは、関口という協力者のおかげだろう。もしも彼がいなければ結果はまったく違っていたかもしれない。
とはいえ、この世の中、結果が全て。ちなみに、ジェットスキーの免許もしっかり取らせていただきました。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内