★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0079_20171231201033114_201911011037093a4.jpg0070_2018011314495403f_20191101104641be6.jpg0049_20190506095759a8e_20191017155131f82.jpg0116_20190129204801ceb_20191017155136889.jpg0117_201901292048021c7_20191017155137ddc_2020013019391465c.jpg0118_2019012920480408a_20191017155139958_2020013019391674e.jpg0119_20190129204805d9d_2019101715513957a_2020013019391751e.jpg0120_20190129204807826_20191017155140598_20200130193919ebc.jpg0121_20190129204808a2e_201910171551408b5_20200130193920297.jpg
妊活サークルで妊娠したい女性にセクハラトーク

妊娠したくてもできない人たちの「妊活サークル」という集まりが増えている。高齢だったり身体に不具合があったり、様々な問題によって子供が欲しくても妊娠できないと悩む人たちがカフェや居酒屋なんかに集まって、あーだこーだ言い合ってるらしい。
 多くは女性限定の集まりだが、中には男性の参加OKな会合も。となれば、変態の俺さまがヤルことはただ一つ。妊活セクハラだ!
 ジモティーやメルカリアッテを探したところ、「男性も参加OK」と書かれたサークルを発見。さっそく参加希望の連絡を入れると、すぐに主催者の女性から日程などの詳細が書かれたメールが届いた。期待で股間の鼓動が高鳴る。
 このサークルは、いつも都内の某カフェの個室を使って数人ほどのメンバーで開催してるそうで、この日の男性参加者は俺一人らしい。
会合当日、少し遅れて指定された喫茶に向かうと、すでに7人の奥さんたちが大きなテーブルを囲んで談笑していた。
「こんにちは。はじめまして、池内と申します」
 爽やかな挨拶とともに入場すると、参加女性たちから笑顔の挨拶が返ってきた。ここにいる人妻たち全員が毎日のように中出しに励んでいると思うと股間が熱くなる。 
30代と思しき巨乳妻の横が空いていたので席に着き、いよいよ会が始まった。
「でははじめましょうか。今日は初めての方もいらっしゃるのでまずは自己紹介から」
 端っこの女性から順番に名前と妊活歴を言っていく。最初から変態丸出しだと誰も相手をしてくれなくなるので大人しくしておかねば。
「池内です。妊活歴は2年です。よろしくお願いします」
 自己紹介が終わっていよいよフリートークタイムに。ではお隣の巨乳人妻、小林さんからセクハラ開始だ。
「小林さんは具体的にどのような妊活をされてるんですか?」
「ウチは1年前に旦那と二人で色々と検査をしてみたら私の方に問題があることがわかりまして…。今も不妊治療を続けてる状況ですね」
「なるほど。ちなみに妊活の方はどれぐらいの頻度で?」
「え〜と…、基礎体温を測ってるので、ちゃんと月一でって感じですね」
「それは旦那さんが羨ましいですね〜。僕なら月一じゃ我慢できないですよ」
「…ははは。あの、池内さんはどのような…」
「僕ですか? とにかく毎日、濃厚なヤツをキッチリ奥まで入れるってことだけは、意識してますね〜」「……」
 若干、小林さんの表情が険しくなったが、まだイケそうだ。

「やっぱり体位も大事みたいですね。バックが一番いいって知ってました?」
「…へえ、そうなんですか」
「一番、奥まで入る体位らしいですよ。小林さんもやっぱりバック派ですか?」
「……」
 小林さん、険しい表情で俺から視線をそらして席を立ってしまった。怒らせちゃったかな。逆サイドに座ったパーマヘアの人妻さんがノーマークになった。隣に移動してみよう。
「どうも。こちらの席、いいですか?」
「あ、どうぞどうぞ」
 名前は高橋さん。むっちりと肉感的な体つきのアラフォー美人で、なんともエロそうだ。では、まいりましょう。
「えーと、高橋さんは妊活歴は長いんでしたっけ?」
「私は1年ですね。今年で41になるので焦ってますよ」
「へ〜40才には見えないですね。旦那さん、妊活楽しいんだろうな」
「ははは。池内さんはどれぐらいなんですか?」
「僕は、結婚したのが10年前なので妊活歴10年ですね」
「え〜そんなに」
「はい。お互いが気持ちいいセックスをすると妊娠しやすくなるって聞いたので、
10年間、毎日キッチリ前戯してから中出しですよ。クンニは最低30分です。高橋さんは何分ですか?」
「え? いや…」
「え? クンニ無し? じゃフェラも無しですか?」
「いや…、あの」
 顔がかなりドン引きしてる。だんだんと椅子の位置も遠のいてる気もする。
「ですよね。よかった、妊活とクンニはセットですもんね。ハハハ」
「……」
「いや、冗談抜きで、お互いにたっぷり舐めて、しっかり気持ちよくしてあげないと!」
「はあ……」
「あと、大事なのは体位ですよ。バックがいいって知ってました?」「いえ、知らないです…」
「やっぱり、バックが一番奥まで入るらしいですよ。個人的には騎乗位の方が好きなんですけどね」
「……」
「あれ、高橋さんもですか? 顔面騎乗はどう……」
 またしても話の途中で席を移られてしまった。
 気がつけば、俺が移動するたびに女性陣から完全に無視状態に。どうやら声が大きすぎてセクハラトークが皆にバレてたらしい。これはかなり気まずい。よし、退散!

バイオレンス妊婦が出会い系に
会話が盛り上がったせいか、先払いの関門はあっさりクリアし、プレイへ。
それにしても何だかやけにお腹がふっくらしてるような…。
「実はいま妊娠してるんだよね」
「え、妊婦がワリキリとかして平気なの!?」
「もう安定期に入ってるし、大丈夫っしょ」カリ首を重点的に攻めるフェラも高得点だ。
いや、そういう問題じゃなくて…
妊婦専用の掲示板
妊婦とのHに異常なほど興奮してしまう僕が、日ごろよく使っているのがこの掲示板です。なんたって、普通の出会いサイトではあまり見かけないシロート妊婦さんがゴロゴロいますから、彼女たちの書き込みを読むだけでも気分が上がっちゃいます。残念ながらエンコー希望が大半ですが、さすが妊婦専用の掲示板だけあり、現在妊娠何カ月目だとか、母乳が出るかどうかなど、書き込みの段階で詳しく情報を教えてくれるママさんばかりで非常に助かります。マニアの心理をちゃんとわかってるんですね。
妊婦専用の掲示板攻略法
お腹に赤ちゃんを宿した女を抱くことに、ある種のエロさを感じるのは私だけではないだろう。神聖なものを汚すような甘美な背徳感、それが他人の妻ならばなおのことだ。ここはそんな妊婦マニアと妊婦をつなぐイケない掲示板である。ただし女の書き込みは極端に少ないので、必然的にこちらが取る手法は待ち作戦となる。私が使う募集文はこんな感じだ。
〈仕事の関係でマタニティマッサージを習得しました。妊婦に特有の肩こりや腰痛、むくみなどにお困りの方は、お気軽にご連絡ください〉
 本当のマタニティマッサージが出来なくたって構わない。そもそも妊婦だって、こんな掲示板に募集をかける男が、純粋にマッサージをしたがってるなどとは考えてない。重要なのは、彼女らにもっともらしい建前を与えてやることだ。妊娠して性欲が増したからとはいえ(これは事実。過去に出会
った複数の妊婦から聞いた)、お腹に赤ちゃんがいる状態での浮気は、普段以上に罪悪感を覚えるもの。しかしマッサージの名目なら気持ちはずっと軽くなるわけだ。したがって、女からメールが届いても、こちらはマッサージをしてあげる男というスタンスを崩してはならない。少なくとも確実にアポが取れるまではセックスを匂わす言動はNGだ。こんな具合に。
〈腰がすごく痛いんですけど、マッサージで治ります?〉
〈妊婦さんの腰痛に効くツボがあるので大丈夫ですよ。他にお悩みはあります〉
〈あとは便秘かな(笑)〉
〈それもいいツボ知ってます!〉こんな感じで3、4往復ほどやり取りが続けば、私の経験上、7割方会える。アポ当日は、ネットで仕入れた知識で、それっぽいマッサージをちょこちょこっと行い、おもむろに抱きつけばいい。おたがい白々しくセックスの話題を避けていたぶん、めちゃくちゃ燃えること請け合いだ。
既婚限定の不倫サイト成功体験・妊娠してる妊婦とのエッチ体験談
西ロのトキワ通りを入ったホテルの前に停めた
アケミと名乗った女は24才で、都下にある個人病院の看護士を辞め、今はホテトルで働いているのだという。
「俺ってムッチリ系が好きなんだ」
服の上から触る乳房には大きめの反発がでる。
ベッドでは「少し休んでからしようよ」とタオルを巻いてくれた。そのいじらしさに女を倒して足を拡げてクリトリスを吸い、瞳に舌を入れる。これだけ熱心に女の性器をクンニするのはめったにないことだ。「あああ、気持ちいいから」しばらく、されるがままにされた後、女が「入れよか」とコンドームを装着してきた。さてできるか
正常位で女の足を開かせ、ペニスを瞳口にあて、腰を前に動かす。方向が外れて2回やり直し。3回目で挿入できた。ゆっくりと腰を入れ5、6回性交運動をする。と、右足と右腹がつっぱって硬直しだした。我慢できない痛さだ。抜くよりない。
「やっばり無理みたい」女が俺の右足をさすりながら言う。ここまできて帰れるか。
「できそうもないから、まずお尻の穴を紙めて。それからフェラして、乳首を吸いながらアレをシコシコしてくれる?」「お尻とフェラと乳首ね」尻を向けると女は軽く肛門の中心に舌をつけてきて、そのまま舌全体で軽く吸った。続いて俺を横にして深いフェラ。最後には、乳首をねっとり吸いながら、ペニスやタマをさすってくれた。こんな看護をしてくれる病院があったら一泊3万でもいい。天井を見ながら切に思う。女が口をつけてきた。唾液キスだ。5分くらいで、腰の神経がピリピリしながらも快感が増す。女の舌を吸いながら思い切り射精した。心臓はバクバクし、右半身の筋肉は壊れる寸前のようにピクピク震える。もう痛いのなんのって。
「いいよ、ゆっくり休んで」俺の腰をさすりながら女が言う。
「この子、不倫相手の子供なの。奥さんからは弁護士を入れられてお金を請求されたり、ああもうイヤって感じ。でも、喜んでもらえてよかった」
脳梗塞で不完全な男と不倫妊娠女とのセックス。泣かせる話じゃないか。10分くらいでなんとか歩けるようになり、K君に連絡した。彼は上手くいかなかったらしい。
ホテルの前で落合い自宅まで送ってもらった。その後2、3日は、右足の力がなくなり自宅の階段でさえー段ずつ下りる有り様だ。2週間ほどしてアケミに電話した。もう一度会いたいと思った。
「ちょっと怖いからゴメン」不倫でゴタゴタしてる上に援交相手に腹上死されたら、たまらないだろう。
実物の女が確認できることが気に入ったようで、ーカ月後、K君からまたお誘いがかかった。が、どうにも体調が芳しくない。
「1人でやればいいじゃない」
「トラブった時に2人いれば…、それに回転寿司喰い放題、自宅送迎つきだよ」
断れない…。現場には午前11時過ぎに着いた。相変わらずカップルが入ったり出たり繁盛している。10分くらいして、入ったばかりの女が出てきた。歳は24、5才。プ口っぽくない。K君が車から出てホテルの前で女に声をかける。と、そのまま近くにあるホテル『トキワ』に入り、すぐに連絡があった。1時間半くらいでクソッ、あせる。後ろ側からカップルが歩いてきてホテル前で立ち止り何やら話している。まもなく、男が背を向けて早足で去った。女はキョトンとした顔をして突っ立っている。幸い、付近には人はいない。車に鍵をかけて女に近寄った。
「こんちわ。もし俺でよかったら遊ばない?」「ふーん、見てたの」
「どうする、イチゴー出せるけど。あとエッチな写真も撮らせてくれれば」
「…もしかして、脳の病気で体が痛い人?」「そうだけど・・」
「アケミ知ってるでしょ?いいわよ」すぐにK君と同じトキワに入る。女は23才、ジュンと名乗った。「あたしも準看護士してて、訳あってやめて、アケミから紹介されたの」
「もしかして妊娠?」「いや、そうじゃなくて、いろいろね」
「さっき男が行っちゃったのは?」「アナルとか、マニアみたい。最初から言えよって」
「じゃあ、俺も言っとくけど、脳梗塞の後遣症で右半身が痛いんだ。で、エッチできないときは、お尻の穴を紙めてもらって自分で出すってやり方でいい?」
「いいよ。エッチなしだったらイチでいいよ。あたしのお父さんも脳で倒れて寝たきりだった」
さっそく女の前に立ち、ペニスを出してしごいた。
「フフ、ワイセツね、おじさん」
女がペニスを握り、俺はポケットからいつものウエットティッシュを出す。
「きれいにしてあげる」女はペニス全体を拭いた後、「こうされたいのよね」とペニスに口をつけた。「その前にキス」「紙めた後ってヘンよね」言いながらも、口を寄せてくる女。立っていると足が痛い。ベッドに座り女のジーパンに手をかけて下ろす。ピンクのシャレたパンティだ。下ろそうしたら、女が思わず手で隠す。腹デブか、妊娠線かわからぬシワ肉があった。気がそがれるほどのことはない。が、女は「合わないコルセットつけてて」と言い訳している。堂々と出腹をブリブリさせて平気なデブ系テレクラ女とはえらい違いだ。
ブラの下には形のいい乳房があった。乳首を吸いながら陰部に手を入れ、陰唇をまさぐる。
「待って、キレイにしてから」全裸になった女を抱きしめて風呂前のキス。楽しい前戯だ。
「ころばないでね」女に手をひかれて風呂場に行き、柔らかく体を洗ってもらった。
「お尻も、ね」「ああそうだ」女は、後ろから中指で肛門の中まで洗ってくれた。よしよしアナルキスはドリルを期待してよさそうだ。ベッドに戻り、互いに抱き合って絡む。口キス、乳首、ヘソ、陰毛、陰唇、クリトリス、そして女のアナルにも軽く舌をつける。
「恥ずかしい。けど気持ちいいね」体をひねったせいか腹と肩が痛い。
「交替してくれる?」「あ、そうだ、ゴメン。痛かったのね」
女が寝ころんだ俺の乳首とペニスを交代で吸う。「タマの裏側も」と両脚を上げればそれを持ちながら睾丸を吸引。ぐんぐん快感が増す。が、それにつれ腹の痛さも増してくる。ガマンして女の舌が紅門にくるまで足を上げたままにしていた。
「入れてみる?」女に言われ、まずは正常位で試みた。挿入はスムーズにいけども、腰を入れると腰と股が強烈に痛む。後背位でも結果は同じ。決して腔感は悪くなく、どうにか腔射精したいのだが、腰がいうことをきかない。
「足を広げて」女は俺を後ろ向きにさせ尻を開き、肛門に舌をつけた。ベッタリと唾液をつけ、それを吸い取るようなアナルドリルキス。快感が脳天まで響いて足の痛みを忘れる。思い切り自分でペニスをしごいた。次第に股が疫撃してきた。ガマンできない。神経をアナルに集中して射精。脇腹と股の筋肉が猛烈に痛む。どっと横になって体を丸めると少し楽になった。
「だいじょうぶ。いちおう挿入はしたからね」
足を操んでくれる女にー万5千円を渡すと「大事にしてね」と5千円を返してきた。
K君は車で待っていた。「どうだった?」
「いい体してて、サービスも抜群。直接会ってもいいっていってた」上機嫌だ。俺も実に満足だ。が、このまま続けていたら《ホテル前で店の女ホを横取りするハゲがいる》という噂がたち、ボコボコにされないとも限らない。今度は新宿とか別の場所でアタックしてみるか。早く腰と足を治して万全のセックスをしたいものだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内