★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
英国風パブHUBナンパはあのテーブルさえ押さえればもらったも同然です

首都圏や大阪などで人気の英国風パブ「HUB(ハブ)」。気軽に安く飲めるため、いが出るほど、若い学生や外国人などで賑わっている。ところがこの店、ナンパ目的で出向いても、無作戦のままではたいてい失敗に終わる。基本、座席は店員の誘導で決められるので、近くがリーマンばっかりだったりすると身動きが取れなくなるのだ。
ハブナンパにはちょっとしたテクニックがいる。本当にちょっとした技だが、知っているといないとでは成果に大きな差が出るのでぜひ拝聴を。まず、こちらのチーム編成は2人一組で動きたい。ターゲットももちろん2人組だ。店内に入って真っ先に押さえるべきポイントは4人掛けの小さな丸テーブルの確保だ。壁際の2人掛けテーブルや8〜10人掛けの大きな丸テーブルに通されそうになったら「4人掛けにしか行きたくない」とハッキリ伝えるべし。
そこがクリアできたら、あとはひたすら混み合うのを待つ。スタンディングも当たり前の英国風パブだけに、金曜の夜などはすぐに立ち飲み客で一杯になる。店の入り口付近やレジ脇などで立ち飲みを始める女子が現れたら、いざ行動開始だ。
「あっちに2席空いてるから、一緒に座って飲まない?」
女という生き物は、立ち飲み状態をめっぽう嫌う。喜んでやってくるだろう。ノウハウはただこれだけだ。ハブによく通う人なら、目からウロコだと思う。立ち飲み中の女2人組を見つけ「一緒に飲もう」と誘っても、その場で飲むには窮屈でどうにもならないし、着席中の2人に声をかけても一緒に座る席がない。誰しも経験があるだろう。
あそこではまず小さな丸テーブルを確保すべし。それさえできれば、立ち飲み女子だけでなく、たとえば大テーブルで大勢と相席になってる女子なども、自陣に引っ張ってくることが可能だ(声をかけるのは、ドリンク注文に並んでるときがいい)。
健闘を祈る。

出会いの百貨店で素人女はくえるのか
SnapCrab_NoName_2019-7-24_6-5-12_No-00.png
国家公務員、いわゆるキャリアだ。今年36才、妻子持ち。
現在は、外務省経済協力局で、東南アジア某国を担当している。外務省といえば、不祥事のせいか、世間の印象はすこぶる悪いが、実情は違う。
問題を起こすのはこくこく一部の人間であり、大半の者は日々、一生懸命働いている。むろん、私とて例外ではない。
毎晩遅くまで担当国の政府関係者との調整に追われ時には土日返上で仕事に精を出す。正直、ストレス、溜まりっぱなしである。そんな生活にあって、唯一楽しみにしているのが、私が担当する某駐日大使館主催のパーティだ。
実はここ、若い女性との出会いが多く、望めば簡単にセックスができてしまう、実にステキな場所なのである。
現在、日本国内にある大使館の大半は、年に数回ほど、駐日大使主催のパーティを開いている。在日自国民へのチャリティーだったり、日本国内の大使館関係者との親睦を深めようと言うのがその目的で、数十人程度の立食パーティからホテルのホールにー千人近くが集まるものまで、規模もさまざまだ。
参加者は約7割が外国人で、日本人で招待されるのは、私のような政府関係者の他に、交流のある企業や団体のお偉いさん等々。想像するに、若い女性などいそうにもないのだが、さにあらず。実は、パーティの招待状は、各職員が仕事上で知り合った人たちにも届く。
具体的にいうと、マスコミ関係者、ボランティアメンバー、大学生などだ。そして、彼らには、なぜか女性の割合が多い。どうだろう、私が知る限り、どんなパーティでも毎回、10人以上はいるんじゃなかろうか。しかし、パーティの参加者は大半が外国人。
しかも、普段滅多にお目にかかれぬようなセレブばかりである。初参加で、英語もおぼつかない彼女たちは当然浮いてしまう。さらにその多くは単独で参加しているため、他の日本人の輪にも入りにくい。
結果、パーティに来たはいいが、知り合いはおらず、話すこともなくで、ヒマを持てあますことになる。そこに、勝手知ったる私が優しく近づけばどうなるか。アルコールの力、異国情緒満載の雰囲気も手伝い、これがコロッと落ちてしまうのだ。
よく、普通の女のコが、海外留学などに行った際、大胆になってしまうという話を聞くが、それとまったく同じ理屈である。
某新聞社の広報担当27才をあっさりゲット。
6月、某ホテルで開かれたパーティでのことだ。例によって獲物を物色していると、会場の遠くに、ロングヘアーのきれいな女性を見つけた。歳のころお、27。つまらなそうな顔でワインを飲んでいる。ふむ、ターゲットとしては、うってつけである。
「どうもこんにちは。おー人ですか」「え、あ、はい」
「僕もなんですよ。知り合いと一緒に来たんだけど、いつのまにか帰っちゃったみたいなんですよね」
「あ、そうなんですか。私はー人で来たんですけど、なんか凄いパーティですね。圧倒されちゃいますよ」
某新聞社の広報担当、ヒロコ、27才。以前、主催国の紹介記事を書いた関係で招待されたらしい。話相手が見つかり、テンションが高くなったのか、彼女は質問を繰り返した。どんな仕事をしているのか、パーティにはよく来るのか、海外にはよく行くのか。イケると確信した私は、冗談を交えつつ、それに答える。
「あははは、そんな変なところにも行くんですか。大変ですね、えー」
「いやいや、ヒロコちゃんこそ、いろいろ知ってるねえ。さすがインテリは違うよ」
「んもー、それはお互い様でしょっ、うふふふ」
2人でワインを飲みつつ話し込めば、自すと親密度は増す。さりげなく手や腰に触れても嫌がる素振りもない。さーて、そろそろ仕上げといきますか。
「ねえ。もうー軒、軽く行かない?」
ヒロコを誘い繁華街へ。
「いいのいいの。さあ」そのまま手を引くと、彼女は黙ってラブホテルへ向かう。
「あれ、えー、ここ飲み屋と違いますよ」
こんな感じで、今まで13人の女性をいただいてきた。下は22才から上は34才まで。さほどモテるタイプでない私には、十分過ぎるほどの成果といえよう。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ