★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0060_201811181344213c5_20191006141038339.jpgaba1060_201910061410368c4.jpgaba1059_20191006141035499.jpgaba1058_2019100614103316d.jpgaba1057_20191006141032a0c.jpgaba1056_20191006141030249.jpg0065_2018122710453199b_20191022075548e6d_202007260843280dd.jpg0076_20191114230230d06_20200726084329fa7.jpg埼玉のエロスポット・露出カップルや変態が集まる温泉|大人の遊び体験ルポ
1、先日私が引っ越してきた埼玉・東武東上線沿いは風俗に関してはあまりにも恵まれていないエリアです。 唯一使えるのがこのピンサロではないでしょうか。昼間は20代後半ー30代のおばさん中心ですが、夕方以降、店の前で『本サロいかがっすか』とキャッチが立ち始めた時間帯から、20代の若い女がけっこう入ってきます。キャッチに紹介されて入った18時ころ。 私についてくれた女の子は25オくらいで、軽いフェラのあとさっそく騎乗位。締まりもまぁなかなかです。 ピンサロゆえに個室は狭いのですが、なんとか正常位でフィニッシュできました。面倒なチップを渡す必要もなく明朗会計で確実に本番ができる店は使えるといってよいと思います。
2、大宮や蕨などで数店舗を展開している風俗グループだが、オレが知る限り、この店がもっとも過激で楽しい。体裁はいちおうセクキャバだけど店貝に隠れてヌイてくれる子が多いのだ( ゆえにたびたび摘発されるのだが。)手順なんてものはない。フリーで入店して、カーテンで仕切られた個室に入る。 部屋はフラットシート型になっており、 体操着姿の女の子が、普通のセクキャパよろしく、ヒザの上にまたがってくる (20オくらいの若くて可愛らし い子が多い。)騎乗したまま数分が経つと、女の子が耳元でこうささやいてくる。
「ねえ、 寝っころがってイチャイチャしよ」
そう、これが彼女らにとっての「ヌイてあげますよ」のサインなのだ。 お客のぼくらは、体勢を変えながらズポンを下ろせばいい。あとは女の子が勝手にチンコをサワサワしてきて、人によってはフェラまでしてくれることもある。カーテンの外にはボーイが立っており、「声は出さないでね」とたしなめられるあたりもポイントだ。ではなぜ、彼女たちは店に内緒でヌイてくれるのか。早い話が延長代稼ぎである。たいていの子は射精してからあと30分延長してと猫なで声を出してくる。
3、熊谷の本サロは、ここ最近、関東の風俗好きに話題にされがちなスポットだ。
店舗数は約30軒。在籍嬢は若いコが多く、 相場1 万1 千円で最後までできる。行かなきゃソンと評判で、どこの店のサービスがどうのこうのという話題がよくされている。 そこでヘンな噂が多いのがこの店だ。 先日、足を運ぶと、入り口でオッサンがこんなことを言う。
「うちは10代しかいないよー」と写真パネルを出す。
「このコは2年前に辞めて、最近復活したコ。18」
てことは2年前は何歳なんだよ。
4、思わぬ光景を目にしたので報告したい。ある日の夕方、大宮駅の喫煙所でタパコをふかしていたときのことだ。ずいぶん若い女子集団が、チンピラ風の男性1人と一緒に喫煙所にやってきた。女の子は4人だ。そして全員がタパコを取りだして堂々と火をつけだした。すぐに1人のオッサンが女子1人に声をかけた。オレの立つ場所からは遠くて聞きとれないけど、なにか会話は続いている。 間もなくしてオッサンは彼女を引き連れ、どこかに行ってしまった。なんだこれ、いったいなにが起こってるんだと驚くオレをよそに、どこからともなくやってきた別のオッサンが女子に声をかけ、またもや連れ出す。 こんな様子で立て続けにオッサンがやってきて、連れ出していく。気になったオレは勇気を出して、残った1人に声をかけた。おそらくそうなのだろうという期待をこめて。
「ねえ、遊べるんだよね?」
「いいけど、これもらえます?」女の子は指を3本立てた。これが3万円を意味することは容易に想像できる。つまり彼女らは、喫煙所で立ちんぼをしているってことだ。
5、このオナクラドライブスルー手こきという異名を持っています。システムに「車コース」というのがありまして指定きれた場所で車で待ってるとこに女の子がのり込んでくるだからドライプスルーというわけです。
6、20才未満の子と1万ヤレちゃう本サロ街
このへんは以前から本サ口(本番ありの違法店)が並ぶ一帯でした。それがこの数年、ずいぶんと若い子が増えてきたんです。エリアー帯にあるお店は10軒ほどでどこに行ってもメインの子は18才から20才くらいです。ギャルとかヤンキー系が多いでしようか。看板は出てないところが多いですが、タ方以降になればキャツチが「一発いかがすか」と声をかけてくるのでギャル系とか清純派とか、好みを伝えて入店する形ですね。やっぱりこのヘンで遊ぶ一番のメリットは、そんな年端もいかないような子と、たったの1万円で本番ができてしまうところです。残念ながらゴムつきではありますが。
7、手コキだけのソフトサービスだけに、女の粒がかなリ揃ってる。
そんな彼女らが水着でシコってくれもうタマリません。水着のまんまでの顔面騎乗といったオプションもあり、そんな激しいことを自宅でやつちゃつたら手コキどころじゃ済まないような気もしますが、残念ながらボクの周囲にはフェラ以上に進む者はおリません。
8、埼玉・蕨には世にも珍しいクルド人売春婦が立っている

オレが住む埼玉県蕨市には20年ほど前からクルド人(トルコとイラクの国境付近にいる民族)が住み着くようになった。今ではそのあまりの多さに『ワラビスタン』と呼ばれるほどだ。(※スタン=〜の土地、の意)駅前やコンビニなどなど、街にはザ・中東系の風貌をした人間が溢れているが、ときどき公園で何か集会をしている以外は普通の暮らしをしてるみたいで、問題を起こすようなことはない。仕事の同僚たちと地元で飲んだ帰り、自転車を取りに駅前に向かう途中で妙な光景に出くわした。東口駅前の松屋。その正面に風貌からして明らかなクルド人女性が独りで立っている。それだけなら妙でもなんでもないのだが、彼女がこちらに向かって手招きをしてくるのだ。酔いも手伝い、引き寄せられるようにして近づく。
「オニイサン、遊びマセンカ」「え、アナタと?」「ハイ。セックスで」
これって立ちんぼだよな。まるで中国人や韓国人のそれと同じように、クルド人女性が誘ってくるなんて。ほんのり浅黒い肌にTシャツ、ロングスカート。年は30才ぐらいか。眉毛は太すぎるけどなかなか可愛らしい顔をしている。オレみたいなスケベ人間でもクルド人売春婦は初めてだ。ロシアでも南米でもなく、クルド人の立ちんぼなんて、日本全国見渡しても蕨ぐらいなんじゃないか? 
「1万で大丈夫デス」安い。ていうかクルド人ってイスラム教徒だよな。売春どころか見ず知らずの男とセックスすること自体ご法度だろうに、どんなプレイをしてくれるんだろうか…。近くのラブホに入り、ベッドに腰かけた彼女が会釈をしながら手を出してきた。
「ではおカネお願いします」「じゃあこれ。あの、クルドの人だよね?」「ハイ。国籍はトルコです。でも15年ココに住んでるから、ぜんぜんニホン人ですヨ」
笑っている。なんでも小さいころに両親に連れられて蕨に居ついたそうだ。
「学校とかは行けたの?」「イイエ。不法滞在なので」
マジか。彼女と同じように、このあたりのクルド人は不法滞在の連中ばかりらしい。学校には行かずに両親の仕事(工場勤めやトルコ料理屋など)を手伝うのだとか。大変だねぇ。とにかく未知のセックスを楽しむとしよう。服を脱ぎ始めた彼女につられるようにオレもすっぽんぽんになり、一緒にシャワーへ。おっぱいは小さい。乳輪は他の肌部分よりもうっすら白くなっている。こんな感じなんだ。シャワーでカラダをゴシゴシ洗ってもらいベッドへ。さて、失礼します…。キスしようとしたら、彼女が大きな声を出した。「ダメです!電気消して!」
恥ずかしいのかなんなのか、とにかく真っ暗でないとセックスはできないそうだ。めんどくさ。 言われたとおりにしてから覆い被さる。キスは唇をチュパチュパやるような、可愛らしいものだ。舌をねじこんでみれば、拒否はないものの、向こうから舌を絡めてはこない。そのまま乳首に移行して、手と口で愛撫する。反応はゼロだ。いや、妙な声を出している。
「ノンノンノン…」お経みたいにブツブツ、何を言ってるわけ?「キモチイイって言ってマス」
「それがクルド人のセックスなの?」「他の人知らない。でも友達からそう聞いたので」
なんだそりゃ。 手が彼女の脇に触れた。ワキ毛が生えてるみたいだ。濃くはないけど、細い毛がたくさんある。ではアソコはどうなってるのかな?毛を掻き分けて手マンしてみるが、普通に濡れたマンコって感じだ。「ノンノンノン…」
あ、キモチイイんだ。にしても、もうちょっと雰囲気ある声を出せないもんかね。彼女はチンコどころか、オレのカラダに触れないように、手の平を下に向けたままベッドに置いている。
「フェラしてくんない?」「それは本当ダメなんです」「オレが舐めるのは?」
「ゼッタイだめ。だめです」フェラとクンニだけは絶対に止めてくれとな。でもフェラっていう言葉は知ってるんだな。ゴムを付けて挿入してみればけっしてキツクもないマンコだった。あいかわらずノンノン言ってるのを尻目に発射!彼女によれば、その友達(同じ年齢)以外にも数人のクルド人が蕨駅周辺で不定期に立ちんぼをしているらしい。貴重な経験ではあるけど、そこまで楽しくはなかったかな。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内