★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_202001121658048fe.jpg2_20200112165805551.jpg3_20200112165807392.jpg4_202001121658089a3.jpg5_20200112165810ae7.jpg6_202001121658112f1.jpg7_20200112165813533.jpg8_20200112165814b03.jpg

庶民の女が金持ち男に憧れるならお嬢様は庶民の男に憧れるのか。お嬢さんには新鮮に違いない田舎もんの観光スポットや小汚い飲み屋をデートに連れて行ってみた。

男女の世界には、わざわざ文字にするまでもない当たり前の法則がある。
〝庶民の女は、金持ち男に憧れる〞
あえて例など出さなくても、周りにいくらだっているだろう。リッチマンが好きな女なんて。アホなキャバ嬢なんかもその類か。オレにすれば、こんな法則はどうだっていい。金持ちじゃないんだから知ってたってしょうがない。大事なのはその逆の法則である。
〝お嬢様は、庶民の男に憧れる〞
こちらは当たり前じゃないのでピンとこない人もいるだろう。現にお嬢様と金持ちのカップルも多いわけだし。でも、あると思いますよコレ。女ってのは、特に世間知らずの女ってのは、自分から遠い世界の男に憧れがちなんです。
『ローマの休日』のアン王女が恋したのは、たかが一介の新聞記者だった。一緒に市場を歩いたりバイクに乗ったりと、飾らないデートによって彼女は新鮮さを感じ、退屈を忘れさせてくれた新聞記者に惚れたのだ。もちろんフィクションだ。でもあの映画が好きな女が多いってことは、つまり「わかるわかる」ってこと。私も退屈な日々から逃れて、あんな庶民的で飾らない人にどこかへ連れてってほしいわ、と願ってるんです。
『マー君の休日』作戦、いざ!というわけで週末夜、スーツでキメたオレは、新宿のお見合いパーティにやってきた。世間知らずのお嬢様を探すためだ。会場はかなり混んでおり、女性陣は30人ほどいる。ひとまずルックスは脇に置き、お嬢さまっぽい子をチェック。
ジーンズやスニーカーは当然パスだ。望ましいのはワンピースで、髪は黒。一人で積極的に参加しているのではなく、友達と一緒にはにかんでるようなのがいい。あてはまるのは5人くらいか。回転寿司タイムではその5人のみに気合いを入れることにした。
候補1人目。
「あ、どうも」
「よろしくお願いします」
プロフカードに「趣味・フットサル」とあったのでスルーだ。そんなのお嬢様じゃない。
2人目。「趣味・お茶」はアリだが、大酒飲みらしいのでパス。
3人目は、住まいがいわゆる貧困エリアだったのでパス。
そんなこんなで4人目、ようやく希望に添った女の子が現れた。
名前はゆかり、24才。杉並の実家住まいで、お菓子作りが趣味という。
この子に決めた。顔は小倉優子っぽいロリ系だし、笑うときに口元に手をあてるのもお嬢様っぽくてよろしい!
しかしこういう子は他の男もほっとかない。勝負をかけるべきフリータイムで彼女に人気が集まってしまった。オレはパーティのプロだ。こういうときは彼女の友達のほうを籠絡するに限る。
「友達のゆかりちゃん、気に入っちゃったよ」
「しゃべらないんですか?」
「他に男いっぱいいるしね。それに、君とも友達になりたいし」
「はは、そうですね」友達のキャラはお嬢様タイプじゃない。この手のペアは【友達>ゆかり】の力関係のはずなので、こっちに好印象を与えておくほうが実は近道だったりするのである。
…案の定、ゆかりとカップルにはなれなかった。幸い、ゆかりたちペアもパートナーは見つかっていないので、得意の裏ワザ発動だ。
会場外で待ち伏せし、2人が出てきたところに声をかける。
「どうも、おつかれー」
「どうも〜」
反応したのは友達だ。あの作戦が奏功したか。
「3人でメシでもどうかな?」
「うーん、時間ないんで」
「そう、じゃあ連絡先だけでも」
友達がニヤっとした。
「ゆかりのこと、気に入ってたもんね」
「そうそう、そうなのよ。あははは」
頭をぼりぼり掻きながらケータイを取り出して2人をせっつくと、友達が笑った。
「え、私も?」
「うん、仲良くなろうよ」
これがプロの技です。ゆかりだけじゃなく友達も一緒くたにすることによって〝重さ〞をなくす。覚えておくといいでしょう。ゆかりも笑顔を見せた。
「赤外線わからないんです。どこから出てるの?」
「そこそこ、触ると危ないよ」
「ウソだー(笑)」
めでたくメアドを入手した。以上、これだけでも500円ぐらいの価値ある手口ですが、作戦はまだまだ序盤です。
当日からゆかりとのメール交換が始まった。
長期戦を覚悟し、最初はこっちの友人を交えて4人で遊ぼう的な誘いから入ったところ、予定を合わせるのが大変だからと、向こうのほうから2人でのデートを提案してきた。
しかし条件は
〈夜9時までには家に帰りたいです〉
だと。生粋のお嬢様なのかも知れん。まあしかし『マー君の休日』作戦からすれば、日中のほうがなにかと好都合だ。いろいろ動き回れるし。
翌週末、午後1時。オレはレンタルしたベスパで待ち合わせ場所へ向かった。バイクの二人乗りで、庶民の遊び場を案内する計画である。こちらに気付いた彼女は目をパチパチさせた。
「ほんとにバイクで来たんですね?」
「うん、はい、ヘルメットどうぞ」
「えー、じゃあ乗りますよ?」
「オッケー、落ちないようしがみついてね」
ゆかりの両手が、オレの腰をぎゅっと握った。出発進行!車をすり抜け、バイクは東京タワーを目指す。揺れで体がちょこちょこ触れあうのがなんとも心地よい。
「バイクって慣れてくるとけっこう楽しいでしょ?」
「そうですね。でも、ちょっと寒いですね」
たしかに寒いわな。なんせ2月なんだし。付き合いのいい子(押しに弱い子?)でよかったよかった。まもなく東京タワーに到着した。ゆかりが天をあおぐ
「すごーい、私こんな真下から見たの初めてです」
それが狙いだったのだ。東京タワーは田舎もんの観光スポット。杉並育ちのお嬢さんには新鮮に違いない。では次なる庶民アピールとして、買い食いをしてみよう。スペイン広場でのジェラートに匹敵するのは、やっぱあれか。よし、コンビニにひとっ走りだ。
「お待たせ。これ、ガリガリ君」
「あ、ありがとうございます」
「食べたことある?」
「ありますよ」
あるのか。残念だな。でもこうやって外で食べるのは新鮮でしょ。
「おいしい?」
「はい、でも寒いですね」
そうだ、忘れてた。アイスなんか食わせてる場合じゃなかった。こっそり尾行してるカメラマンのバイトちゃんも、遠くからバッテンマークを送ってきてるし。失敗を取り戻すため、次はベスパ
で花屋へ向かおう。このカマシは効くはずだ。映画のマネだけど。花屋、花屋と…、よし、あそこだ。
「ちょっと待っててね」バラの花束を買い、彼女に差し出す。
「えっ?」
「プレゼント」
「え?」
「何となくあげたくなって」
「えーーいきなりですかー!」
喜んでる。大成功!
お次は神社へ向かおう。なぜ神社か。もちろんあれをするためです。あらかじめ調べをつけておいた某神社のこま犬の前に立ち、オレは真剣な表情を浮かべてみせた。
「ここのコマ犬は、真実の犬というんだけどね」
「なんですか、それ」
「うそつきが口に手を入れると噛まれるんだよ」
「はは、どっか外国にありますよね」
知ってましたか。でも気にせず、犬の口に手に入れて…。
「痛い痛い痛い!」
スーツの袖が短くて、手首を隠すわけにはいかなかったが、どう、オレってひょうきん者?
んーー、なんか反応がイマイチだな。隠し撮りのバイトちゃんはあっちで腹を抱えてるけど。彼女の希望で小洒落た喫茶店に入ることになった。よっぽど寒かったみたいだ。
紅茶を飲みながら、ゆかりが笑う。
「バイクで出かけるのって楽しいですね」
「そう?よかった〜」
「よく2人乗りするんですか?」
「うん、まあ普段は男同士だけどね」
「へぇ」
こんな会話は、まあどうだっていい。オレとしては紅茶なんか飲んでないで、もっと楽しいとこへ連れて行きたいところだ。というわけで、急かすように喫茶店を出て、次はドンキへ。どうだ、このごちゃごちゃした店内は。どうだ、この値段は。三越や高島屋とは格が違うだろう。
「ドンキ初めて?」「ちゃんと入ったのは初めてかも。なんでもありますね」
「でしょ、でしょ」
おっ? あそこに電マがある。スイッチ入れてセクハラしたいけど、さすがに引くかな。あきらめとこう。続いて庶民の娯楽、パチンコ屋へ。雰囲気だけでも味合わせようと、ホールをふらっと歩いてみる。彼女がふと耳打ちしてきた。
「…あの人がパチプロですか?」
ある客がハンドルにカードを突っ込んで固定しているのを見て、そう思ったそうだ。可愛らしい! この瞬間、オレは恋に落ちた。
「試しにどれか打ってみれば? 当たるかもよ」
適当なスロット台に座らせて、コインを入れてやる。
「押してごらん」「順番に押せばいいんですよね。えい、えい、えい」
2分後、「7」が3つ揃った。何コレ?当たりなの?オレもよくわかんないんだけど。
「ゆかりちゃん、すごいよ。大当たりだよ!」
「ホントですか?すごーい、やったー」
台が鳴り止んだところで打ち止めし、4500円が手に入った。
「よかったね、お小遣いにすれば?」
「いいですいいです、もらってください」
いい子すぎ!惚れた!パチンコ屋を出ると、すでに夕方6時を回っていた。門限があるのであまり遅くなれないが、軽く一杯ぐらいは飲みたいところだ。うん、バイクはパーキングに停めっぱなしにして、グイッと行こうじゃないの。やってきたのは、新宿しょんべん横丁だ。小汚い飲み屋が軒を連ねる一角である。どうせならクセのありそうな店に入ったほうがいい。そこの焼き鳥屋にするか。
「いらっしゃい、おねーちゃん」
先客のおっちゃんたちが気安く声をかけてきた。こんなカワイイお嬢さん、珍しいんだろう。
「ゆかりちゃん、何飲む?」
「じゃあ、カンパリオレンジとかありますか?」
カンパリねえ。悪いけどそういうのはないんだよ。
「それはないね。ウーロンハイにしたら?」
「飲んだことないんですけど…」
「うん、まあウーロン茶みたいなもんだよ」
「じゃあそれで」
ひとくち飲んで、彼女はウンウンとうなずいた。
「私、これなら飲めますね」
「でしょ。じゃあ何か頼もうか」
2人でメニューを覗き込む。
「シロって何ですか?」
「ブタの内臓だよ」
「てっぽうって何ですか?」
「ブタの直腸だよ。こういう場末の焼鳥屋って、ブタの臓物が多いんだよね」
「へ〜、ぜんぜん知りませんでした」
焼き鳥の盛り合わせ、煮込み、マカロニサラダなどを注文し、二人して食してみる。こういうのは安くて下品だけど、味はイケるん…なんかあまり旨くないな。煮込みもしょっぱいし。
「どう?口に合う?」
「はい、おいしいですよ」
「ホントに?」
「はい。ツマミって感じで」
彼女、すごく気を遣っちゃう性格なのかもしれないな。でもここは言葉どおりに受け取っておこう。
「ゆかりちゃん、今日はいろいろありがとね」
「いえいえ、こちらこそ」
「どこが印象的だった?」
「うーん、バラの花ですかね。あと、この店も」
おふざけ半分の企画だったが、どうやらバッチリ成功したみたいだ。
ではその後の展開を報告しよう。メールは続いている。内容は、どこで何をしたかぐらいの他愛ないものだ。でも会えてはいない。彼女が忙しく時間が作れないのが理由だ。
一方ヒマだらけのオレは、次のデートは一転して、自由が丘のおしゃれレストランあたりでキメてやろうと、下見の真っ最中である。

関連記事

本日の人気動画情報

素人投稿・アダルトブログランキング内

イイオンナ、ヤリ放題。 推川ゆうり他シリーズ商品(:) 実力主義バイブ(:) SM-VIP 手枷足枷M字開脚ベルト アイマスク付他シリーズ商品(:)

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!

エロアニメも見放題U-NEXTアダルトがすごい!
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。