★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0042_20190119144304ab2_20191103123936855_202001121718484b7.jpg0043_20190119144305165_20191103123937c4f.jpg0044_2019011914430645e_20191103123939f32_20200112171924c6f.jpg0045_20190119144308203_20191103123940a47_20200112172006d28.jpg0046_20190119144309cc2_20191103123942f7c_20200112172128589.jpg0047_20190119144311be1_201911031239432ea_202001121721306b4.jpg0048_2019011914431259a_201911031239455ef_20200112172131529.jpg0049_201901191443146af_20191103123946897_202001121721330f0.jpgそして懲りずにもう一度試してみた

オレはブス専門ホテヘル『デッドボール』の風俗嬢と一緒に、二泊三日の旅行へ出かけた。「ブスは3日で慣れる」という言い伝えが本当なのかどうか調査するためだ。もし慣れるならば、今後の恋人作りにおいてもブスを排除しなくていいだろうという目論見だった。結果はてんでダメだった。3日経っても、ブスという認識になんら変化はなく、付き合ってもオーケーなんて気持ちはまったく湧いてこず。むしろブサ顔を見すぎて吐き気を催したほどだ。あれから4年、再度の調査を思い立ったのは、歳をとったことでオレ側の度量が増したはずだからだ。つまり、「ブスは3日で慣れる」は、ある程度の大人にこそ通用する格言なのかもしれない、と思ったわけだ。

検証方法は、前回と同じだ。二泊三日寝食を共にし、2日目までは慣れるために普通に過ごす。手出しはしない。そして3日目、ブスに慣れたかどうかを調べるため、肌で触
れ合ってみる。そこで愛情のあるセックスができれば「慣れた」とみなすという趣旨だ。すぐさまデッドボールの店長に電話をかけ、協力を打診した。
「じゃあ、アボットっていう女を派遣しますよ。歳は34。イイ感じだと思いますよ」
 イイ感じとは、もちろんパンチが効いてるってことだろう。アボットと言えば、生まれつきの右手欠損というハンディキャップを抱えたメジャーリーガー「ジム・アボット」を連想するが、まさか本人はサリドマイドなのか!?
 初日、夕方6時半。池袋の待ち合わせ場所でキョロキョロしていると、小太りでオッサン面で、前歯が何本かなく、赤いメガネをかけているという、冗談みたいなブサ女がやってきた。…まさか?「どうも。アボットです」
 この人かよ!欠損は右手ではなく、歯だったか。しかも残った歯も虫歯で黒ずんでおり、唇の両端にはカニのように白い泡がプクプク溜まっている。ちょっと恐いんだけど。
「…どんな女性かと思って緊張してたんですけど、なかなか個性的ですね」
「はははっ。企画は聞いてますんで素直にブスって言ってもらっていいですよ」
 人柄は良さそうだ。だからといって慣れるかどうかはわからんが。
「とりあえず、ホテルに荷物を置きましょうか」
「わかりました」
 池袋北口のビジネスホテルに入り、受付の女性スタッフに声をかける。
「今日明日、2人で連泊したいんですが?」
「大丈夫ですよ。えー、では、ダブルベッドのお部屋でよろしいでしょうか?」待て待て、ツインにしてほしいんだけど。カップル客だからと気を回してくれたのかもしれないが、ヤラないよ、とりあえず今夜はまだ。部屋に入り、アボットさんはベッドにごろんと横になった。
「気持ちいい〜。私、普段はお店で寝泊まりしてて、ちゃんと布団で寝てないんですよ」
「…家ないんですか?」
「一応アパートは借りてるんですけど、部屋がテレビに出れるくらい散らかってるんで」
ゴミ屋敷の主ってか。今回もぶっ飛んだブスを寄こしてくれたな、デッドボール! 大人になった今ならイケるかもと意気込んではみたが、こんな女性に3日で慣れるんだろうか?ひとまずメシを食いに出かけることにした。周りの人には、
「ずいぶんなブスを連れてんなぁ」という目で見られてそうだ。サンシャインまでやってきたところで、アボットさんが立ち止まった。
「ちょっと寄ってみません?何かイベントやってそうですよ」
「はぁ、そうですね」
まるで狙ったかのように『へんないきもの展』という看板が出ていた。アボットさん、オレを笑わせようとしているのか。しかし幸いというか、へんないきもの展はまだ始まっておらず、適当に館内をぶらついたあと、『ナンジャタウン』というアトラクションコーナーに入ることに。
「あれ、乗りましょうよ」
 アボットさんが選んだのは、2人乗りのいかにもなカップル用アトラクションだ。少し恥ずかしいなぁ。でも、暗いトンネルのコースを進むので他人の目は気にならないか。と思いきや、10 分後、アトラクションを終えたところで、ヘンな汗が流れた。出口に取り付けられた大きな液晶モニターに、オレたちの乗り物中の写真が映し出されていたのだ。他の客がマジマジ見ているし…。逃げるようにその場を離れ、餃子屋がずらっと並ぶフードコートに向かうと、アボットさんが『宇都宮みんみん』を指差した。
「みんみん、懐かしい。昔、宇都宮に住んでたことがあるんですよ」
「そうなんですか」
「でも問題があって居られなくなって、夜逃げみたいな感じで東京に逃げて来たんですよ」
 …何の告白だよ。まあこの風
貌、いろいろ抱えてそうだし、語りたいタイプなのかな? 愛情のあるセックスを目指すためには、じっくり話を聞いてやるのも大切かもな。サンシャインを出たあとは、彼女が行き付けだという大衆焼き肉店に向かった。ビールとサワーで乾杯する。
「では、乾杯」
「おつかれさまでーす」
 まだ初日だが、酒の力を借りれば意外と慣れるのでは。ぐびぐび飲もう。
「そのコリコリそろそろ焼けてますよ」
 焼き網の肉を直箸でつつくアボットさん。何かちょっとイヤだなぁ。やっぱ初日はシンドイか。
 とりあえず、さっきの続きを聞いてみよう。
「栃木から東京に来たのはいつなの?」
「2年前。で、デッドボールは誰でも入れるっていうから、働きだしたんですけど…。私、お客がいっぱいつくタイプじゃないんで」
 それはわかる。めちゃんこよくわかる。
「だから歌舞伎町にハイジアって売春エリアあるでしょ? あそこに立ったこともありますよ」
「マジで?」
「でも、初めて立ったその日に、警察に逮捕されたんですよ」
「すげー!」
 この運の悪さといい、ゴミ屋敷といい、つくづくパンチの効いた人だ。まだ一日目なので想像つかないが、こんなネーさんと愛情を持ったセックスなんてできるのかな。
 夜11時。ホテルに戻ってきた。そろそろ風呂に入って寝る準備をしよう。今日はまだ手は出さないので、ユニットバスに順番に入ることに。
「アボットさん、お先にどうぞ」
「じゃあ、お言葉に甘えて」
 シャワーの音が聞こえてきた。このシーン、普通なら「やっぱりオレも一緒に〜」となるところだろうが、そういう気持ちはまったく起きない。30分後、ガウン姿になったアボットさんが現れた。湯上がりでちょっと顔色が良くなっているが、やはり口元が残念だ。そもそも何で歯が無いんだよ。
「…聞きにくいんですけど、どうして歯が無いの?」
「あ、これはまぁ、歯医者に歯槽膿漏だから抜いたほうがイイって言われたんで。…一応、こういうのも持ってるんですよ」
カバンをごそごそやりだした。取り出したのはグロテスクな入れ歯だ。
「これ、6千円だったんですよ」
何だかねぇ。オレはベッドにごろんと横になると、そのまま壁のほうを向いて寝た。

二日目、朝。目を覚まし、隣のベッドに声をかけた。
「おはようございます」
ちょっと間があき、腫れぼったいブサ顔がこっちを見た。まだ、慣れはない。まずはシャワーを浴びて目を覚まそう。風呂場でバシャバシャやってから部屋に戻ると、アボットさんはすでに着替えていた。あれ? 昨日はスカートの下にタイツを履いてたのに…。
「今日はナマ足なんですね?」
「お天気がいいし、どっか行くだろうと思って」
 デート気分かよ!まあ単に部屋でゴロゴロしていても息がつまる。一緒に出かけたほうが慣れやすいだろう。朝飯を食べながら行き先を考えた。電車を乗り継ぎ40分。到着するや、アボットさんは大はしゃぎ。
「私、ブログやってて。この写真をアップしてもいいですか?」
「いいけど書き方を…」
「もちろん、触れませんから」
 それは助かる。冗談で「カレシとデート」なんて写真付きで載せられて、万が一、同級生なんかに見られた日にゃ大問題だし。田舎に帰れなくなるし。
「おみくじ引きましょうよ」
 女っぽいところもあるんやな、アボットさん。
「私、吉です。待ち人、現れるって書いてます」
「オレも吉だ。ってことは待ち人、現れるかぁ」
 …まさか、明日オレがこの人に慣れてそのまま付き合うみたいな展開を暗示しているのか。いずれにせよ今日はできるだけ彼女に慣れるよう努力しよう。お次は、デートスポットに行ってみるか。お台場はカップルで溢れていたが、アボットさんレベルのブスを連れた男はいなかった。バックに写真を撮り、観覧車方面へ歩いていく。すれ違うニーちゃんたちが好奇の視線を向けてくるのがいかんともしがたい。
…けど何かヘンだぞ。連中の視線が彼女の顔ではなく、ケツに向いてるし…げっ、スカートがめくれてるじゃん!いや、でもこれはチャンスかも。ちょっと放置して羞恥プレイをやってみよう。意外と性的な目で見れたりして? 「どうしたんですか? なんか私の服、ついてます?」アボットさんがさっと振り返り、歯無しの口でニコっと笑った。ぜんぜんソソらないよ。少しでも慣れやすくするため、観覧車に乗ることにした。2人を乗せたゴンドラがゆっくりと上がっていく。とりあえず故障で止まるのだけは勘弁してくださいね。
「アボットさん、レインボーブリッジがきれいに見えますよ」
「…あ、はい。でも私、高いところ苦手なんで」
 上昇するにつれ、アボットさんは大騒ぎだ。
「ちょっと、やだやだ。高所恐怖症なんで」

「じゃあ最初に言ってよ」
「今日で克服するためにチャレンジしてみたんですけど、…やっぱり無理、すみません、本気で体調が悪いです」
床に伏せ、ガタガタと震えだしてしまった。この状況、フツーなら抱きしめてキスだろう。とりあえず横に座って肩を抱き……。絶対無理だ。何だかオレも気分が悪くなってきたんだけど。そんなわけで観覧車を降りたあとはすっかり疲れ果て、軽く食事を取って帰ることになった。ホテルに帰ると、アボットさんはそのままスヤスヤ寝てしまった。何だかなぁ。いずれにせよ日付が変わって明日になったら3日目である。もしブスが三日で慣れるならば、明日の朝、オレはアボットさんに欲情し、フル勃起でセックスできることになる。現段階ではとても信じられない。この人に勃起するだなんて。今こうして寝顔を見ていても、下半身はピクリとも動かないし。翌日の朝がやってきた。ついに3日目だ。隣のベッドに、彼女の後頭部が見えた。「…おはようございます」
頭がぴくりと動き、ゆっくりこちらを向いてくる。さあどうなんだ!?パンパンにむくんだブス顔が現れた。…普通にツライんですけど。彼女が起き上がり、汚らしい分泌物がこびりついた口を開く。
「…おはようございます。見た目どうでしょうか?」「…いやぁ」
印象は昨日までと変わらずキツイ。あるいは、まだ脳みその感覚が更新されていないのか?
「でも、とりあえずセックスをしてみよか」隣のベッドに移り、ガウンをゆっくり脱がしてみた。ポリバケツを肌色に塗っただけみたいな印象の、何ら魅力のないデブボディの登場だ。「じゃあ、ちょっと胸を触らせてもらいます」
むにゅむにゅ。気持ちはまったく躍らない。するとアボットさんの手がすーっと伸びてきた。
「…私から攻めましょうか。一応風俗嬢だし。ちょっと前をはだけてもらっていいですか?」言われるがままにガウンのボタンを外す。彼女はチンコを触りながら、オレの顔に胸を押し付けてくる。「どうです?」「…うーん」
太ったオッサンに覆いかぶられてる気分だ。返答に困っていると、アボットさんの顔が下に向かっていった。「じゃあ舐めてみますか?」「えっ?」
待て待て、そんな口でフェラはマズイんじゃないの? ブスに慣れる慣れないの問題じゃなく、普通に病気のリスクが…。パンツが剥ぎ取られ、チンコが生暖かい感触に包まれた。やべぇ、くわえられちゃったよ。ご丁寧に唾液たっぷりでジュボジュボ舐めてくれてるよ。チンチン、大丈夫かな?何だかヤケクソになってきた。こうなりゃトコトン自分を追い込んでやろう。
「ねえねえ、パンツも脱いでもらえるかな?」「…あ、はい」
 全裸になったアボットさんのケツを引っ張りよせ、シックスナインの体勢に。目の前に、でかくて黒々とした、ナマコのようなヒダヒダが迫ってきた。
 ムリムリムリムリ! 
 セックスどころの話じゃない。心臓がバクバクするし、脳がコイツはヤバイと言ってるよ。もうさっさと結論づけよう。かろうじて残っている気力を振り絞り、ほとんど勃起してないチンコにコンドームをかぶせ、彼女をまたがらせる。
「じゃあ、この3日間の答を出しますね」
「…あ、はい」
ぐいっとケツをつきあげた。しかし小さなチンコは穴に到達しない。なのにアボットさんはヘンな声を出した。「はぁぁぁ〜」「…どうしたの?」「ついうっかり」
「いやいや、入ってないし。ぼく、慣れてないし、勃起してないし」
「でも、何だかいい感じなんで。3日間一緒にいたから、やっぱりドキドキもするし…」
あんた、オレに惚れたのかよ!というわけで、やっぱりブスは3日で慣れませんでした。4日だろうが100日だろうが、慣れるなんてことはないと思います。この先、オレがどれだけ大人になろうとも。

まずは報告ですが先月号の美人さんとは結局ダメでした。クリスマスデートの約束をしていたのに、当日になって急に連絡が取れなくなったんです。よもや裏モノを発売日の朝一に読まれてしまったのではと心配でなりません。というわけで、あけましておめでとうございます。恋人探しに悪戦苦闘する男セントウです。
新年のすがすがしい脳みそで考え、なぜオレには恋人ができないのか、根本的な問題に気づきました。選り好みしすぎなのだ。美人じゃなきゃイヤだと高望みしすぎだったのだ。
そりゃオレだって美人とつきあいたいし結婚したい。でもそれは叶わない。ならばどうすればいいのか。ブス好きになればいいだけのことだ。
ブスは3日で慣れる、とよく言われる。最初の2日はしんどくても、3日目以降は平気になってしまうと。これだ。恋人として大切なのは最初の2日間などではなく、それ以降の長い日々だ。飽きる美人よりも馴れたブスと付き合ったほうが、男にとっては幸せに決まってる!果たしてホントにブスは3日で慣れるのか。その確認のため、ブスと一緒に二泊三日の温泉旅行へ出かけることにした。もし慣れれば、そのまま付き合ってしまおうじゃないか。1月の週末昼。リュックサックを背負い、新宿駅の待ち合わせ場所に向かった。肝心の女性とは今日初めて会う。ブス専門ホテヘル「鶯谷デッドボール」の風俗嬢(29才)だ。相手には電話でこちらの意図をすでに伝えている。二泊三日で箱根の温泉に泊まり、2日目までは慣れるために普通に過ごす。手出しはしない。そして3日目、ブスに慣れたかどうかを調べるため、裸で触れ合ってみる。そこで愛情のあるセックスができれば、慣れたとみなす̶。そういう主旨だ。改札前でキョロキョロしてると、ドラム缶みたいな体の上に、牛ガエルみたいな顔を乗せた、とんでもないブサ女がやってきた。まさか…。
「仙頭さんですか? デッドボールの馬場です」
すげー! 超絶ブスだ!ギョロっとした目、タラコ唇、二重アゴ。ダウンタウンの番組で「アウトぉー!」と叫びまくる、藤原にそっくりじゃん。確かにブスをお願いしておいたけど、まさかここまでのレベルをよこしてくるとは。やってくれるな、デッドボール。こんなの3日で慣れんのか?
キオスクで弁当を買い、電車に乗り込む。2人がけシートに座ると、馬場さんのデカ尻が真ん中よりだいぶこっちまではみ出してきた。
「お弁当にしましょうか」
「そうですね」
「仙頭さんのおいしそう」
「そっちもいいじゃないですか」
弁当を一口食べるごとに、二重アゴがたっぷんたっぷん動いている。スターウォーズの怪獣みたいだ。馬場さん、アウト〜!
夕方、箱根湯本駅に到着した。
「そこのお土産屋さん、のぞいていいですか?」
馬場さん、企画の主旨も忘れてデート気分のようだ。土産物屋の客がチラチラこちらを見てる。とんでもないブスを温泉に連れてきたな、みたいな。恥ずかしい。マー君、アウト〜!
「何かほしいのありましたか?」
「この耳かきとかいいですね」
このシーン、普通だったら「じゃあオレが買ってあげる」というところだけど、一ミリもそんな気は起きない。アウト〜!これでスリーアウトチェンジ。もう帰りたいよ。旅館で受け付けをしてると、従業員のジイさんが意味深なことを言った。
「今日はお客さんたちしかお客がいないから、のんびり自由にやってくださいよ」
夜の営みのことだろうか。おいおい、変な想像してんじゃないよ。抱かないよ、とりあえず今日はまだ。とりあえず風呂でも入ろう。幸い混浴じゃなかったので、ようやく自分だけの時間だ。ふぅ、このまま男湯にこもり続けたいな。いや、でも湯上がりの女は2割増しで色っぽくなるし、あの人も若干マシになってるかも。なんて妄想は40分後に叩きつぶされた。浴衣姿になった馬場さんは、3割増しでブサかった。化粧が落ちたのだろう、いよいよ藤原そっくりである。まだ初日。ここは試練だと思って耐えるしかない。
夕飯でもやはり馬場さんはブサイクだった。揺れる二重アゴも、ときどきタラコ唇からヌルっと出てくるベロも、何もかもがキモイのなんの。
「仙頭さん、空いてますよ。ビールつぎましょうか」
「あ、ありがとう」
ブスに注がれたビールでも、味は普通だった。こりゃもう飲むしかねーな。オレはビール、馬場さんはカシススオレンジで杯を重ねた。酒が進むにつれ、彼女の目がギラギラし、鼻の穴が広がってくるのがわかる。キツイ。マジでキツイ。
そんなこんなで夜11時半。「そろそろ寝ましょうか」「そうですね」
オレはゴロンと横になると、壁のほうを向いて寝た。翌朝。目を覚まし、隣の布団に声をかけた。
「おはようございます」
ちょっと間があった後、馬場さんが布団から頭を出す。
「…あ、どうも…」
パンパンにむくんだブス顔が現れた。まだ2日目、やっぱりまだキツイ。今日も一日、ひたすらガマンを強いられそうだ。ただ単に部屋でゴロゴロしていても息がつまる。どこかへ出かけて気を紛らわすのが正解か。朝食を食べ終わってから旅館を出たオレたちは、とりあえず登山鉄道というのに乗ってみた。
「なんか、日本一の急勾配の路線なんですって」
「そうなんですか」
「写メとっておこうっと」
馬場さんは始終テンションが高く、窓に二重アゴをくっつけたりしている。登山鉄道の後はロープウェイに乗りつぎだ。今からデブが乗り込みますが落ちないでくださいね。
「あ、仙頭さん、富士山ですよ」「ほんとだ」
「きれいですね」
ブスと富士。滑稽なほどの取り合わせだ。噴火口のレストランで昼飯を食った後は、箱根彫刻の森美術館なるデートに最適な、すなわちブスとは絶対に行きたくない場所へと向かった。よくわからないオブジェ群と、一向に目に慣れてこない馬場さん。このままここに並べて陳列しておきたいものだ。
「あっ、足湯がありますよ。仙頭さん、入りましょうよ」
「はぁ、そうですね」
馬場さんが靴下をぬぎ、スカートをまくりあげ、じゃぶっと足をつけた。丸太のようなふくらはぎがおぞましい。旅館に戻り、夕食のあとで、館内のカラオケラウンジで時間をつぶすことにした。もう2日目の夜だから、彼女に慣れるチャンスもこれが最後だ。
「せっかくなので、一緒に歌いましょうよ」馬場さんが誘ってくる。流れてきたイントロは「愛が生まれた日」だった。この人、ホントに29才なんだろうか。
カラオケが終わって11時。夜が明けたら3日目である。つまり明日の朝になれば、オレは馬場さんにすっかり慣れ、がっつりセックスできることになる。
現段階ではとても信じられない。この人に慣れるだって? 今こうして布団を並べて横になっても、下半身はまったくうずかないというのに。
3日目の朝がやってきた。おそらくや今日という日は、オレの人生における分岐点になるはずだ。
「しゃあ!」
景気づけに声を出し、布団から這い出す。隣の布団をのぞきこむと、馬場さんのむくみまくった顔が見えた。…普通にキモいんですけど。もう3日目なんですけど。馬場さんが目を覚まし、どっこいしょと起きてきた。
「おはようございます。仙頭さん、どうですか?」
「…いや、そのぉ」
起きたばかりなので、脳味噌の感覚がまだ更新されてないのかもしれない。
「…とりあえず、セックスしてみましょうか」
「あ、はい」
ゆっくりと彼女の浴衣の帯をはずす。B100・W100・H100みたいなドラム缶ボディが現れた。
「じゃあ、とりあえず私から攻めましょうか」
馬場さんが乳首舐めを始めた。チロチロチロ。ナメ顔はまるっきりオッサンだ。
「どうですか?」
「いや、悪くはないんだけど」
ピンとこない顔を見て、彼女が舌を止める。
「私もパンツ脱いだほうがいいですよね」
「うーん、まあ、そうしてもらえますか」
真っ赤なパンツの下から、不気味なデルタゾーンが現れた。完全なアウトである。どうしたんだよ、慣れてる気配はいっこうにないぞ。
「それじゃ、失礼しま〜す」
彼女は、自ら積極的にシックスナインの体勢に。目の前に、得たいのしれない黒光りのヒダヒダが迫ってきた。
し、死ぬ! 肉につぶされる!
セックスどころの話じゃない。オレ、ぜんぜん慣れてないし。恐怖感だらけだし。でものんびりとはしてられない。チェックアウトの時間が迫っている。3割ほどしか勃ってないチンコにコンドームをかぶせ、馬場さんが上からおおいかぶさってきた。
が、何度入れようとしても、肉壁に拒まれて、小さなチンコは穴に到達しない。
「仙頭さん、どうですか?」
「どうって…」
「気持ちいい?」
「いや…入ってないし」
「あ、そうですか」
入ってるかどうかぐらい、わかってくれよ。ブスは3日で慣れるなんて、真っ赤なウソだ。慣れるのではなく、ただ〝見慣れる〞だけのことで、ブスという認識にはなんら変化がなかった。
今年も美人を狙います。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ