★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0229_20190114154316e81_20191102080949f29.jpg0230_20190114154317288_20191102080951549.jpg0231_20190114154319232_20191102080952033.jpg0232_20190114154320873_20191102080954312.jpg0233_201901141543221da_2019110208095542a.jpg0234_20190114154323aaa_20191102080957401.jpg0235_20190114154325165_20191102080958acc.jpg0063_20200219145415e04.jpg0068_202002191454156d6.jpg
メンヘラ美大生との出会いを求めて美大の文化祭へ
SnapCrab_NoName_2020-1-15_13-20-31_No-00.png

秋は大学の文化祭へナンパに出かけているのだが、未だ成功したことがない。なにせこちらは40過ぎのおっさんなので、「なんで来てんの?」的な視線を浴びまくりで、ロクすっぽ声すらかけることもできずに帰ってくることがザラだ。
今年こそは!

某美術大学の文化祭へやって来た。ツレのおっさん友達2人が適当に目星をつけた学校だ。3人でキャンパスをずんずん進んでいく。さすがは美大だけあり、ヘンテコな服を着ているコや、髪も眉毛もキンパツのコなど、奇抜な生徒が多い。 対してオッサン軍団はオレたちだけだ。連年どおり、浮いてる感がハンパない。
「おねーさんたち、おしゃれですね。写メりたいわぁ」
「…いや、すみません」
2回ほどしゃべりかけたところで、早くもテンションが下がってきた。やっぱりおっさんの声かけナンパって厳しいよな。ぐるぐる回るうち、生徒たちが描いた絵を展示している場所に来た。薄気味悪い作品がたくさん並んでいる。ヘビや蜘蛛が這い回る部屋に
横たわる死体。巨大な目玉、大量のアリにまとわりつかれている女。どんな神経でこんな絵を描いたのやら。
「さすが美大生やな」
「イカれてるとしか思えんな」
「間違いない。たぶんあれだよ、メンヘラーだよ」
あっけにとられていると、ふとあることに気づいた。一部の作品には、ツィッターのIDやメアドを載せたメモが置かれている。感想をちょうだいよという感じで。思わず3人で顔を見合わせた。
「ってことは、メンヘラーに連絡できるってことだよな」
「そうなるな」
「なるほど」
『メンヘラー=狙い目』は、ナンパの定説である。そしてメールならおっさんでもアプローチしやすい。チャンスだ。というわけで、目ぼしい生徒のメモを写メって帰ってくるや、個々に行動を開始した。まずはSNSから顔写真をチェックし、好みのコを探す。ブーちゃんを狙ってもしょうがないし。オレは5人に狙いを定め、適当に作った感想メールを送ってみた。
「突然、失礼します。山口と言います。文化祭の展示を見て、どうしても感想を伝えたくなってメールしました」社交辞令的なお礼の返事が3
人から来た。すぐにリターンを。
「こんにちは。山口です。お世辞だろと思われてるかもしれませんけど、絵を見た瞬間、本当にハッとしちゃったんですよ。よかったら解説を聞かせて」
それに対しての返事は1人しか来なかった。が、その1人とは普通にやりとりが始まった。
「画材とか買うのは、けっこうお金かかるでしょ? バイトとかやってるのかな?」
「バイトはやってたんですけど近、辞めました。。。」
「。。。って?いろいろあった感じ?」
数日やりとりした後は、自然な流れでメシのアポへ。いざ会ってみると、なんとすんなりお持ち帰りできてしまった。まさに「メンヘラー=狙い目」定説どおりの展開だ。
しかし、本当にガッツポーズだったのは、後日、ツレの2人から話を聞いたときだ。オレと同じような流れで、さくっと美大生のカラダをいただけたと言うではないか。来年の文化祭シーズンが楽しみだ。

おしゃれじゃなくファッションセンスの悪い女はナンパしやすく口説きやすい説
コートがチェック柄で、スカートが花柄だとか、セーターがボーダーで、パンツがチェックとか上も柄モノ、下も柄モノのガラガラ女はナンパ師たちのあいだで口説きやすい人種とされている。いとも簡単にオチる女だとレッテルが貼られているが実際にナンパしてみた。

よーく注意していないと気づかないかもしれないが、街中にはときどきオカシな服装の女が歩いている。コートがチェック柄で、スカートが花柄だとか、セーターがボーダーで、パンツがチェックとか。上も柄モノ、下も柄モノの、通称〝ガラガラ女〞だ。彼女らはナンパ師たちのあいだで、鉄板の最たる人種とされている。いとも簡単にオチる女だとレッテルが貼られているのだ。理屈はなんとなくわからないでもない。あのズレ具合はファッションセンスどうこう以前の、ネジが2〜3本ハズレた脳ミソの象徴である。だから、声をかけられて即セックスというデタラメな流れにも、なんら訝しがることなく応じるのではないか。「うーん。あー、なんか天気悪くなりそう」ではさっそく街へ。お昼、池袋駅を降りてフラフラ歩きつつ、目をキョロキョロと左右に動かしてガラガラ女を探す。サンシャイン通りのゲーセン前で最初のターゲットを発見した。謎のキャラクターが無数にプリントされた上着に、格子柄のパンツ。ついでにマフラーはボーダー。ガラガラガラ女だ。「どこ行くの?」「ん?」「あ、可愛い顔してるね」「誰?」「1人でメシ食うの寂しいから付き合ってくれないかなーって」「ああー。なるほど」
どうですか。普通のナンパでこんなにスムーズな言葉のやりとりはできないですよ。このフレンドリーさもガラガラ女の特徴かしら。
「お願い。オゴるし」「なるほどね」「行ってくれるってこと?」「うーん。あー、なんか天気悪くなりそう」天気? なぜに天気の話が出てくるの?「雨かなぁ」何をつぶやいてるんだ、こいつ。
なんだか怖くなってきた。リリースしよう。おっ、あれ行っとくか。緑色チェックのコートに赤チェックの短パン。チェック×チェックのミラクルコーディネートだ。
「ちょっとお話いいですか?」「……」「すごいタイプなんですよ」「……フフフ」手を口にあてて笑った。喜んでくれてるのかな。「タイプって言われてもワタシは別にってカンジですね」
「え?」「フフフ。また今度」また笑った。でも会話で生まれた笑いではなく、気味の悪い一人笑いだ。2人連続で無視こそされなかったけど、なんだか変な人たちだ。別の意味で手強そ〜。グチグチ言いながらも並んでドトールに

次にあらわれたのは、ボーダー柄のインナーにタータンチェック柄スカートだ。あちゃー、目立ってますなぁ。
「ストーップ! これから帰るとこ?」「……」「帰る前にメシ付き合ってよ」「……」「ダメ?」
諦めかけたそのとき、思いもよらない言葉が返ってきた。「ラジオ聴く?」…ラジオ? あまりに唐突な単語に言葉がでてこない。
「ラジオ聴かない?」「なんのラジオ?」「聴かないか」「いやいや、聴くよ。なんの番組?」「……いいや」すたすた歩き去ってしまった。まったくの謎だ。ヤツはイヤホンなどしてなかった。なのになぜラジオ? 会話が噛み合わないにもほどがあるよ。おおよそ想像がつくと思うが、ガラガラ女は総じてルックスが不味い。モテの経験がないから外見に興味を失い、だからいつまでもモテない。そんな悪循環だと思われる。しかしいたのだ、美形のガラガラ女が。益若つばさ似なのに、上がチェックで下がボーダー。なんでそーなるの!

「こんにちは」「ん? ビビったぁ」「何してんの?」「つーかお兄さん、仕事とか紹介してよ。マジ金欠だし」「仕事?」「マジで働きたいんだけどー。つーかクビになったしー」いきなり大丈夫かコイツ。フランクでありがたいけど。「まあまあ、コーヒーでも飲みながら話を聞かせてよ」「あー腹立ってきた。ふざけんなよー」驚くなかれ、彼女はグチグチ言いながらもオレと並んでドトールに入っていく。なにこのびっくり展開!「甘いの適当に頼んで」と言い残して席につく彼女。言いつけどおりオレンジジュースを運んで席につけば、益若ちゃんは眉間にシワを寄せて携帯とにらめっこしている。「仕事クビになったの?」「なんか紹介してくれんの?」「どんな仕事したいの?」「一回休んだだけでクビとかおかしくない? 労働基準監督署にメールしようかなぁ」
「難しい言葉知ってるね」「あー、あたしオレンジジュース嫌いなんだよねぇ」お見事。あっぱれ。沿道から拍手が聞こえてきそうなスルーっぷりだ。会話のキャッチボールって知らないのかな。
でもこの噛みあわなさ、逆にこのままホテルにそろーっと引っ張り込めるんじゃないかとすら思えてくる。よし、その作戦で行こう。「そろそろ出ようか」店を出て歩き出せば、当然のごとくついてきた。ラブホ街に向かっちゃおう。「おっ、ここ行ってみたいなぁ。よっしゃ」独りごとのようにつぶやきながらクイっと入口を抜け…。彼女は消えていた。なんだよアイツ!
日が暮れてきた。駅に向かって歩く人が増えるなか、信号待ちのガラガラ女を発見した。またもやチェック上下だ。

「こんにちは。すごいオシャレだねぇ」「え?」「いや、それどこで買ったの?」「地元ですけど」「いいね。良かったら少し一緒に歩いてもいい?」「ワタシいくつに見えます?」
急にそう来るか。まあ25ってとこでしょ。「違いますよ。27ですから」「もっと若く見えるね」「お父さん似だから」「どこ向かってるの?」「あなたは?」
「一杯だけ一緒に飲みに行こうかと思って」「彼氏にバレたら怒られるし。いくつだと思います?」「え? …同い年とかかな」「年下ですよ。ハハハ」長々と書いて申し訳ないとは思うが、ぜんぜん先に進まない会話ってこんなもんだ。にしても嫌がられてる感じはしないし、話に付きあってやればうまいこと仲良くなれそうな気がする。どうにか耐えて居酒屋に連れこみたいところだ。
「マジで少しだけ飲み行こ?」「お酒飲める顔に見えます?」「見えるよ」「えー。ショックー。見えないって言って欲しかったです」「で、どっちなの?」
「実家によらなきゃいけないんで」「いいじゃん。まだ夕方だしさ」「終電何時だと思います?」「…12時くらい?」「せいかーい」からかわれているんだろうか?もういい。付き合いきれん。

場所を変えようと新宿に向かう途中、駅のホームでガラガラを見つけた。キャラクター柄のパーカーにパッチワーク風のスカート。リュックは星柄。出ました、柄3連発!
「こんちは、派手ですね」「あ、ああ。ハハハ」つい失礼なことを言ってしまった。やべ。「すいません、イイ意味ですよ」「イイ意味ですか。よかった」
「仕事帰りとか?」「そう。会社で同僚とゴハン食べてたんです」「へえ〜。なに食べたんです?」「おばあちゃんの手作り弁当です。同僚と2人で分けあって」会話自体は噛み合っているが、内容がこれまた奇人ぶり全開だ。会社の同僚よ、そんな晩飯で良かったのか?なに? さっきの婆さんとは初対面?新宿にもガラガラはいた。チェック&花柄コーデ女子だ。
「ども! 近くでメシでも…」「だから魚釣りの途中だってば!」コワっ。携帯を一生懸命ピコピコさせてるのは魚釣りゲームの途中なのか? だからって言われても……。

もはやこのナンパはナンパではなく、頭のおかしい女に話しかける罰ゲームのようになってきた。疲れ果てたのでマクドナルドに入ろう。…ああ、また見つけてしまった。豹柄のコートに花柄ワンピースを合わせた女を。だが彼女はひとりではなかった。隣に座るおばあちゃんとなにやら真剣に話をしている。30分ほどして店を出たので後をつければ、その婆さんとは店の前で別れて一人で歩きだした。「お疲れです。ちょっと時間あったりしない?」「えー、なんで?」「飲んで帰りたい気分でさ。一緒に行きたいなぁって」「別にいいけどー。どこに行く?」おお! 軽ーくOKが出た。気
が変わらないうちにそこの居酒屋に入っちまおう。ところが彼女は、「ここはさっき入ったからイヤ」あれ、マックの前は居酒屋にいたんだ。じゃあ隣のお店にしましょう。

「食べたいもの注文していいよ」さっきまでマックにいたんだしそんなに頼まないだろう…と考えたオレが馬鹿だった。こいつはガラガラ女、そんな常識など通じるはずがない。女はウーロン茶とカラアゲ、サラダにソバ、他にツマミを5品頼んでむしゃむしゃ食いだした。「そういえばさっきオレが声かける前、お婆ちゃんといたでしょ?」「ああ、そうそう」「一緒に帰らなくて良かったの?」「ああ、うん。てゆーか初めて会った人だから」なに? さっきの婆さんとは初対面? しかもマックの前も一緒に居酒屋にいた? どういう関係なんだよ。謎すぎだよ。
「やっぱまたエンコーするしかないのかなぁ」「今日は何やってたの?」「えー。お金を返してくれる人を待ってたんだよね」「カネって? いくら?」「20万」
…なんかまたヘンな奴と出会ってしまったなぁ。その人と連絡がつかないとか言ってるし、大丈夫かよ。「そのお金、明日までに絶対必要なんだよね」「なんで?」

「ヤクザがらみで借りたものだからさ、明日返さないとヤバイの」「そいつと連絡とれなかったらどうするの?」「うーん。やっぱまたエンコーするしかないのかなぁ」やっぱまたって言いましたよ。へぇ、あなたはエンコー娘さんなのね。「オレに構わずその返してくれる人に電話してみなよ」「でもケータイ止まってるから」「じゃあそれ、なんでイジってるの?」
「ゲームだけど。充電なくなりそう。すいませーん、充電させてくださーい。」店員を呼びだして携帯を充電する女。何だ、こいつは。その後も「ああ、エンコーしなきゃ」「どうしよう」とつぶやきながらメシをたいらげている。「その人に電話するからケータイ貸してくれない?」「オレの?」イヤだなぁ。なんかややこしいところに番号が知られたら怖いし。断ったら彼女は店員を呼んで携
帯を借りた。そんなシステムあるんだ。小声の電話が終わった。「3万は返ってきそうなんだけど」「よかったじゃん」「足りない17万貸してくれない?」「はぁ!?なんでオレが?」
「明日絶対に返すから、ね」いとも簡単にオチるって話はどこへ行ったんだろう。攻め方を間違った? てか、他にどんな攻め方があるんだ?ナンパ師の方々、アドバイスを待ってます。狐につままれたような一日でした。

自己評価の低い女は変態プレイにも健気に応じる

出会い系を使う際に狙うべきは、やっぱりアポりやすくて、セフレにしやすく、さらにこちらの我がままに付き合ってくれる女でしょう。え、そんなこと初めからわかってたら苦労はないって? いやいや、わかる方法があるんですよ。長いこと出会い系で遊んできた私の経験則ではありますが、99%当たってますのでまあ聞いてください。
秘密は女のプロフの自己評価欄に隠されています。あそこには「かわいさ」「セクシー度」「おしゃれ度」「やさしさ」などだいたい8項目くらいありますが、各項目の★の数が極端に少ない女にロックオンするのです。理想は全項目の★の数がひとつしかないパターンです。こういう女はとにかく自分に自信がないので、ほめ言葉や励まし攻撃に弱いという特徴を持っていて、その姿勢さえ外さなければとんとん拍子に釣れちゃいます。
ちなみに、ルックスに関する項目では★が少なく、性格面の項目で★の多い女も時々いますが、こういうのは多少のポジティブさが残っているのでダメ。★が全項目ゼロになってる女や初期設定(全項目★3つ)のままになってる女も勝気な場合がほとんどなのでNGです。
あくまでも狙いは、自分の意思でどの項目も低評価にしている女。これを忘れないでください。
見事、そういう女とアポまでこぎ着けたらあとはもうやりたい放題です。アポ初日にセックスできるわ、気の向いたときに呼び出せるわ、さらに変態プレイにも健気に応じてくれるのだからこれほど都合のいい女もいません。なんせ何事にも自信がないからこちらの言いなりなんです。
すこし手間はかかるが、高確率でフェラ好きな女を見つけ出す方法を編み出したので、耳をかっぽじって聞いて欲しい。それは、自分の服装をコチラの好みに合わせてくれる女、だ。
どういうことか説明しよう。俺の狩場は、たいてい出会い系サイトのピュア板なのだが、メッセージを爆撃してやり取りが始まり、そろそろ会えそうな雰囲気になったとき、こんな質問をぶつけることにしている。
﹃普段はどんな格好することが多い?﹄女がパンツスタイルだと答えたら、﹃長めのスカートの女の子が好きなんだよね﹄と返し、スカートやワンピースが多いと答えたら、﹃下はパンツ系が好みなんだよな﹄と、本人の好みと逆のスタイルをあえて提案するのだ。
いざ最初のデートのとき、オレの好みの格好でやってきた女は、ほぼ100パーセントの確率で、フェラ率先女だ。この手の女は、男に喜んでもらうことで愛情を伝えるタイプなので、必然的にフェラも積極的なのである。また、出会い系に限らず、デートに際し、﹃どんな服がいい?﹄と自らリクエストを聞いてくる女もフェラ好き認定していい。覚えておこう。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内