0212_20190111112408584_20191101124543c02.jpg0213_20190111112409189_20191101124544a4f.jpg0214_201901111124115a7_2019110112454552f.jpg0215_20190111112412fe6_20191101124546f45.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
パッケージに『無添加』と書かれていても、裏の原材料欄にはワケの分からぬ添加物がテンコ盛り、というケースが少なくないのだ。中でも、特に顕著なのが、めんつゆやタレなどの調味料、ハム・ソーセージなどの保存可能な食肉、農産・水産のいわゆる「乾物」関係。いずれも、原材料欄には「蛋白加水分解物」「アナトー色素」「パースン」「キサンタンガム」「香辛料抽出物」など、聞き慣れない単語がズラリと並んでいる。なんだ、コリャ。無添加食品は《何も添加していない自然食品》のことじやないのか?これではまるで《添加物の多い無添加食品》を食わされてるようなものではないか。添加物が入っている食品が、なぜ「無添加」と表示されるのか。取制を進めていくうち、食品業界の裏事情が見えてきた。
まずは、食品メーカーに話を聞いてみよう。最初は焼肉のタレで有名なエバラ食品だ。お客様相談室に電話を入れると、すぐにオペーレータの男性が登場。俺は「エバラのタレを買った者なんですが」と前置きした上で、疑問を投げかけた。
「ソチラの製品には、【無添加】という表示がありながら、実際には添加物がずいぶん入っているものが多いですよね。なぜ無添加という表示をするんですか?」
「それは、国に認められていない『未承認添加物』は入っていませんという程度の意味なんですよ」
担当氏によれば、添加物には、承認添加物と未承認添加物、さらに食品添加物と化学添加物という、合計4種類があるという。「当社の場合、承認済みの食品添加物しか使用してませんので」つまり、承認添加物と食品添加物なら、どれだけ添加していても、無添加表示OKってわけか。それはオカシクありませんか?
「そんなことありませんよ。よその会社にも聞いてみてください。では失礼します」
取り付く島もなく、電話を切られてしまった。続いて、埼玉県内にある健康食品販売チェーンへ。無添加検査済み合格のマークが張られていた商品を購入し、店長氏に尋ねる。
「この中には、ずいぶん添加物が入ってますよね。だとしたら、無添加食品というのは、何を指すことばなんでしょうか?」
「組合の商品を販売担当してるだけなんで、成分とか聞かれても困りますね」
わからないって、実際に売ってるのはアンタたちだろ。少しは食わされる側の身にもなってくれよ。同じ質問を管理・管轄している『無添加食品販売協同組合』本部にもブツけてみた。すると、「添加物というのは、食品を製造する過程で、必要不可欠な重要な素材なんですよ。無添加で食品製造なんて、無理に決まってるじゃないですか」
担当氏の説明では、添加物なしでは、食品を形作ることはもちろん、まったく保存がきかなくなるため、商品にならないという。「では、なぜ【無添加】表示にこだわるんですか。どうしても必要なモノなら、【この食品には次の添加物が必要です】と正直に書けばいいじゃないですか」
「そういった意見は、国に言っていただきたいですね。添加しても無添加で通るんですから。まあ、無添加食品というのは、【安全な添加物のみ使用したと理解いただきたいですね」
国、国、国って、いったい消費者の健康をどう考えてるんだ?
食品表示問題を担当するのは、農林水産省と厚生労働省。まずは、前者に話を聞きにいってみよう。例によってノーアポ突撃だ。今年5月下旬、東京霞ケ関にある農水省の消費安全局表示企画課を訪問。担当者に突然の訪間の非礼を詫びた後、無添加表示について尋ねたところ、「会議を増やします」「どの成分が気になりますか?」
的を得ない。ばかりか、二言目には「厚生労働省に聞いた方が早い」って、これじゃタライ回しと同じじゃん。そんなわけで、厚労省の食品安全部基準審査課を訪ね、農水省でのやりとりを話す。
「…というわけなんですが、なぜ添加物が入った食品に【無添加】の表示が許されるんでしょう?」「実は我々も、それで頭を痛めてるんですよ」
担当氏によれば、消費者からも同様の問い合わせやクレームが多いらしい。
「例えば、合成着色料無添加と表示するのはいいんですが、あまりに【無添加】の部分を大きく表示する【特定強調表示】というらしいと、その表示で、全てが無添加といった印象を与えかねないんですよね」おっしゃるとおりで、国としては、無添加表示について、何か規制のようなものは設けていないんですか?「現在のところは、特にこれといったものはありません。我々厚労省をはじめ、各種専門機関で問題なしと認定された添加物については、裏の欄に全て記載すれば、【無添加表示】ができることになってます」エバラがいっていたとおりだ。どうやら、国に認定された添加物のみ使用した場合、食品に付けるキャッチフレーズの中身は、ほぽ食品会社の判断に任されているようだ。
「でも、添加してるのに無添加ってオカシクないですか?」
「オカシイんですよ。先日もシンポジウムがありまして、無添加表示は好ましくない、【●●不使用】といった表現に変更すべきという意見が大多数でした」
「じゃあなぜ、改善しようとしないんですか」
「もちろん、一つでも違反添加物が人っていれば、直ちに指導を入れますよですが、範囲内である場合は、表示の指導は厳しいのが現実ですね」
「なぜですか?」「すべてチェック出来ないからです。チエックには、莫大なコスト、人員が必要ですから、全チェックを義務化することには反対が多すぎるんですね」
結局、カネかよ…。俺は、肺に落ちない気分のまま、霞ケ関を後にした。
無添加食品の正体はわかったが、問題はその安全性。使用されている添加物は、体に害がないものばかりなのか?缶詰が有名なはごろもフーズに電話をかけ、添加物に詳しい専門家に聞いてみた。すいません、この『蛋白加水分解物』って何なんですか?「植物性、動物性の蛋白を分解して、いわゆる【アミノ酸】の形にした物ですね。食品に旨みやコクを出すもので天然・自然調味料といったところでしょうか」「ソレは食べても絶対に安全と言い切れるんでしょっか?」
「ん、天然の食品扱いですから、安全とは思いますけど・・」
「ところで、一口にアミノ酸といっても、いろいろ種類があるようですけど、具体的には、どんなアミノ酸でしょつか?」
「どんなと言われても…。おそらく、いろんな種類のアミノ酸が混じって、相乗効果でおいしくなると思うんですけど」
「安全性の試験はしっかり行ってるんですか?」
「い、いや、テストはしてません。安心な業者からしか原料を仕入れてませんから・・」
「その業者が安心というのは、どんな根拠ですか?」「・・」
もう十分か。俺は丁重に礼を言い、電話を切った。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

カテゴリ
タグ