★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0248_20190111110856ddb_2019090608074740c.jpg0249_201901111108560da_2019090608074852d.jpg0250_20190111110858232_201909060807504a7.jpg0251_2019011111085977e_20190906080751ef2.jpg0252_201901111109010c0_201909060807530c8.jpg0253_20190111110902b18_20190906080754764.jpg0254_201901111109048e6_20190906080756739.jpg0255_2019011111090556e_201909060807570d4.jpg0256_2019011111090735c_20190906080759bbd.jpg0257_20190111110908a23_20190906080800331.jpg0258_20190111110910539_2019090608080202b.jpg0259_201901111109116a7_2019090608080367d.jpg0260_20190111110913048_201909060808059f3.jpg0261_20190111110914d23_20190906080806232.jpg0262_20190111110916a78_20190906080808fc9.jpg0263_201901111109176d3_2019090608080934f.jpg0264_20190111110919b72_201909060808114c0.jpg0265_201901111109215f6_201909060808126ef.jpg
0067_202003180906144ed.jpg

「悩みを持った女」悩みを持っている女は誰かにその悩みを打ち明けたい。そこに現れた、やさしく傷を癒してくれる男。そんな男を演じてやれば女は黙って股を開く、はずである。
例えば、別れ話を相談していた相手と、最初はそんなつもりじゃなかったのについついやってしまった、なんて話は実によくあるケースだろう。
では、そんな悩みを抱えた女はどこに集まるのか。僕が導き出した答はズバリ、占い師の元である。占いを診てもらっている女は多かれ少なかれ何らかの悩みをもっている。叶わぬ恋か、職場のモメ事か。いずれにせよ、彼女らは一様に悩みを抱え、占い師のもとへと訪れた。
しかし、占い師に診てもらったところで、悩みは解決しない。女は肩を落とし家路に向かう。
そこに現れ声をかける。彼はその悩みをやさしく受け止め、彼女の閉ざされた心を開いていく。そして2人の間には剰那の愛が生まれ、ごく自然に体を合わせるのだ。
これを単なる妄想と思う輩は一生、女に不自由していればいい。思い込みと信念、そして行動。この条件を兼ね備えてこそ、愛は成就するのだ。
渋谷の街へ僕は降立った。銀座や新宿にも有名な占いのスポットはあるが、なじみの街で勝負したい。ちなみに、ここ渋谷にはファッションビル109の左を少し上がったプライムに何人かの有名な占い師がいるらしい。午後2時、占いスペースはまだ人影もまばら。たまにオバちゃんが診てもらっているようだが、そんなのは当然無視。ターゲットは20代もしくは10代のピチピチギャル(死語)だけである。

1時間ほど周囲をウロウロと見渡して見たが若い娘の現れる気配はない。とりあえずタ方までサ店で時問を潰し、時計の針が5時を回ったころに改めて出撃した。通勤帰りのOLが何人かグループで診てもらっている。さすがにグループに声はかけられん。単独で来ている女はいないだろうか。それからさらに30分が経過したころ、25才くらいのOL風の女がやって来た。よし、こいつなら十分射程圏内だ。占いが終わるのをじつと待つこと20分。女がゆっくりと上着をもって立ちあがりこちらに向かって歩いてきた。今だ。

「あのーすいません。実は私、カウンセラーの見習いをしている者なんですが、もし何か悩み事がありましたら話を聞かせていただけないでしょうか。お時間とらせませんから」

昨日寝る前に必死になって考えた大ウソである。これなら怪しまれない。と思ったのだが・・

「いえ、結構です」眉間にシワをよせたOL風の女が足早に僕の横をすり抜けていく。うーん。何かの勧誘か宗教とでも勘連いされたか。メゲることなく、それからポチポチと現れるOLっぽい女に同様のことばをかけていく。しかし、どいつもこいつも僕の話などまったく聞こうとはしてくれない。確かに渋谷という土地柄、キャッチセールスやアンケート調査員、果てはAVのスカウトマンまで声をかける人間が無数にいてそれを無視することなど造作ないが、ここまで反応が悪いとは・・
声のかけ方が少し堅苦しかったのだろうか。いきなりカウンセラーの見習いだとか言われても信じられるわけないしな。もっとフランクな雰囲気にしたほうがいいのかも。
そこで、声かけるタイミングを若干変えて挑戦。相手は診終わったばかりの20前半の女性である。

「あのー今、占い診てもらってました?」

「あの占い師の人って当たるんですかね」

「私はたまに診てもらってるけど、結構当たりますよ・・」

彼女、笑顔である。

「なるほど、そうなんですか。実は僕、カウンセリングの勉強している者なんですが、もし悩みとかあるようでしたらそれを聞かせていただけませんか」

唐突な甲し出だが、自然な応対が功を奏したか彼女の答はイエス。さっそく近くの喫茶店できくこととなった。名は和子。タレントの原千晶に似た中性的なルックスで、可愛いとは言い難い。

「私、岐阜県から出て来て1人暮らししているんですけど、どうもこっちの生活に馴染めなくて。実家に帰ろうかどうか悩んでるところなんです」

僕が考えていたような恋の悩みではないが、彼女なりに深刻なようだ。まいったな。いったいどんな答え方かすればいいんだろうか。

「さっきの占い師はどういってたの?」

「ええ、やっぱり『あなたは実家の水の方が合っているみたい』っていわれました」
「……」
いかん。雰囲気が重すぎる。こんなはずでは…。僕の話の持っていき方に問題があるのだろうか。相手にまったくセックスアピールを感じなかったせいもあり、結局僕は1時間くらい話して彼女と別れた。ちょっと話題が深刻だったかもしれない。しかも相手が相手だったし。やはり自分がこれはと思うような女じゃないと必死になって口説こうという気にならないのだ。
次の日のタ方、僕はパルコパートの地下にやって来た。ガイドブックによれば、ここも占いスポットらしい。向かい側がパルコブックセンターなのでヒマを潰すのにも適したポジションといえよう。

待つこと数十分、一見水商売風ともいえるギャルが診てもらっているのに気づく。あれなら昨日の撤を踏むこともないだろう。そのコが席を立つのを見計らって行動を開始した。

「すいませーん、ちょっといいですかー」「えっはっはい?」

もちろん文句の内容は昨日と同じだが、今回は相手が超軽そうな女なので、さらにスムーズにいえそうだ。

「いいんですか。私なんかで」

「とんでもない。僕の方こそいきなhすいません。まあ、カウンセリングと言っても雑談と思っていただいて結構ですから」

マリ、20才。大学生。顔は常盤貴子に似ており小悪魔的な印象はっきりいって、Aランクに属する美人だ。パルコ2階の喫茶店でケーキを食べながら談笑。彼女の悩みは、好きな人が自分に振り向いてくれない、という実にオーソドックスなものだった。これなら僕にも十分応えられそうだ。

「でも、マリちゃんの中ではもう答は出てるんじゃないの・・」

「そうなんですけど、やっぱりあきらめなきゃいけないと思ってます。さっきも占い師の人にそう言われました」

「僕も思い切って他の人を好きになった方がいいと思うよ」

「ん。…そうですね」

意外に淡々としている。もしかするとすでにふっ切れているのかもしれない。この後、買い物をしたいという彼女に付き合い109へ。道中は手を握りっぱなし。実にいいムードだ。コギャルで溢れかえる109の中で、マリは何軒も店をハンゴした後、ようやく欲しいモノを見つけた。2万円の白いハーフコート。必死になって買おうか迷っている。と、ここまではよかった。

だが、試着の後、彼女がこちらをじつと見つめているのがわかるや、僕は背肋が寒くなった。まさか、この女、僕にこのコートを買わせようとしているのでは…。いゃ、待て待て。2万円でこのコとHできたとしたら、それはそれで高い買い物じゃないかもしれん。しかし、空振りに終わることも十分考えられる。ここは思案のしどころだ。
この女、最初からタカるつもりだったのか僕は彼女を通路に呼び出し、腹の内を探った。

「なに…こんなとこに呼んで」

「あのコート欲しいの?ほしいよ。でも2万円持ってないもん」

「あのさ、買ってあげようか・あのコート」

「ええーマジで」

マリの顔が見る見るほころんでいく。やっぱり最初から買わそうとしていたのか。

「だけど、今晩付き合ってくれるんなら・・」と言った途端、マリの顔が豹変した。「何言ってるのーどういうこと」

「いや…だから、さ、」「エッチさせろってい、っこと?」
「っん、まあそういうことかな」

「何いってるのよ。親切な人だと思ったからここまで一緒に来たのに」

「いや、本当にごめんね…もし嫌じゃなかったらお詫びに晩ご飯おごるから」どうしてここまで下手に出なければいけないのか。

「ん、別にいいけど」「マリちゃんは何か食べたいものある?」

「お肉が好きだから、ステーキが食べたい。新宿に超オイシイお店があるからそこへ行こうよ」

なんて厚かましい女だとは思いつつも、こっちが言い出した手前後に引くこともできず、山の手線で新宿へ。が、マリは車中も携帯電話で友達とずっと話してやがるし、すでに僕の彼女への興味は99%薄れていた。

果たして、マリが連れて行った先は、僕を威嚇して余りある店構えのKというレストランだった。さすがの僕も切れた。

「冗談じゃないよ…こんな店入れるわけないじゃん」

こんな店でステーキなんか食おうものなら財布の中身が幾らあっても足りはしない。「なんでよ」再びふくれっ面をするマリ。しかし、もう僕を立ち止まらせる魅力などありはしない。回れ右をしてスタスタと雑踏の中を駅へ向かって歩いていったのだった。くそ、あの女。こっちが声をかけた時点から僕をカモと考え、徹底的にタカるつもりだったのだろう。なんて女なんだよ。
結果的に失敗に終わったが、きっかけ作りとしては間ちがっていないと思う。そこで、僕はその週の金曜、改めて渋谷に出かけてみることにした。週末なら若い層で賑わっているに違いない。が、期待に反し、占いスポットに単独の女性は少なかった。ほとんどが何人かのグループだ。まあ、焦っても仕方ない。まだ時問はあるし、じつくりと獲物を選ぶとしよう。

本屋で何度か立ち読みをしながら周辺をウロウロしていると、20才前後のコが占い師の前を行ったり来たりしている。よく見れば、新山千春にちょっと似た感じでまあまあイケる。ここは声をかけるしかないだろう。

「すいません。あの占いを診てもらうんですか」

「えっええ、まあ、そのつもりできたんですけど、なんか混んでるみたいなんで」

「あの自分、カウンセラーの事務所で働いてるものなんですが、よかったら話をきかせてもらえませんか」

「…あ、はい。いいんですか」

3回目ともなれば、手慣れたもので話もスムーズに進んでいく。が、これはあくまでもナンパではないという概念が女に働いているから。重要なのは、ここからこの女をいかにしてホテルに連れ込むかだ。

仕事が忙しくてなかなか学校に行けないんで悩んでるんですその女、久美は現在デザイン事務所に通いつつ、某大学の夜間に通っているのだという。

「それだったらどちらか一方を取るしかないよね。でも仕事してるんなら学校には行かなくてもいいんじゃない」「でも、もっと技術は磨きたいんですよ」
「じゃあ、仕事はとりあえずしばらく休んでみたら」

「そうですね」

この後、僕はさらに親身になって聞く振りをして、時たまいい加減なアドバイスを与えることにより久美への信頼度を徐々にアップ。喫茶店を出るころには、久美の顔にすっかり明るさを取り戻すことに成功した。しかし、ここで彼女を帰すわけには絶対にいかない。

「もしよかったら食事に行かないかな。美味しいパスタのお店知ってるんだけど」

「あっいいですね、私スパゲティ大好きなんですよ」

よし、これで何とかとか第2段階まで駒を進められる。久美の印象から判断しても先日のマリのようなことにはならないだう。公園通りのイタリアンレストランで安物のワインを飲むと、彼女はしだいに顔を赤らめ、饒舌になっていった。

「なんか彼氏ともあんまりうまく行ってないんですよー」

「じゃあさ、そんな彼氏と別れてオレと付き合いなよ」
とてもカウンセラーの発言とは思えないが、2人でボトル1本も開ければ、そんなことはどうでもよくなってしまう。すでに久美の呂律もかなりあやしい。

「すごい、酔ってきた」「一人暮らし、だよね?」「ん。そうだよ」

ならば当然門限など無いハズ。ここは一気に攻めても大丈夫だろう。幸いにも公園通りは代々木公園に近い。

「帰る前に少し酔いを醒ましていこうよ」僕らはNHK前から代々木公園へと歩いた。冷たい風が火照ったカラダに心地よい。

「なんか気持ちいいねー」完全にこちらのペース。10時過ぎの代々木公園には人影もほとんど無く、まさにやり放題だ。2人してベンチに腰かけ肩に手を回すと、久美は自然としなだれかかってきた。キスもまったく抵抗ナシ。意外と豊満なバストを優しくもみしだくと彼女の口から甘い吐息が漏れる。

「ホテル…行こうか」黙ってうなず久美をタクシーに乗せ、円山町のホテル街へ向か
う。2人は完全ラブラブモードだ。大半のホテルが「満室」のランプを灯すなか、何とか空き室を確保。ついに念願が吐っときがやって来た。

部屋に入るや否や熱いキスを交わし、ベッドに倒れ込む。服をすべて脱がせ、全身を丹念に愛撫。もちろん久美にもたっぷりとフェラチオを受ける。そして、完全にいきり立ったペニスを彼女の濡れた陰部に挿入、しようとした、そのときだ。

「やっぱりダメー」彼女が僕のカラダを思いっ切り引き離した。

「えっ」「やっぱ…彼氏に悪いから」床に散らばった下着と服をかき集める久美。しかもそれを装着するのがやたら早い。僕は彼女にどんな言葉を掛けようか、フルチンでただ迷っているだけである。

「あ…あの・・」昔に見たテレビドラマの場面が目の前で展開されているようだ。しかも早廻しで・・

わずか二分で着替え終わり「ごめんなさい」と部屋を出ていく。これが数十分前までいいムードだった2人なのだろうか。まったくァ然を通り越して笑いがこみ上げてくるような展開であった。

★占いを診てもらっている女は落ちやすい。果たして、この方程式は確立したのだろうか。
駅前でティッシュを配ってる女ってケッコー狙い目なんです。彼女たちって、契約の関係上、2日ほどすれば配布場所を移動してるんですね。例えば梅田で2日配ったら、次は京橋で2日、その次は…みたいに各地を転々とするんです。ちょっとした行商ですよ。だから、気になった女がいたらスグに声をかけた方がいい。油断してたらいなくなっちゃいますから。私のオススメとしては、行きと帰りだけでなく、何度かティッシュをもらうのがいいでしょう。
「なんども、すみません」と会釈するような仲になったら、少しだけ世間話をします。
「こんな時間までやってるの大変やね〜」
ホットの缶コーヒーでも渡して機嫌を取れば、警戒心を薄めることができるでしょう。ここまできたら、飯でも飲みでもガンガン誘っていきましょう。どうせ2日間しか同じ場所にいないので、断られて気まずくなることもないです。女の方も2日で場所が変わるので後腐れがない。だから連絡先くらいならホイホイ教えてくれるんです。実際、しがないオッサンの私でも1割くらいの女と連絡先を交換できてるんで、悪くない戦法だと思います。交換してからセックスに持ち込めたのは過去に1人だけですが、その女とはいまだにセフレ関係が続いております。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内