★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画単身赴任人妻の自宅押し掛けセックスエロ漫画
私、エッチは何回かしたことがあるんですが、イッたことがないんです…。だから今中さんにしてもらいたいなぁって思ってメールしました!あとフェラをしたことがないので、できれば教えてほしいなぁとか…。お願いします。「どうも始めまして」
「こんにちは」
1月下旬渋谷。のりかさんの印象は、ボ—イッシュでファッションはロリータ芸能人で言えば釈由美子似といった感じか。見た目からはM的な雰囲気がプンプン漂ってくる。
「フェラチオをしたことないんだってね」
「えぇ、はい…」
男性経験は2人。そんなものか…という感じもするが、「彼氏が『してくれ』とか言わないんですよ」なるほど。確かに自分から率先してやろうというものでもないしな。
「じやオチ〇チンをよく見たことないんじやない」
「あまりじっくりとはないですね」
さっそく2人でラブホへ移動。カットソ—を脱がせブラジャ—の上からCカップ大の小ぶりな胸を露出させる。乳輪はピンクがかったベ—ジュ色で、やや大きめ、若干突出している。おそらくまだ発展途上なのであろう。吸い付くと「あああ… 」と吐息が漏れる。チェックのミニスカ—卜をめくり上げるとパンティの色はグレ—。今ひとつ色気の無いところも若さゆえか、いや逆にこういう部分がそそるのである。「パンティを下ろしてお兄さんに見せてごらん」「えっ、こ、こうですか…」
スカートを捲り上げ、立ったままアソコだけ露出させる。陵辱しているようで実に素晴らしいシチュ
エーションですな。陰毛のはえ具合も多過ぎず、少な過ぎずちょうどいい具合である。陰毛の中に隠された秘部に触れると、ジワっとした湿り気が指先に伝わってくる。かなり濡れているようだ。
「濡れてるね…」
「そんなこと言っちゃ、やだよ……」それではこの辺で、フェラチオ講座と参ろう。社会の窓からペロっと愚息を出し前に近づける。マジマジとそれを見ていた彼女だが右手でかるくなぞった後おもむろにロに含んだ。
「んぐんぐ…ちゅばちゅば…」そうそう歯は立てちゃダメだからね。
「最初から全部ロに含んじゃダメなのね、まずは根元から舐めていかないと」「はぃ」
あくまでも素直に従うのりか。サオを右手に安定した姿勢で、カリ裏の筋に舌を這わせていく。
「玉の方もちゃんと舐めないとダメだよ」
「はぃ」
舌先を使って玉を舐めまくる。
「もっとアイスキャンディ—を舐めるみたいにやってごらん」
玉舐めと同時に右手、指先でカリをさわるように指示。「どぅぉぃしぃ?」
「はいおいしいです…」
徐々にの〇かの顔が恍惚の表情に変わってく。なんだかものすごくM的要素の強い娘だな。こりゃ言われるままに何でもやりそうだぞ。「そのままお尻の穴も舐めてごらん」「ははい…」
一瞬ためらいを見せたが、黙って菊門に舌を這わせるのりか。もうやりたい放題だ。
「初めてフェラした感想はどうだった」
「うーん、なんかちょっとHな気分になった、背中がぞくぞくする感じかな」ベッドに移動してパンティを脱がせると、アソコの部分はべっとりと愛液で濡れている。
「最近はHした?」「うん1週間前に」
じゃ欲求不満てわけでもなさそうだね。だが、のりか日く、今の彼氏のセックスはとても物足りなくて、あまり感じたこともないらしい。まあHがへ夕な男ってのは現実的にいますからね〜それは仕方ないでしょう。じゃ今日は目一杯気持ちよくなって帰ってもらいましょうかね。まずは手始めとして、熱いディープキスを交わしながらクリをいじる。「あああうう…」
やはり経験の少ない娘はクリが一番の性感帯と読んだ。クリを指で触ったまま、唇を耳、首筋、そしてうなじへと順番に這わせていく。クリの感度があまりにもいいのか、身悶える懇願するのりか。
「もう…お願い入れて…、お願い入れて」
「じや入れてあげるよ」ヌプッ…。すでにアソコは完全な湿地帯と化しており、肉棒はあてがっただけでスルリと膣奥へと吸い込まれた。
「あああぁぁぁぁ…き気持いい」
そのまま正常位でパンパンとピストン運動を続けると口元を歪ませ、シ—ツをつかむ。
「奥に入れても大丈夫?」
露出したアナルを愛液で濡らしながら指でコネコネとマッサ—ジ。
「いや…お尻はダメ…ああああ」
ふふふ、こうやって菊門を刺激しながらバックで突かれるのは気持いいでしよ。
「いやいや…そんなのは…恥ずかしいからダメ」
じや。こんなのはどうよ。と、挿入しつつも右手でクリトリスをいじる。
「ああああああああ…すごい気持いい…」
四つんばいのスタイルで挿入していたのに、快感で膝がガクツと折れ腹這いの状態に。それでもクリトリスを刺激し続ける。
「あああああああ、たまらないそんなところ…いやいや」「ここは気持いいのかい?」
「こんなの初めて、やだやだ…ダメ…ダメ…」「どうしたの、言ってごらん」
「ああああなんか、漏らしちゃう、なんかわからないけど漏らしそう…」
「いいよ、漏らしても。漏らしてごらん」
「いやこんなところじゃダメ」
あまりの気持ちよさに思わず何かを漏らしそうに・・・
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内