★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0062_201901081654183d1_20191030221908b83.jpg0063_20190108165419432_20191030221909092.jpg0064_20190108165421479_201910302219119fd.jpg0065_20190108165422ed7_201910302219127c6_20200202000419e4e.jpg0066_20190108165424b53_201910302219142b4.jpg0067_20190108165425b07_20191030221915a93_2020020200050029d.jpg0106_20190305133128bb4_20191030221917e9e.jpg0107_20190305133128d2d_20191030221918e37.jpgカルチャースクールの講師の先生を口説く

巧みな話術で様々な商品を買わせようと近づいてくる営業ウーマン。いわば客を食い物にして生きている女たちですがボクは客という立場から、逆に彼女らを口説いてます。主婦やビジネスマンを対象にした「心理カウンセリウング講師」の講座を開設する学校が増えています。多くは初回を無料体験にして客集めをし、最終的に全10回ほどのプランに申し込ませるという作戦。私も無料の初回講座を受けることにしました。私についた先生は室井佑月風の上品な43才の女性。ややキツメな話し方で、淡々と講座の説明(つまり営業)を始めました。右から左に聞き流したあとは、いよいよ実戦に移ります。
「じゃあ、Tさんについて色々と聞いていきますね」「はい」
 先生の質問に素直に答えたあとは、私が先生に質問をする番です。
「本当になんでも聞いていいんですか?」「どうぞ」
この講座、先生にも質問できるのが大きなメリット。彼女のプライベートな領域に徐々に踏み込んでいきいます。
「先生のお子さんはおいくつですか?」(結婚指輪をしていた)
「もう中学になるから手が離れたところです」
「旦那さんと旅行は行ってますか?」
「ううん、ぜんぜん。旦那は会社の役員をしていて土日もゴルフや接待でほとんどいないの」
 そうでなければ、こんな仕事を始めるわけがありません。
「先生はなんでこの仕事をしたんですか?」
「私ね、恋愛経験がほとんどなくて結婚したから他人のことがよくわからなくて。人のことが知りたい。それで始めたの」
「先生はなんで恋愛経験が浅いんですか?」
「ずっと同じ人を好きだったの。でもいまの旦那とたまたまいいタイミングで出会って。それから浮気も何もしてこなかった」
 先生は「自分は真面目だから」「ヘンなこと(浮気)はできないから」と、まるで自分に言い聞かせるように頻繁に口にします。
 これ、心の奥底ではそういう冒険をしてみたいと思っている証拠です。しかし、ここで「本当は浮気願望があるんですね」と言い切るのは素人。
「旦那さんの前に恋をしていた人は?」
「…初恋の人。学生時代の同級生。でも私はもう結婚しちゃったから会っても切ないだけなの」
 しばらくの沈黙のあと、先生が急に泣き出しました。もはや、カウンセリングの先生は彼女ではなく私になっています。
「ごめんね、なんだか素直にいろいろ聞いてくれるから、こっちも真面目に答えちゃった」
 カウンセリングの先生が精神的に安定しているということなどまずあり得なく、むしろ精神が不安定だからこそこうした分野に足を踏み入れるものなのです。
 あとはニコニコしながらこの講座よりも先生に興味をもったことを強調します。
「先生のこといろいろもっと教えてください」
「そうね。このあと時間ある? じゃあごはんでもいく?子供がいるから早く帰るけど」
 無料講座を終え、先生と居酒屋のカウンターに座りました。
「こうやってカウンセリングの教え子と食事にいくことってけっこうあるのよ」
「そうなんですね」
「でも、私は変なことはしないから」
「ヘンなこと」を意識しているのは彼女のほうです。でも、その日の私はある理由から強引に誘うことをセーブしました。
 腹が膨れ、店を出ることに。駅まで先生を送っていきます。
「Tさんはみんなと違って、ホテルに誘ったりしないんだね」
「なんでですか?」
「教え子の男の子と飲むとだいたいこういう時間にホテルに誘ってくるの。私を弱い女だからすぐに寝る女だと思ってるみたいで」
 そう、おそらく彼女は他の男から「弱い女」と見なされてホテルに誘われることが多いと思った私は、過去の男たちとの差別化を図るべく、あえて紳士的にふるまったのです。別れてわずか20分後にこんなLINEが届きました。
〈今日はおつかれさまでした、楽しかった! 次は昼間にゆっくり会いたいな〉
 もともと浮気願望がある先生が、本音を見せ始めました。
〈時間ができたら軽くお茶でもしましょう〉
 それから1週間後、一緒に遅めのランチを終えたところで先生が言います。「どこか個室の落ち着いたところでもっと話しませんか?」
「この時間だとホテルのデイユースが使えますよ」
 ホテルの部屋に入って唇を重ね、右手を股間に持って行くと、まるでこの瞬間を待っていたかのように彼女の股間はヌレヌレ。潜在的に欲求不満の悩みを抱えていた先生のイライラを見事解消してあげたのでした。

着付け教室にOLやコマダムが大挙、男性着付け師になればやりまくり!?
モテモテの職業という、憎々しいジャンルがある。ドッグトレーナーに陶芸家刺青の彫り師なんてのもいたっけか。いずれも敷居の高い専門職だが、昨年自分にも務まりそうなヤリチンワークを見つけた。“着物の着付け師“である。
昨今のお稽古ブームのお陰だろう。カルチャースクールの着付け教室に、OLやコマダムが大挙して押しかけ、ときに女子高の授業まで引っ張り出されるらしい。男性着付け師はさぞオイシイ思いをしているに違いない。むろん、講師となるには多少の勉強が必要で、オレの場合は、関西の『Y着物学院』で月2回の授業を半年間受講、後にコンサルタント協会で3級の資格を入手した。足袋の履き方や振袖・留袖.浴衣の着方、礼儀作法などの実技と、筆記試験で、経費は後のヤリまくり生活を考えれば安いもんだ。こうして着付け教室の専門講師になったオレだが、どうもおかしい。1カ月、2カ月とたっても誰1人として、誘ってこないのだ。男1対女30。しかも、オレは講師である。こんな最高のシチュエーションなのに、なぜ?そないにオレはブサイクか!
すっかりヘコみまくっていたある日、山園さん(仮名・38才)と飲みに行くことになった。受講時間の終わりには、毎回キャーキャー、ワイワイ、女共が取巻くほどのエロ先生である。一度、その脇を通りかかったら、祥の隙間からチラリとイチモツを見せ、爆笑を誘うという大技まで披露していた。生徒の奥さんたちと、ホテル街近辺で見かけたことも一度や二度じゃない。いい機会だ。ぜひ先生からモテモテの、コツを伝授してもらおう。
「イトウ君、この業界、男自体が稀やから大変やろっ」
「ええ、色々と。僕は、先生みたいな講師に憧れてるんですわ。どないしたら、モテモテ」
そこまで言ったとき太ももに妙な感触を覚えた。んっんんー
「イトウくん、アタシが全部教えてあげるわよ」
先生が耳元で曜きながら、中に舌先を入れてきたのはその直後のことだ。ノォォォォ
後で知ったことだが、この世界、バイセクシャルが珍しくないらしい。着付けの世界は女性のような繊細な感覚が必要とされ、自ずとその道に入る男性講師も多いという
にしても、オレはもう少しモテてもよかった。やはりこのイカツイ顔が生徒に敬遠されたのか。学校を辞めた今となっては、反省しても仕方のないことなのだが・・
人妻ナンバに最適なカルチャースクールは!?
人妻ナンバのシールは今やネットが主流だが、どっこいカルチャースクールを忘れちゃいけない。
料理に始まり、陶芸、アートクラフト、ダンス系…。教室数はそれこそ無数。そこに集う、ヒマな奥様もまた無数である。じゃあ、ドコに行けば一番食えるのか。ヤレるカルチャースクールベスト4を紹介
ヨガ教室
アプローチは。自分の体力も消耗するため、運動中にはとても声はかけられない。狙うは、講座終了後のティータイムだ。みな喉が乾いており、そのままカフエに流れることも珍しくない。昼間のワインでも飲ませりや話は早いが、正直、上級者向けだ。
ティーパーティー
こうした文句のため、普段は接点のない気取った人妻と知り合いになれる。トークに自信のある人に
は最適か。講座中はスコーンしか口にできず余計に腹が減るため、その後、イタメシなどの軽食へと誘いやすい。1人の奥様ばかりと話していると講師の機嫌を損ね英国の歴史背景や文化について長々とレクチャーされることにもなりかねない要注意
シルバーアクセサリー
生徒同士のコミュニケーションがかなり密な教室。アクセ好きの若い人妻が多く、若年層にはもってこいだろう。実際の授業では、シルバークレイという粘土状の材料を使うのだが、ここでは不器用な男を演じ、母性本能をくすぐろう。成形←焼き←磨き←焼きという行程を踏むため、豊富なトークタイムに、彼女たちの作品をさりげなく褒めておくのがHへの近道だろう。
パソコン教室
ヤフーや楽天などのオークションサイトでお買い物したい人妻で賑わっている。現在、Hヒット率が最も高いのがこの教室の特徴だ。チャットも知らない。メールもできない。興味はあれどもマシンをいじれない無知な奥様が学校のように机を並べて座っているのである。これ以上、脇の甘い夕ーゲットはいない。親密になるコツは、手っ取り早いのが、タグで入手できるDVDソフトや、音楽データの話を振ること。主婦は《無料》にめっぽう弱い。高校のクラスメイト感覚で仲良くなり《エサ》を与えたら、想像以上に展開は早い。

20190526183836.png

まずは陶芸スクールだ。

男性受講生は意外に少ない。初月まず基本的な粘土のこね方や道具の使い方から習った。教えてくれるのは、田中律子似の先生だ。男性が少ないからか僕の巧妙なジョークに笑顔が絶えない。ただし、迂閣に手を出しではならない。もし失敗し、そのこどが噂にでもなったら次の日から来れなくなるという事態も考えられる。こういった学校のような村社会の人間関係は特に慎重を要するのだ。

しばらくは観察しながら、おとなしく茶碗でも作ることにしよう。しかし夜は受講生と仲良くなれるチャンズはほとんどない。こちらは1週間に4回出ていても、相手は週1だったり、週2であったりとバラバラ。しかもあまり可愛い娘が見つからないのだ。一度ろくろを回しているとき、向こうから話もかけられたこともあったが、タイプじゃなかった。

そんななか唯一僕のハートを捕らえて離さない女性が現れた。というか最初から存在していた。そう、誰あろう講師の田中律子その人である。講師と生徒の関係とあって対象外と考えていたが、その可愛さは群を抜いている。毎日顔をあわせることだし、これは誘わない手はない。

なかなか2人きりになるチャンスが訪れないなか、受講時間少し前に彼女を見かけた。このチャンスを逃してたまるか。僕は急いで後を追う。

「こんちは田中さん・こんにちは」にっこりと微笑むとそのまま彼女の腕を引っ張って口ッカーの裏まで連れていく

「あのさ、今日って仕事は何時ごろ終わるの?」

いきなり直球勝負だ。

「おわってからお茶飲みに行こうよ」
「うん。でも10時すぎになっちゃうよ。」

「いいよ。じゃあ、口ーソンの前で待ってるから。」

かなり心臓が高鳴ったが、感触は悪くない。
その日の受講はほとんど上の空であった。ろくろを回していながら自然と田中律子ばがりを追ってしまう。こんな気分になるのはいつからだろう。カルチャースクールとはいえ、自分の講師を誘っといてたまらない興奮を覚える。ゆっくりと帰り支度を済ませた後、教室にほど近いローソン前で彼女を待つ。

季節はまだ4月の初旬。夜ともなればかなり冷える。果たして律子は来るのか。時計の針が10時10分を回ったころ。彼女が小走りでやって来た。早速、居酒屋に入るが、結論から言うと恋愛には発展しそうになかった。結婚前提の彼氏がいたのだ。
生徒だからむげにも出来なかったのだろう。いずらくなるのも困るからここはすんなりとあきらめよう。
陶芸教室に通う子たちはアーティスト趣向だと思われる。そして、そういう娘は当然ながらオシャレに関心がある。まあ中にはオシャレとは無関係みたいな娘もいたりするがファッション誌をチェックしたりするのが好きな娘が多い。
そんなある日のこと、たまたま帰り時間が一緒になったさやかと話をする機会にめぐまれた。25才というが、とても見えないロンドンに留学経験があるとうOLだ。
人見知りしない性格は実に好感がもてる。逆に25才にしては落ち着きがないともいえるか。近くのカフェでお茶するがとても盛り上がった。その後も学校で会うたびに話すようになったが、知らず知らずに彼女に対する思い入れが強くなっている。

思い切ってデートに誘ってみたが感触も悪くない、これはいけるんじゃないか、と思った矢先の居酒屋でどうも彼女の顔色が良くない。

「実は、またイギリスに行くことになっちゃった」という。
「5月で辞めちゃうんだ。せっかく仲良くなれたのに残念」

出会いのためにいろいろなアイデアでナンパを試みるみなさん

映画館の前で「コレー緒に観ない?」
今年2月の某日、映画の招待券がペアで当たったので、友人を誘って観に行こうと思った矢先のことだった。待ち合わせの劇場前に着いた途端、僕の携帯にラインが。

「今日行かれへん。急用ができてしもて・・」

ま、これで怒るのも大人気ない。どうせタダ券なんだし。と、あきらめて入場しようとした僕の目にあるフジテレビの三田アナ似のかわいいコが前をフラフラ通りすぎようとしていたのである。いつもなら、黙って見過こすところだが、このときばかりは少し勇気を振り絞って声をかけた。

「ねえ、映画観に行かへん?」ビックリした彼女

ムリもないが、僕はここぞとばかりに必死で口説きにかかる。

「映画観ようよ」「なんの…ですか?」

「コレなんやけど。タダ券あるし、単館上映でココしかやってないねん。もう次の回、始まってまうから」とかなんとか強引に連れ込んだ僕だったが、彼女がたまたま映画が好きだったこともあって予想以上に話が盛り上がり、最終的にはご飯まで行けてしまった。これは偶然なのだろうか。実はその後も2度ほど招待券を買って試してみると、いずれも館内への連れ込みには成功。さすがに即エッチとはならなかったものの、その後携帯を交換してデートの約束までは簡単に取り付けられた。この方法、案外使える、と僕は思う。

「茶飲みいかへん?」では平凡だが、映画なら意表を突いている上、非常にわかりや
すい。金はかからないし、行く場所は目の前にあるのだから「怪しいところに連れて行かれるのでは」との警戒心を持たれずに済む。チョイスは、楽しく劇場を出られるコメディがベストだろう。お涙頂戴モノはあまりすすめない。
リサイクルボードならヒマな主婦が食いついてくる
スーパーによくあるリサイクルボートを知ってますか。よく「仔猫もらって」とか「求む、自転車安価で」といったメッセージが貼ってある、客同士のための無料掲不板です。このボード、おおよそ想像もつくでしょうが、利用者のほとんどは女性、それもヒマな主婦。僕が目をつけた理由もそこで試しに、ディズニーランドのタダ券を「ー枚ー千円で売ります」と掲示すると、見事かかってきました。

内、主婦3人、女子中生、あとは大学生の男。私はその中の29才の主婦とコンタクトを取り、見事ゲットできました。もちろん、他の人は「もう売れちゃいました」カツト。ポイントはやはり、主婦がオッと注目するようなモノを掲示することでしょう。映画のチケットや遊園地の券などの金券類。逆に飲食類なんかは、毒でも入れてると思われてるのか、あまり反応はありませんでした。しかし、このナンパよほどヒマな時間と気長な性分じゃなきゃやってられません。しかも、会えればOKってわけじゃないですし。というわけで最近は、いろんな奥さんの掲示板に自らアクセスしている私。こちらのポイントはメッセージの字で性別や年齢を判断すること。ただ、相手の機嫌を取るため、余計なモノを買わなきゃならないのがやっかいなんですけとね。
自転車置き場で

今年4月下旬のある駐輪場のわきに停めていた車に乗り込もうとしたときのこと。派手なコギャル風の女がやたらウロウ口自転車を探し回っているのが目にとまった。置いてある自転車はごくわずか。自分のならスグにわかるハスなのに、どこか動きが怪しい。やがて、彼女はー台の自転車にまたがると、カギもあけずにペダルをこぎ始めるではないか。彼女か自転車ドロボーなのは明らか。ひとつ懲らしめてやるかと、私は声をかけてみた。

「ちょっと待てよ、オイ。その自転車、オレのなんだけど」もちろんデマカセである。だが、女の顔が一瞬、青冷めた表情になったのが、暗目のライトの下でも十分わかった。しかし、転んでもタダじゃ起きないのがこの手の女。すぐに「証拠あんの?」とつっかかってきた。わかった。警察行こ、力マをかけたその一言で、女は私にすべてを許してしまったのである。そもそも自転車トロボーなんて悪さをする女はコギャル風が多い。つまり、遊び慣れているから、ちょっと強引なナンパ法でも通用してしまうフシがある。ま、犯罪を見逃すよりはマシなのではと私は考えている。

出会いを求めてヨガ教室、料理教室スクール通いを始めてみた

深夜のテレビで、40才以上の独身男は、100人に1人しか結婚できないというデータが紹介されていた。
 40才まであと2年。本気にならなければ。
 前号でも宣言したように、会社帰りに習い事をすることにした。社会人がマトモな女性に出会おうと思えばスクールしかないというのがオレの結論だ。
 まずは下見から。
 月曜。ヨガ教室の見学に出向いた。ヨガといえば女の宝庫。出会いのチャンスは無限大と考えられる。
 ところが1時間ほど体験レッスンを受けてみたところ、授業中はもちろん、終了後も話しかけるチャンスなどまったくないことが判明した。みんな、さっさと着替えて帰ってしまうのだ。ヨガは消えた。
 火曜。ゴスペル教室。みんなでわいわい歌をうたうスクールで、これも女子率が高いことで知られている。
 しかし見学した教室はおばはんばかりで、どうにも触手が動かない。こりゃダメだ。
 水曜。料理教室。ここはいつも同じメンバーで授業を受けるのではなく、毎回ランダムに生徒が集うので、メンバーが固定されていない。つまり一回顔を合わせても、次にいつ会えるかわからないシステムだ。
 これはかえって好都合とも考えられる。軽率な行動をしても、いくらでもやり直しができるからだ。
 通うことに決めた。
 木曜。ギター教室。少しは自分も興味を持てるものも混ぜておこうと、ギターを選んでみた。幸い、生徒の1人に、瀬戸朝香っぽいサバサバした美形女性がいたので、ここも通うことに決定。
 日曜日。コミュニケーション教室。会話やマナーを学ぶ、ちょっと堅めのスクールだ。
 生徒の中に、20 代前半のカワイイ子がいたので、ここにも通うとしよう。
 以上、通学が確定したのは
「料理教室」
「ギター教室」
「コミュニケーション教室」
 となった。まだ数を増やしてもいいが、とりあえずはこの3つで動いてみよう。これで彼女ができないようなら、もう人生をあきらめる。本格的な授業は、日曜日のコミュニケーション教室からスタートした。生徒は10人ほどで、男女はおよそ半々。
オレの狙いは、時東あみに似た、あみちゃん(仮名)だ。
 授業は発声練習などのしょうもないもので、まったく関心がもてなかった。しかし他の生徒はマジメ一徹で、どもりの男性など真っ赤な顔であいうえおと唱えていた。あみちゃんもまた真剣だ。
 昼前に授業が終わったので、生徒全員で昼メシを食べに行くことになった。
「ぼくは会計士をしています。仕事上なにかとコミュニケーション能力が…」
「私はOLですが転職を考えていまして…」
 さすがにビジネスコミュニケーションを学ぶだけあって、みんなちゃんとした目的を持っている。女目当てで通ってるのはオレぐらいのもんだろう。
 肝心のあみちゃんは企業のOL23才で、通学の目的はよくわからなかった。
 昼メシ後は解散となり、みんなでぞろぞろ駅へ流れた。
 毎回こうだとすれば、あみちゃんになれなれしく話しかけるチャンスはほとんどないと思われる。あるとすれば、授業が始まる前ぐらいか。
 次回は、学校の最寄り駅で待ち伏せすることにしよう。
 水曜日、料理教室の第一回目の授業へ向かった。
 先にも触れたように、このスクールは毎回顔ぶれが変わるので、一期一会のチャンスをモノにしていかねばならない。料理しながら物色し、最後の試食タイムで話しかけることにしよう。
 今日の献立は夏野菜カレー。イメージ的には、さわやかな女性がたくさん学びにきてそうな気がする。
 仕事を終え、教室へ。広々したスペースのあちこちで40人ほどの生徒がうろついている。男女比はおよそ2対8。ここから5名ずつのグループに分かれて一緒に切ったり焼いたりする流れだ。パッと見ただけでもカワイイ子が10人はいる。確率的に誰か1人とは同じグループになるはずだ。
「では赤澤さんはこちらのグループで」
 強制的に連れて行かれたテーブルには、男ばかりが4人集まっていた。
えっと、これはひょっとして…。
「はい、みなさんで協力してくださいね」
 男5人でカレーを作れというのか! わいわい楽しく人参を切れというのか!
 馬鹿馬鹿しいにもほどがある。エプロンもつけずに、オレは教室を後にした。ふざけやがって。いくら授業料払ってると思ってんだ。
 ギター教室には仕事の都合で行けず、日曜日、2回目のコミュニケーション教室の日。
 早めに家を出たオレは、教室の最寄り駅で、あみちゃんがやってくるのを今か今かと待ちつづけた。遅刻したのか、いつまでたってもやってこない。あ、やっとやってきたぞ。うん、オレが目を着けただけあって、さすがにカワイイ。離れて後をつける。
 あみちゃんは遅れているくせにコンビニに入ってのんびり買い物をしている。のんきな子だ。コンビニから出てくるタイミングで、自分も遅刻したふうを装って声をかけた。
「あれ? 急がなくていいの?」
「はい。えっと…」
「赤澤です。同じクラスの」
「ああ、はいはい」
 一応は覚えていてくれたみたいだ。でもここはさらに印象づけておきたい。
「日曜なのにお互い大変やね」「そうですね」「休みの日は何してるの?」
「友達と食事とか映画とか。赤澤さんは?」
「オレはサーフィンやね」
嘘じゃない。数年前から少しかじっているのだ。たまにしか行かないけれど。趣味サーフィン。これは強いだろう。好印象だろう。
「へえ、私の男ともだちもサーフィンやってる人多いですよ」
強くなかったみたいだ。しかも男ともだちがたくさんいるなんて。彼氏とかもいたりするんだろうか。そのうち教室に着いてしまい、会話は終わった。とっかかりとしてはこれぐらいでいいだろう。あせってメアドだのラインだのの交換に走る必要はない。なにせこれから毎週顔を合わせるのだから、チャンスは何度でもあるのだ。ただ問題は、あみちゃんに彼氏がいるかもしれない点だが。

0063_201809062315586d2_201909162217387bd.jpg0064_20180906231559d5e_20190916221740473.jpg0065_201809062316015d9_2019091622174136a.jpg0066_2018090623160277b_201909162217435fa.jpg0086_20180917231721962.jpg 0087_20180917231722f69.jpg配膳バイト

配膳バイトを何度も繰り返している。理由は単純、時間も短く、給料も高い上、若い女の.との出会いがあるからだ。もともと配膳のバイトは、重いモノを運ぶコンサートスタッフなどとは違って、男女が共同で作業を行う。例えば、厨房で作ったフランス料理を、大広間にみんなで運ぶといった具合だ。そのため、両者の間には連帯感が生まれ、かつ仕事中も話しかけやすい。
料理教室合コン
私のような奥手で話べタという人間にうってつけのを演出してくれるのがココ、独身の男女が料理を習いながら婚活する、いわゆる料理教室合コンです。まず嬉しいのは、普通の婚活ハーティと違い、「料理を習う」という言い訳がたつため、男女ともに参加がしやすい点でしょう。教室は連日大盛況です。またイベントそのものも工夫が凝らされており、先生が司会進行役となリ、くじ引きで男女のぺアを作ってくれます。あとはお相手と2人で調理を行いながら、仲良くなっていけばいいと。なにせ共同作業なので、要らぬ会話をせずとも自然に場は盛り上がりますが、唯一の難点は、ペア以外の女性に接触しにくいこと。ブス、ブタ、バババの類に当たらっても、鞍替えはできませぬ。
皇居ラン
私もまた丸の内界隈で働くメンバーで皇居をマラソンするサークルに所属しておりまして、これが楽しいの何の。平日のタ方、仕事が終わった後、銭湯でジョギングスーツに着替えて、皇居付近に集合します。大体いっも20名近くはいるでしようか。
半分は若いOLさんです
準備運動が済んだら、お濠の回りを1時間ほど走り、再び銭湯に戻ってひとっ風呂あびて汗を流してから、居酒屋で飲み会を。その生ビールの何とウマイことよ。
会話が弾またカー・土ーレ戸・ソでしよつ。個人的に女性を口説きたい場合は、「今度、ウチの近くを一緒に走ろうよ」と誘えばョロシイ。残念ながらこのサークル、公式に会員は募集してないのですが、メソ。ハーのブログから参加を申し込めば、比較的フランクに迎え入れてくれます。レッツランニング!
自然な出会いを求めるならクッキング合コンもあり!
料理合コンというシステムはよくできている。このお店、平日は普通の和食料理店だが、週末の夜になると、クッキング合コンの会場へと早変わりする。マスターがテキパキと指南してくれるので、一
体感が生まれ花が咲く。
調理が終わると、気の合う女の子の近くに自然とに座れるはずだ。
ここはゴルフや占い、ターツ合コンなど様々なテーマで出会いの場を提供してくれることに加え、「週末に合コンをしたい」という急な依頼にも応えてくれるスピードセッティングがウリです。男子メンバーの得意ジャンルで攻めるのが吉でしょう。私が参加した中でも効果的だったのは、初心者でもOKというゴルフバー合コンです。
ゴルフの上手い女性なんてまず来ません。集まるのは、ゴルフをやってみたい、あるいはコースに出たことが少しある程度の子らなので、どうしても「教える教えられる」の関係になります。話術だけではどうにもならない私でも、なぜかメアドを交換できた。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。