★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0056_20190103105245c0a_201910271811216c5.jpg0057_2019010310524663a_20191027181123cdf.jpg0059_2019010314194348f_20191027181127902.jpg0060_2019010314194429b_2019102718112812c.jpg
ラブホや自宅に連れ込む技術
7_20191115232837672.jpg8_20191115232838f6f.jpg5_201911152328342ea.jpg6_2019111523283547c_20200115134531887.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
最初で最後のセックス
彼女に選ばせる
自ら部屋に入ったんだ、という意思を確認させる。不思議と一番高いのを選ぶ娘も少ないので、経済的にもお得だ。
エレベーターの中でキス
非日常感に酔ってる敵にトドメを刺すには、狭い空間でのキスが有効だ。ただし、差恥心の強い娘の場合は逆効果。手を握り続け、部屋までがつつかないように。
部屋で買う
節約しようと、ラブホヘの道中でコンビニなどに寄れば興ざめ必至。調子にのって、部屋の自販機でピンクローターを買うのもNGだ
セフレとして扱うとセフレにならない女
1年前の夏のある日曜日、昼間からチャットで遊んでいた中島氏は、女性ユーザーに片っ端から同じメッセージを送っていた。
〈暑いね〜〉
誰も引っかかりそうにないところ、たまたま1人からリターンが。
〈はい、クーラー壊れたから死にそうです〉
〈じゃあ、どっか行こうか〉
〈はい、行きましょう〉
嘘みたいな話だが、ほんとにわずかこれだけの会話でアポが成立した。トントン拍子なんてものではない。ちなみにこの会話で彼女が用いている「ですます調」は、セフレになってからの日常会話でも使われ続けた。そういうタイプの女なのである。車で最寄り駅へ迎えに行くと、すぐに彼女は「暑いですねえ」と助手席に乗り込んできた。
「初めて会ったのに車に乗ってくる女って、その日のうちにまず間違いなく落ちます。警戒心がなさすぎる」
中島氏の言葉どおり、しばらくあてのないドライブをしてから郊外のラブホヘ向かっても、寛子はなんら拒絶しなかった。ただ一言こう述べただけだ。「早くないですか?」
早漏の意ではない。展開が早すぎないかと問うたのだ。この時点ですでに彼女はズレていた。セックスするとはつまり恋人同士になることだ。出会った初日に関係を持つのはどうだろう。軽薄な風潮に毒されていた中島氏に、そんな古風な考えなど思いも及ばない。その週の平日、割り切った遊びと思い込んでいた彼に、女は無警戒なメールを送ってくる。
〈ご飯作ったので食べに来ませんか?〉
一人暮らしの部屋に遊びに来ないかと誘っているのだ。過去、そこまでプライベート意識の弛緩した女は、出会い系にもチャットにもいた試しがない。ここにきて中島氏はようやく気づく。ひょっとして恋人のつもりなのでは?図星だった。部屋に用意された揃いの茶碗、揃いのグラスは、セフレヘの対応ではない。
「こりや大変だぞと思いながらも、地雷化するタイプでもないから続けてみようかなと」
面白いのはこの寛子、中島氏の素性を何も聞いてこないそうだ。会社、年齢、挙句の果てには誕生日も聞かれぬまま、すでに出会って1年以上が経過している。
「ひょっとしたら名前も知らないんじゃないかなって思いますよ。呼ばれたことないですから」
出会った便利な女を手放す気にもなれぬ。休日は本命と遊び、平日の会社帰りにセフレ宅で食欲と性欲を満たす日々が始まった。土日は仕事だと信じ込ませ、〈いま会社からだよ・今日は忙しくて大変〉と嘘メールをたまに送る。そして二股の厄日クリスマスはこう乗り切った。
「中国に研修旅行に行かなきゃいけないんだよって。ただ携帯が圏外にならないと矛盾するから、国際電話も使えるようにしておくけど出られるかどうかわかんないって伝えておきました」普通の女なら気づくはず
である。恋人同士のはずなのにデートはいつも自室ばかり。生理でも必ずフェラチオで抜かされる。そしてご飯を食べたらさようなら。
「彼女がポロつと漏らしたことがあるんですよ・イヤがられるから束縛はしないんですって。たぶん元力しか誰かの影響なんでしょうけど」
ラブホテルに連れ込む正しい会話術
1、まず最初に知っておくべきは、世の中には我々男性が思っている以上に、ラブホテルにマイナスイメージを持っている女が多いということだ。いかにもセックス目的って感じがイヤ。自分が安く見られてる気がする。とまあ、いろいろ理由はあるみたいだが、見落としてならないのは、決してセックスそのものを拒否しているわけじゃないってことだ。つまりはラブホではない、もっとオシャレで高級な雰囲気のところであればOKなのである。具体的にいえば、シティホテルだ。ということは今後、狙った女すべてをシティホテルに誘えば、失敗の確率もグッと減ることになるわけだ。もっとも、ラブホテルより割高な点がネックだが、全国には格安料金でデイユース(日中での休憩利用)を設けているシティホテルは数多くある。下にデイユース有りの主なシティホテルを列挙した。今後の活動に役立ててもらえれば幸いだ。
2、「ホテル行こう」というストレートな誘いを断るコには他の名目で誘うのがよい、なんてのはそこらへんの雑誌を開けばどこでも書かれている話ですが、このラブホテルはまさにその「名目」がつくりやすいです。このラブホテルは全国各地にあって、店によってその設備は様々です。たとえば私が利用する福岡のココナッツは一階にバーが入っているので、「なんかさ、バーのあるラブホがあるんだって。バーだけでも覗いてかない?」なんて言いながら誘い込めるわけです。他の地域では無料でスイーツが食べられるところもあったりと、誘い込む名目づくりには困らないでしょう。またどこも外観は、まるでなんとかランドのようなジャングルみたいな雰囲気になっているので、ちょっと見に行くだけ行ってみようと誘うのもいいでしょう。
3、たとえば県境の峠道。あるいは町外れのうら寂れた国道沿い。そんな田舎道を車で走るとき、必ずといっていいほど目に付くのが、我々の心の憩い場、ラブホテルだ。それも1軒だけじゃない。現れては消え、また現れては消えを繰り返すのが、おそらく全国共通のパターンだろう。狙いをつけた女に一発ブチこみたいとき、わざとこういったラブホ街道を走るのもひとつの手である。むろん無言ではいけない。気まずい空気が流れてしまう。話の流れをあらかじめ決めておいたほうがいいだろう。
「この辺りはホント、ラブホテル多いよねぇ。あ、まただ。ほら反対側も」
まずはこんな台詞をしばらく続け、ラブホという単語を出すことがヤラシクない空気を作る。そして、「ラブホ行ったことある? おもしろい部屋とかあった?」
と、女にもラブホの思い出を語らせる。答えは「ない」でもかまわない。それまでシモの会話すらしてこなかった二人が、軽い雰囲気で過去のセクシャルな体験を語ったという事実だけでOKだ。ラブホ街道が便利なのは、話題が転じようとしても、また看板をきっかけにラブホ談議に持ち込めることだ。「あ、ホテルニューヨークだって。どこがニューヨークなんだよ」とかなんとか言いながら、とにかく話題をラブホ一色に染め上げる。そして唐突に、
「あれ、あそこ、なんか変わってるね。おもしろそう」
とハンドルを強引に切ってしまおう。
「えっ、何よ、どうしたの?」
「いいからいいから、ほら、ちょっと見ていこうよ」
駐車場に停めてしまえば、後はどうとでもなるものだ。
4、オレがナンパした女とこのプリクラ機で撮影するのには理由がある。機械がポーズを指定してくるので、自然にボディタッチができるからだ。これの「カップルコース」を選ぶと、撮影の前に機械音声でいろいろなポーズを指定してくる。
『背中合わせに立ってみて』
『今度は手をつないで撮ってみよう』
『ぎゅっとハグしてみて』
『次はチュー』
こんなカンジだ。つまり機械に言われたのだからしかたないと、手を繋いだり抱き合ったりできるわけだ。これを拒否する女とはさすがにヤレないので、以降の展開の目安になる。問題なく付き合ってくれる子は『次はチュー』のところでブチューっとやってしまうのがオレ流だ。そのまま手をつないで店を出てカラオケにでも入ればラクショーです。
ラブホのカガミ撮りのヌキどころはメタボおっさんの晴れ姿
カガミ撮りってのは、なんとしてでもハメた証を残したい男による、苦肉の策なわけです。太った中年おっさんにしてみれば、こんな若い娘とまぐわうチャンスなど後5年はないわけで、思い出のため自分込みでばっちり写しておきたいんですね。 私、こういうの好きです。若い男女ならば勝手にやってくれって感じですが、メタボ親父と若い子の組み合わせは実にオイシイ。 おっさんのほとばしる情熱、それに反比例して実はシラけてる女。関係性を想像するだけで、一枚の写真につき2回は白いタンパク質を放出できます。つまりこの記事だけで20回。さすがに夏バテ気味です。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内