0028_20181231202433452_201910261003284aa_20200120000253c8d.jpg0029_2018123120243580b_20191026100330d80.jpg0030_20181231202436e11_20191026100331dcd.jpg0031_20181231202438a3c_20191026100333b70.jpg0032_20181231202439754_201910261003348a0.jpg0033_20181231202441522_20191026100336368.jpg

【概略・全文は上記記事をお読みください】

毎回スケべなナンパリポートをお届けしている俺だが、プロフィールのとおり本職は不動産会社の営業マンだ。同僚や取引先は、まさか俺がこんなことをしてるなんて想像もしていないだろうが、程度の差はあれ、人間誰しも仕事とプライベートの顔は異なるはずだ。例えば、昼間は上品な顔をして仕事している女性がエッチのときになると乱れまくる、なんてのはよくある話。しかも、実はこのギャップこそが興奮の源だったりする。
いかにもイケイケな女がエッチのときスケべなのは当たり前。それより、普段はお高くとまってる女を乱れさせてこそ、真の悦びが得られるというものなのだ。じゃあ、その上品ですましている職業は何かと考えると、スチュワーデス、デパートのエレベーターガール等が思い浮かぶが、大企業の受付嬢というのもなかなか捨てがたい。実際、俺の取引先でも、大手の会社の大半はエントランスに制服を着た受付嬢を置いている。

不動産関係や急成長した若い会社等は派手系の美人、歴史あるメーカーなどは落ち着いた比較的地味な印象の受付、外資系は美人だが制服を着用していないのが特徴だ。と、会社によって微妙な違いはあるものの、そのルックス、ことば遣い、応対、清潔感は一様にレベルが高い。イメージとしては、もちろん高嶺の花だ。どうだろう。大企業の美人受付嬢。挑戦しがいのある相手ではなかろうか。いつも上品な笑顔で俺を迎えてくれる彼女らが、果たしてベッドでどう乱れるのか。ぜひこの目で見てみたいものだ。
取引先の受付嬢に手を出すと…現在、俺がおつき合いしている企業は大小合わせて約60社。うち受付嬢を置いているのは15社ほどだが、そのいずれもが有名企業、大企業で、仕事上のつながりは大きい。冷静に考えてみると、これは相当ヤバイんではないか。取引先の受付嬢に手を出した、なんてことがもし上にバレたら…。

俺自身どころか、会社の信用もガタ落ちである。へタすりゃクビいやあ、やはりここは取引先以外の会社を狙った方が賢明かもしれない。が、まるで面識のない会社にどうアプローチをかけるんだ。怪しまれるのは目に見えているし、受付嬢にも相手にされないに違いな
それに、俺はいつも出入りし、表の顔を知っている受付嬢を落としたいのだ。妥協は許されない。相当リスキーではあるが、ここは慎重に事を運び、何とか目的を達成したい。というわけで、まず俺がターゲットにしたのは、北区にある大手メーカーA。業界でも歴史のある有名企業の受付嬢だ(これ以上書くと、マジでシャレにならないのでご勘弁。もちろん写真もNG)。

この会社には週1、2回立ち寄るのだが、受付嬢は2人で回しているようだ。レベル的には両方とも、中の上といったところか。ルックスよりも清潔感、安心感を重視しているらしい。なんでこの会社の受付嬢をターゲットにしたのかというと、実は2人の受付の内の1人と時々、社外で出くわすのだ。俺が仕事中よく立ち寄る駅前の本屋があるのだが、そこで何度か彼女を見かけたことがある。おそらく近くに住んでいるか、電車を乗り換える駅なのだろう。お互い顔は知っているので、会った際に挨拶くらいはする。あくまでもその程度の間柄だ。

体型は小柄で、あえていうなら女優の松下由樹似。普段着姿もどちらかというと地味な方だ。正直、その礼儀正しい真面目な仕事ぶりからは、あまりエッチな姿は想像できない。しかし、今の俺にとって一番接点を作りやすいのが彼女であることは間違いない。何とか社外で声をかけ、アプローチする方法を考えよう。

今まで彼女を見かけたのは、いずれも午後6時すぎ。受付は残業もないだろうから、おそらく5時に仕事を終えるに違いない。となれば、例の本屋で6時ごろ張ってみるのが正解か。が、彼女がいつもそこに行くとは限らない。やはり、ここは確実に彼女と会うためにも、会社帰りを付けるのがよさそうだ。

4月頭、俺はA社にタ方のアポで訪間した。受付には彼女の姿がある。よし、今日決めてやるぞ。用件を済ませたのが5時20分ごろ。すでに受刊には誰の姿もない。会社の前で待つこと15分。予想どおり彼女がビルから出てきた。今日もグレーのパンツスーツ姿と地味目な服装だ。俺には気づく様子もなく、最寄りの駅へと向かう。

幸い彼女ひとりだ。先ほど俺が会社を訪れているのは相手も知っている。ここで出くわしても全然不目然じゃない。早目に動くか。

「あっ、さっきはどうも。今からお帰りですか」

地下鉄のホームで、今初めて気づいたふりをして声をかけた。

「ええ、そうなんです」

受付にいるときと同じ笑顔を作り、礼儀正しく答える彼女。やはり会社を出ても俺はあくまで取引先の人間、どうしてもきちんとした応対になるのだろう。俺は、彼女が迷惑な素振りができないのをいいことにそのままホームで話を続けた。

「そういえば、本屋さんで何回かあったことありますよね」

「そうですね。駅で乗りなんで、よくあそこに行くんです。河内さんは会社があのあたりなんですよね。さすがは受付嬢、来客者の社名だけでなく氏名まで覚えている。勝負は、駅に着くまでの約20分間だ。偶然に出くわす振りは何度も使える手じゃない。とりあえず会社の話題を中心にふってみる。と、そのうち彼女もうちとけてきたようで、口調が受付嬢のソレから大阪弁に変わった。

「河内さんはこれからまだお仕事あるんですよね」

願ってもない問いかけが彼女の口から出たのは、〇〇駅に着く手前だった。

「今日はもうお客さんのとこへは行かないんですよ。会社で資料の整理するだけ。ちょっとさぽってお茶でも飲んでから会社にもどろうと思ってるんですけど一緒に行きません?」

「ええ、いいですよ。どうせ家に帰ってご飯食べるだけですから」

第1段階突破ーさあここからがもっ一勝負だ。今まではナンパだと警戒されないよう名前すら聞いてなかったが、これからは親密な雰囲気作りが求められる。今日、最後までいくのは無理だとしてもなんとかタ食のアポぐらいは取り付けねば。これで晩飯0Kなら過去の経験から言って、ヤレたも同然だ。
喫茶店で俺はできるだけ聞き役にまわった。彼女は恵津子(当然仮名)。短大を出てA社に入り、ずっと受付をしているらしい。家族と同居で、社内恋愛だった彼氏とは半年前に別れたそうだ。なんて話はほんの触りで、会社の不満を話し出すと止まらなくなった。仕事が単調でつまらない、もう1人の受付嬢(1年先輩らしい)が口うるさい、彼氏が欲しいがまた社内で付きあうのはイヤだ等々、相当ストレスがたまっているようだ。結局1時間半ほど話して、8時過ぎに喫茶店を出た。

「なんか、グチばっかりでごめんなさい。なんか、今度会社に来られたとき恥ずかしいわ」

「そんなん、気にせんとって。それより近いうちに晩飯でも行かへん。来週やったらいつ空いてる?」こういう誘いはすぐ日を決めないといけない。

「火曜か水曜やったら大丈夫やと思うわ」「そしたら、火曜にしよ」

当日午後6時、恵津子は、いつもの普段着よりちょっと派手な短めのスカート姿で梅田の待ち合わせ場所に現れた。化粧もしっかりしている。とい、つことは、これは勝負服か。ヤレるー俺はそう確信した。当初は1軒目で食事、もう1軒飲んでからホテル、の予定だったが、最初に入った居酒屋で彼女は十分できあがってしまった。こうなりゃ一気に行くしかない。酔いに任せて誘ったら、果たして彼女はすんなり付いて来た。ストレスだけじゃなく欲求不満もたまっていたのだろう、恵津子はベッドで乱れに乱れた。最初こそ恥ずかしそうにしていたものの、正常位でハメていると

「お願い、後ろからして。バックが一番感じるの」

と自分でリクエストしてくる大胆さ。これだ、この普段の姿とは想像も付かない淫乱ぶりが見たかったのだ。注文に応えてバックから突きながら、前から手を回しクリトリスを刺激。ヌルヌルだ。

「あ、それイイーそれがイイー」俺が射精するまでに恵津子は2回イッた。ストレスも多少は解消されたようだ。が、俺に達成感があったかというと、これがそうでもない。予想外にあっけなくヤレたということ以上に、どうも狙う女性のタイプが違ったようなのだ。

これは恵津子をヤッて初めて気づいたのだが、そこそこのレベルの受付嬢なら誰でもいいわけじゃなく、俺の願望はもっと受付嬢然とした女性、つまり背が高く、美形タイプを落とすことにあったのだ。賛沢なようだが、とりあえず企画は続行だ。

関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。