★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0062_20190722070229c11_20190814170154950.jpg0074_2018122611562262a_20190814165933792.jpg0098_20180126122743e3c.jpg0104_20180126215939a1a.jpg0084_2018081209161141c.jpg
1、『ホスラブプロフ』のお水系はつぶやきチェックで仕留める
水商売(特にスナック)で働く女性の中にはファザコンというか、お父さんみたいな人が好きという連中が一定数いると思う。このスレッドはそんな彼女達があーだこーだと語ってる場所だ。オレはここでスナック嬢と絡み、
〈なんか性格の良さそうな子だね。お店行くから教えてよ〉と書き込んでいる。全員ではないが、掲載したラインのIDに連絡をくれ、お店の場所を教えてくれる子も多い。で、店に行って仲良くなって…ってなことは面倒だし金もかかるのでやらない。オレの作戦は、「閉店間際にアポ」だ。
 あらかじめラインでスナックの閉店時間を聞いておき、そのぐらいになったら近くで待機する。たとえば2時閉店ならば1時半ごろにこうメールを送る。
〈ちょっと遅いんだけどこれから行ってもいい? 実は近くにいてさ〉
 大半の子は『もうお店終わっちゃうんだよね』などと返してくる。そこでもう一つメールだ。
〈そうなのか…どうしよ、一杯だけでも飲みたいんだけどなぁ〉
女の子からすれば、この日はダメでも次回は店に呼べる客、と考えるのだろう。間違いなく店がハネてから飲みに行こうってな流れになる。一度なんか、ベロベロのスナック嬢と翌日昼までヤリまくったこともある。
2、『ホスラブプロフ』は、ホストやお水系、風俗嬢などに人気の有名掲示板『ホストラブ』のSNS版にあたる。当然、ユーザー層はホストラブと丸かぶりなので、俺のようなおっさんサラリーマンが登録したところで、つけいるスキはない。ここで女たちとヨロシクやれるのは、ホストのニーちゃんのみだ。と、思われるかもしれないが、実はそうでもない。使い方次第では我々一般人でもオイシイ思いができる。それも二通りあり、どちらもお水系をターゲットにしたものだ。第一の作戦は、まず、お水系の女を職業検索でピックアップし、次々と相手のページへ。そこで、〝つぶやき〞をチェックし、仕事の愚痴や精神の不調を訴えていればすかさずメールを送る。俺がよく使うのはこんな文面だ。
〈不幸のぶんだけ、ちゃんと幸せは来るよ。本当だよ。頑張れ〉
元がヤンキー気質のバカ女は、往々にしてこの手のくさい文章を好む。まんまと食いついてくれば、とにかく励ましをメインとしたやり取りを続けてアポ取りを目指し、ダメならさっさと次に行くまでだ。第二の作戦もまた、つぶやきチェックから始まる。狙うべきは、稼げない、金欠病など、金に困ってる内容だ。そういう連中にはストレートな爆撃メールを投下しまくる。〈俺と遊んでくれたら、お小遣いあげるよ〉とどのつまりはエンコーだが、これが意外と釣れたりするのだから侮れない。女の立場からすれば、素性の知れないサイトの男からの申し出だからこそ、応じる気になるのだろう。
3、風俗やキャバクラなど、夜の商売の女が集まる『ホスラブ』掲示板内のチャットコーナーだ。「雑談」「ホステスさん用」「フードルさん専用」などとテーマごとに部屋が設けられており、トーク相手を探すことができる。が、正直、活気はない。昼間はまず人がいないし、夜間でもパラパラくらいか。しかしオレは、深夜に「ちょっとH」部屋で
ひたすら女を待っている。次のようなメッセージを載せて。
『カカオトークかLINEでビデオチャットしませんか?』
この作戦、2時間ほど待てば一人は食い付いてくる。そして相手はまず100%風俗嬢だ。ストレスフルな仕事をしている人種だけに、寂しくて人恋しくなる女が多いのだろう。かくしてビデオチャットが繋がったら、まずは相手の話をゆっくり聞き、頃合いを見てから「おっぱい大きいよね」などと下ネタを振っていくのがパターンだ。
4、キャバ嬢や風俗嬢に絶大なる人気のネット掲示板「ホスラブ」の、小説投稿コーナーだ。会員登録した女のコたちがブログのような感じで自分のページを持ち、執筆に励んでいる。例えばこんなタイトルで。
『キャバ嬢3年生』
『ありがとうをアナタに…』
『チュウドク』
大半の作品は本人の体験を元に綴られていることが多いのだが、その内容は夜の仕事のストレス、ホストとの失恋、親の離婚など、自分の不幸話をダラダラ綴っているようなシロモノばかりだ。彼女ら作者の心境としては、ねえねえ、私って悲劇のヒロインでしょ? みたいな感じなん
だろう。そこでオレ、そんなキャバ嬢や風俗嬢の小説に感想を書くということをやっている。
「続きが楽しみです。応援しています」
「ひきこまれるように読んでしまいました!」
毎日執筆しているけど誰にも読まれていない作者を選んで応援してやる。と、1週間もすれば「いつもありがとう」とレスをくれるものだ。あとは頃合いを見て、感想欄に自分のラインIDを書き込み、直メに移行するのがいつものパターンだ。相手は、夜の商売で心を磨り減らせ、誰かに自分のことを聞いてもらいたいたい人間だ。会うまでに時間はかからない。
5、不幸話を持っている風俗嬢は口説きやすい説

風俗が好きでヘルスやソープによく行くが、不幸話を披露してくる女がたまにいる。「精神科通ってて」とか「レ〇プされたことがあって」とか。まあ言ってしまえば病んでいる連中だ。ある日、ふらっと入ったヘルスで女の子としゃべっていたときのことだ。
「うち、元カレの借金を肩代わりしてて…」「…そうなんだ。それは辛いね…」
ちょっとからかいたくなり、目頭を押さえて泣き真似をしてみた。
「偉いな、頑張って生きてるんだね」「…はい」
「うんうん。気持ちわかるよ」「…はい」「なんだかすごく同情するよ。ううっ」
おおげさに鼻をすすってみる。と、彼女の目元が光っている。
「…何かありがとうございます」
おやおや、心にガツンと響いちゃったか。ならばと肩をぎゅっと抱いてみる。
「自分でよければ、いくらでも話聞くよ。よかったらこの後ゴハンでも行かない?」
「…いや、でも、今日はちょっと…」
 ま、さすがにそうはうまくいかないか。しかしこの同情泣き、悪くないんじゃないかと思った。アフターに誘うネタとして使うんじゃなく、アフターに連れ出してからカマせば…。数日後、また別のヘルスに行ったところ、良さそうな女がついた。
「私、子供のころに親から虐待されてたんで…」「…そうなんだ」ちょっと間を置いてから切り出す。「実は自分、雑誌の記者をやっていて。今度、『風俗嬢たちの履歴書』という連載を始めようと思ってるんだけど」「はぁ…」
「キミはすごい人生を送ってきてるし、よかったら話を聞かせてもらえないかな?」
「じゃあ、まあ、はい」
上手くいったぞ!彼女の仕事が終わった後に駅前で待ち合わせた。
「話を聞く場所は、喫茶店とかだと隣に客がいてしゃべりにくいですよね」
もっともらしいことを言ってカラオケボックスへ。さっそく女に語ってもらいながら機をうかがう。
「母親が再婚してて。父親ってのは義理の親なんですけど」
「なるほど」「熱いおみそ汁を頭からかけられたことありますよ」
「そういうのって、ずっと覚えてるでしょ? 記憶にこびりついてるんじゃない?」
とりあえず煽りまくる。そして頃合いを見計らって目頭を押さえてみた。
「うんうん。すごい人生を歩んできたんだね」「…そうですかね?」
「そうだよ。何かキミの背負ってるものを想像すると泣けてくるよ」「……」
「キミは頑張って生きてると思う。本当にえらいよ」「…ありがとう…ございます」
彼女がすーっと顔を伏せた。肩が震えている。いい流れになってきたようだ。
「いろんな女の子に話を聞かせてもらったけど、取材中に泣いたのは初めてだよ」
「…そうですか」「つらいことを思い出させてごめんね」「…大丈夫…です」
ぐいっと抱き寄せて頭を撫でてやると、彼女も泣き始めた。
「いいよいいよ、泣いていいよ」「…すみません」「何だかキミが愛おしくなってきたよ」
ここまで心を開かせればもらったも同然だろう。その後、さらに話を聞きながら2人でたっぷり泣いた後(と言ってもオレはウソ泣きだが)、カラオケを出たところで切り出してみた。
「今日はありがとう。よかったらもう少し一緒にいようよ」
手を握ってラブホ街に向かって歩き出すと、女はすんなりついてきた。大成功。というわけで、このウソ泣き取材作戦、これまで6人にカマしてみた。うち3人はアフターに誘い出せなかったが、誘い出せた3人については全員セックスできている。

関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。