★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
aba1226_20191022151851c10.jpgaba1227_20191022151852d5a.jpgaba1228_20191022151854a4c.jpgaba1229_20191022151856ba7.jpgaba1230_20191022151858b0f.jpgaba1231_20191022151900a2a.jpgaba1232_201910221519018ad.jpgaba1233_20191022151903f56.jpg0154_20181110131503f44_20191022151848517.jpg0155_20181110131505134_201910221518493af.jpgナンパでもエッチでもお互いの距離が大切だ
人間同士が向かい合って話すときのお互いの「距離」は、人種とか文化圏によって違うらしいんですよね。 
シングルマザーはすぐにヤラせる。旦那がいなくて子持ち。なるほど、男日照りではありそうだ。おばちゃんならともかく、まだ三十路前後でシングルマザーになった女性は、 性欲の解消に苦労していることだろう。そんな彼女たちに優しい声を掛けてやれば、ほいほい付いてきても不思議じゃない。なかなか信用に足る説だ。
ますは真面目系の出会い系サイトヤフーパートナーを使ってみることにした。
お相手の検索機能が充実しており、子供の有無のチェック項目もあるので簡単にシングルマザーを見つけられるのだ。 試しに20代から30代で検索してみると、都内だけでも3人以上の該当者が現れた。彼女らにアプローチする前に、まずは自分のプロフィールを作成しなくては。こちらも同じくバッイチで子供はいない設定でいいか。プロフを作成したら、候補者たちに片っ端からメールを送っていく。
初めまして。プロフィールを見て、気になったのでメールしました。自分もバツイチです。3年前にとある事情で離婚しましたが、子供はいません。良かったら1度お話してみませんか? よろしくお願いします
1人から返信が届いた。
「メールありがとうございます。棚網さんもバツイチなんですね。私の場合は元夫のDVと借金が原因で離婚しました。なので暴力を振るう人なら難しいと思います。思い遣りがあって常識的な金銭感党がある方なら、ぜひお話してみたいです」
夫の暴力と借金で別れた女か。なんとなくヤンママっぼいイメージだ。名前はミナ。年齢は28オとある。写真がないので美醜はわからない。とりあえず返信だ。
「メールありがとうございます。僕も暴力は嫌いだしギャンブルはしません。楽しくお話できたらいいなと思ってます」返事はまもなく来た。
「私は元々物事を深く考えないというか、嫌なことはすぐに忘れられる性格なのが幸いして、日々を楽しく過ごしています。 私でよければお話してみたいです」
どうやらうまいこと信じてくれたようだ。それにしても食い付きがいい。やっぱ男日照りなのかな。
その後、数回のメールのやり取りを交し、翌週の金曜日に都内で食事することになった。
彼女には今年4オになったばかりの女の子の子供がいるとのことだが、実家で両親と供に暮らしているため、わりと自由に動き回れるらしい。
待ち合わせ当日の夜7時、目の前に現れた彼女は、黒髪のちょい地味女だった。これぐらいの方が蓋を開ければエロいなんてことは案外多い気もする。
「こんばんは。お腹空いてるでしょ?」
「はい、棚網さんもご飯まだですよね?どっか食べれるとこ行きましょう」
歩いて1分ほどの場所にある焼き鳥屋の前にさしかかったとき、
私焼き鳥好きです!と彼女が叫んだので、そこに入ることにした 。
ビールで乾杯しつつ、家庭事情を探っていく。
「ミナちゃん、娘さんいるんでしょ? 今日は親が見てくれてるの? 」
「うん。久しぶりの友達とご飯食ペに行くからって、お母さんにお願いしてきたから」
 一緒に暮らす彼女の母親は専業主婦なので、積極的に可愛い孫娘の面倒を見てくれるんだそうだ。とはいえ、酒を飲んでそのままホテルに泊まるなんてことはできないはず。終電の手前に帰してあげると仮定して逆算すれば、ホテルに誘える最終リミットは今から2時間後ぐらいだろうか。
とりあえずもう少し彼女のことを探りつつ、関係を温めていくことにしよう。
「メールに前の旦那さんと別れたのはDVのせいってきいてたけどそんなに酷かったの?」
「もう、めちゃくちゃでしたよ。お付き合いしてるときは全然そんなことなかったのに、結婚して子供が生まれてから、だんだん酷くなってきて。ちょっと口げんかになって負けそうになると顔をグーで殴ったり、背中蹴ったり 」
「本格的だね 」
「だから、もうバチンコやる人と、暴力ふるう人とは絶対に関わりたくないんですよ」
「大丈夫、俺も暴力嫌いだし、ギャンブルもやらないから」
「ならよかったー」
そんなんで本当にいいのかよ。ハードル低すぎないか。
「棚網さんはどうして離婚したんですか?」
「オレの場合は、色々と理由はあるんだけど、一番の原因は元嫁の浮気かな」
こちらに非がない理由のほうがいいだろうと、あらかじめ考えておいた答だ。
気付けば彼女も2杯目のビールに進み顔もうっすらと赤みがかっている。今が攻め時かもしれない。
「でも子供を引き取ってちゃんと育ててるなんてエラいよね」
「そりゃそうですよ。 子供可愛いですもん」
「やっぱり女の人は子供のことを可愛がれる人がいいよ。よかった、ミナちゃんが子供好きな人で」
目を見つめながら伝えると、 彼女ははにかみながら視線をビールに戻した。この雰囲気、悪くないぞ。ここで俺は一気にカタを付けるべくある作戦に出た。
「ねえ、前の旦那さんとはセックスレスにならなかったの?」
「ああ、なりましたよ。子供産んでからは私もそんな気分にならなかったし、相手もそんな感じで」
「そっか、俺も相手の浮気を疑うようになってから同じ感じになったんだけどさ、そういう関係がなくなると、なんかダメになってこない?」
「ああ、でもなんとなくわかります。相性みたいなのって重要ですよね」
「じゃ、俺と今日会ってみて、そういう関係になるのは嫌じゃない?」
「えー、だって付き合ってくれるかどうかもわからないし 」
一か八かの作戦だったが、このセリフが出たってことは、どうやらうまくいったようだ。
「俺はよかったら付き合って欲しいなって思ってるんだけど」
「ホントですか?でも私、子供いるんですよ?」
「そんなの関係ないよ。ちゃんと子供のこと可愛がれる人なら俺的には何の問題もないと思ってるよ」
「わかりました。フフ」
あらもうOKなの?
「よかった、じゃこれからもよろしくね」
「こちらこそ、よろしくお願いします」
そうと決まれば話は早い。 何も言わずにお会計を済ませ、外に出ることにした時間は9 時ジャスト。当初の予定より少し押しているが、まだホテルに行く時間は残ってる。
「もう少し一緒にいようよ。2 人でゆっくりできるとこ行かない?」
「えー、今から?」
「まだ時間大丈夫でしょ?  ほら、早いうちに身体の相性も確認しといた方がいいじゃん」
「相性悪かったら別れるの?J
「いやいや、 絶対相性悪くないから大丈夫だって」
「え」
と言いつつも、彼女はしっかりと俺の横について歩いてくる。 結局ラブホ街まで来てしまうと「そっちの方がいい」などとホテルのリクエストまで飛び出す始末だ。部屋に入ったと同時にキスをかましたが「 シャワー浴びないとイヤ 」との物言いが入ったので、彼女の意見を尊重することに。
先にシャワーを浴びてから彼女の脱衣姿を眺めていると、やはり子供を1人産んだからか、それなりの体が現れた。
「ちょっと、見過ぎじゃない 」
「あ、ゴメンゴメン、あんまりセクシーだったからついね」
振り向きざまに見た乳首の黒さも気になったが、そこまで神経質になるほどでもなかろう。
シャワーを浴び終をたミナにキスをしながらベッドに引っ張り込む。すでに大きな黒目の乳首はビンビン。股間もヌレヌレ状態だ。
「えー、 大丈夫かな。ホントに相性悪かったらどうするの?」
「大丈夫だって。もうなんとなく」
「えなんで?意味わかんないゴチャゴチャうるさいので、 おっぱいにしゃぶりつくと
「ああ とようやく色っぽい声が漏れてきた。
クンニにフェラあれやこれやと体位を変え濃厚なセックスは終わった。子持ちとは思わぬ締まりには感動すら党えたほどだ。しばしまどろんでいたとき、 彼女が携帯を見て大声を上げた。
「もう時間!帰らないと!」
そそくさと服を着てホテルを飛び出し、小走りで駅へ向かう。
「じゃ、また連絡するよ」
「うん、わたしも! またね」やっばリンングルマザーつて楽ちんかも。
子供の存在は負い目に感じてしまうものなんだろう。
続いて、出会いスポットの定番お見合いパーティに行ってみよう。パツイチ限定の会だ。
場内には30代を中心にした女性参加者が20人ほど集まっていた。見ただけでは誰が子持ちなのかわからないので、ひとまず最初のトークタイムで目星を付けることに。参加女性全員と一通り話した結果、プロフィールカードの子供有に0を付けていた女性は全部で3人。中でも29オの黒髪美人、田辺さんが趣味の映画や音楽の話で盛り上がった感じだ。
2回目のトークタイムで運良く彼女の席が空いていたので、すぐさま前の椅子を陣取る。
「よろしくお願いします」
「あ、 こちらこそよろしくです」
「あの、お子さんがいらっしゃるんですか?」
「はい、男の子がいるんですよ?」
その表情に、少し申し訳なさそうな影が見えた。やはり他の男との間にできた子供の存在は負い目に感じてしまうものなんだろう。
「でもお子さんがいるようには見えないですよね」
「えそうですか?」
「うん、全然見えない。1人で仕事もして家事も子育てもしてって感じだと大変でしょ 」
「そうですねー、でも家事よりも会社の仕事の方でいつもテンパっちゃってるから」
「ああ、そっちですか 」
彼女は現在、日中は子供を保育園に預けて自宅近くの会社で派遣の仕事を続けてるらしい。仕事が終わる夜六時に保育園に立ち寄り、子供をピックアップして帰宅する日々を送っているようだ。
「でも頑張ってるお母さんって素敵だと思うな。応援したくなりますよ。実は俺も小さいころ両親が離婚して、片親に育ててもらったから、なんとなく苦労はわかりますよ。いまは親に感謝してます」
「そうなんですね」
優しい笑顔でコチラを見つめ返してくる彼女。子持ち女に理解を示す男(すべて嘘だけど )は、さぞ大らかな人柄に映ることだろう。
2分間のフリートークタイムが終わり、見事、田辺さんとカップル成立した。おそらく他の男性参加者たちは、子供付きだと知って敬遠したんだな。パカだな、もったいないことして。
バーティ会場を出て、田辺さんと合流した。 時間は夕方の5時。休日とはいえ、彼女に子供がいるだけに予定が見えない
「今日はまだ時間ある? もし大丈夫なら少しお茶でも飲みませんか?」
「こめんなさい。 子供実家に預けてるから、そろそろ帰らないといけなくて」
いくらシングルマザーが男日照りだと言っても、さすがにパーティを出た直後に酒を飲んだりホテルに行ったりはできないか。
今日のところは諦め、理解ある男を演じることにしよう。連絡先を交換して彼女を駅まで見送った。
「今日はありがとうございました。少しの時間でしたけど楽しかったです。また近々、食事にでも行きましょう」
帰宅後、お礼のメールを送ったところ、すぐに彼女から返信が届した。
「こちらこそありがとうございま した。すごく楽しかったです。また誘ってください。楽しみにしてます。じゃあ、お休みなさい」
シンブルな文面だが、かなり前向きな気持ちが現れている。作戦は上手く運んでるようだ。
それから1週間、ほぼ毎日のように彼女とメールのやり取りを繰り返し、ようやく光明が。
「こんばんは。今週の日曜日なんだけど、O O( 子供の名前 )を実家で見てくれることになったよ。夜まで見てくれるから、お昼とかもし予定大丈夫なら会いたいな」
日曜日のお昼過ぎ、待ち合わせ場所のターミナル駅に彼女は現れた 。
「どうも、久しぶりだね」
「久しぶりです! すこい寒いですね!」
人懐っこい笑顔で無邪気に駆け寄ってくる彼女の姿は、とても子持ちの母親とは思えないほど可愛い。なかなか会えないし、なんとか今日のうちに結果を残したい。ひとまずランチを食べようと、近くのイタリアンに入り、世間話をしながらパスタをほおばる。メールではなかなか聞けなかった内容に突っ込んでみよう。
「いきなり突っ込んだ話だけどさ、子供のお父さんとはど うして離婚しちゃったの?」
「うーん、OO( 子供の名前 )が生まれてから、突然いなくなっちゃったの」
「え?」
彼女の話はこうだ。海が好きな彼女は、大学を卒業と同時に沖縄に移住し、パイトをしながらスキューパなどのマリンスポーツを楽しむ日々を送っていた。そこで子供の父親となる男性に出会い、お付き合いを始めてすぐに妊娠が発党。結婚を決めて地元の東京に戻ってきたが、子供を出産した直後に彼が行方をくらましてしまったという。
「本当にいきなり消えちゃったんだ」
「そう。本当にある日、突然いなくなっちゃった。友達に聞いても知らないって言うし。だからそれっきり」
なんて無責任な父親なんだ。それにしても一切文句を言わずに子供を1人で育ててるなんて立派な母親じゃないか。
無事出産を終えた彼女は、実家の近くに部屋を借りて、息子と2人で暮らし始め、現在にいたる。子供は今年で6オになるそうだ。
「旦那さんと別れてから、 男の人とお付き合いしたことはあるの?」
「うん。去年、いい感じになった人はいたんだけど」
「別れちゃったの?」
「やっぱり子供がいるから、 最終的には難しいのかなって」
やっばシングルマザーは色々と大変なんだなあ。なんだか本気で結婚してあげたくなってきたよ。時間はまだ午後の3時。 普通ならこれから映画でも観て、酒を飲みながら夕飯でも食べて、最後にホテルにでも誘うぐらいがちょうどいいのかもしれないが、何せ彼女は子供を親に預けている身だ。
おそらくそんなに長居はできないだろう。
「ねえ、00君( 子供の名前 )迎えにいくのは何時ぐらいなの?」
「夕飯時に間に合えば大丈夫かな。だからまだ大丈夫だよ 」
「わかった、じゃ、もうちょっと一緒にいようよ 」
「うん」
会計だけ済ませ、ひとまず外に出た。
「どこに行く?」
「そうだな、2人でイチャイチャできるとこ」
「えー、どこー? 」
笑いながら甘スたような口調で腕にしなだれてくる彼女。どうやらこちらの目的はわかってくれてる様子だ。
「俺、 暖かくてゆっくりできる、すごくいい場所知ってるから、ご案内しますよ」
「うん、わかったー」
途中、レンタルビデオ店で映画を借りてからコンビニで飲み物を買ってラブホテルにチェックインした。トントン拍子でホテルに入ったはいいが、シャワーも浴びずに彼女に覆い被さろうとしたとき、彼女から質問が。
「本当に私でいいの?」
「え?もちろんだよ。どうして?」
「ううん…。わかった」
果たして、彼女の問いかけはどういう意味だったのか。まさか結婚の意志を確認したわけじゃないとは思うけど・・・
舌を絡め合う激しいキスをしながら服を脱がしていくと、子供を1人産んだ割にはそれほど形の崩れていない身体が現れた。下腹部にうっすらと妊娠線の名残りのような痕は残っていたが、乳房は垂れてないし乳首も黒くない。何より出産後とは思えないほど、締まりがいいのは何事だ。子持ちはユルユルってのは迷信なのか?
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内