4_20200128173409b93.jpg5_202001281734107b7.jpg6_20200128173412935.jpg出会い喫茶でお茶だけで稼ぐ回転嬢がおっパブで働いていた

とある出会い喫茶の常連に、気になる女がいる。マサミ(仮名)、20代前半。押切もえを彷彿とさせる顔に、Eカップの巨乳ちゃん。金を払ってでもお手合わせしたいタイプだ。もちろん小部屋で交渉したことはある。こちらの条件はホ別のイチゴーだ。ところが、彼女は鼻で笑うかのように、ひらひらと手を振った。
「ごめーん、私そういうのしてないから」「どうしても?」「お茶だけで5千円とかならいいんだけど」そう、彼女は身体は売らず、お茶だけで稼ぐ回転嬢なのだ。3カ月前の夕方、例によってその店に行くと、マジックミラーの向こうにマサミの姿があった。相変わらずカワイイのー。モンモンとしていたそのとき、気になることが起きた。彼女がマジックミラーの真ん前に置かれたパソコンを触り出したのだ。実はこの店、フロアの作りの関係で、男性側から女のパソコン画面が丸見えになる場所がある。ちょうど背後から覗き込むカタチになるのだ。興味をそそられ、ひょいとたぶん電話番号の下8ケタなんだろな。数字の修正を繰り返してログインに成功してから、オレのネットストーキングが始ま画面を見てみる。(フェイスブックじゃん)フェイスブックに入るには、メールアドレスと暗証番号を打ち込まねばならない。これをゲットできれば、ページ内の彼女の個人情報が漁り放題である。中には人には知られたくないプライベートなことも…え、えらいこっちゃ!慌ててパソコン画面に目をこらす。メールアドレスは…ふむふむ、はいはい。なるほど、これが本名なのね。続いて暗証番号は…ダメだ。●(黒丸)で伏せられていてわからない。くそー。と思ったら、マサミ嬢、フェイスブックをすぐに終え、次にミクシィのログイン画面を開いた。
今度こそとばかり、必死で目をこらす。アドレスはさっきと同じだ。暗証番号はキーボードの指を追え。二つほど怪しい箇所はあったが、8ケタの暗証はほぼ判明した。数字ばかりだから、たぶん電話番号の下8ケタなんだろな。数字の修正を繰り返してログインに成功してから、オレのネットストーキングが始まった。彼女がログインしてなさそうな深夜の時間を見計らって、ミクシィに入り込むのだ。本名や学校がわかるどころか、友達とのメールのやりとりまで丸見え。合コンなんぞもさんざんやってるようだ。でも、このストーキング、思ったより楽しくはない。さほどたいしたことはメールしていないのだ。親友との本当にいかがわしいやりとりは、ケータイを使うのだろう。
そんなある日、彼女が女友達にあてたメールが見つかった。
︿今のお店辞めて▲▲ってとこ行こうと思ってんだよね﹀
彼女が大学生ながらキャバクラで働いていることは知っていた。店を移る相談か。ふーん、▲▲ね。今度、遊びに行ってやろうかな。とネット検索したところ、その店、なんとおっパブじゃねーか。マジかよ!
「私、そうゆうのしてないから」とホザいてたけど、おっぱいは揉ますんだ。お茶だけとか言ってたけど、モミモミされちゃうんだ。数日後、▲▲の指名写真の中にマサミの顔は確かにあった。源氏名、マサミ。使い回してやがる。ピンサロのようなフロアには、店内には爆音のユーロビートが流れている。緊張しつつ、ボックスシートに腰を下ろした途端、「こんにちわ〜」
店員に連れられ、彼女がやってきた。サテンの下着姿だ。エロイ。実にエロイ。
「お客さん、今日はお仕事帰りですかあ?」
「ははは、まあね」
彼女、オレのことなど覚えてないらしい。でも、オレはキミのことを覚えてるんだよ。本名や大学まで知ってんだよ。彼女がオレの膝の上に抱っこちゃんスタイルでまたがった。
「指は入れちゃヤダだからね」
目の前にカタチの良いオッパイが。Dカップはあるか。揉めば、張りもバッチリだ。

※この記事はフィクションです。読み物としてお読みください。

恵比寿で見つけた綺麗なお姉さんのエッチ体験談
またまたーいや、本当ですよ。今もバイト掛け持ちしてるし、彼氏もいないから、何にもしてない。去年ー年間で10回くらいしかやってないです。そんなもんですよ。
バイトは何やってるの
コンビニと居酒屋。掛け持ちしてるから本当に寝る時間もないくらいの時が結構ある
ホスト?
ホストは行ったことないですね。バイトだからそんなに余裕あるわけじゃないし、一人暮らしだから家賃もあるし電話代も高いしね。あとは飲んだり。買い物でほとんど余ったお金使ってるかも。ワーキングブアな感じがいいね。
じゃあホテルに行こうか。
最後にセックスしたのはいつ
10日くらい前かな。同じコンビニのバイト先の29才の人。その人の家まで行ったからついでにセックスLました。いい話だ。その男とはどんな成り行きでやったのフ私が、電話代がなくて止められそうって話をしてたら「じゃあ払おうか?」って言われて、その後部屋に上がった感じ。
その男には前から狙われてたのっ
そういう雰囲気はなかったけど、成り行きでそうなっちゃった。私も電話代払ってくれたから、別にいいかなって思って。居酒屋でこ飯食べてその後、家に誘われたかり断るのも悪いなって思って。。エッチが終わったらさらにー万円お小遣いくれた。
その男とはそれからやってないの
何にもやってないです。バイト先で会っても何も無かったみたいに話してくるし、私も、あれは何だったんだろうって思ってるんですけど。
本当に何事も無かったみたいに自然に。私も電話代もらってー万円もらったからあんまり追求できなくて。中元全に割り切りだね。そいっ、援交のベテランだよ。割り切りですよね。もしかして、普段もそんなことやってるのかな?初体験は?
18才くらい。相手はそのとき好きで付き合ってた同級生の男の子だった。うん普通の話だねえ秋くらいだったんだけど、一緒に遊んでたら、家の近くにあった中学校か小学校の校庭で、なんとなくそんな雰囲気になっちゃって。そこでしちゃった。
と、初体験が青姦(笑)。
校庭のどの辺でやったの
校庭の隅っこの方。隅の方に手を引かれてつれていかれて、「どうするんだろう。このままセックスするのかな」って思ってたら当たり前のように入れられたよ。
場合によるかな付き合ってるときはいつも結婚してもいいくらい思って付き合ってるから、そういうときだったら流れで生でしちゃうけど。そこだけ聞いてると普通なんですけどね。ちょっと変な女だね私普通ですよちゃんと働いてるし、家賃も払ってるし。
男運がないんじゃないっ男運っていうょり、全体運が悪いかも。去年は本当にいいことなかったょー。身体壊しそうになるし、彼氏も出来ないし、急な出費が続いたりして、もう散々だった。
ストッキング越のハンツはピンク(写
ピンクとか白系が好きなんですよ

セクキャバでぼったくられた話

同僚と2人で新宿歌舞伎町をフラフラ歩いていたところ、客引きに声をかけられた。
「セクキャバなんですけど、女の子2人ついて飲み放題で1人1時間7千円です」
これにノコノコついていったのが間違いだった。真っ暗な店内で酒を飲んでいても、いつまでも女がやってこないのだ。店員に催促しても状況は変わらない。しかたないのでビールを何杯か飲んできっかり1時間で店を出ようとしたところ、ボーイから悪魔の言葉が。
「お会計3万2千円です」「え?7千円飲み放題って聞いたけど」
「生ビールとお通しは別料金です。ほら」
…ぼったくりじゃん。たしかに手渡されたメニュー表には小さい文字で『ビールは別料金』と記載されてるけど、そもそもそんなの見せられてないし!そんなのムリと突っぱねたところで、坊主頭で身長180越えの兄さんが現れた。怖っ…。
それでもなんとか支払いを拒否して「交番に行きましょう」
と店外へ。我々2人と坊主男で交番に向かったところ、警察官は呆れたような顔をした。「またオタクか。ちょっと待ってて」
この坊主男の店はぼったくり常習店として認知されてるようだ。坊主店員を交番の外に残し、同僚と俺の2人はパトカーに。  警察署に到着し、店内での様子を聞かれたところで、もう帰ってよしとなった。
「お金まったく払ってないんですけど」
「いいの。ウチでは今こういう対応してるから」
なんでも昨年頭から歌舞伎町で同様のぼったくり被害が横行したため、規制を強めた新宿署では、今はこの対応をとっているらしい。とりあえず良かった。結果タダ飲みできちゃったし。そんなことも忘れていた今年の1月。件の同僚と飲み屋を探すべく新橋を歩いていたら客引きに声をかけられた。
「素人いちゃキャバでして、1時間8千円飲み放題です。女の子はたくさん出勤してるんで」案内された店に入ったところで、すぐに女性が2人オレたちの間に腰かけた。  …あれ、外人? 「もっとオッパイサワッテ〜」
「チクビなめてもイイヨ」
中国人か韓国人か。まるでアジアンパブみたいな雰囲気だ。とにかく酒を飲みつつモミモミ。1時間が経つ前にお会計をお願いしたら、ボーイから驚愕の金額が宣告された。「3万8千円となります」
この瞬間、歌舞伎町での一件が頭によぎった。またぼったくられてるじゃん…。
払わないと告げたら案の定、殺し屋みたいな目をした大男の登場だ。新宿では交番に行けば客と店員を引き離してくれたわけだし、今回もそれを期待するしか道はない。
「交番行きましょう」
店員はニヤニヤしながら「いいけどきっちり払ってもらうからね」と凄んでいる。うー。西口の駅前交番に到着。警察官は思わぬ一言を口にした。
「あー、そういうのは当人同士で話し合ってもらうしかないんだよねえ」
な、なんだってー!!そんなのが通じる相手じゃないっての!コワモテ男が余裕しゃくしゃくだったのは、こうなるのがわかってたからなのか。警察も適当なモンだ。新宿では助けてくれたのに新橋ではダメだなんて。
「おまわりさんも当人同士でって言ってたでしょ?ウチはやましいことないから引き下がらないよ」
オレは思わず交番内に向かって大きな声を出していた。
「新宿の交番では当事者を引き離して話を聞いてくれたぞ!なんでココではそれをやってくれないんだ!オカシイじゃないか!」
すると警察官が焦った様子で飛び出してきた。
「ねえ、大きな声ださないでよ」
「だってオカシイでしょ!警察署の管轄によって対応が違うなんて!」 
続けて2人、3人と警察官が集まってきて、コワモテをその場に残したまま、オレとツレはパトカーに乗せられた。 車内で警察官がオレたちの証言をメモし、パトカーは新橋駅の日比谷口前で停まった。おまわりさんが頭を掻きながら口を開く。
「実はね、前に新宿でやってたぼったくりグループがいま新橋に大挙してるんですよ」
「そうなんですか」
「今日はもう帰ってください。危ないから寄り道せずに電車に乗ってね」 
ふぅ、セーフ!

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★





夏のおすすめ動画

プロ仕様の最強媚薬


アダルトグッズが何でも揃う、大人のおもちゃ激安通販専門店


本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内