★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0012_20181119135240c56_201910061923573ba.jpg0013_2018111913523885e_20191006192358de7.jpg0096_201907050735428d3_201910061923596f7.jpg2_20191202140926f43.jpg3_20191202140927440.jpg4_20191202140929a16.jpg
0097_20190705074458613_20191006192401066.jpg0167_20190113100655fc6_201910061924056f7.jpg
オナニー盗し撮り映像から守る探偵のふりをして女を性奴隷に
SnapCrab_NoName_2019-8-24_20-5-25_No-00.png
郵便物を見たかい?まだならすぐに見に行った方がいい。キミの写真が入ってるから
『はい?アナタ誰ですか?』
『いいから、いますぐポストを見てみなよ。すぐにかけ直すから』
10分後、再び同じ番号をプッシュ。
『見たか?』
『……』
『おい、写真バラ撒かれたくなかったら何か言えよ』
『はぃ…』
真下はここぞとばかりに、思いつきの質問をぶつけた。
「こっちも心臓バクバクで緊張してたので、『初体験はいつだ?』とか『今まで何人とやった?』とかしょうもないこと聞いちやって。それでも『17才です。2人です』なんて馬鹿正直に答えてくれるもんだから、もぅ大興奮でした。これはスゴィぞと」
ここからは探偵のふりをしてかけなおす
「私は興信所の者だが、盗し撮り犯が置き捨てたバッグの中に、あなたのものと思しき写真がありました。裏に電話番号が書かれていたので電話したところです」
SnapCrab_NoName_2019-8-24_20-2-21_No-00.png
いぶかしがる相手には、自分で撮った写真やビデオを見ながら、ベッドや机の位置、下着やタオルの色など具体的な特徴を伝え事実であることを確認させる。
「オナニー映像なんかがあれば、『水色の道具で性的な処理をなさってるときのものなんですが』
って感じですね。自分だとわかった時点でみんな絶句します」 
ここで真下はたたみかける。元のビデオテープはまだ犯人が持っているが、私が責任を持って回収するのでご安心ください。ただし…。
『回収を希望されるなら、誰にも相談しないでください。他の被害者の女性に迷惑がかかりますので』
わからぬ理屈である。何もするなと言うのか。でもこの人を裏切れば、誰がビデオを回収してくれるのだろう。とりあえず今は信じるしかないのでは。
ここから信頼関係を築き上げるまでに要する期間はおよそ2力月。毎日のように連絡を入れて"事件" の進み具合を伝えるのである。
『犯人には近づいてるけど、まだしっぽがつかめない。過去の男で心当たりはある?』
『手がかりが増えたのでもうすぐ発見できると思う。最近はなにか心配なことはない?』
親身なフリをしつつも、ときおり彼はわざと思い出させるかのように念を押す。私自身もあなたの恥ずかしい姿を見てしまつている男なのですと。サディストとは、生まれつき心理操作に長けた者なのかもしれない。2 力月に及ぶ電話によつて、彼女にとつてこの探偵は頼らざるを得ない、それでいて
恥部も筒抜けな、だから機嫌を損ねるわけにはいかない相手となつてしまつている。 
「ここまで来れば食事ぐらいできるようになります、しかもこっちのほうが強い立場で。会つて話すと、やっぱりどこか押しに弱い従順な子ばかりですね」
脈ありと見込んでからの行動は、以前と同じである。半ば強引に部屋へ上がり込み、さらに強引に関係を持ち、後は女性のM気質を利用して執拗に攻めるのみだ。
不倫をご両親に知られて大丈夫ですか
3年前からずつと主従関係が続いている女性がいる。現在大学4年生の彼女は、自室でのオナニーシーンを盗し撮りされ、人生を変えられてしまつた。
「テレホンセックスでした。携帯を持ちながらローターを股間に当てがつてたんです。出会い系サイトか何かの相手かと思ったんだけど、それが違ったみたいで」
観察をしばらく続けたある日、彼女が浴室へ向かった。ベッドの上に携帯を置いたまま。窓から腕を伸ばせば届く距離だ。
「すぐに携帯を盗み見たんです。メニューで番号をゲットして、メールのやり取りや写メもチェックしました。これが宝の山だったんです」
たまには奥さん大事にしてあげてね
離婚するつもりだよ
などのメールから、不倫していることがわかったのだ。
ニセ探偵は電話をかけた。手元にあなたのオナニーシーンの写真があるので云々。
そして、日をあらためて2 回目。電話の向こうの彼女が、小さな声で「かかってきた」と囁くのが聞こえた。そばに誰かいるのだろう。
怒りに震えた真下は、ここで一気に仕掛ける。
SnapCrab_NoName_2019-8-24_20-2-14_No-00.png
『他人には一切他言無用だと伝えたのに、あなたは約束を破りましたね。申し訳ないけど、私
のような仕事をしてるとあなたが不倫してることもわかるんです。ご両親に知られて大丈夫なんですか?』
『困ります』
『それならデータを消してあげましょぅ。ただし条件がある。その男と別れてください。考えてみなよ。彼は5年も奥さんと肌を触れてないって言ってるようだけど、いま1 才半の子供がいるんだよ。知ってるの?』
咄嗟についたウソだった。だが彼女はそのことばを信じ込み、その場で泣きながら答えたという
『…わかりました…別れます』
後の流れに説明はいらないだろう。恋人を失った彼女は真下の飴とムチに踊らされ、その青春時代を今も彼のために犠牲にしている。
「何でも言うことを聞いてくれますよ。毎日お尻に8センチのアナルプラグを入れておけって命令してるけど、每日律儀に実行します。痛めつけられると嬉しいんですって」
悪魔のごとき行状を淡々と語る真下は、やはり人間性のカケラも失った鬼畜なのだと言うしかない。
いま現在の彼は、大学生の彼女との関係に充足しているのか、新たな行動は起こしていないという。
盗し撮りビデオ界は素人モノの天下である。機材の高性能化は、すべての男を力メラマンに仕立て上げ、多くの作品を生み出し続けている。これらブームの要因は、力メラワークや被写体のリアリティのみではなく、発想の斬新さにあるともいえよう。裏モノ編集部にも、読者から自作のビデオがよく届けられる。中でも最近もっとも目を引いたのが本作品だ。普段は女子更衣室をメインに活動しているのだが、この冬、新たなフィールドを発見した。妹の部屋のコタツである。コタツの脚に小型力メラを仕込めば、位置的にパンチラゲットは確実ではないか。家族といえどもなかなか拝めぬ、無防備な股間があらわになるはずだ
それどころではなかった。愛する妹は、おもむろにオナニーを始めたのである。本人は語る。「電波を隣の僕の部屋に飛ばしてモニターしてたんですけど、ホンマにビックリしました。ああ、やってるんやなあって」以来、ほぼ毎日、妹のいない隙に力メラを仕掛けた彼は、隣室で様子をモニターし続けた。その成果が上の写真群である。「ちょうど、僕の部屋の押入れの向こう側がコタツなんで、耳を近づけたら小さい声が聞こえてくるんですよ」オナ好きな妹と、その画像でシコる兄。
今も平和な一家の2階では、壁越しの熱い攻防が続いている。
左手オナニーは中坊のやること。大人はしびれオナニーで自分の手を変化させる
左手オナニーは中学時代に誰もがやったことでしょう。おっ、いつもと違う! 動かしにくいのが逆にいい! 女にヤラせてるみたい! とかなんとか言いながら。でもあれ、別に良くないっすよね。二度とやんないっすよね。自分の手なのに、自分じゃないみたい。その感覚を味わうために、大人は別の方法を使います。採血のときに腕に巻くゴムチューブ、(駆血帯といいます)あれを利き手の手首に巻きつけるんです。手のひらが紫色になるころ、ゴムをはずして血流を復活させます。すると正座で足が痺れるときのようなビリビリ状態に。
で、おもむろにシコシコシコ。チンコを握ることはできても皮膚の感覚がないという不思議なオナニー、やはりいつものシコシコとは明らかに違います。とはいえ女にシコられてるような錯覚はありません。かといって自分の手でもない。誰でもない、でも誰かの手…。なんだそりゃ。
一度やってみてください。通常オナニーより1・5倍は気持ちいいですよ。
フリーハンドでズコズコ。出張族のオナニー法はこれで決定
出張が多い仕事柄、ビジネスホテルによく泊まるのだが、その際は必ずオナホ「TENGA」を持っていく。夜、殺風景な部屋での過ごし方と言えば、やはりチンコをイジることくらいしかないからである。そんな出張オナニーライフの中で思いついたテクニックを紹介しよう。
目を付けたのは、ビジホのベッドのマットレスだ。ガンガン乱暴に飛び乗られてもヘタらないようにするため、重量のあるものが一般的だ。そこで、マットレスとベッドの間に手を突っ込み、力ずくで持ち上げて少し隙間を作り、そこにTENGAを差し込む。挿入口を手前向きにして。
オナホ固定の完了である。マットレスが重いだけに、そう簡単には動かない。膝立ちでチンコを突っ込めば、手を使わずにオナニーを楽しめるって案配だ。
バカじゃないかと笑うだろうか。でもこれ、見た目は滑稽だが、やはりフリーハンドは快感に没頭しやすい。気に入っております。
オナニーまで楽々こなすライブチャットの男サクラ
出会い系サイトに男のサクラが存在することは、もはや周知の事実。メールだけのやりとりなら、絵文字でも連発しておけばまず男とバレることはない。しかしこの男サクラが、実はライブチャットの世界にもいると聞けば、みなさん驚くのではないか。リアルタイムで画像を見られてしまうのにどうやってゴマかすのか。すぐに発覚するんじゃないのか。チャットガール歴半年、毎月15万円以上のバイト代を稼いでいるオレが、その悲喜こもこもをお教えしよう。
「お前、女みたいになよなよしてんだから、ライブチャットで稼げるんじゃねーかっ夜なら時間もあるだろ」
女の子の画像を見ながらツーショットでチャットするサイトが以前から人気なのは知っていた。1分100円ほどかかるため月に数万と使う男が大勢いることも。なるほど未熟児として生死の間をさまよって生まれてきたオレは、今でも色白で体の線も細く、体毛もツルツル。その特徴を生かしてサクラで稼いでみろよというわけだ。
「顔は出さなくてもできるんだよ。あこの辺りから下だけ映せばいいんだから。問題は胸とアソコだな」
他にも問題は多々ありそうだが、ダメ元でやってみるのも一興か。すぐさま姉キに身分証登録のための免許証を拝借し、サイト運営者からOKをもらうための力メラテストにも本人にパソコンの前に座ってもらった。姉キは正真正銘の女だから、ここは難なくクリア。今後の実践はオレが独力でやるしかない。まず髪。頭部全体は映さなくとも肩にかかる髪はちらほら見える必要がある。とりあえずウィッグ(かつら)をつけておこう。胸にはブラジャーを付け、中に軽く詰め物をして乗り切ることにした。二の腕が細く、胸板もないので、キャミソールでもはおっておけば、まず男には見えないはずだ。下はミニス力姿で、もちろん中には女物のパンティをはいておく。これで全体のシルエットは女だ。準備ができれば力メラテスト。顔だけは絶対に映せないので、あこがギリギリ見える角度をチェックし、座る体勢を工夫した。
待ち受け写真をミニスカ姿にしたおかげか、オンラインになってまもなく、男からツーショットの誘いが来た。〈ねえ、顔も見せてよー〉この要望に対する答はあらかじめ決めてある。
〈ゴメンね。受付の仕事してるの。顔は出せないよー〉ほとんどの女は顔出しOKだが、中には警戒心の強いのもいる。
〈声を聞かせてー〉〈実家だからうるさくすると怒られちゃう〉
〈じゃあ脱げるっ〉〈仲良くなれば脱いでくれるのっ〉〈うん、別に大丈夫だよ〉
男だとはまったく気づいていない様子だ。なにせ相手は目を皿のようにしてこちらの様子を眺めているのだろうから。〈おっばい見たいなあ〉〈イヤだ、恥ずかしいもん〉〈バンツはっ〉〈もー、少しだけよ〉色白の太ももをあらわにして柄物バンティをチラリ。興奮した男の顔のみっともないことったらこの上ない(相手がカメラ付きなら画面が見える)。
オレはすっかり自信をつけた。その後半年も続けてるのだから素養もあったのだろう?さすがに高い金を払ってるだけに、男はみんな胸チラやマンコ露出を求めてくるが、もちろんNG。代わりにオナニーにはしっかり応えてやる。サオとタマを股の間に挟んでモッコリを消してから、パンティの上をもぞもぞ指でなぞる。直接触るときもパンツは脱がず、せいぜい陰毛を見せる程度。もちろん脚は常に伸ばしたままだ(開脚するとタマがこぼれてモッコリがバレる)。
〈私、脚をまっすぐにしてないとイケないの〉ただこれだけ。ほとんどが自分のイチモツを力メラにさらしてシコってきた。しかし、さっさとヌ力れてしまっては時間を稼げない。そこで最初にこう告げておく。〈私、なかなかイケないんだ。一緒にイッてほしいな〉男がシコシコしながら〈もうイキそうっオレ出そうなんだけど〉と聞いてくれば〈あん、まだ、もう少し待って。まだイカないでー〉
これだけで、手の動きがこすったりゆるめたりと変化するのは爆笑ものだ。力メラに精子をブチまけて満足した男にはフォローも忘れなーし〈こんなにたくさん出してくれて嬉しい。気持ちよかったわ〉〈そうか。また抱いてあげるよ〉長く稼ぐにはリピーターを付けることが必須。今ではオレと話したがってる常連が10人以上、そのうち3人はマジ惚れしたからぜひ会いたいと誘ってくる。会えるわけないっつーのー
★最近の課題は、オナニーの後で〈指についた汁を見せて〉と望まれたときの対応策だ。アナル付近にローションを塗りたくっておくのがベストかと思うのだが、だらだらしゃべるうちに乾燥してしまうのが悩みの種だ。
首から上の見えない女の子はサクラの可能性アリ。注意されたし
アリの門渡りをいじりながら・フリーハンドでオナニーの気持ち良さ
1、出張が多い仕事柄、ビジネスホテルによく泊まるのだが、その際は必ずオナホ「TENGA」を持っていく。夜、殺風景な部屋での過ごし方と言えば、やはりチンコをイジることくらいしかないからである。そんな出張オナニーライフの中で思いついたテクニックを紹介しよう。
目を付けたのは、ビジホのベッドのマットレスだ。ガンガン乱暴に飛び乗られてもヘタらないようにするため、重量のあるものが一般的だ。そこで、マットレスとベッドの間に手を突っ込み、力ずくで
持ち上げて少し隙間を作り、そこにTENGAを差し込む。挿入口を手前向きにして。
オナホ固定の完了である。マットレスが重いだけに、そう簡単には動かない。膝立ちでチンコを突っ込めば、手を使わずにオナニーを楽しめるって案配だ。バカじゃないかと笑うだろうか。でもこれ、見た目は滑稽だが、やはりフリーハンドは快感に没頭しやすい。気に入っております。左手オナニーは中学時代に誰もがやったことでしょう。おっ、いつもと違う! 動かしにくいのが逆にいい! 女にヤラせてるみたい! とかなんとか言いながら。でもあれ、別に良くないっすよね。二度とやんないっすよね。
2、自分の手なのに、自分じゃないみたい。その感覚を味わうために、大人は別の方法を使います。採血のときに腕に巻くゴムチューブ、(駆血帯といいます)あれを利き手の手首に巻きつけるんです。手のひらが紫色になるころ、ゴムをはずして血流を復活させます。すると正座で足が痺れるときのようなビリビリ状態に。で、おもむろにシコシコシコ。チンコを握ることはできても皮膚の感覚がないという不思議なオナニー、やはりいつものシコシコとは明らかに違います。とはいえ女にシコられてるような錯覚はありません。かといって自分の手でもない。誰でもない、でも誰かの手…。なんだそりゃ。一度やってみてください。通常オナニーより1・5倍は気持ちいいですよ。
3、性欲がなくなるクスリだ(元々は抗うつ剤)。性欲をなくしてどうすんだ、とツッコミを入れるのはしばし待たれし。このクスリ、オナ禁に用いればどうなるか。ヌキたくなったら1錠ゴクリ。欲望は収まり、そのままおやすみなさい。二日ほどでまたヌキたくなったらさらに1錠。おやすみなさい。そうする間にもタマにはどんどん精子が貯蔵され、そろそろぶっ放したくなったところで薬はほったらかして、いざピンサロに突撃! 濃ゆ〜い一発がほとばしる!
強い心でガマンしたり、なにかで気を紛らわせる必要なく、楽チンにオナ禁できるのだから、愛用する男が多いのもうなずける。ただし、どうなるかわからない怖さがあるので飲みすぎは厳禁だ。
4、チンコに触れず、前立腺で射精する快感をあなたは知っているだろうか。その快感を一度知ってしまったら普通の射精に戻れなくなるほどだ。そいつを簡単に味わえるのが玉袋オナニーだ。
まず、準備として足の付け根にあるリンパを5分ほどマッサージ。軽くさする程度のマッサージを続けるといい。直接快感につながるわけではないが、ここは入念にやってほしい。その後、左手で玉袋を持ち、右手でアナルから玉袋までのライン、いわゆる蟻の門渡りをまんべんなく、痛くない程度にマッサージしていく。ここも5分ほど。この時点で性感が高まっていると自覚できることだろう。
 次は玉袋を揉みながら、蟻の門渡りを指で強めに押していく。押す場所を少しずつズラしていくと、気持ちいいポイントがあることがわかると思う。気持ちいいポイントがわかったら、何度もそこを指で押していく。押す度に快感がドンドンと増していくので、あとはその快感をむさぼるように押しまくるだけだ。きっと、夢中に押しまくっているうちに射精してしまうことだろう。
…ひとつ困るのは、両手がふさがるため必然的に精液を撒き散らすことになることか。服を着たままやるのはやめたほうがいい。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内