★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
96_20200925152119f9f.jpg97_202009251521203d2.jpg
同じ趣味の女をセフレする方法も効果的
0094_20180122123857fc8_202008311354468aa.jpg 0095_20180122123858d21.jpg0096_20180122123859e20.jpg 0097_20180122123901e67.jpg合コンをセッティングしてくれる業者サイトだ。使い方は、検索ページに「地域」や「年齢」を入力すると、女グループの情報がずらっと表示されるので、好みの相手を選んで合コンを打診。OK返事が戻って来たら開催決定という流れだ。いざ当日は、業者が店を押さえてくれていて、料金はセッティング料を込みで1人4、5千円。仮に女グループの代金を奢るなんて展開になったとしても、きっちりセックスの結果を出せれば悪くないシステムだろう。が、世に合コンの失敗談は多い。やってきた女3人組がしょーもない連中で、連絡先も交換せぬまま帰ってしまったみたいな話はザラだろう。そこで、このサイトを使うときのオレのコツを教えよう。30代以上の熟女グループをじーっくりチェックしてほしい。一部、幹事が顔写真を披露しているグループがいると思う。自分の年齢を考えずに大はしゃぎしているような雰囲気が何だか気にならないだろうか。オレが選ぶのは、彼女らだ。経験上、このタイプは間違いなくはっちゃける、お持ち帰りも全然ありうる連中だと思ってもらっていい。iroriは、同じ趣味同士の人間たちが集まって、飲み会などのイベントで交流するためのSNSアプリだ。基本的にはサエない男と、暇で年増な女が集まる(看護士など女性だけの職場が多い)ダルめな会合になることが多いが、グループによっては当たり女が来ることがある。
このサービスのポイントはひとつ。自分が幹事になって、有利にゲームをすすめることができる点だ。例えばバーベキューやボルタリング、単なる居酒屋での飲み会やカフェでのおしゃべりなどのイベントを幹事として自由に企画し、日時、予算、人数など決めてメンバーを募集する。いざ会場でイベントが始まったら、ほかの一般男性参加者たちと違い、女性参加者と気軽に話せて、自由に連絡先の交換もできるので、街コンにいくよりよっぽど有利にコトを運べる。しかもたとえ小さなイベントでも幹事という役職に一目置く女はいるものなので、擦り寄ってきたその手の女たちを頂戴することができるのだ。
日ごろ用いている手法は、まさにバカ女でないと通用しない強引なシロモノだ。順を追って説明しよう。スタートは出会い系のピュア掲示板への書き込みだ。が、まだここで気張る必要はない。募集文は気軽にメールのやり取りができる女性いませんか? 的なごく普通のもので十分だ。ちなみに、俺はたまたまハピメを使っているが、使用サイトは一般的な出会い系ならなんだっていい。
 ただし、プロフ写真は必ずイケメン写メを使用すること。できれば10人見れば10人が男前と思うような完璧なものが望ましい。こうすることでメッセージを送ってくる女は必ず現れるので、そうなったらすぐ彼女(ら)をラインへ誘導し、しばらく雑談に専念する。話題は仕事の話でもよし、恋バナでもよし。とにかく相手のプライベートに踏み込んで気持ちを開かせることが肝要だ。また時にはその存在を大いに認めてやる態度も忘れずに。
〈そんな大変だったんだ。よく頑張ったね〉
〈大丈夫、●●ちゃんならきっと上手くやれるよ〉
 といった具合に。これでガッチリと女の心を掴んだ。お次は体だ。適当なタイミングでチャットセックスに持ち込むのである。最初は気恥ずかしがるかもしれんが、すぐに従順になるはずだ。だって大好きな人の命令なのだから。
〈ほら、いまクリトリスを触ってるよ。どう気持ちいい?〉
〈うん、気持ちいいよ。あっ〉
〈いまからチンコ入れちゃうね〉〈あ、いや、だめ、気持ちいい〉
これをもってついに、彼女とご対面する準備が整った。待ち合わせ場所へは車で向かい、何食わぬ顔で女を招き入れる。「お待たせ。さあ乗って乗って」 ようやく愛しのイケメン君と会えるのかと思いきや、現れたのは頭髪のやや寂しくなった40男だ。
しかし、ここで怒りを露わにきびすを返す女は全体の半分ほどで、残り半分は呆然としつつも素直に乗車してくる。…まあ、いいっかてな表情で。身も心もトロトロに溶かされてしまい、今さら後戻りする気も失せるのだろう。女とはそういう生き物なのだ。
日本のオネーチャンもいいけど、たまには外人女ともセックスしてみたい。そう考える人には打ってつけの出会いツールだ。これ、イギリス発のスマホアプリで、日本においては在日外国人の間で広く浸透している。中でも中国人や韓国人留学生は男女ともに日本人異性との交流を目的に使っているケースが多く、こちらもアプリをダウンロードしておけば、彼女らとお近づきになるチャンスがグッと高まるのだ。使い方は簡単だ。「めぐり会い」ボタンを押すと、画面に登録女性の顔写真がランダムに出現し、そのつど○×ボタンで好き嫌いを選別する。そして互いが○ボタンを押した場合のみ、その相手とライン形式のチャットが可能になる仕組みだ。
で、実際に使い始めた俺の感想は「ベリーグー」だ。中韓の女は日本人男の写真判定に甘く、たいてい○を押すのでラクにチャットに進める。そのうえ、日本語も漢字かなを使い分けるほどペラペラな子ばかりなので意外と会話が盛り上がるのだ。たとえばこういう感じで。
〈あなた、日本人なのに全然シャイじゃないね〉
〈そうかなぁ。チンチン見られるとやっぱり恥ずかしいよ〉
〈あなた、超バカwww〉
ここからアポにこぎ着けられるのは、全体の半分ってところか。ただし、やはり中韓の女は日本人と比べて身持ちが堅い。たとえ2人きりで飲みに出かけても即マンなんてもってのほか、時にはマジ切れする子も珍しくないのだ。それでも今までアポった4人のうち、3人とは結局後日ヤレてるのだから率にして75%。決して悪い数字じゃない。中期決戦型の出会いツールとしてはむしろ合格だろう。
合コンマッチングサイトで合コンしてみた

合コンセッティング系の中では一番ちゃんと機能していると思われるこのサイト。しかし合コンまでは開催できても、いざ食えるかどうかとなるとなかなか難しい。
 敵が友達同士なのでいくら酔わせようと引き離しが大変だし、気に入られて後日デートして・・・みたいな展開なんてイケメン君にしかできっこない。
 だが、あきらめるのは早い。このサイト、なんと1人で参加する合コンも用意されている。参加者は全員単独という、わけのわからん合コンだ。例えて言うなら、3対3のお見合いパーティが居酒屋で2時間ほど続くようなものと考えればいい。ここなら強引さだけで突破できる。なにせ女たちも単独参加なのだ。引き離しうんぬんに悩む必要はないし、男たちも合コンするような友達がいないのでここに来ました、みたいな弱々しいのばっかりなので敵じゃない。開催地域が都市部に限られているのが残念だが、悪くない企画だと思う。

バンギャ(ヴィジュアル系バンドの女性ファン)と現役バンドマンとの交流を目的とする、ちょっと特殊なSNSだが、
俺自身はバンドなんぞとは縁もゆかりもない、ただのオッサン会社員だ。
 そんな男が、ここでどんな美味しい思いをしているのかというと、ライブ観賞のため地方から大阪へ遠征してくるバンギャを次から次へと自宅に泊めてやり、そのつどセックスに持ち込んでいるのだ。
最初から流れを説明しよう。登録を済ませてからまずやるべきは、地方在住の女の子たちに友だち申請(マイタヌ申請)をしまくることだ。ただし、当然、誰でもいいわけではなく、頻繁にこちらの地元、俺の場合は大阪にやって来る女でなくてはならない。
 そこで便利なのがメンバー(ユーザー)検索欄にある「よく行く箱、スポット」という項目だ。ここに「大阪」と入力し、女性メンバーを検索すると、該当者が一覧で表示されるのだ。
 彼女らに友だち申請する際は、あらかじめプロフで何のバンドのファンか確認しておき、こう切り出せば大抵は承諾してくれる。
「こんにちは。むかしアマチュアのV系バンドでベースやってた者です。俺も●●(女の好きなバンド)のファンなんだよね。よかったらマイタヌになってください」
 ちなみに、SNSのルール上、男性ユーザーは現役、あるいは元V系バンドマン以外、登録してはイケナイことになっている。テキトーなウソで誤魔化しておくべし。
 ある程度友だちを増やしたら(目標20人)、今度は彼女たちとラインIDを交換
し、日常での交流を心がける。といっても、本腰で会話する必要はない。2日に1回ほど
「今日の昼に食ったソバ、超旨かった」みたいな一方的な報告を入れ、こちらの存在を忘れさせないようにしていれば十分だ。
 ただし、この台詞だけは必ずどこかの時点で吹き込んでおくべし。
「今度、ライブで大阪に来ることがあったら教えてよ。ホテルじゃ金かかるだろうから、ウチに泊めてあげてやってもいいよ」
 バンギャというものは、しょっちゅうバンドを追っかけて全国を回っているため、金欠が常態になっている。がっつかず、親切心から泊めてやる的態度で言えば、警戒されるどころか、大喜びされるハズだ。

出会いは欲しいが1対1は怖い。でも複数同士だったら安心。という女性心理の反映か、合コンサイトがやけに賑わっている。男側としても、何度もメールをやりとりせずに会える利便さと、当たりハズレはあるものの、複数いれば最低人はまぁまぁのレベルを期待できることから、利用価値が高いのだろぅ。僕も昔は出会い系メインだったたのだが、どぅも昨年あたりから打率が悪くなったので、仲間を率いて合コン系に移行。即日持ち帰りは一回のみ。今やすっかり味をしめたリピー夕ーだ。合ンなんか普段からしょつちゆうやってるわい!とバカにされる方はまだ理解が足りない。幹事同士が知り合いのフッーの合コンと違い、サイトを通した場合は、互いのグループ間に知人が切いないため気兼ねがいらず、誰が誰に手を出そぅが人で一人を同時に食おぅが、まったく問題がない。つまり合コンとは名ばかりで、現実は出会い系の複数プレイと言える状況なのだ。合コンサイトは星の数ほどあるが、男女各々のグループが掲示を出し、申し込み申し込まれを経た後に、実際の合コンへと流れるシステムはどこも同じ。違いは、有料か無料かぐらいのものだ。有料系の料金体系は、申し込み放題、あるいは一回の申し込みといった定額従量課金パターンか、合コンが成立したらウン千円といぅ形の成功報酬パターンだ。たかが合コンの、しかも開催のためだけに金がかかるのは解せないかもしれないが、女の真剣度が高いせいかすぐに相手が決まりやすく、僕も重宝している。

お薦めは、有料なら「合コンカレンダー」、無料は「合ンファン」だ。利用するにあたっては、とにもかくにもプロフイールの作成に時間を費やしたい。相手に送るメールの目的が合コン申し込みでしかない以上、ファーストメルの文面そのものにはノウハウなどない。ポイントはプロフイールのみだ。たとえば僕が常用する「ムロンファン」の場合、東京在住の女性を検索すると、およそ〇〇人がズラリと現れ、そのほとんどがわずか数日で件以上の申し込みを受けている申し込まれた数が表示される。そんな中でどぅ差別化を図るか。まず基本フロフ。サバをよんでおく。そのままでよし。職業意外とサラリーマンがウケがいい。マスコミや商社などにしておくのが望ましいが、内容を突っ込まれても受け答えできるよぅにしておくこと。身長体重中肉中背で。続いて自己。明るい、楽しい、面白いを連呼してもしょうがない。僕はいつもこの文面だ。『赤坂に勤めてます。仕事上で女性と飲む機会は多いんだけど、たまには気楽にのんびり楽しみたいなと思って登録してみました。この前で見つけたこんな店はどうかなって思ってますリンク張る。男友達に声かけてる途中なので、メールの返事がきたら、他の男のプロフもメールしますね!赤坂という地名でハィソ感を出し実際は東京郊外の田無市勤務だが、女に縁がないわけじやないと、ガツガツしていない点をアピール。さらに内装がオシャレっぽい店を選んで好感度を上げておく。もちろん実際にこの店で合コンする必要はない。当日になって予約が取れなかったとゴマかせばいい。また最後の一文にょって、女性陣は他にどんな男が来るのか知りたくなって、つい返事を書いてしまう仕掛けだ。欄がないサイトの場合は、この文面をそのままファーストメールに使えばいい。ここで問題となるのは顔写真を見せるかどぅかだ。最初から写真付きでする男もいるよぅだが、これ、まつたく必要ない。相手は数人で写真を確認するため、必ず一人はダメ出しするよぅなヤツが出てくる。かえつて逆効果だ。返事が来たら、すぐにセッティングに入ること。メールでゆつくり仲良くなつてからアポろぅだなんて、ぬるい事を考えてたらダメ。決めるべきは、日程人数場所のつで、最初は何を置いてもまず日程。人数押さえから始めては、それぞれの都合を聞き回られてしまい、ちつとも前に進まない。「日にちを決めてから、集まれる人数で集まることにしようよ」と持ちかけるべし。返事がきた週はまず無理だろぅから、翌週か翌々週あたりで具体的な日を提案する。「開いてる日はある?」経験上、日も提案すれば開いてる日は必ずある。日程の次は人数。最初はとりあえず対でやろぅと希望しておく。対のつもりなら女のコは最低でも人に声をかける。人中の人くらいはスケジュールを押さえられるので、対の合コンにはなるわけだ。逆に最初から対でと話を振ったら、結局は一人も集められなかったりする。最後の店決めはどこでも構わない。前述どおり、バカ正直にリンク先の店にする必要はまつたくなし。最後に、来る女のレベルについて。正直こればかりは当日になるまでさつぱり予想不能だが、基本的には低レベルと認識しておいていい。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内