★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0100_20181030172915998_20190930071030476.jpg0101_2018103017291618c_20190930071031be1.jpg0102_20181030172918000_20190930071033947.jpg0103_201810301729196ce_2019093007103435c.jpg0104_201810301729201e8_20190930071036f82.jpg0105_20181030172922fc2_201909300710371ed.jpg0117_20181201184831c37_2019101014332975c_2020011415140679c.jpg0116_201812011848301ae_201910101433270ac.jpg3_2020011415154947b.jpg4_2020011415155052b.jpg5_20200114151551fd2.jpg0121_20181201184837f43_20191010143335eb9.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
彼女たちは、女である前に人の妻だ。匿名性に守られたネットならいざしらず、町中で声をかけてきた見知らぬ男にやすやすと心を開くはずがない。
「そう思うのは、人妻の心理がわかっていないからです。彼女たちは日常にドラマを求めてますから、ポイントさえ押さえれば難しい話じゃありません」
本職の不動産業をこなすかたわら、週3のぺースで街へ繰り出し、この5年で約250人もの人妻をモノにしてきたという。確かに、路上の敷居は高い。が、その一方、現場で好みの夕イブを選び、瞬時にアクセスできる方法は他にない。いったん割り切ってしまえば、これほど楽しいゲームはないのだと、氏は力説する。果たして、俳優の小野武彦によく似たこの中年男は、いかにしてストリートを宝の山に変えたのだろう。「まず前提として、友人とナンバに行くのだけは止めてください。絶対に失敗しますから」友人と組んだところで獲物の分配でモメるのがオチ。特に人妻が相手の場合、答戒心を強くされるだけだ。服装は清潔感さえあれば何でもいいが、靴だけはクッションの効いたスニーカーが望ましい。氏のお薦めは、アニォダスの『フオーラムロー」なるバスケットシューズだ。
「とにかく路上ナンバは足を使いますんで。フォーラムローは底が厚いですし、デザインも真っ白で女性ウケがいいです」さらには、飾り物がついた腕時計は控え、口臭対策としてマウスウォッシュを携帯。最後に手持ちの万札を千円札に崩し、サイフの厚みを増やしておけば万全。セコい細工だが、これだけで成功率は格段に上がる。準備が整ったところで、狩り場のチョイスに移る。ここでは、池袋やお台場などの名所は避け、有楽町や銀座といった、少し高級な夕ーミナル駅の喫茶店を選ぶのが正解らしい。「土日に行けば、ヒマそうにしてる主婦がすぐに見つかりますよ。喫茶店なら、知り合いのプリして声をかければ、周りにも怪しまれませんから」一般に、人妻は生活圏内での出会いに対してガードが固い。自然、買い物時を狙うしかない、と吉田氏は言う。
「僕のイチオシは有楽町マリオンの地下です。あそこは買い物帰りの主婦が大量にたむろしてますから。地方の方は、大都市のターミナルを狙えばいいと思います」もう1つ、《病院の待合室》を使うのも手だ。待ち時間をもてあました主婦に近づき、こう切り出す。
「すいません。ちょっと電話をかけに行きたいので荷物見ててもらえますか?」
『トイレに行きたいので、呼ばれたら教えてもらえます?名前は吉田です』
いずれも、自然さを装いファーストコンタクトに持ちこむのがポイント。他にも免許更新所や役所など、待合室は全般的に打率が高いという。場所の次は夕lゲットの見極めだ。言わずもがな、いかに打ちやすい球を選ぶかが勝敗の分かれ目となる。ポイントは服と髪型だ。くすんだTシャツ、色合いの悪いコーディネート、クシの通っていないヘアスタイル…。これ全て当たりの兆候である。「見た目がアンバランスなのは、夫に構われてない証拠です。仲が良ければ、『ここがおかしい』って言ってくれるはずですから」他にも、すり減ったローヒールや異常な重のストラップやアクセサリーをつけたケータイなど、注目すべき点は多い。
「経験則では、アクセサリーが好きな女性は特に押しに弱いですね。寂しがり屋ばっかりで」標的を選んだところで、いよいよアプローチにかかる。喫茶店での出会いを例に解説しよう。第1ステップ、アイコンタクト。標的の近くでしばし茶をすすりつつ、目線が合った瞬間に微笑み&会釈を投げかける。不気味なようだが、少なからぬ主婦が笑顔を返してくるという。
「ここで笑顔が出れば、まず8割は会話をしてくれます。もちろん、相手が不審な表情を浮かべた場合でも、堂々と声をかけて構いませんよ」ファーストワードは、『忙しいところ大変すみません』でOK。あくまで誠実な口調を心がけ、チャラい印象を消すのがポイントだ。同様に、自己紹介も、身分詐称はせず、正直に本職を切り出すのがコツらしい。
「こんにちは。自営業をやってる吉田と申します。突然ですが、あなたが好みのタイプだったもので、ちょっとお話をしてみたくなりまして」相手が戸惑ったような表情を見せれば次のステップへ。
「大半は『はあ?』って感じのリアクションですよ。でも、それが普通ですから。ここからは、いかにくじけずに相手のガードを崩せるかが勝負です」
警戒心を解くにはライトなギャグが一番。氏の定番パターンを紹介しよう。
『いまは、なにをなさってたんですか?』
「待ち合わせです」
『え?誰を待ちぶせしてるんです?』
『違う違う。待ち合わせ』
『これからどこへ?』
「そろそろ帰ろうと思って」
「ずいぶん早いなぁ。終電まで、あと5時間もあるのに」
この程度で十分。爆笑を狙うよりは、女性側のツッコミを誘う方が重要だ。
「で、少し打ち解けたら、相手の名前と職業を間いて会話を膨らませていきます。『どんなお仕事なんですか?この名字だと、ご出身は○○ですか?』みたいな感じですね。後は電話番号をゲットするだけですが…」
ここで、道は二手に分かれる。時刻がまだ日中か宵の口なら、ひとまず電話番号を押さえ「すぐに連絡します」とだけ伝えて身を引くのが得策。逆に夜半過ぎなら、一気に居酒屋、ホテルのストレートコースを狙う方がよい。
「ただし、これで番号ゲットまでいく確率は40〜50%ほど。そこから、さらに飲みに繋がるのは30%ぐらいです。どんなにテクニックが上がっても、この割合だけは変わりませんね」前段でいったん獲物をリリースした場合は、再会の約束が第2ステップとなる。むろん、その日の内か翌日には連絡を入れるのが基本だ。
『さきほどはありがとうございました。よければ今度飲みに行きませんか?』ストレートに用件を打ち明け、少しでも祷膳されたらガチャ切りで次の番号へシフト。4人に1人が誘いに乗ってくれば上出来だ。待ち合わせ場所は、高級ホテルのロビーを選ぶ。非日常の世界に憧れがちな、人妻特有の心理を突く作戦だ。飲み場所は居酒屋で構わないが、「村さ来」や「魚民」クラスでは嫌な顔をされる可能性が大。店内では、主に聞き役に徹して夫との関係や休日の過ごし方をリサーチする。と同時に塩辛いつまみを頼んでノドの渇きを煽り、焼酎か白ワインをガンガン勧めていく。
「この段階では、会話のテクニックはさほど関係ありません。よく「相手の悩みを聞いてあげよう」とか『下ネタに持ち込もう』なんて言いますけど、路上で誘った場合はあまり意味がありません。どんなに会話が盛り上がっても、ヤレない女は絶対にヤレませんから。というか、会話慣れしてるぶんだけ、ナンバに対する免疫が高いと思った方がいい」逆に、話がチグハグなほどセックスに至る確率が高い。例えば、以前、氏が銀座で声をかけた主婦の場合。
『吉田さんも今日は買い物だったんですか?』
「うん。ネクタイだけ買ったんだけどね。安く売ってたから」
『そういえば、私もこないだ安い買い物したの。スーパーで白菜が100円!すごいでしよ』
結局、1時間ほど会話を続けても、彼女は決してファッションやアクセサリーの話題に触れなかったという。
「こういうタイプが一番モノになります。この時は、焼酎をガンガン勧めて、店を出た足でホテルまで行きましたから。他にも食事の仕方が汚い女とかね」最終ステップ、連れ出し。居酒屋内では情事を匂わすにとどめ、店を出て初めてラブホに誘うのがポイントだ。
「人妻って、衆人環視で誘うと急にガードが堅くなるんです。だから、ひとまず人目の着かない場所に行かなきゃなりません。次の店に行くブリをして路地裏を歩いてみたりね」
氏の場合はその前にもう1クッションを置く。会計後、エレベータ内や階段の踊り場に入った瞬間、おもむろに相手の耳に触れながらささやくのだ。
『このピアス可愛いね』
「え、そうかな」
「耳って気持ちよくない?」
ここで嫌がるそぶりがなければ、耳たぶを撫でつつ一気にキスまで進む。
「耳は重要なリトマス試験紙ですよ。ここを触らせてくれる女性なら、強引に出ても大丈夫です。もしキスの段階で断られた場合は、最低でも8回は迫ってください」
それでも拒まれたら、誠実な口調で説得にかかる。
「ごめん。理性が吹っ飛んじゃって。でも、君が魅力的だからどうにもならないんだよ。どんなに我慢しても、君を見てたらどうにもならないんだ」これでダメならキッパリ次行こう。
ナンパは仕草や表情など非言語情報にこそ真実が
人の発する言語がいかに空虚で、仕草や表情など非言語手段こそ真実であるかを、漫画や戯曲の作例を使って瞬時に説明してくれ、ニヤリとする。が面白かった。
〈相手の話を聞く時、女性の方がアイコンタクト(見つめ)の時間が長い。この女性の特性がわからないと、相手の発しているノンバーバル・メッセージ(非言語情報)を取り違えて『自分に好意を持
っているに違いなどと勝手に判断〉
女の非言語情報といえば、天才ナンパ師、日く「女性の話を聞くより、足の動きを見てます」・足をモゾモゾ動かしている女だったらゲット率は格段に上がるらしい。中学の国語教師そっくりで声をかげづらかったの「気がつかなかったでしょう。早く誘ってってサインしてたこと」
テレクラ探検初期のころ、人妻から言われた。喫茶店で、彼女が髪の毛を盛んに触って気を引いていたのを俺が気がつかずにダラダラ話をしていた、というのだ。
キスをしたまま、カメラをタイマーにセット、シャッターを押そうとすると、かたまった顔になって顔を離す。で、終わると「もっとしていいよ」と、にこやかに口をつけてくる。普通の女ならカメラを向けたら、笑うかVサインをつくる。なのにこの女は逆。
腰を抱き寄せてツーショットを撮っても、全然別の方向を見ている。だが、カメラの電源を切り、ズボンの上から女の手を下腹部に触らせると
「元気みたい、なめてあげる。フフ」と言って俺をソソらせる。どうなってんだ。
「写真いいっていったじゃない。約束違反だよ」
「…笑わないでね。実は…私が信奉してる宗教には・笑った写真を撮られると不幸が起こる、って教えがあるのね。だから…」
いかにも嘘っぽいが、しかたない。全裸ポーズを数枚撮って電源を切る。
「ウソじゃないの。半年前、母が心臓発作で亡くなったのよ。富士山で写真撮ったとき、大笑いしたのが原因だって」女は真顔だ。
「じゃあこうしよう。あと2枚撮らせて。アソコを開いたとこと、しているとこ」
「ウン、約束してね」
好きでこんなハゲ男と一緒にいるわけトゃないシャワーを浴び、開脚させてパチリ。乳房に軽いキスをした後、陰唇をかき分けてクニトリスに舌をつける。
「ヒャッ、もっと」女が自ら性器を拡げる。指マンしながらキスをすると甘い舌で応えてきた。「ねえ、寝て」言われたようにマグ口になると、俺の乳首から腹にかけて唾液をつかってサービスしてきた。ペニスをゆっくり吸われ、すぐに固くなった。女が尻を向けて俺の上にきて69の姿勢になる。尻肌は適度に柔らかく張りもよく、テレクラ系女としては抜群。それを開くと色づいた陰唇と赤ピンク色した臆が出現した。紅門はややシワが多く小さな豆痔が見える。腔の中に舌を入れる。と、それを合図に女の口がペニスを吸いあげた。
「もっと下もなめて」
ゆっくり紙めはじめた。お尻の穴も足を上げて尻を向ける。舌を紅門に感じた。
ナンパはゲームなり・ガールズ居酒屋も路上も数をこなせ
ナンパはゲームなり。
いろんなアプローチを読めば、そう納得せざるをえない。なるほど、相手にブツかうて偶然の出会いを演出するのも結構、チャットセックスのサイトを自分で立ち上げるのも十分アリだろう。しかし、こうした手のこんだナンパ記事を目にするたび、ある種のジレったさを感じてしまうのはオレだけだろうか。
仕掛けに凝り、ゲームで獲物を釣るのはオモシロイ。が、なるべくなら手間も時間も金もかけずに目的を達成したい。さっさとヤルことやって、あとはシゴトや遊びに時間を割きたい。それが男の本心なんじゃないのか。そこで考えた、いや脳味噌を空っぽにして編み出したのがこの方法である。
〈道行く女に片っ端から、一緒にホテルへ行こうと声をかけてみる〉
我ながらバカげた手だとは思う。女をナメ過ぎていると言われれば返す言葉がない。が、しかし、ハンバーガーをくう感覚で行きずりのセックスを楽しむ近頃のギャルどもを見ていると、案外ホイホイ付いてくるのではと思えてならないのだ。
ま、かというて昼間に試したんじゃ絶対ムリだろうから、やはり狙うは終電も過ぎれば勝算は出てくるはずだ。そんなわけで新宿歌舞伎町。自分の中の50点以上の女に手当たり次第アタックした。
「ねーねーどこ行くの?、これから一緒にホテルへ行かない?いいよね」
なるべく、イヤらしさを払拭した明るいさわやかに声をかける。が、オレはそこでかつて味わったことのない挫折を味わう。とにかくトークにならない、オハナシにならんのだ。相手の足をとめさせても、こっちが例のセリフを言うた瞬間、聞かなかったフリをしながらみな走り去っていく。
OL風、学生風にばかり絞ってみると、ほとんどがこのザマである。オレはアタック数20人を超えるころから方針を変え、お店帰りと思われるキャバ嬢、フーゾク嬢風のギャルを狙うことに。と、敵もさるもの、こちらもかなりきついリアクションが待うていた。
「ウゼーよ、ウゼー」「こいつバカじゃん(笑)」
どの女もこの世でもうとも醜い物体を見るような目。そして終電後のちょうど40人目にさしかかろうかというときだうた。
「オレと一緒に一晩明かそうよ、ホテル代出すからさ。いいでしょ?」
花+花(はなはな)のカワイクない方に似たその女は「やーだー」とニコニコ笑いながら足をとめた。「お金くれるんならいいけど、アタシ高いよー」「え?いくら」と思わず聞き返すオレ。
「バーカ、一生やってろ」
そんな捨てゼリフとともに、女はそそくさとタクシーの後部座席へ。結局その後も玉砕し続けたオレは、1人寂しくマンガ喫茶で朝を迎えたのだうた。声をかけた数、42人。そらみたことかと笑うなら笑え。が、ナンパにもっとも重要な声をかける勇気と断られてもめげないタフネスさを養うにはもってこいの修行と思えなくもない。でも、やうぱ二度とやらんわ、こんな修行。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内