1_202001081651379c2.jpg0055_20181029162206d6a_20190929154931a9a.jpg0056_20181029162207507_20190929154933b86.jpg0057_20181029162209432_20190929154934a38.jpg0058_20181029162210269_20190929154936da8.jpg0059_20181029162212904_20190929154937aa4.jpg

【概略・全文は上記記事をお読みください】

みなさんは、シロートの外人娘とセックスをしたことがおありか。
オレはノーだ。かねがね、一度は金髪や赤毛の娘とハメハメしてみたいと思ってるのだがいったい、どこで引っかければいいんだ?海外旅行は大がかり過ぎるし、語学教室に通う金もない。なら外人パブは?いやいやライバル過多のナンバ場で、流暢に英語がしゃべれないのは致命的だろう。
ねーちゃんと簡単にお近づきになれるのはゲストハウスでは?この施設、シャワーやトイレ、ベットルームなどを、客同士がシエアするという宿泊スタイルで、物価の高い日本にやって来た外人観光客がわんさかいるという(もちろん、日本人も宿泊可)。
気分は解放的、見知らぬ土地に興奮し、浮わついてもいるだろう。さすれば、お股のガードも甘目に設定されているのが世の道理。これ以上の《狩り場》がどこにあろうか。
オレは東京生活8年選手だ。
『ご飯食べにいこうよ旨遊びに行こうよ旨案内するから』
でキッカケは十分。酒でも飲ませれば、コロっといくんじゃないのか、おい。狙いはすでに付けている。東京・浅草のゲストハウス『K』。宿に問い合わせたところ、連日ほぼ満室続きで、宿泊客に占める外人率は8割強ときた。オナゴもちゃんといるらしい。
ヘイ、ガール、アバンチュールしようじゃねえか。地下鉄浅草駅から地上に出たのは午後6時過ぎ。隅田川を左手に1分ほど歩くと「K」の看板が見えてきた。外人ネーチャンのウケを狙ってか、入口にはフリチン狸の置物がある。

オレのチンコも見てもらいたいのぉ。さーて、どんなオナゴがいるかな?1人もいなかった。リビングで談笑する7人は、ナンバ客を笑うかのように、みな野郎である。拍子抜けして立ちつくすも、事態はさらに悪化する。チェックインを済ました後、店主から、「今日は3階の個室ですから」「えっ、大部屋じゃなくて?」「いっぱいなんですよ…」
男女のミックス部屋で、ねーちゃんたちのナマ着替えや、夜のお誘い、予想外のハプニ
ング。期待に股間を膨らましていたのに、この仕打ちはあんまりだよ〜。
「個室ですから、ゆっくり休めますよ」
オレの消沈など知る由もない店主を残し部屋に上がり一服。テンションを上げねばと、持ち込んだビールを煽っていたところ、何やら廊下から英語が聞こえてきた。明らかに女の声。待ってました。廊下にブロンズのネーチャンが一人立っていた。いつか米ドラで見た覚えのあるような、お目めクリクリのベッピンさんだ。ハーイ。どこから来たのぉ?「フロムカナダ。アナタは?」
ガチャリ.鼻の下を伸ばしていたオレの背後で、突如ドアが開いた。強面の外人が不審そうな目をくれている。彼女に『ワッッ、ハツプン』なんて声をかけているってことは、やっぱそうなの「イエス。マイ彼氏」こりや失礼。逃げるように階段を降りると、リビングのメンツが半分チェンジしていた。

日本人女が白人男と歓談中である。目当てのブロンズはいない。ソファに腰を降ろし、ビールをちびちび。いくら共用スタイルの宿と言っても、自分以外の部屋に踏み込むのは、さすがに気が引ける。ここで獲物が現れるのを待つしかないか。

張り込むこと2時間。缶ビールを5本飲んだところで忍耐は切れた。誰も来ねーじゃんよ。いや、正確には完全にデキ上がっていた。あ、誰かとしゃべりて。

「ねえ、どっから来たの」
先ほどまで白人とくっちゃくっていた女に、おもむろに声をかけた。夕ーゲットとは程遠い、純日本人顔。エラの張ったダンゴっ鼻も、酔っぱらいにはカワイイんですよ、これが。

「岐阜だけど」さっき外人と話していた卜ーンより1オクターブ低い。ナニ、差を付けんてんだよ「名前は?」「ミユキです」1週間前から滞在しているらしい。
おっ、リビングにクールガイが入ってきたけど、さてどうだ?予感的中。彼女、声をかけました。そーかい、そーかい。まあ、同じ穴のムジナやし、気張ってやりやあ。リビングで飲み始めて3時間。どこぞで飯でも食っていたのだろう、ちらほらとカワイ子ちゃんが顔を見せ始めたのだ。

さて、ここからが本番だ。改めて気合いを入れたオレが、再び肩を落とすまでに時間はかからなかった。大半の娘が彼氏付きなのである。もちろん、中には女同士のネーチャンもいたが、5分もせずにリビングを後にしていく者ばかりだ。アクションのかけようがないじゃんよ。

結局、横でヒマそうにしていたアラブ人と、深夜0時の解放時間終了まで男酒するオレであった。2日目。キャンセル待ちを頼んでいたおかげで、大部屋が確保できた。とはいえ、ルームメイトは男ばかり。むさ苦しさ、鬼のごとしだ。さて、今日は何とか成果を出さねばならん。

リビングルーム待機作戦はボロボロだったし、ならば、本日は玄関先で声をかける作戦でいくか。出かける者。オモテから帰って来る者。玄関を通らずして『K』に出入りはできない。

リビングで待つより、可能性は高そうだ。待ち伏せを始めたのは、夕方6時。セックス目的のナンバであるため、昼間は骨折り損だろうと、この時間からのスタートだ。玄関というより、ほんとど路上で、オレはタバコを吸いながら獲物を待った、さあ早く現れやがれ。
予想どおり、オナゴの出現率は高かった。しかし、やはりというべきだろう。夕ーゲットのカワイ子ちゃんは、みな男連れである。こりや、女選択してる場合じゃねえのかなあ。

1時間待って、そろそろ寒さが身に堪えだしたころ、Kの中から女の英語が間こえてきた。さあ、早くお顔を見せておくれ。あっちゃ。黒人と日本人の女2人組じゃん。いいよもう。行っちゃうもんね!
「どっから来た人?」「ニューヨーク」黒人の方はジーダ。日本人かと思った女は中国人で、マンハッタンの中華街在住らしい。名はウイーナだ。

「ご飯食べに行くなら、一緒に行きたいんだけど?」「いいよ」初アクション。「何食べたいの?」
「安いやつ。日本料理」「オッケー、じゃあ行こうぜ」仲見世通り周辺の商店街をブラつくこと5分。適当な店が見つからず、結局、場末のうどん屋に2人を連れ込んだ。オレとウィーナは、寿司うどんセット、ジーダが海鮮井を注文。メシを食いながら、オレは考えた。

さて、この後どうするべ。彼女らに付き合うか?新たな獲物を探しに出るか?こうして打ち解けてくると、もう少し話したい気もしてくるし、路上待機に戻るのは正直キッイ。何より、先ほどからオレの眼前で揺れ動くジーダのふくよかな胸が気になってしょうがない。

目的は、シロウト外人娘とのセックス。彼女らも、その部類に間違いない。どうするよ、おい。答を導いてくれたのはウィーナだった。
「パーティーない?R&Bとか、ヒップホップ」女からのお誘い、もう断るわけにはいかんでしょう。よっしゃ、コイッらでキメてやる。新宿交番横に位置する、クラ『X』に入った。1千円2ドリンク。

彼女たちの懐具合を考えての店選びだ。ズンドコ、ズンドコ、ズンドコ。ヘイ、チエケ、チェケ、チエケラ。週末とあって、客が多い。ダボダボ服の少年、ポスト・ビヨンセと言った感じの少女。

それに混じって、黒人の姿もチラホラ見うけられる。案の定、ブラザーを見つけたジーダは、すぐに彼らと仲良くなった。間き取れないスピードで、何やら踊ったりしゃべったりしている。ジーダに気付かれないようオレはウィーナに声をかけた。
「後で、宿に戻ったら階段に出てきてよ。プレゼントしたくて。1人分しかないから」
少し困った顔をした後…ほっ、彼女うなずいてくれた。むろん用意はない。たまたま浮かんだ呼び出しの理由が、プレゼントだっただけだ。

恥ずかしいセリフとは思ったけれど、必死なんだからしょうがないよ。にしても遅い、10分ほど前から階段に座りこんでいるのに、彼女は一向にやって来ない。もしかして嫌われたか?いやいや、あり得ないだろ。好き嫌いのはっきりしてるニューヨーカーのこと。気乗りりしないなら断るハズだ。

あれ、もしや、英語が通じてなかったのか?んでもって、もう寝てしまったのか?だったら今日のオレはゼッタイに引かれぞ。恐る恐る、彼女のいるミックス部屋の扉を開いた。中はまっ暗。手が汗ばむ。鼓動が速まる。1番手前の2段ベットの下段に彼女はいた。ジーダは上で寝ている。
「ウィーナ」
「:」
「ウィーナ」
「オーマイ、ガー」
めつちやビビってんぞ。そりゃそーか。一歩間違えりや、犯罪者だもんな。まーまー、ちょっと話聞いてよ。プレゼントの件は、やはり通じていなかったようで、オレは正直に、もう少し一緒にいたかったことを伝えた。優しく笑い、自然な流れでキス。そのまま、胸に手を伸ばし…たところで強く拒絶された。彼女が無言で上を指差している。ここら辺が引き際だろう。グッナイ。

ゲストハウスは、かなり使えると言えなくもない。しかし1ケースだけでは、まだまだ判断しづらいところもある。実際には、ヤレていないワケだし、特別だったってことも考えられる。もう少し、検証の必要ありだ。いや、はっきり言って、この検証などはどうでもよい。金髪や赤毛のカワイ子ちゃんと、セックスできてないってことの方が、オレにとっては重大な問題なのだ。このまま帰るワケにはいかんぞ。夕方7時過ぎに『K』に到着してぶったまげた。金髪に赤毛、青い瞳の少女たちが4人、玄関前で談笑している。マジかよ〜!
「どこからきたの?」「ノルウェーです」「大学生?」「そうです。」
何でも、建築を先行している大学生の集団で、教師4人と生徒で、日本建築を見に来ているらしい。
こんな娘達が他にも、うじゃうじゃとねえ。もう何でもわかんないことあったら言って。
「テレホンカード、どこで売ってますか?」はいはい、手取り足取り、教えてあげるよ〜。
4人の北欧娘を連れて近所のコンビニに入ると、客や店員の注意が一斉に集まった。みなさ〜ん、彼女らの引率者はボクですよ。国際テレホンカードを購入し、親切に電話のかけ方を教えてあげた。そこに、1人の女の子が
「ご飯、いっしょに食べませんか?」赤毛のべリンダ。マジ?オレを誘ってんの?行く、行きますよ〜で、何食べたい?「寿司。安いの」「じゃ、回転寿司だね」少し日本語をしゃべれるため、自然、会話が弾む。この子とヤリたいのぉ。回転寿司を出て、仲見世通りをKに戻る道すがら、前方に3人の女の子たちを見ながら、オレとベリンダは並んで歩いた。友達で昨日は失敗しているし、同じ過ちは繰り返したくない。
「浅草寺見ていかない?ライトアップされてされてきれいだよ」「いいけど…」
「友達は置いとこうよ。2人で行きたいし」「うん」いとも簡単に彼女がついてきた理由は、何だったんだろう。やはり、見知らぬ地で浮ついていたためなのか?はたまた彼女が特別で、日本人の男に興味があったのか?出会って2時間。浅草寺の境内で、彼女はオレとキスをかわし、その夜、オレの個室で白く透き通るよう身体をさらした。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。