★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0094_2018102513054469c_20190928141957e90.jpg0095_2018102513054680e_2019092814195976d.jpg0096_201810251305477ad_2019092814200079e_20200108160526dfb.jpg0097_20181025130549e1f_20190928141956a82_202001201116264a4.jpgh088.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
出会い系としての利用価値も高いと言われるサイトだ。仲良くなるには遠方より近所のほうが何かと都合がいいのは当然である。しかしこれ、正攻法、つまり近場の女にかたっぱしからメールを送るやり方ではそうそううまく行かず、1通のリターンすらないのが現実だ。女側にすれば、あまりに近所だと逆に警戒心が強まるのだろうか。実はご近所さんで女と出会う近道は、サークルなのである。食事会、飲み会、ダーツなど、活動地域がある程度限定されたサークルに入会し、オフ会で目ぼしい相手を見つけるのがもっとも手っ取り早い方法だというのが、今の共通認識となっている。
しかし大勢の中で自分をアピールするのは苦手な人も多いことだろう。ルックスや喋りに自信がないからこそメールでなんとかしようとしているのに、名も知らぬ人たちに混じって女をゲットするのは難しいのではないか。
「ぜんぜん色っぽい内容にならないんです。他愛のない世間話を交わすぐらいで」
なにせ相手は40代、彼にもやましい気持ちは起きなかった。なんとなく暇つぶしに付き合っていただけのことだ。そんな折、彼女がメールで告白してくる。
「私バッイチなのって。だから僕もそれに合わせてバツイチってことにしておいたんです」
この時点でわずかに下心が芽生えていたのだろうか。彼もまた同じバッイチとして悩みや愚痴に付き合う方向を選んだ。この嘘が後に功を奏すことになる。
「別れた理由は、妻の借金ということにして。こっちに非があると、引かれちゃうじやないですか」
こうしてしばらくバッイチ同士のメールをするうちにサークルへはいらないかと提案があった。バツイチ女性が人並以上にさしい生活を送っているだろうことは容易に推測できる。こちらも同じバツイチなら心を許すはず。これは展開次第ではオイシイのではないか。サークルは完全オープン制ではなく、まず自己紹介メールを送り、主催者のOKをもらってからでないと参加できない仕組みになっていたが、条件はバツイチで独身であることのみ。わざわざ戸籍を確認されることもなく、自己申告のみで参加を認められた。定期的に月に2度ほど行われる飲み会に、彼が初めて参加したのは、翌土曜の夜だった。さてその飲み会、バツイチだらけとはいえ、話題までもが物悲しいわけではない。聞こえてきたのは、子供のこと、結婚指輪をどう処分したか、次回のオフ会はいつにしようか、そんなどうでもいいような話題だった。彼の隣に座った女性は、今日は子供を親に預けているという。
「これはイケると思いましたね。そんなこと言うなんて、誘ってくれってことでしょう」
とはいえ2人きりで消えると、他の会員の反感を買いかねない。特に主催者の男に目をつけられると、今後にも支障をきたす。席上でメアドを交換し、2次会の途中でトイレからこっそりメールを送った。《この後、○○で待ち合わせしましょう》これで、ごっつぁんである。彼は決して容姿に優れているわけでも話上手なわけでもない。ただ、隣でふんふんとあいづちを打っていただけのことだ。
既存のサークルへ参加することに抵抗感がある人も多いだろう。すでに知人同士になった輪の中に、後から入っていくことの難しさ。共通の話題に入っていけないもどかしさ。控えめな態度ではなかなかナンパになど結びつかないものだ。2人目に紹介する、武藤孝一氏もまた同じ悩みを抱えていた。入りたいサークルはいっぱいあるけれど、転校生扱いで迎えられるのはイヤだ。そこで彼は自らサークルの主催者になる方法をとった。リーリダーとしての立場なら、ちょっかいも出しやすいはずだ。
さて、どんなサークルにしよう。何かをしたくて作るわけじゃなく、目的はセックスのみ。ならば下手にイベントを開くのではなく、まったり飲むだけなのが一番だ。熟考の末、サークル名と活動内容が決まった。《○○○(地名)周辺で飲みましよっ》
○○○は自宅近辺の駅名である。つまり、家の近くに会員を集めて飲み会を開き、酔っ払った女を部屋に連れ込む計算だ。参加資格は特になし。主催者の承認がなくても参加できるフルオープン制をとることにした。立ち上げて3日目、さっそく掲示板に書き込みがあった。
《私も○○○に住んでいます。ぜひ飲みに行きたいです》いきなりの女性会員。好スタートである。
「でもここでさっそく飲みに行きましょうと誘うのは露骨すぎるので、もう少し様子を見ることにしたんです」わざと直接はメールせず、掲示板にレスを返す。
《参加ありがとうございます。5人ぐらい集まれば、みんなで飲みましょう》
オープンな掲示板は、女性のカキコミによって活気付くことが多い。男女を問わず、男だらけのサークルになんて入ろうとは思わないものだ。Aさんの参加は、新たな女性会員Bさんを引き寄せた。
《○○○は隣駅です。結構好きな町なので参加してみました》
さらに、3人目のCさんも女性だった。
《はじめまして。地元が○○○なので、ぜひ》
これで自分を入れて4人。そろそろオフ会を開いたほうがいいだろう。ところが日程の調整が難しく、なかなか全員が揃うのは厳しそうだ。彼は掲示板にメッセージを記した。
《日程調整が難しいので、とりあえず僕の携帯をみなさんにメールします。都合のいいときに連絡ください。みんな近所なので、だらだら集まる形にしましょ》
最初に電話をくれたのはBさん。プロフィールでは30代前半となっていたが、平日の夜に駅前
に現れたのは、軽く40を超えているだろう明らかなオバちゃんだった。サークルは出会い系と違うので、事前に写メールの交換をしにくい。こういうレベルが来るのもいたしかたないのか。それでもまだめげない。ショップ店員Cさんが残っている。例のごとく、あくまで《みんなで集まりたい》旨を強調して、カキコミを続けた。1週間後、ようやくCさんから電話が来た。Aさん、Bさんのレベルに慣れていたせいか、Cさんは実にマトモに見えた。
「ほんと、普通の女なんですけど、セフレにできるなら喜んでというレベルですね」
過去2人とは1時間ほどで解散したのに、今度は2時間3時間と飲み続ける。こうなると、強い。
ウチに来る?って軽く誘ったら、おずおずやって来ましたね
このあたり、サークル主催者として、他の女性ともいたってさわやかな交流を深めてきた成果であろう。かくして彼女は都合のいい女になり、現在はたまに料理など作ってくれる関係だという。
社会人がサークルを作って女子大生と近づく
社会人になり早5年。少しはモテるかもと思って選んだ流通業界だが、現実は暗い倉庫で商品管理を続ける毎日だ。
くそ-、こんなはずじゃなかったのに…。その春の朝もうつむき加減で出社していると、会社の最寄り駅周辺に、いつもは見かけないサーファー風ニイちゃんが大勢たむろする光景に出くわした。キミら何やっとん?
見ると、彼らは手に手にカラフルなチラシを握っている。どうやら近くの女子大の入学式に合わせ、サークルの勧誘にやってきたらしい。
ええのー学生は。女の子と仲良くなる機会があって。
コンパでキスしたり、河口湖で乱交したりするのかい。俺も学生時代に戻りて-よ。まさかこんなアホ面の茶髪ニイちゃんを羨望の眼差しで見つめることになろうとはな…。
見てる必要ないじゃん。俺も偽サークルを作って学生になりきり、女子大生と近づいてやろうじゃないの。
そうと決まれば即実行○まずはチラシの作成からだ。大学は早稲田でいいか。サークル名は「秘湯めぐりの会」にしよう。温泉好きの女って多いからな…ふふふ。
昼休みに女子大前で配布し始めて3日目、携帯が鳴った。
「あの-、新歓コンパ行きたんですけど-」
「ああ、はいはい」
どうも友達と2人で来るらしいよつしやもっとドンドンかけてこんかい。と、意気込む俺だったが、結局参加表明をよこしたのはこの2人だけだった。ま、よかろう。
ところで、サークルのコンパに男が俺1人というのも変だし、バランスもよろしくない。当日のコンパの直前にもう一人参加する先輩が言う
「新歓に4人しか集まらないって、不審がられね-かな?」
「そうっすかね-」
「じゃあさ、こういうことにしない?」
アイディアはこうだ。メンバーが集まらなかったので、残念ながら正式なコンパは中止になった。でもせっかく来てくれたんだから、今日はサークルの会費でオゴる
「おっしゃそれでいきましょ」
「こんにちは-」
約束の時間に高田馬場に現れたのは、どこからどう見ても女子大生の2人組だった。俺たちの風貌を見ても疑うことはなく、コンパ中止の知らせにも
「オゴってくれるの-。ありがとう」
と屈託ない。
「わたし、温泉行きたかったんですよ-」
「わたしも-」
居酒屋でもサークルの実在を疑わぬ彼女ら。そうかいそうかい、勝手に行けば?俺たちや温泉なんかに関心ないもんね。
学部や学年に対する突っ込みも無難にかわした俺たちは、
さらに2次会のカラオケに2人を連れ込む。
が、そこでいきなり先輩がブルーハーツを歌い出した。
「ナニーこの曲?」
おっさん、それあんたの青春の歌でしよ。今の大学生はこんな曲歌いませんで。
会は盛り上がり、2組別れながらお互い口説く。いい感じになりながら最後の段階へ
「こっそりばっくれてホテルいかない?」
「いやだ、わたし社会人の方がいいんだ」
女子大から共学に変わった女の園に入学

女の園に入学するの巻
裏モノ読者のみなさん、どうもこんにちは。小林です。よろしくお願いします。

僕、裏モノのファンでして、記事を参考にナンパばっかしてたんですけど、そのお礼の意味も込めて、この前の3月ディズニーランドへ遊びに行った帰りに編集部にお邪魔したんです。そしたらなんか、いきなり連載してみないかって言われちゃって。っていうのも僕、この春、短大に入学したんですよ。ええ、短大。実は関東のとある女子短大が2年前から共学に変わったんですね。つまり短大のくせに男も入れるようになったと。学年300人くらいのうち、男は20人くらいしかいなくって。工業大学なんかで逆のパターンは聞きますけど、こんなのって珍しいじゃないっすか。その話をしたら、そりゃおもしろい、ぜひ2年間のキャンパスライフを逐一報告しろってことになったんですね。

要するに、何人オンナを食えるか、どれだけ簡単に食えるか、そういったことをリポートしろってわけです。やっぱ早稲田だ慶応だって言っても、そんなにモテるわけじゃないですよね。女もそう多くないし、どうしてもバイト先とかナンパとかで知り合うしかないでしょ。それにくらべてウチの短大はとにかく女ばっかですから、もうモテないわけがない。ヤリまくりが目に見えてる。そんな夢のような生活をみなさんに聞いていただこうと。へへ、なんかイヤミっぼいですね。

僕、卒業して去年のー年間は仕事してたんですね。でもやっば1度は大学行ってみたいなあってずっと思ってて。社会人推薦って形でどこか行こうと考えてたところにこの大学を見つけたんです。実家からはめちゃくちゃ遠いんですけど、もう絶対行ってやると思って。試験は面接のみです。どんな仕事をしているのかなんて質問に答えるだけで、ハイ合格。バッ力な学校でしょ。

だって僕、分数の足し算も口クにできないんすから。で、先日行ってきました入学式。つうか、その前日に予行演習みたいなのがあったんですけど、これがもうキャバクラ嬢みたいなのばっかりがキャンパスをうろちょろしてるんです。なんじゃこれは、みたいな。男は20人くらいかなあ。サーファー系のヤツらとか長髪のナンパ師みたいなのばっかですね。僕がいちばんおとなしいくらい。ちょっと話してみたら、やっばりみんな女目的みたいで。そりゃそうですよね、勉強するためにわざわざ女ばっかの短大入りませんよ普通。入学式当日も、女はキャバクラスーツが多かったですね。化粧と香水の匂いがプンプン。2学年合わせて600人くらいがその調子ですから、もうクラクラしましたよ。

びっくりしたのが、次の日の健康診断です。採血だ、レントゲンだって、各教室をぐるぐる回るんですけど、みんな僕の目の前で普通に服を脱ぐんですよ。さすがに乳首までは見えませんが、ブラジャー姿でうろちょろされるもんだからこっちも勃ってしまいそうになりました。いやあ、なんかすこいとこに入学しちゃったみたいっす。とにかく僕の学生生活は始まったばかり。学校全員のオンナとヤルことを目標に毎日張り切りますんで、応援お願いします。さて、どこのサークル入ろっかな

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内