★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0186_201810241147410da_20190816181942e3e.jpg0187_20181024114743ba8_201908161819435f6.jpg0188_20181024114744c3b_20190816181945104.jpg0189_2018102411474540e_201908161819472d9.jpg0190_20181024114747ded_201908161819487a6.jpg0191_2018102411474974d_201908161819494f7.jpg0192_201810241147501c4_20190816181951af3_2020082909561789f.jpg2015120.jpg2015121.jpg
男子公衆便所に女の連絡先の書いた落書きがあるが女子便所に男の連絡先を書けば連絡は来るか?

男子公衆便所に書かれた女の連絡先の書いた落書きに片っ端からアクセスしていたが、落書き内容がガセなのは誰でも予想がつくこと。仮にたまたま本人とつながったところで、とてもナンパに応じてくれるとは考えにくい。ま、確かに、何人かの人間には会えたようだが、ベッドインできたのがホモのおっさん1人だけとかいうのでは・・・

「何をやっとるんだ」と責められても仕方があるまい。そこでオレは考えた。逆に、女子トイレにこちらの電話番号を記しておけばどうか。女だって内容に興味を持てば連絡してくるだろう。とはいえ、ただやみくもに落書きをするのではいかにも効率が悪い。やはり、どこに、どんな文面をかくのか、しつかりと戦略を立てておいたほうがいい。思案の末、オレは以下の4パターンの文面を、それぞれの内容に適した場所に記すことにした。

1「ヤリチン。ヒロシ」

〈狙い〉ヤリたくてしょうがないセックスに飢えた女。ヤリチン男と知りながら電話をかけてくる女ならば、目的はセックスに決まっている。

〈場所〉イマ風の若い女が集まりそうなファッションビルやファーストフード店。ウソかホントか知らないが、若い女性の間では、ヤリチンかある種のステイタスと見なされているらしいかりだ。

2「援助常連男。タカシ」

〈狙い〉不況が叫ばれる昨今、金に困っている女は腐るほどいる。目先の金にも事欠いていれば、この援助メッセージには必ずや食いついてくるはずた。

〈場所〉職業安定所。職を探している女が、金に困っていないワケがない。

3「逆援助男トモヤ」

〈狙い〉裏モノでも何度か取り上げられている、今流行りの逆援助交際女。

〈場所)デパートの一局級婦人服売り場や超一流ホテルの口ビーなどのトイレ。要するに、金もヒマも持て余していそうなご婦人方が集まりそうな場所だ。

4「イタ電してたら、ちょー面白いヤツがでた。タクヤ」

 〈狙い〉日常に物足りなさを感じている女。都会には、淋しさを抱えている女が多そうな気がする。そのテの女に、心のスキマを埋めてくれそうな「面白い男」というキャラクターは有効だろう。

〈場所〉ゲーセン、バチンコ屋。生活が充実していないからこそ、そんなところでヒマしているのだ。
ちなみに落書きことに名前を変えているのは、相手が電話をかけてきた際、それに見合ったキャラクターを演じるため。相手が「タクヤさんですか」といってくれば、ノーテンキな男を、トモヤであればホスト然とした逆援助交際男を、といった具合にキャラを使い分けるのである。オレはさっそく女性協力者と共に新宿、渋谷、町田を回り、女子トイレに落書きをしてもらった。

「ヤリチン、ヒロシ」を見た女子から電話が
落書き翌日の午後、携帯が鳴った。しかも、相手の番号が通知されているというオマケつきだ。出ると、相手は女子大生風の女のコ。

「あれ、間違ったのかなあソッチ、何て名前ですか?」

まずは、トイレの名前と同一人物であるかどうか確かめようとする女

なるほど、そう来るか。まいったな、いったいどのキャラクターで攻めればいいものやら。第三者に落書きされたという設定である以上、まさかこちらから

「トイレには何て書いてあった?」と尋ねることもできない。女子大生が興味をそそられたならヒマ潰しかと「トモヤだけど」と言ってみると、「やっぱり間違えました」と雷話はガチャ切り。違ったか。が、相手の携帯番号まで判明しているのに、このままみすみす獲物を逃してしまうのももったいない。オレは電話をかけ返した。

「ひょっとして、トイレの落書き見たんじゃない?実はオレ、他のコからも色々イタズラ電話がかかってきて困っているんだよね。どこに何て書かれてたのか数えてよ」

この物言いか功を奏したのか、女は渋谷の某ファッションビルのトイレの落書きを見たのだと告白。ということは、ヤリチン男に食いついてきたのである。それならばと、「その落書き、写真に撮ってもらえないかな。犯人捕まえたいからどんな字のヤツか知りたいんだよね」とお願いしてみると、「じゃあ、明日、5時に渋谷で待ち合わせましょう」といとも簡単にアポれてしまった。

ヤリチン好きの女子大生、いったいどんなヤツなんだ。次の日のタ方、待ち合わせ場所である東口のマツモトキヨシ前に現れたのは、いかにもガリ勉タイプといった感じの女。正直、ソソらない。こんなコでもヤリチンに興味を持つなんて。

想像していたオレはガックリだ。しょうがない、次に電話をかけくる女に期待しようと考えていたところ、彼女から気になる発言が。

「あの、トイレの落書き、もう消されていて、力メラで撮れなかったんですよ」
なんと、書いてからまだ2日しか経っていないのに、もう消されてしまっているというのだ。もしかすると、他も、その大半が近いうちに消されてしまうかもしれない。

嫌な予感は見事に的中した。イタズラ電話とはいえしばらくはリアクションがあったのが、5日もするとパタリとやんでしまったのだ。ちなみに、かかってきた電話は5日間で計4本。しかも、最初の電話以外はすべて非通知な上にガチャ切りで、ナンパところか会話すらままならない結果だった。

トイレの落書きや掲示板の情報を見つけ会いに行ったらどうなった

冷静になって考えてみるに、落書きの内容、「SEXOK」や「不倫大好き」が仮に事実だとしても、いきなり見知らぬ男が電話をしたところで相手にしてくれるとも思えない。そこで今度は矛先を変え、相手の居所が記された落書きについて調べてみることにした。
ルミネ2Fクミのオマンコはいつもグチョグチョのピンク色
新宿西口のトイレに書かれていたこいつはどうか(写真⑤)ルミネは若い女性向けの洋服やアクセサリーの店が連なるファッションビル。2階フロアをつぶさに見て回れば当人に遭遇するはずだ。もちろんいつもグチョグチョとはいえ、それが誰でも相手をする淫乱女の証となるかは疑問だし、さらに「ピンク色」という部分にも個人的な願望が記されているだけのような気がしないでもないのだが。なにはともあれ、さっそく新宿南口のルミネに直行。ルミネには1と2の2館あり、2階の総店舗数は認。フロアを一巡してみると店員のほとんどは女性で、しかも美人が多い。いったいカンダクミはどの女なんだ。気になってしかたない。せめて何売り場かぐらい書いてくれればよかったのに。
1人1人に尋ねるのも厳しいと考えた俺は、受付でパンフレットをもらい、学生時代の友人を装って電話で1件ずつ聞いていくことにした。
「お忙しいところ恐れ入ります。私、カンダクミさんの友人なのですが」「はい?」
「あ、あの彼女がルミネで働いていると聞いたもので。もしかしたらそちらに…」
「ウチにはおりません」1軒目は話が終わるか終わらないかの内に冷たく言い放たれてしまった。
気を取り直して次の店に電話してみるが同じく一蹴。次の店もその次の店も同様の答え。1時間かけてすべての店に電話してみたが、カンダクミはどこにも存在しなかった。
こちらは中野サンプラザ地下のトイレにマジックで書かれていたもの。ここまで具体的だとありがたい。どうやら書き主は、ただのヤリマン女が帰国子女を自称していることが気に食わないらしい。帰国子女は真面目な才女であるべしとの幻想を抱いているのだろう。どうも文面通りの女性に出会え
そうにないので、興味はないがホモのメッセージにも電話してみることにした。
「オナニーの声聞かせてくれ(ホモ)070‐******」
これは新宿西口で発見した一文、文体がいい。よほど切羽詰まっているのか。
「あ、あのトイレで見た者なんですけど」
「あ、はい」
細い声の主は若い男。
「オナニーの声が聞きたいとあったんですが」
「知らないですけど」
ホモのメッセージならイタズラではないはずと思っていたのだが、彼は心当たりがないと言う。彼は実際にホモの友達に追いかけられて困っているらしく、そいつの仕業ではないかという。翌日、浅草ビューホテルにスーツ姿で現れたオヤジは、ごく普通のくたびれたサラリーマン風情だった。
「トイレに書いて会うのは初めてだよ。若いね。タイプ、タイプ」
タイプと言われて一瞬たじろいだが、誘われるまま近くの料亭に行くことに。なんでもこのオヤジ、結婚してから奥さんにホモであることがバレ、今は付かず離れずの仮面夫婦を続けているとのことだ。「親が決めた結婚だからね。でも今の人は自分たちで決められて幸せだよ」
紅潮した顔のオヤジはすっかりご機嫌で、俺を完全にホモだと信じ切っているようだ。江戸っ子を自認するだけあって、話している分にはサバサバしたいいオヤジではある。退散のタイミングを逃し、勧められるまま大量の酒を飲むうちに、場はすっかりオヤジのペース。気が付くと俺はホテルの中にいた。何でこうなったんだと思う間もなく、いきなりオヤジの熱いキス。目をつむりへドが出そうなのを必死でこらえていると、それが余計に先方を興奮させたようで、服をいがされそのまま風呂に入れられてしまう。「かわいいね。いい体してるね-」
ヤバイ。ヤバ過ぎる。が、既に裸になっている今、逃げ出すこともできず、そのままベッドに連れ込まれてしまうことに。いきり立ったオヤジの一物を前に、最後の一線だけは死守せんがため、俺はそれを手コキするしかなかった。
無念である。無惨だと言ってもいい。何をしとるんだと責められても返す言葉はない。落書きごときに甘い夢を抱いていた俺がバカなのか、そんな落書きを書くやつが悪いのか。
無料でパンツを見せてくれるという女性のカキコミを見つけ会いに行ったら
無料でパンツを見せてくれるという奇特な女性のカキコミを見つけました。さっそく上野の陸橋に向かったところ、縁石に座っているのはセーラー服の女子のみ。正面に回れば、なるほど白いパンティが丸見えです。しかし何かがオカシイのです。パンティがもっこり膨らんでいるのです。そして顔もオッサンなんです。さすが女装のメッカ、上野と感心するしかありません。
セーラーおっさんは、足の開閉を繰り返し、ときおり手をスカートの中に入れて股間をいじっています。視姦されることに興奮するタチなのでしょう。おかしなことに、周囲にはその様子をじっくり観察している男がチラホラいます。一人が話しかけてきました。
「あの子すごいねぇ。しゃぶってくんないかなぁ?」
いったいこの人は何を言ってるんでしょう。日が暮れ、セーラーおっさんは上野公園の方へと移動しました。ギャラリー男たちもぞろぞろ後をついていきます。グラウンド近くのベンチに腰掛けたセーラーさんは、ジャージを羽織って再び大股開きし、例のしゃぶられたがりオッサンが真ん前の特等席を取りました。
「そろそろしゃぶってくんねえかなぁ」
そんなこと私に言われてもどうしようもありません。変なことに巻き込まれる前に帰るとしましょう。見せたいオヤジとしゃぶられたいオヤジ。ナイター照明に照らされた2人の駆け引きを、草野球に興じる人たちは気づいていたのでしょうか。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内