★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0068_20181023155153d13_201908230512540b5.jpg0069_20181023155155f5d_20190823051255b40.jpg0070_20181023155156d23_201908230512577ef.jpg0071_20181023155157093_201908230512582c6.jpg0072_20181023155159040_20190823051300db2.jpg0073_2018102315520031f_20190823051301672.jpg0074_201810231552026cb_20190823051303705.jpg0075_201810231552032f0_20190823051304f77.jpg0076_2018102315520549b_2019082305130675f.jpg0077_20181023155206081_20190823051307fba.jpg0078_201810231552080ed_20190823051309abb.jpg0079_201810231552092af_20190823051310607.jpg0080_20181023155211d61_20190823051312f33.jpg0081_20181023155212e0a_201908230513136aa.jpg
セックス描写満載のレディコミ、レディマガを読む女はエッチなのか?突撃インタビュー
2_20191120202923e6a.jpg3_20191120202924f89.jpg4_201911202029268f3.jpg5_20191120202927a67.jpg6_20191120202929fba_20200116132537946.jpg
【概略】全文は上記記事をお読みください
セックス描写満載のレディコミ好きの女は実際やっぱりエッチなのでしょうか?ナンパにはついてきやすいのでしょうか。本屋でレディコミを読んでいる女性に女性にアタックしてみました。
あまりの貧窮のため数百円の金を惜しみ近所の本屋で「ヤンマガ」を立ち読みしていると、すぐ隣で同じように雑誌を立ち読みしている女の姿が目に入った。別に覗き見るつもりはなかったのだが、ふと一肩ごしから目をやると、なんとその雑誌はレディースコミック。 白昼堂々、セックスシーンを黙々とむさぼるように読んでいるのだ。彼女、濃厚なまぐわいがよっぽどお気に入りなのか、俺に気付くことなく集中し切った様子だ。セックス描写満載のレディコミ、レディマガはずいぶん前から出回っているし、結構人気なのも知ってはいた。しかし、こうして人前で立ち読みする女までいるとは、まったくおおらかな世の中というのか、何というのか。 レディコミ⇒セックス描写⇒興奮⇒ヌレヌレ⇒男を欲す、というチャートがすぐさま頭に浮かんだ俺は、声をかけてナンパしてやろうかとしばらく辺りをうろうろしていたのだが、ちょっと目を離したスキにいつの間にか女は姿を消していた。ナンパの際にスケベそうな女を狙うという作戦は、実に理に叶っていると言える。 容姿だけにポイン卜を絞った美人狙いは往々にしてオゴるだけオゴってハイサヨウナラとなり、目的が完遂されないまま終わるパターンが多い。単に知り合いになりたいだけならそれでもいいのかも知れないが、血気盛んな俺の場合Hしてナンポみたいなところがあるので、それなら絶対にヤラせてくれそうなスケベ女だけを狙うのが得策というものだ。ただ、言うは易いが、このヤラしてくれそうな女というのがなかなかわかるものじゃない。 茶髪、顔黒のミニスカート女がスケベかと言えば、そういう女に限ってエッチは彼氏としかダメなんて貞操観念を持っていたりする。要するに表面上遊んでいるように見えるというだけでは決め手とならないのだ。 しかし、レディマガを購入、あるいは立ち読みする女というのは、これはもう私はスケベでございますと宣言しているようなものだろう。エロが好きで好きでたまりませんのよと白状しているも同じである。男に声をかけられれば股間を濡らして迷わずついて来るのではないか。逆の立場になって考えればよくわかる。エロ本に興奮して抜きたくて抜きたくてたまらない状況のときならば、どんな不細工な女とだってヤリたくなるってもんだろう。欲情した状態では誰もが雄と雌になるものなのだ。 日曜の午後、バイト先近くの高円寺駅前の本屋に出向いた。レディコミは裏口付近にずらりと並んでいる。隣のブロックの男性用コーナーからくだらない四コママンガ誌を取り出した俺は、立ち読みしつつ若い女性がやってくるのを待つことに。 5分ほどするとそこに20才前後の小柄な女性が現れ、1冊を手に取って立ち読みを始めた。雑誌のタイトルはKiSS。さほどドギックないソフト路線のレディコミだ。チラチラと表情をうかがってみる。男のように勃起するわけじゃないので外見からは何とも言えないが、興奮していないはずはないだろう。 およそ10分後、彼女が場を離れて歩き出した。後を尾けた俺は、店の外へ出たところですかさず声をかける。「ねえ、よかったら飲みにでも行かない」「えっ、いや、いいです」とっさにギョッとした表情を浮かべる彼女。まるで男なんかに興味はないとでも言いたげなカマトトぶりだ。さっきまでエッチなレディコミを読んでたところを見られていたというのに。 「え、でもさっきエッチなマンガ読んでたじゃん」 でも、に続く文句が適当かどうかわからないが、我ながら強引かなとは思いつつも口にすると、彼女は怒るような口調で言う。 「別に変な本じゃありません!」 しどろもどろになったところを一気に攻め込むつもりでいた俺は途端に萎えてしまう。まあ、彼女もうら若き乙女、こう反論するしかないのはわかるのだが。っかっかと足早に立ち去る彼女を背に、俺は本屋へ戻り「KiSS」をパラパラとめくってみる。と、そこにあるのは大人向けの恋愛ストーリーばかりで、肝心のセックス描写はかなり抑え目になっている。ソフト路線だとはわかっていたが、これでは彼女の言う「変な本じゃない」という意見ももっともだ。 小さな書店では、なかなか目当ての女性に遭遇しないので、今度は新宿ルミネにある青山ブックセンターに向かうことにした。豊富な品揃えと広大なスペース。ここなら客もどんどんやってくるに違いない。お目当てのコーナーは、ずっと奥の方に設けられていた。俺は例のごとくその近くに立って、女性の現れるのを待つ。 しかし、平日の昼間のせいか客足は思ったより鈍く、岸閃にいるのはサラリーマン数人とおばちゃんぐらい。しょうがなく入り口付近で待っていると、ようやくエスカレータから女性が下りてきた。何となく崩れた色気を発している。やさぐれた女が男を軽く弄び、恨みを買ってその男に犯されるなんていうストーリーがお似合いだな。 その女性、まず「Hanako』そして「ザ・テレビジョン」。なかなかレディコミコーナーには向かわない。入店からすでに20分。女の動きに合わせ、なおかつ悟られないように店内をあちこち移動するのも結構ツライものがある。と言うのも、女性の向かう棚の近くには俺が立ち読みできるような本が少ないのだ。何とか情報誌でしのいでいるが、それも飽きて来た。ああアサ芸やフライデーが読 みたい!俺の念がようやく届いたか、彼女は実用書コーナーでダイエット本を眺めた後、ついにレディコミコーナーの方向へ歩み寄って行く。チャーンス。俺は背後のスポーツコーナーで週プロを開きながら様子を伺った。くくく、この女、何を読む気だ。 しかし、女性が手に取ったのはなんとゲーム攻略本。な、なんでそんなもんを!結局、半日以上いたにもかかわらず、レディコミを買い求める女性はおろか、手に取る者さえついぞ目にしないというあり様。みんなもっと本を読みなさいよ。 もし俺がエロ本を買うとしたらどの店を選ぶか、と考えると、やはり人目の多い都心の大型書店は避けるだろう。中学のころはボケたじいさんが店番をする本屋までわざわざ自転車で出向いていた記憶がある。まして相手は女、できるだけ目立たないように行動するはずだ。そこで今度は、深夜まで営業している郊外の書店、ツタヤ中野店に無台を移すことにした。立ち読みしやすい手頃な広さを有し、かつレジも女性定員中心なのでレディコミも購入しやすいことだろう。 なかなか思うような展開にならないまま何日か粘ってみたところ、決まって深夜0時ごろになるとフラリとやってくる女がいることに気がついた。彼女、ごくソフトなものからかなりのハード路線まで、レディコミのあるゆるジャンルを片っ端から読んでいく。ルックスは決していいとはいい難く見かけも垢抜けないが、年齢は20代後半で十分射程範囲。目の前にぶら下がったエサを見逃すのも惜しいと考えた俺は声をかけてみることにした。 「あの、すいません」「はい」 ナンパをされることに不慣れなのか、何か御用ですかとでもいいたげな怪計そうな顔をしている。 「良かったら飲みに行きませんか」 「いえっ、いや結構です」 言葉とは裏腹に、瞬く間に顔が赤くなる彼女。意外な出来事に喜びが隠せないようだ。ここは押すのみ。お酒はまったく飲めないということなので、俺は彼女を近くのファミレスヘ誘い出すことにした。 女の名はナオミ。出身は茨城で、この4月に上京してきたという。ナンバされたのは初めてなのか、注文したパスタを食べ始めても緊張の糸がなかなかほぐれてこない。飲ませて酔わせることができないというハンデを負った俺は、必死になって彼女との会話の接点を探した後単刀直入にレディコミについて突っ込んでみた。 「さっき読んでたAyaとかちょっとエッチなのも好きなの?」 「メジャーになる前にコミケで知ってた人が書いてるんですよ」 「なるほど~マンガみたいにホテル行っちゃおうか」 「そういうつもりだったんですか。私はそんな気ありません」 むくなるかな。オタク女はどんなエロい内容のレディコミであっても、あくまで批評すべき作品の1つとして読んでいるのだろう。これ以上の進展なしと見切りをつけた俺は早々にファミレスを出た。もはや術無しとあきらめかけていたところ、ひとつ大切な場所を思い出した。コンビニがあるじゃないか。確かチェーンによっては1つや2つは置かれているはずだ。 自宅近くのコンビニで張り込むこと丸2日、ようやく赤い顔をした20代後半らしき女が立ち読みをしているのを発見した。薬指に結婚指輪がしてあるってことは、人妻か?ちなみに読んでいるのはレディコミの『タブー』。奥さんが出入り業者に、OLが同僚に犯されまくるレ〇プパターンの多い雑誌だ。この奥さんにもレ〇プ願望ありと見ていいのだろうか。店を出たところですかさずアタックを試みる。 「この辺でいい飲み屋知らない?」 「いい飲み屋はねえ、こっち」 だいぶ酔っているようだ。このままここで押し倒してしまおうか。いや、やはりそれはマズイ。とりあえずは一緒に飲むべきだろう。 「う-ん、い-よ、じゃあ1杯だけ」キャラはまるで華原朋美風ながらもルックスは田中美佐子似の童顔で結構かわいい。名前はサナエ、32才。見かけによらず酒好きでぐいぐい水割りを空けていく。「レディコミとかはよく読むの」「たまにね」自らのスケベぶりを隠そうともしないところは好感が持てる。こいつは脈ありか? それにしても主婦がなぜこんな時間にコンビニをふらふらしているのか。大人げないとは思ったが、亭主との関係に探りを入れてみた。 「旦那はね、50さい、キャハハハ」年齢差18才。亭主じゃ性的に満足させてもらえてないってことなのなよっしや、ならば今晩俺が奥さんをタブーの主人公にしてあげましょう。カラオケボックスへ流れ、タイミングを計って唇を奪うとサナエはこもった叩き声をあげた。 「ん、ん、ん..」たとえ相手が望んでいるのだとしても、俺は体育会の学生じゃないので、カラオケボックスでレ〇プまがいのことをする勇気はない。ここはホテルに誘うのが無難なところだるう。ところがホテルの入り口で手を取る俺にサナエは抵抗を始めた。 「こういうの嫌、絶対にダメ!」と言いつつもトコトコ付いてくるのは、無理矢理パターンへの憧れ故か。ちょっとサービスしてやるかと考えた俺は、部屋に入るなり力づくで服を脱がしにかかった。「いやだ、やめて!」思わず興奮してしまい、俺はあえて前戯もなしに挿入を試みる。 「やめて.お願い、お願い」サナエのあそこはすでにしっかり潤っている。大きめのビラビラも何とも淫廃な色を放っているじゃないか。ほら奥さん、これが欲しかったんだるぇウリウリウリ。こうして2人のプレイはとりあえず完結し、一緒にシャワーを浴びた後2回戦と相成った。サナエは「いっちゃう、いっちゃう」を連呼し、久しぶりの淫乱女相手に俺も心行くまで燃えつきた。それから早朝営業の喫茶店でお茶を飲んだ俺とサナエはまたホテルに向かい、夕方近くまで互いをむさぼり合ったのだった。 あれだけ多くの種類が出版されているレディコミ、レディマガ群。読んでいる人も相当数いるはずなのだが、いかんせんいつ誰が購入しているのかがなかなかわからず、かなり苦戦させられた。ただ、狙いが間違っていないことは確かだとは思う。あんな激しい雑誌を堪能するには、エロに対するそれなりのパワー、欲求が必要だと考えられるからだ。マンガや小説の世界に惑溺しているそこの彼女、ぜひ俺の生身を体験してみませんか。
続いてはスケべな女を狙い打ち女性専用宅配AV作戦
SnapCrab_NoName_2019-5-22_11-44-45_No-00.png
先日、深夜番組を見ていると、あるアダルトビデオ会社が女性向けにレンタルAVの宅配サービスを始めたと報じられていた。見たいAVを電話で伝えれば自宅まで持ってきてくれるというこのサービス、料金は町中のレンタル店よりずいぶん盛況らしい。
女といえどもAVを見たくなるときはあるのか。スケべなヤツは男女間わずスケべなのかもな。ただ、世間の目があるからレンタル店のAVコーナーには足を向けられないってことか。ちょっと待てよ。こいつはちょっとした発見じゃないかじ以前、レディコミを立ち読みしている女をナンパする企画があったが、AVを借りる女といっのもこれとほぽ同じ意味で狙い目のはずだ。声をかければすぐに股を開きそうな気すらしてくる。
ただし問題は、誰が借りているのかわからない点にある。彼女らも僕のような邪な男の目を避けるからこそ、宅配業者に頼んでいるのだ。そこで僕は考えた。自分で宅配業を始めればいいのである。「女性専用宅配AV」というチラシを作り、一人暮らしの女性が多そうなマンションに投函。ラインナップは適当に10本ほど揃えておけば、なんとかなるだろう。
「もしもしー」「ありがとうございます。宅配AVのフラミンゴです」
「あ、あの、2番の『ハレンチ奥さんイキまくり』と、6番の「原宿でゲットした家出墾をお願いします」
「はい、かしこまりました。20分でお届けします」
バイクを飛ばしてマンションに向かうと、そこには女子大生らしきお嬢さんが。
「ありがとうございます。2本で千円になります」「はい」「これからー人でご覧になるんですか」「え・・ええ」恥ずかしそうにうつむく女子大生。
「そうですか。どういうジャンルが好きなんですか」
「あ、あのやっぱりレ〇プものとか」
「なるほど、どれどれ、もう濡れてるんじゃないですか」
腰に手を回すとピクリと体を震わす彼女。そのまま押し倒すと彼女は抵抗もなく…
以上は僕の妄想なのだがそんなに的ハズレな展開だとも思えない。いきなり押し倒しはないにせよ、徐々に顔なじみになってスケべな会話を交わすぐらいは簡単なことだろう。そこまでくれば、懇ろになるのは時間の問題といういものだ。
短大・女子大の近くのコンビニバイトは美味しい
SnapCrab_NoName_2019-7-20_17-24-14_No-00.png
コンビニでケータイ料金を支払う人は多い。オレがバイトしている店にも、毎日のように近隣の短大生がやってきては、2〜3万の電話代を置いていく。
そんな彼女らを見てオレは思った。支払い伝票には携帯番号が記されている。そこにかけまくったら誰か1人くらい引っかかるんじゃなかろうか。幸いこの辺りの短大生は一人暮らしが多い。支払い期限を平気で過ぎるようなギャルであれば、アッサリ成功してもおかしくない。
実際、何度か受話器を持った。が、どうしても躊躇してしまう。だってそうだろう。いきなり電話をかけても怪しまれるのがオチ。何かわかりやすい口実はないものか。
話し方は典型的なパープー短大生。買い物の途中、レディコミを平気で立ち読みするような女である。
「いらっしゃいませ」
【ピッピッピッ】
ドコモ請求書にバーコードを通す。しめて2万3627円ナリ。
「はい3まんえ〜ん」
「ありがとございます」と
6373円の釣りを渡すと、チァキは無造作に財布の中へ放り込んだ。その瞬間、オレは閃いた。
お釣りの100円を渡し忘れたと電話をかけたらどうだろう。
もちろん、釣りはキッチリ返してある。が、人間の記憶なんて暖味なもの。やってみよう。
「もしもし」
「えっ、だれー?」
「さきほどコンビニで電話料金を頂戴したものですが」
「あー、あのオニーさんか。で、なんすかー?」
「さっきお釣りを100円渡しそびれちやいまして・・」
「えっ、マジ?」
100円なんかどうでもいいと言われる不安もあったが、この反応は明らかに違う。
「ご近所までお持ちいたしますので、どこか指定していただければ」
「ん、家じやダメ?寒くてチョーかったるいの」「家ですか?」「ダメー?」
「いえ、そうしますと住所は〇×町の△番地でよろしいですか」「なんでわかったの?」
「伝票に記されておりましたので」「あ、そっかー。じやあ待ってるよー」
予相外の展開に戸惑いながら300円とともにショートケーキを持参した。あわよくば室内にあがってしまおうという寸法だ。
その雑誌はレディースコミック。白昼堂々、セックスシーンを黙々とむさぼるように読んでいるのだ。彼女、濃厚なまぐわいがよっぽどお気に入りなのか、気付くことなく誌面に集中し切った様子だ。セックス描写満載のレディコミ、レディマガはずいぶん前から出回っているし、結構人気なのも知ってはいた。しかし、こうして人前で立ち読みする女までいるとは、まったくおおらかな世の中というのか、何というのか。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。