★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_2019112717003823f.jpg2_201911271700398cf.jpg3_201911271700417b3.jpg4_20191127170042bb4.jpg5_20191127170043e5d.jpg6_20191127170045f7c_20200204161400201.jpg7_2019112717004676e.jpg8_20191127170048b30_20200204161310589.jpg9_201911271700497af.jpg10_20191127170051a9e.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
3千円でおっぱいのみ募集でボインちゃんを釣り上げる
画期的! 道行く巨乳を3千円で揉む封筒作戦
サクっと巨乳を弄ぶだけでいいってときありますよね
出会い系で。おっぱい募集をかける
『参』は3千円の意味です
メールが殺到します
プチエンコーって意外と需要あるんだよな
出会いカフェ嬢は収穫ゼロより千円を選ぶ
たった千円で乳を揉ませてくれる女の子がいるんです
そのタイトルどおりもみたい男と、もまれたい女がたった千円で募集をかけている
岩手県の女性は巨乳が多い説を突撃取材で確かめる
文部科学省が全国女性のバストサイズの県別平均値を出したところ、岩手県のオンナは巨乳だらけなのだという。本当のところはどうなのか、岩手県の女性は巨乳が多い説を突撃取材で確かめてみました。

なんでも岩手県のオンナは巨乳だらけなのだという。いや、この言い方は誤解を招くか。正確には、文部科学省が全国女性のバストサイズの県別平均値を出したところ、岩手県がもっとも大きいというデータが出たそうだ。なんで岩手が?
諸説あるらしいが、もっとも有力なのは豆腐説だ。岩手県の県庁所在地、盛岡市は一世帯当たりの豆腐消費量が日本一多く、その植物性たんぱく質のおかげで胸が大きくなったのではないか、というものだ。ま、理由などどうでもよかろう。
わんこ蕎麦のおかげだろうと冷麺のおかげだろうと、とにかく岩手の女の乳はデカイいという事実こそが重要なのだ。あっちを見ても巨乳、こっちを見ても巨乳、あら、こちらには爆乳が。そんな天国のような町、行ってみないでどうするよ!
盛岡駅に下り立った俺は、さっそく市の中心部、『大通り』へ向かった。粉雪の降る商店街を歩きつつ、道行く女性の胸をすれ違いざまに凝視する。さてと、どんなもんかいのう。1人、2人、3人…さほど目立つ胸はない。寒さ慣れしているのか薄着のコも多いのだが、胸はいたってフッーだ。期待はずれも甚だしい。いや、服の上からだけでは何とも判断できんな。脱げば結構スゴイことになってるのかもしれんし。
ちょっとあそこにいる2人組にでも聞いてみるか。彼女ら、見た感じ、おそらくBカップ程度か。脱げばどうなのよ、キミたち。
「ちょっとごめん。話を聞きたいんだけど」「はい」
「なんかね、岩手は巨乳が多い県だと聞いてるんだけど、2人はどうなのかな?」「え?」
「今は服着てるからわかんないけど、実際は何カップぐらいなのかと思って」
途端に怪語な顔になった2人は、小声で答える。
「…Dです」「私も・・・一緒です」おいおい、Dってか。そこそこデカイ部類じゃないか。これがDなら、その辺の.たちはみんなDかEだぞ。着痩せするってやつですかね。
「ところで、豆腐ってよく食べる?」「ああ、食べますねえ」2人の答を聞いて驚いた。毎日必ずといってど食べているらしい。

岩手巨乳説、かなり信想性を帯びてきたのでは。さすがにナマ乳までは拝ませてくれなかった彼女らだが、話を聞いて、どのコも服を脱げばボヨーンと飛びだしてくるような気がしてきた。さらなる客観的事実を得ようと、下着売り場へ向かい、担当のオネエさんに聞いてみる。
「やっぱり大きいサイズがよく売れるんですか?」
「そうですねえ、DやEはよく動きますね」「あ、やっぱり?」
「確かにCサイズは売れないかもしれないです」「AやBは?」
「そこそこ動きますけどねえ」
動くんかいな。ではそろそろナマ乳を拝ませてもらうとしよう。拝むのみならず、操んで触って吸いまくる。今回の岩手訪問の最大目的だ。まだ夕方の4時。ナンパをするには早すぎる。ならば行く場所はひとつ。人目を忍ぶように商店街途中の階段を上ると、そこにテレクラはあった。むろん、活気はない。
「1番の部屋へどうぞ」
狭い個室に閉じこもり、コールを待つ。岩手巨乳説が正しいのであれば、たとえランダムにつながった相手であれ、かなりの高率で巨乳に違いない。5分後。
「もしもし〜」「もしもし」
「こんにちは、盛岡のコ?」「うん」「どんな人を探してるの?」
彼女は1.5での割り切りを希望する22才ケイコ・大通りの近く、県庁裏付近に住んでいるという。あえて胸のサイズは聞かないことにした。下手にスケベ心を露にするのもマズかろう。会ったときのお楽しみだ。
「じゃあ、会ってみようか」
「わかりました。岩手銀行の前から電話します」
「うん、待ってるね」
自動車で迎えに来てくれたのは、貧相な表情とツヤのない髪の毛を持つオンナだった。
フーゾク関係はどうなんでしょうね。ヘルスとか。みんなパイズリが大得意だったりして。素股なんかより全然ポピュラーだったりして。ところがこれが、さらに俺を失意の底へと落とし込むことに。あくまで傾向を探らればと、写真指名ナシの冒険を挑んだところ、むっちゃチビの貧乳がお出迎えしてくれたのだ。高級そうなブラジャーしてるけど、そんなの不要だろうよ。「キミは盛岡のコ?」「そうだよ」「ふ-ん」
わざわざ県外から出稼ぎにくるような土地柄じゃないから、嘘ではなかろう。貧乳2連発とは目舷がしそうだ。伝説はどこに行ったんだ。
下着屋のオネエさんの言葉が頭をよぎる。『DEも売れるがABも動く』
都合よく無視してたけど、それが事実なんだよな。貧乳が連続することがあってもオカシクはないんだよな。いや、落ち込んではいられない。こんな貧乳組が生息していながらも、平均値が日本一ということは、貧乳組のマイナスを補うに余りある巨乳組もまた、確実に存在するはずなのだ。とぼとぼと夜の町を歩きつつ、すれ違いざまに老若問わず女性の胸を見やる。ああ、その中はどうなってんのよ。夜10時過ぎ、いかにもなヤン車から下りて来る男どもを見つけた。こいつらにも聞いてみつか。

「ねえ、キミらナンパとかよくする?」「ええ、しますよ」
「岩手って巨乳の女が多いの?」グループ内でもいちばん食ってるという若者が答える。
「そんなことないんじゃないですか」もはやナンバしか残されていないことはわかっている。しかも明らかな巨乳に的を絞るのではなく、ランダムに声をかけた結果、そいつのナマ乳がどうなのか、だ。もし次も貧乳ならば俺は文部省を訴えてやる。
夜も11時を過ぎるころには、1人歩きの女性などほとんど見当たらなくなった。声をかけても、キャバクラヘの出勤途中ばかりだ。寒さも限界に達し始めたころ、ミニスカ&ブーツの女性が反対側の歩道を歩くのが見えた。どうせお水系だろうが、走って追いかける。
「ちょっとごめん」「はい?」
「出勤?」「いえ、違いますけど」飲んだ帰りだそうだ。巨乳かどうかは、ふわふわの黒いブルゾンのせいでわからない。
「もう一杯飲みに行かない?」「いいですよ」さあ来た。ゆっくり懐柔してぜひとも確認させていただきましょう。酒のせいかニコニコと笑みを絶やさぬ彼女は、俺が岩手までやってきた理由を聞いてさらに笑った。
「おもしろい仕事があるんですねえ。でも、本当に大きい子が多いって言いますよ」
「やっぱそうなん?」
「会社でこっちに出張に来た男の人が言ってますよ」
やはり間違ってはいなかったのだ。かくなる上はキミの胸で証明してもらわんとねえ。店を出たのは深夜12時過ぎ。肩を抱けば、彼女は素直に身を寄せてくる。
「明日は仕事?」「休みですよ」
「じゃあ俺の泊まってる部屋で飲み直そうか」「いいんですか?」
ついに岩手巨乳伝説に白黒つけるときがやって来た。あの膨らみ方からして、ヌーブラでも付けていない限り期待どおりのはずだ。部屋のソファに座らせ、隣から一肩を抱く。
「ねえ、写真撮ろうか」「え-写真ですか」
相変わらずフニャフニャした感じだ。そう言いつつTシャツを脱がせると、黒いブラが。谷間から白い乳房が見える。特大ではないけれど、こいつはなかなかのオッパイですぜ。
「これも取っちゃおつか」
黒ブラをはらり。おっぱいがプリン。いい!かなりいい!
「これ、何カップ?」「E」いや、こんなところにおったんですな。タマらず乳首を吸うや、彼女は途端に積極的になり、その東北っ子独特のスベスベ肌をすり寄せながら、俺の体の上で何度も腰を動かし続けたのだった。5分どころか3分は射精を早める騎乗位でありました。貧乳と巨乳の両極端に分かれ、中間が少ない町、岩手。文部省データの真実は、かくして明らかになった(ことにしておこう)。もっと豆腐を食べなさい。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内