★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0148_20180926084130522_20190921213211ba5_20200831104337eae.jpg0150_201809260841333a3_2019092121321413f.jpg0151_20180926084235804_201909212132158dd.jpg0056_201812272130207dc_20191022112625548.jpg1_2020083110393846f.jpg2_20200831103939e23.jpg3_20200831103940a8c.jpg0144_2018092510103697c_20191110090244829.jpg0147_20180925101040860_2019111009024849d.jpg
1、この公園にはミスト噴水なる装置が至るところに設置されている。霧状の水を散布することで、園内で遊ぶ子供たちを熱中症から守っているのだ。ここで見逃せないのが、ママさん連中の動向だ。ミストで濡れるのはイヤだけど、かといって幼い子供たちから目を離すワケにはいかない。だから一緒にミストを浴びる。さすれば次第にシャツが湿りだし、ブラがじっとり透けるという案配だ。これがエロいの何の。さらに遊び終わったあとは、濡れた子供の体を屈んで拭くもんだから、高確率で胸チラも拝める。透けブラに胸チラ。これほどバスト天国な公園もそうはない。親子連れが大挙して押し寄せる週末、ぜひ足を運んでくれたまえ。
2、趣味が高じて、これまで各地の温泉を堪能してきた私だが、その中でも特に印象深かったところを挙げるなら、この荒神の湯を置いて他はない。蒲田川の河原にぽつんと佇む共同露天風呂で、いちおう男女別にはなっている。しかし、両者をわける仕切りの岩がスキ間だらけのうえ、背丈も低いため、事実上、女湯は男湯から丸見えだ。さらに川の対岸に回ると、今度は仕切りそのものがなく、イヤでも女湯の様子が目に飛び込んでくる。これほどノーガードな温泉もないだろう。まるで「ほらほら覗きなさいな」と言わんばかりだ。にもかかわらず、人気の温泉地だけに、週末は大勢の観光客で賑わうのだから憎い。
3、友人と奥飛騨の新穂高温泉を訪れたときのこと。この地で人気の公共混浴露天に立ち寄り、じっとりと汗をかいていたところに、若い2人組の女がそれぞれ男を連れだって現われた。女の1人は、あびる優に似たスレンダー体型のヤンキー風。もう1人は大沢あかね似のおとなしそうな感じで、ルックスはかなりのレベル。驚いたことにタオルも巻かず、美しい裸体を披露しているではないか。こりゃイイもん見せてもらったと喜んでいたら、あびる優が浴槽の縁に座り、いきなり俺の前でM字開脚した。具が丸見えになるようにガバッと。その後ろでは、大沢あかねがこれ見よがしに大きな尻を突き出すポーズを取っている。ちょっと、何やってんの!? 呆然とする俺たちに、連れの男どもが笑顔で話しかけてきた。
「遠慮なく見てやってください。コイツらも喜ぶんで」
聞けばこの連中、同じ露出サークルに所属するカップルなのだという。
「自分たち、ここがお気に入りでよく来るんですよ。ギャラリーも多いしね」
毎年、春から秋にかけての週末、たびたびこの温泉にやってくるという両カップル。女のコは本当にかわいいので必見ですよ。
4、千里浜ジャパンチャレンジは、日本ビーチバレー連盟公認の大会だ(今年は7月27日〜28日開催)。当然、全国から大勢の選手が集結するので、水着ギャルが跳んだり跳ねたりする様をゲップが出るほど堪能できるのだがこの大会の真の楽しみは別にある。試合後に行われるママさん大会だ。つまり、一般女性による、ユル〜いシロートの試合である。ママさんといっても、中年ババアなんぞは1人もいない(そもそも、そんな連中は恥ずかしくて人前で水着姿になどなれない)。参加者の中心となるのは見た目年齢20代半ばくらいのオネーチャンたちばかりで、しかも、その多くがフツーのビキニ水着で試合に臨むってんだからタマらない。走れば容赦なく揺れる乳。跳ぶたびに布が食い込む股間と尻。そこには専用水着では起き得ない、絶景のパノラマが広がるのだ。
5、湯の祭り(毎年8月下旬)の女みこしと聞いて、チンコがむずむずしない男は、俺の地元ではまずいない。そりゃそうだ。担ぎ手は、さらし姿に白股引という、露出度バツグンの若いギャルばかりなんだから。それだけじゃない。担いだみこしを時折、猛スピードで回転させたりするもんだから、その拍子にさらしがゆるんで乳首がポロッとこぼれ落ちたり、股引がずり下がってケツの割れ目がコンニチハしたりと、エロいハプニングが続出するのだ。あちらでもこちらでも、ホントにしょっちゅう。
6、彼女は、福井市のヤリチンどもの間では超有名なヤリマンです。
なぜ有名なのかというと、あまりにも簡単にヤレてしまうから。だって勤務中にもかかわらず、とある台詞を口にしただけで連絡先を教えてくれて、その後は必ずアポれてセックスできるんですよ?イージーさにかけては、その辺のヤリマンなど足下にもおよびません。では、その魔法の台詞を教えて
差し上げましょう。
「俺さ、ヒサシの友だちなんだよね」
これだけです。この言葉を聞くと、彼女は「あ、そうなんだ。ヒサシ君元気?」と食らいついてくるのです。で、その後は先述した展開になると。ヒサシというのは長年、彼女が片思いしてる相手の名前なんですが、詳しい素性は誰も知りません。とにかくあの台詞さえ言えばノコノコついてくるという噂(ていうか事実)だけが一人歩きしています。もうお気づきのように彼女、少々オツムが弱いので、アポ時にヒサシ君のことを尋ねられても、適当にはぐらかせば、それ以上聞いてきません。顔は歌手のUA似と微妙ですが、巨乳でエロエロだし、相当楽しめると思いますよ。
7、ここは北陸屈指のピンクコンパニオン宴会で有名な宿で、会社の慰安旅行で2度ほど訪れたことがある。中に混浴露天風呂があり、深夜1時過ぎにカップルの宿泊客が2組もセックスしているのを目撃した。お互い初対面同士のようだったが、パートナーを替え、我々にプレイを見せ合って満足していたようだ。翌日、仲居さんに「いつもこんなことばかりあるのか?」と確かめたところ、カップルのほとんどが湯船でヤってるらしい。さすがに宿で意気投合して即スワップ、とまではいかないようが、覗くだけでも十分興奮できる。タマらなくなれば、宿に交渉してスーパーコンパニオンと湯船につかろう。
8、フーゾクなんてのは、ヌキたいときにヌイてもらえればそれで事たりるもんだけど、ひと晩中、女のコと組んずほぐれつしつつ、楽しみたいときだってある。そんなときに重宝するのが格安のお泊まりコースを用意している店だが、ここ福井にも打ってつけの業者が存在する。夜10時から翌朝9時までの11時間、女のコとねっとりたっぷり楽しんで6万円。北陸・東海エリアのお泊まりコースの相場が10万前後することを考えれば、いかに安いかおわかりだろう。
ヌーディスト御用達の海岸・女子大生が合宿中に押し寄せる混浴露天
1、男女が一つ屋根の下に寝泊まりすれば、オイシイことが起こりやすいのは当たり前。セックスだって難しい話じゃない。じゃあ、その手の場所で使いやすいのはどこか? オレの答は、長野県と新潟県の県境・信越地方の有名ユースホステルMだ。ユースホステルとは、食事の配膳や食器洗いなど、何でもセルフサービスが原則の安宿だが、ゲストハウスによくあるような小汚い二段ベッド部屋ではない。だから女性客が多い。中でもMは(料金1泊3千円)、女性客に人気で、週末はいつも女の子の予約でいっぱいだ。
2、春の信越地方は菜の花シーズン。お花畑目当ての女子学生と出会いに行かなきゃソンですね。
教育県として名高い我が郷土だが、近ごろは時代の流れか、精神の退廃した若者の姿が目立つようになり、古き良き時代を知る私は大いに心を痛めている。荒れた若者。その象徴こそ、夜な夜な北野文芸座周辺に現われるシロート立ちんぼの面々だろう。もともとここら一帯は、プロの立ちんぼが幅を利かしていて、いまでも深夜になると熟女どもが客を取っているのだが、ここ最近、その中に混じって、やけに年若い女性の姿をチラホラ見かけるようになったのだ。確認した限り、5、6人はいるのではないか。ああ、な んと嘆かわしいことよ。さっそくそのうちのひとりと交渉を試みたところ、ホ込み1万5千円でOKとなった。安い。なかなか見所のある若者じゃないか。彼女は現在、市内の専門学校に通っているとかで、たまに友人と一緒に小遣い稼ぎをしてるそうだ。別の日に同じ額で買ったコも学生を自称していた。が、やたらと会話がこなれていた辺り、お茶引きのデリヘル嬢だったのかもしれない。真偽はさておき、ギャル立ちんぼは文芸座近くのセブンイレブン前によくたまっている。お近くにお寄りの際は、気軽に声をかけてみてはいかがだろう。
こんなコが座っていればすかさず交渉すべし
3、人気のビーチなのに更衣室がなければどうなるか?
うざいナンパ野郎が少なく、地元ギャルの間で人気のあるビーチですが、実はここ、近くにだだっ広い無料駐車場がある以外、施設らしい施設が何にもないんです。海の家はおろか、更衣室やシャワーすらも。ということは何を意味するのか。そう、この海水浴場に来る女のコたちは、車などの物陰でこそこそと着替えざるを得ないワケなんですね。恥ずかしげにバスタオルを巻きつけながら、パンティを脱いだり履いたりする彼女たちの姿には、何とも言えないエロスを感じられるし、なかには平気で裸体をさらして着替える連中もまれにいるのでタマげます。
西伊豆・雲見海水浴場の北東は、リアス式になっています。海岸沿いの丘陵にはコテージが建っていて、夏になると客が余暇を楽しみに来ます。海で遊ぶ場合、ここのロケーションは最高です。複雑な地形がブラインドになって、まわりから入り江は見えませんから、プライベートビーチ状態で遊べる。コテージ客はそれを目当てに来るのです。
釣り好きの私、このへんによく出かけるのですが、ごくまれに素晴らしい集団と出くわします。めったに人が来ないから大丈夫と思ってるのでしょう、男も女もみんな素っ裸なのです。最初に見たときは、そりゃあビックリしました。若い女もけっこういましたから。
ただし、エッチなことは一切ない。ビーチボールで遊んだり泳いだり。普通に水浴びしてるだけです。いわゆるヌーディストってやつのようです。
4、若いころからナースが好きで好きでタマらん俺にとっては、聖地とも呼べる場所である。地元で最大規模を誇るマンモス総合病院で、常時勤務しているナースがなんと400人! これだけでもマニアにはタマらんのだが、当院の真のスゴさは他にある。入院病棟の中央に配置された4つのエレベータの右端、もっともサイズの大きなものがソレだ。ここには正午になると昼休みに入ったナースが一斉に乗り込んでくる。その混みようは、ラッシュ時の電車なみだ。
そのタイミングを狙ってエレベータ内にいればどうなるか。四方からナースの乳や尻が迫ってくるのは言うまでもない。ムギュムギュと。息もできないほどに。マニアなら、感激死すること請け合いである。このエレベータ、本来は職員専用であるものの、実際は入院患者や見舞い客などもフツーに使っている。安心してご利用いただきたい。
5、浜松はご存じの通り、ブラジルからの出稼ぎ労働者が多く住んでいる。当然、連中を当てにした店も目立ち、外国のような雰囲気の店やバーもある。このクラブもその一つ。店内に飛び交うのはポルトガル語ばかりだ。日本人が入店すれば、ヨソ者感を感じると思う。ただ、ブラジル人に対してはコワイコワイと悪い評判も多いが、オレの経験上、この店で難クセ付けられたことはない。で、狙うはもちろんブラジル娘だ。サンバカーニバル仕込みでケツをフリフリ、胸をユサユサ。もうエロイの何の。テキーラを片手にイェーイと近づけば、ノリのいい彼女たちは、自分から腰をすりつけてくる。ブラジル人はムードを重要視するので、日本人なら歯の浮くようなセリフが喜ばれる。「ボニータ(かわいい)」「ベレーザ(美しい)」「ボニチーニア(ボニータよりさらにかわいい)」と褒めまくれば、ディープキスも可能だ。浜松駅から徒歩7、8分。東海道本線沿いの塩町公園には、立ちんぼがいる。みんなオバサンだ。30代から50代前半くらいか。それでいくらかというと1万円前後。ぜんぜん安くない。おいおい、もうちょいまけろよ、ということに当然なるわけだ。だからだろう、うっかりオバハンを買ってしまった連中は、せめてホテル代をケチろうと、公園の陰でよく青姦をする。でもってオレはそれをよく覗く。オバハンのセックスも、見るぶんにはなかなか愉快です。
6、女子大生がわんさかの混浴。そんなAVまがいの状況がサマーシーズンにのみ起こる温泉宿だ。ここは、収容人数250人の巨大な混浴露天風呂が有名で、宿泊客以外でも、料金を支払えば入浴できるため、近隣の安宿で夏合宿中の女子大生どもがわんさかやってくるのだ。俺が知っているだけでも、N大の広告研究会、C大のダンス部、A大の演劇研究会などは常連で、毎年のように見かける。あの、若い女集団特有の、きゃぴきゃぴとした雰囲気に包まれるよろこびは、ちょっと言葉では説明できない。唯一、難があるとすれば、女性客のみバスタオルでの入浴が認められていることだが、肌をピンクに染めたJDが、オッサンどものにやけた視線に恥じらう光景は格別だ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ