★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0081_2018030721300201b_20200810153235799.jpg201310091_20200810153237942.jpg201310092_20200810153238228.jpg201310093_20200810153240a50.jpg201310098_20200810153241ab2.jpg1、深夜にニコニコ生放送を見るのが日課になっている。俺が見ている女配信主の放送では、視聴している男たちからの煽りコメントによって、生主が極端な行動を取ることがある。「おっぱい見せて」とか言われてホントに出しちゃったり。あるいは配信が続いていることに気付かずにその場で着替えてしまったり。こうした過激な放送によって配信停止に追い込まれることを「BAN」と呼ぶのだが、BANにリアルタイムで遭遇するには、言うまでもなく運とタイミング、そしてマメさが必要になる。だからこそハマるのだが。そんな根気のない人は、fc2アダルト動画で「ニコ生 BAN」で検索してみよう。エロハプニングシーンの録画が楽しめる。
2、Twitterには「裏アカ」というキーワードがある。自分の素性を明かさずにこっそり使うアカウントのことだ。この裏アカが今、若い子の間で大はやりだ。もちろん女の子にもブームで、友達などに教えるアカウントとは別に持っていたりする。そこで彼女らが投稿する赤裸々な内容が興味深い。
「エッチしたすぎるぅ~」
「今日ヤったった男、デカチンだったw」「私のオッパイ見たい人いる?」
だいたいこんな感じだ。しかもそこにはオッパイやケツ、マンコなど、エロ写メもガンガン投稿されている。彼女ら、匿名の陰に隠れて、自分のエロさを晒したがっているのだ。ならば見てあげよう。
目当ての女のページにアクセスするには、「twpro(ツイプロ)」というサイトを使えば簡単だ。トップページの検索キーに『裏アカ』と入力すると、Twitterユーザー名がずらっと並ぶ。中にアイコンがエロ写メの人間がたくさんいるだろう。そいつらだ。こっそり使うアカウントなので、もちろん顔出しはないが、ぴちぴちのオッパイやマンコは見ていて飽きないモノ。何時間でも見てられまっせー。
3、素人の流出画像に特化したブログだ。掲載されているのは、どこにでもいるフツーのカップル100組以上のハメ撮り写真&それ以外のプライベートショット(旅行、ドライブなど)で、現在も新たなカップルの画像が定期的にアップされている。流出画像を扱ったサイトは他にもたくさんあるが、使い勝手の良さ、写真点数の多さなど、どこを取ってもここがナンバーワンと言えるだろう。
流出画像の醍醐味は、素人カップルのエロっちいシーンが拝めるのはもちろんのこと、デート先でのスナップ写真などから、普段の2人の関係性や各自のキャラクターまでうかがい知れる点にある。
まずはハメ撮りを楽しんでから、通常の2人の様子を見るもよし。その逆もまたよしだ 
4、この男ほどテレフォンセックスを愛している男もいないだろう。2ショットダイヤルで女性を探し、見つけた相手とトークを楽しむスタイルで実に20年以上も遊んでいるらしい。
その彼が7年前より、自分のテレフォンセックス音声をサイトで公開しており、現在、約90人分の女とのやりとりがアップされている(音声は男女共の声が入っている)。聞けば、さすがはベテランだけあり、テレセへの誘導が非常に上手い。だから女ものびのび楽しんでいる。
「おっぱいは、そうっと触って」
「おちんちんは、最初はさきっぽにキス。それからゆっくり奥までくわえてあげる」
「うーん。ああんあんあん。スゴーイ。ビンビンになってる」自分もやってみたくなる。 コスプレイヤーと呼ばれる女性がいる。アニメキャラの衣装を着て、ときに大胆なポーズでカメラ小僧を挑発する人たちだ。
 素直に一度はヤってみたい人種だけれど、無理ならばエロ動画でガマンするしかない。
5、このサイトでの俺の一番の推しは「コスプレ成人向けハード」のページで、各同人サークルが作品を有料公開しているのだが、ここではレイヤーたちががんがんハメ撮りされている。というか、撮影のためにコスプレしたのだろうが。あくまで同人サークルの作品なので、当たりハズレは混ざっているが、見た目は地味なレイヤーが敏感な反応を見せたり、ものすごい美人レイヤーがハードプレイをこなしたりと、意外な掘り出しモノが見つかったときは感動も大きい。
6、オナニーのオカズは、エロ動画オンリー。そんな俺にとって、もはやこのサイトはなくてはならない存在だ。理由はひとつ。ネット上の様々なアダルト系ブログで紹介されている膨大な数の無料エロ動画の中から、自分の好みの作品をキーワード検索できるからだ。画期的と言わざるを得ない。各ブログに載っている動画は、オカズとして優秀だからこそ紹介されている。その中から検索された作品なら、いつも充実したオナニーライフが送れるに決まってる。また、XvideosやFc2動画、DUGAなど、動画サイトを指定しての検索も可能だったりと、とにかく便利この上ない。FC2やx-videoなどの有名動画サイトは、検索機能の使い勝手がよくない。検索に引っかかってこない動画が多すぎるのだ。
7、賢明なオナニストは以下のサイトを使いましょう。ネット上のほぼすべてのエロ動画が探せるでしょう。PCサイトではここがたぶん一番有名だと思う。マイナーな女優名まで表示されている
のにはただただ感服するばかりです。スマホではコレが一番見やすいでしょう。細かいジャンル分けが特徴で、たとえば「2穴」なんていう分野まであります。動画の長さや「いいね!」の割合別に検索できるほど細かい検索が可能で、自分でお気に入りも作成できる。ここには、素人カップルが個人で撮影したセックス動画だけがまとまっています。だから私と同じような普通のオッサンが、平凡な容姿の中年女性と淡々とセックスしている動画も含まれます。被写体もカメラワークも素人丸出しのセックス動画に需要などなさそうですが、リアリティは抜群なのでかえって興奮するといいますか。今まで、プロのAVしか見てこなかった方にはかえって新鮮に映るでしょう。尚、このサイトには会員登録が必要ですが、登録は無料ですので安心して覗いてみて下さい。
9、テレクラ世代の私にとって、女が発する声というものは格別に魅力があるものです。このサイトは、素人女性たちのオナニー音声やあえぎ声だけがアップされる珍しいサイトです。それだけでなく、アップしてくれた女性にコメントをつけて直接やりとりすることもできるので「もうすこしあえぎ声聞かせてくらたら嬉しいです」とコメントすれば「次はもっとがんばってみますね」なんて返事がかえってくるわけです。この手のサイトはほかにもいくつかあるようですが、更新の頻度で言えばここが一番オススメです。いま、やりたい放題のなんでもあり状態になっているのがここだ。いわゆるライブチャットなのだが、配信者が課金額を設定できるため、ひと山当ててやろうと、高額で過激な内容を見せようとする者が後を絶たないのである。特にセックスシーンを生配信するカップルたちは天井知らずの過激さで、逮捕者もぽつぽつ出始めているほどだ。社長というキーワードで連想ゲームをやると、「女性社員をセフレにしてそう」は当然あがってくる答えだろう。実際もやはりそのようだ。このサイトは、関西の零細企業の社長が事務員の人妻を性奴隷として飼い、彼女とのセックス三昧を写真付きで公開している個人ブログだ。女の年齢はあかされていないが、たぶん四十代前半くらいで、カラダもぼちぼち。が、写真&コメントが想像力を掻き立ててくれる。
「今日も事務所にてハメてやりました。社員が帰った後なので、ドキドキしますね」
「空出張で奉仕させてます」
「いかに弊社の事務員としても、他人の奥様を便所代わりに使わせてもらうのは、これでいいのかと考えてしまいます」
日々こんな感じだ。ブログの更新が待ち遠しくてしかたない。女の子たちのオナニー中の"表情のみ"を定点カメラで撮り続け、絶頂を迎えたところで終了という、ある意味、うす味ともいえるサイトだ。下半身が見えない以上、マンコにバイブを突っ込んでいるのか、クリをこねくりまわしているのか、さっぱりわからない。しかし裸が画面に映らないからこそ、モデルとして登場する女の子たちが本物の素人だという設定にリアリティが出てくるのだ。
かつては腐るほどあったのに、今では大半が閉鎖してしまった2ショットチャット。そんな中、スマホに対応するなど時代に順応して今もしぶとく生き残っているのがこちらの老舗サイトだ。老舗だけに、出入りしているのはかつてここでオイシイ思いをしたことのある男女ばかり。特に女は40半ばの熟女が多いが、年上好きの俺にはむしろパラダイスだったりする。さらにもともと新規の男が少ないため(常連男はハンドルネームでわかる)、女たちの食いつきもよく、アポ取りまでわりとカンタンに進めるのがいい。むろん、会ってしまえばセックスは確実だ。しいてコツを言うなら、チャット部屋のコメントに「割り切ったセフレ関係を求めます。ホテル代払います」と書いておくことか。気取ったコメントよりも素直に要望を示す方がウケはいいようだ。
日によっては相手が入室してくるまで2、3時間待つ場合もあるが、チャットが始まればアポ率が高いのは先ほど言ったとおり。根気よく遊んでいただきたい。2ショットチャットルームに「盗聴機能」がついたサイト。と言っても、このチャットは2人の男女が文字でやり取りをするチャットなので、正確には盗聴ではなく「盗み見る」機能です。当然エロい声も映像も観ることはできません。
『奥さん、ゆっくりパンツの上からマンスジを擦ってごらん』
『いや…そんな恥ずかしい…』
なんて文章をこっそり眺めるだけなので、こちらもそれなりの想像力を試されますが、慣れてくるとこれが意外に興奮するんです。特に攻め上手な男性がチャットしているときは、意外な展開にドキドキしながら読めるし、下手な人の場合でもヤキモキしながら楽しめる。わかってくれますよね?画像アップが可能な2ショットチャットサイトはいくつもあるが、ここが他より人気を集めているのは、今撮り写メ(その場で撮影した写メ)でチャットセックスに応じてくれるシロート女子がたくさんいるからだ。相手のエッチ画像を観賞しながらのチャットセックス。これが興奮しないわけがない。もう精子ドピュドピュである。ただ俺の場合、どれだけチャットが盛り上がっても、そこからリアルで会う展開は本当に稀だ。もちろんチャット相手のエロ写メはどんどんタマっていくので、オカズ集めという意味では重宝する。
本物とツーショットでチャットできるサイトだ。年齢は15才から待機しており、普段ならぜったいに話すことのできないJKがわんさか溢れかえっている。彼女たちは制服やコスプレ、ときには私服でチャットをしてくれるのだが、これがどれだけ素晴らしいことかおわかりだろうか。一般的なライブチャットの場合、チャット嬢は18才以上なので制服姿はコスプレにすぎないが、ここの場合は「現役」が着るのでそのリアルさは別格なのだ。しかも、驚いたことに彼女たちの一部は「JKリフレ」などの実店舗でも働いていることがある(店舗名も言っちゃってる)。つまりこれ、チャットで気に入ったら、実際に会うことも可能だということ。なにかいけないことが起きそうな予感がしないでもないが、それはぜったいにあってはならないことは言うまでもない。
ブログ主がツーショットダイヤルやテレクラなどなどで録音した女性との会話(音声)を掲載している。テレセはもちろん、エロ小説を読ませたりも。
「あっ、あぅ、なんでこんな気持ちいいんやろ…もうべちょべちょになってもうた(20才大学生とのテレセ)」
「ねえ、舐めて、舐めて。あっ、オマンコもっと舐めて…(人妻とのツーショットダイヤル)」
 などなど音声は膨大にある。本物素人がこんな台詞を吐くなんてタマらんもんだ。オカズにぜひ。
素人女が自分のオナニー音声を投稿しているサイトだ。匿名性が高く、仮に見た目にコンプレックスを持っていても気にしなくていいせいか、一日に7、8人くらいは投稿があるだろうか。しかもどのオナ声も、基本激しく乱れている。性器を激しくこすってクチュクチュ音を聞かせたり、「クリちゃんの先の尖ったところが気持ちいい~」なんて痴女モノAVみたく喋ったり。想像を掻き立てられる感はハンパじゃない。しかし、そうは言ってもこのサイト、文章で説明しても何だかピンとこないだろう。実際に利用してみれば、不思議なハマリ感覚がわかるはずだ。
電話オペレーターナンパ
伝言ダイヤルにテレクラ。かつて裏モノでは電話こそ最強のナンパツールと数々の成功リポートが掲載されたが、私が散々遊びまくった「電リク」ナンバは、未だ報告例を見ない。電リクとは、「朝まで生テレビ」などでよく見かける、視聴者からの電話リクエストのことだ。最近は、ネットや携帯サイトの登場でめっきり減ってしまったが、それでもたまにブラウン管の中に女性オベレータを見かけると、ついナンバ目的で電話をかけてしまう自分がいる。43才、独身男の、世にも希な口説きテクを紹介しよう。
キッカケは17年前。私が某コンピュータ会社で夜勤していた頃のことだ。彼女もおらず、職場には女っ気一つない。昼夜真逆の生活で悶々とする中、週に一度の楽しみが、日曜昼ー時から始まる文化放送の番組だった。視聴者からの電話リクエストで、週の50位からー位を決める3時問半の音楽番組。皆さん、好みの歌い手のプッシュにこ執心だったが、私は、単に若い姉ちゃんの声が聞きたくて、電話をかけていただけ。リクエスト曲などどうでもよかった。その日もいつもの様にリクエストを終え、ふと電リク娘に質問をぶつけてみた。「ところでさあ、そういうバイトって時給いいのっ」無視されても仕方ない。そう覚悟していたが、思った以上にハードルは低い。「そんな高くないですよお」「800円ぐらい」「まあ、そのぐらいですね」「割に合わないじゃん。大学生のアルバイトでしょ」「あっ、やっばり、わかりますかあ(笑)」聞けば、周囲の電リクギャルたちも、大半がバイト感覚の女子大生やフリーターだという。放送局だけに堅いオンナといっのは、単なる思い込みだった。翌週、私はリダイヤルを繰り返し(番組開始直後は混雑しているため)、ついに繋がった電話に開口一番切り出した。「学生さんでしょ。いまどき日常英会話ぐらいしゃべれないと」「私は専門学校だから(笑)」「ダメだよ。ケントデリカットから電話があったらどうするのっ」「あははは、あるわけないじゃーん」終始、ボケ役に徹し、数十分。職場の同僚に文句をいわれないかと心配したが、電リク娘の愛美は一向に構わず、別れたばかりの彼氏の愚痴まで口にする始末だ。なんだこのノリの艮さは。「楽しいね、今度会って話さないっ電話かけてよ」「気が向いたら、ね」自宅のアバートに愛美から電話があったのは、その翌日の夜。内心自信はあったものの、いざ、アブローチがあると心臓がバクバクする。週末、約束の待ち合わせ場所に出かけて驚いた。今で言うところの安田美沙子似が現れたからだ。奇跡に心躍らせながら、横浜ベイブリッジから本牧ふ頭へ黄金のドライブコーたス・きっちりその晩、彼女の身体をいただいた。
すっかり調子に乗った私は、翌週から同じ手口で電話をかけまくったコチラの想像以上にー人暮らしの女子大生が多く、皆、とにかく脇が甘い。目分の番号を告げるのではなく、ヒマな彼女らに番号を聞く方法に変えたら、ググッと成功率が上がった。話し込んだ女性のうち、3人にー人はゲットしただろうか(ちなみに、失敗の場合はディーブスロートさんのクンニリングスSLという曲をお願いします、と楽しんでいた)。が、数力月もすると、ビタリと食えなくなった。30人ほど在籍していた電リク娘のほほ全員と話し、正体がバレバレになったのだ。そこで次に目を付けたのが、テレ朝系の深夜情報番組である。テレビだけに敷居が高いと思いがちだが、そこはラジオと同じ。尻軽ギャルが多く、これまたラジオと同様の手法でガンガンいけた。今夜も皆さんの意見を募集致します。電話番号は当時、このセリフを聞いて股をざわつかせたアホは、日本広しといえども私ぐらいのものだろう。ラジオと違い、テレビは電リク娘たちがブラウン管に映し出される。そこで彼女らの姿をビデオに録り、一時停止でブサイクNG女をチェック。いざ電話をかければ、さりげなく席位置を確認し、口説きモードへ突入した。そんな簡単に電話番号を教えるものか。と、疑問を持たれるかもしれないが、10年以上前の日本はまだ平和で、ー人暮らしの女なら楽勝だった。逆に今より出会いの機会が少ない分Hまで持ち込むのも超ラクだったと言ってもいいだろう。かくして私は最初の10年問で、文化放送7人、ブレステージ5人、NAcKファイブ2人を頂いたのだが、むろんイイことばかりでもない。あれは確か、FM横浜の某番組だったと思う。ようやく長電話3人目でアボを取り付け、西口モアーズ前で待ち合わせたところ、一重まぶたのオタク系少女が現れた。すまん、昨日の話はなかったことにしよう。帰る算段をたてたところ、女が険しい顔付きでいう。「電話の方ですよねっあの後スタッフにバレて、スコイ怒られたんです。他の人に同じ様な電話かけてましたよねっもうやめてくださいー」んっなんだか、妙な胸騒ぎがするけど。ふと後ろを振り返って驚いた。若い男が2人、コチラに近寄ってくるではないか。逃げろー★鳴呼、古き良き電話文化はドコへ行ったのか。テレクラも電リクもすっかり停滞してしまった日本なんて、私、寂しい限りです。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内