★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0028_20180923114033aea_20190819223859bb3.jpg0029_20180923114034e34_20190819223900b9f.jpg0030_201809231140363db_20190819223902cbb.jpg0031_20180923114038679_20190819223903125.jpg0032_20180923114039a69_201908192239051e2.jpg0033_20180923114040410_201908192239064a2.jpg0034_20180923114042d38_20190819223908d6c.jpg0035_20180923114043afa_2019081922390900d.jpg0036_20180923114045730_20190819223911aae.jpg0037_20180923114046866_201908192239129ec.jpg0038_2018092311404886f_20190819223914074.jpg0039_20180923114049328_2019081922391599d.jpg0040_201809231140515ac_20190819223917004.jpg0041_20180923114052556_20190819223918fba.jpg0042_201809231140547dc_20190819223920793.jpg0043_201809231140550ac_20190819223921d41.jpg0044_20180923114057b05_20190819223923e9a.jpg0045_20180923114058044_2019081922392456d.jpg
ある夜、ボー力ー屋で有り金ほとんどを吸い取られ、池袋駅の東口をブラブラしていたときのこと。信号待ちの横断歩道前で、フトと横を見ると、広田レオナ似の妙に陰のある女がー人。僕はヤブレカブレで、彼女に声をかけました。
「あの、もしよかったら、ご飯でも一緒にどうっすか」
「えっ、ワタクシですか」ワタクシ…。なんて古風な女なんだ、間髪入れずマシンガントーク。
その間ハイソな彼女は無表情で僕を見つめています。ああ、やっばりムリ目の女だったかなとあきらめかけて手を引こうとすると・・
「でしたら、ワタクシの家が近所なのでどうぞ」拍子抜けする間もなく鬼子母神神社の方向へとすたすた歩いていく彼女。むろん、僕の頭の中はすでに
「一発ヤレる」と桃色モートへ。Y美と名乗る彼女、年齢は24才とのことでしたが、話し方も「ですの」といった気持ち悪いほどのお嬢言葉で、内容もどこか世問ズレしていない様子でした。
「こんなお嬢様、果たして俺の手に負えるかなあ」そんなことを心配しながら、Y美宅に到着。さぞや大きな邸宅か高級マンションだろうと予想していましたが意外な風景が。
池袋駅からほど近い、雑司ケ谷のそのアパートは、築30年はありそうな木造で、共同玄関&トイレ。絵に描いたようなオンボ口下宿です。大きな仏壇だけがやけに目に付く閑散とした部屋に招き入れられた僕は丁重に日本茶による歓待を受けました。
しばらく会話をした後は、予定どおり彼女にのしかかり難なくドッキングに成功と、ここまではさほど珍しい話ではありませんが、その後、Y美は衝撃的な事実を口にしたのです。実は彼女、北海道の某宗教系代議士の愛人で、彼にこのアパートを与えられて暮らしている、とのこと。旅行先で撮ったという2人の記念写真には、確かに40才ほどのオヤジとY美が写っていました(さすが代議士だけあって、海外のリゾートが多かった)。もともとY美の実家が熱心な信者らしく、彼女は大学(早稲田の政経)でもその宗教サークルに入っていたとか。某代議士とはそのサークルを通して知り合い、後にアパートを与えられてセックス奴隷と化していたそうです。
早朝、そのまま彼女の部屋に泊まった僕は、重く響き渡一る人の声で目が覚めました。起きると、Y美が僕の枕元で正座をして念仏を唱えています。いや、よく耳を澄ましてみると、その重低音の念仏はアパート全体から響いてくるではありませんか。その後、僕は何度となくY美宅を訪間。毎回、日本茶を飲んでしばらく会話した後にセックスというパターンが続きましたが、ある日突然、彼女は姿を消しました。ボロアパートから脱出するために風俗店で働くと言ったまま。Y美は今ころどうしているのでしょう。池袋から雑司ケ谷方向へ歩くたびに、今でも僕の脳裏には彼女の白い裸体とあの念仏がなってきます。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内