このページの内容
・姉と妹を喰っちゃったエッチ体験談
・双子姉妹丼風俗プレイのお味は
3_202208171151153c8.png

娘と母親を同時にいただいてしまおうという実に賛沢なプレイ、親子丼。
かつて裏モノの名企画河内真佐久の男の願望を叶えるシリーズでその詳細なリポートが掲載されたが、やはりそれは興奮するに十分な内容だった。
しかし、私も負けちゃいない。
やはり血のつながった女たちを喰らう丼は丼でも、私の場合は姉妹丼
そう、姉と妹を喰っちゃったのだ。
 
お気に入りは姉ちゃん。 むしゃぶりつきてー 
東北に勤めていた私が、関東へ転勤した
もちろん、妻子と残しての単身赴任だ。慣れぬ土地での生活に家族との別離。出発の前日は 不安で眠れなかった。
しかしそんな陰徴な気持ちなど、赴任直後にあっさり吹き飛んでしまう。 
新しい職場に、ノリコ(当時24才)、ユミ(当時23才)という超美形の女子社員姉妹がいたからだ。社内の男どもはノリコ派、ユミ派に分かれ、 やれ姉の方が巨乳だの、妹の方がスタイルがいいだの騒いでいたのだが、そんな彼らを私は数段リードしていた。
というのも、転勤3カ月にして早くも、彼女らと定期的に飲み会をする仲になっていたのである。
キッカケは、同僚がセッティングしてくれた姉妹との飲み。そこで私は得意な『永ちゃん』のモノマネを披露し、 一躍彼女らの人気者になったのだ。 
ちなみに、私のオキニは、姉のノリコ。明るい妹・ユミとは対照的に、その容易に近寄りがたい雰囲気が逆にソソる。ヤるなら絶対ノリコと決めていた。
とはいえ、この時点では単なる飲み友の域を脱しておらず、セックスはおろか、キスすらしてない。 くそー、何とかしてあの体にむしゃぶりつきたいぜ。
日を追うごとにノリコへの 性欲は確実に増大するものの、 結局なにも出来ぬまま1年近くが虚しく過ぎてしまった。 唯一戦果らしきものといえば、偶然ノリコの後で入ったトイレの便座で彼女のマン毛を発見、それをしゃぶりつつ、 シコれたくらいのもんだ。哀れだのお。 

転勤してからちょうど1年が過ぎたある日、事態は急変した。
会社から辞令を受け、再び地元の営業所に戻ることになったのだ。妻子と暮らせる喜びが湧き起こる一方で、私の脳裏に
 〈最期のお別れに、ノリコをデートに誘うべっ〉
思うが早いか、さっそく電話を入れ、あっさりデートの約束をゲット。
翌日、 高級レストランで食事をした後、私はルンルン気分でホテルを目指した。しかし。
「エッチはしないからね」 
ほー、いきなり先制パンチですか
けどヘコタれんもんね、それしきじゃ。カーセックスに持ち込んでやれ。
火のついた欲望は抑えきれ ず、強引にノリコの辱を奪おうとするとパチンッ。頬っつらがブルンと揺れた。 
「なにすんのよっ」
こっちのセリフである。が、 ここはガマン。
「ずっとノリコのことが好きだった。最後の思い出が欲しいんだよお」
「お互い、彼氏や奥さんがいるじゃん。無理だよ」 
結員無理だった・・
引越し3日前。私のアパートで姉妹と後輩1名、計4名での送別会が開かれた。これが最後の飲み会とわかっているのだろう、みな最初からぐいぐいとあおり、実にハイテンションだ。
隣のノリコもすでにほんのり頬が赤い。ラストチャンスだ、行け。
「ちょっといい?」
言うなり彼女を隣室に引っ張り込む。抵抗する気配はない。肩にそっと毛布をかけ試しにキス。
と、アラ不思議。 ビンタを放つどころか、私の舌をムミーっと吸い出すではないか。
うーん、先日が効い たのかしら。
いや、そんなことはどうでもいい。いったいどうしたことか、ノリコは積極的に私の股問をまさぐつている。
早く応えてやらなければ。
うお、ガマン汁もドクドクだあー。ソッコーで彼女を全裸にし、下腹部に舌をぬらぬら這わせた。
くー、イイネー
「シャワー浴びてないからダメー」
そんな声など無視し、マンコ、アナルをガツガツ舐め回す。
むはは、このアンモニア臭がたまらねえ。なんて興奮し過ぎたのがマズかったか。挿入を始めるやいなや、わずか30秒でノックダウン。コンドームの先端が呆れるほど大量の精子で濁っていた。
妹もしっかり舌を絡めてきた
それから2時間後、奇跡が起きた。 酔いつぶれた後輩が隣室で大イビキを上げ、ノリコもシ ャワー室へ。傍らには酔いつぶれ、スースー寝ているユミだけ…。 
背向けるユミの後から、 そーっと胸を採んでみる。
「ちょっと、なにするのお」
ユミが気づいたと同時に唇を奪った。ブチュー。
酒の勢いとはいえ、妹にまで手を出すとは。やっぱやめとこか。そう思った私が甘ちゃんだった。 申し訳程度の抵抗を見せたユミが、何を思ったか、いきなり舌を絡めてきたのだ。
マ、 マジっすかあ
すかさずアソコの中に指を滑り込ませると、おーやだ。 生暖かい汁で、ずぶ濡れじゃないですか。 今しがた、姉と一戦を終え今度は妹のアソコをグリグリ。
夢のような状況の中、瞬く間にチンポがギンギラギンにいきり立つ。
私は、姉と同様、2穴ナメで妹を責めた。
「ナメやすいよう、自分でアソコを広げろ」
「…うん」
素直に応じるユミ。感極まった私は、M開脚めがけ、勢い良く、腰を沈めたのだった。 
★今思い出しても、ガマン汁がしたたるくらいの経験。これからの人生で、あんな オイシイ思いができる日は来るのだろうか。 私は現在、ョメさんと3人 の子供に囲まれ、静かな、何 の刺激もない暮らしを送っている。 

双子姉妹丼風俗プレイのお味は
ゲテモノが集まるヘルス、東京は鴬谷に母娘コンビがいるそうで。
母が41才で、娘が22才。夢の親子井、さてさてどんなもんなんでしょうか。
ビジュアルはご覧のとおりでこざいます。
体型も顔も、さすが親子といったところでしようか。
娘が一心不乱にしゃぶる姿をせつなそうに眺める母親。母の乳首を舐める娘。
そこにはなんとも言えぬ哀愁がありました。
なんでも母親は娘に紹介されてギョーカイ入りしたとかで、理由は「羽振りのいい娘がうらやましくって」
帰り際に親子りで稼いだ金はどう使うの?」と聞けば「牛角に行く」と声を揃えておりました。
親子丼、姉妹丼に勝るとも劣らぬ男の夢が双子丼であることに異論はなかろう。
だからこそネット検索してこの子たちが出てきたときは心が躍り狂った。
フーゾクサイトで双子嬢はときどき見かけるけれど、たいていは写真も見れないし、ホンモノかどうかなんて行ってみるまでわからないものだ。でもこの2人は顔出ししていた(ホームページではなく紹介サイトで)。
顔は激似で巨乳ムチムチなところもそっくりだ。
3Pコースは月に1、2回しか行われないそうで、告知が出たときは迷わず予約を入れた。
緊張の対面。ホテルのドアを開けると2人同時に「よろしくお願いしまーす」のハーモニーだ。
さすが双子。聞けば彼女らは一卵性だという。あまりに似ているため、子供のころは親も見分けがつかなくて、足の裏にそれぞれの名前を書かれていたらしい。
いざプレイに入ると、もう感動の一言だ。
お姉ちゃんが乳首を舐める間に妹はチンコを、妹が玉舐めに移ったらスムーズな移動で姉がサオをペロペロ。
次は妹がサオを咥えて姉が根元をチロチロ。
なんて素晴らしいコンビネーションだろう。
フィニッシュは妹に素股をされつつ姉のアソコに電マをあて、姉が妹の乳首を舐めながら迎えた。
アエギ声までそっくりだなんて、やっぱり双子っていいもんだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内