★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
出会いカフェ・喫茶出会いカフェ・喫茶出会いカフェ・喫茶出会いカフェ・喫茶出会いカフェ・喫茶出会いカフェ・喫茶0089_202003060820449ef.jpg
出会いカフェ・喫茶出会いカフェ・喫茶出会いカフェ・喫茶出会いカフェ・喫茶出会いカフェ・喫茶出会いカフェ・喫茶0076_20180919133407b7a.jpg0077_201809191334091d0.jpg0074_2018091913340471f.jpg0075_20180919133406aca.jpg201506053.jpgajk070_20190805214850235_2019102512583634b.jpg0083_20190328135915bfb_20191025125237482.jpg

0084_20181023082658de4_20190927201656b98.jpg0085_20181023082659ac1_201909272016579cf.jpg0086_201810230827013cb_20190927201659cca.jpg0087_20181023082702dd9_2019092720170042b.jpg

出会いカフェ・喫茶の必勝法2エッチできる美女の見極め方・上手で得する遊び方
1、出会い力フェに行くと、時間を忘れてしまう。マジックミラーの向こう側が女の部屋というこの店内構造を考えた人よマジて天才だろう。目の前に広がる魅惑の光景。女たちは、男からの声がかかりやすいようにするため、露出度がやたら高い。7割くらいは生足ミニスカートだ。となると、もちろん我々の視線は、足に向かいますよね?そういうことも考慮してくれており、マジックミラーを床に近い位置にも設置している。つまり、しゃがめばパンチラ見放題ってわけだ。他の男の目を気にしてか、のぞき込むのをためらっているっぽい連中も少なくないが何を恥ずかしがってんだって話だ。タダて女のデルタゾーンを拝めるというのに。そのへん、私なんかは図太いほうだから、座り込んで存分にたのしませてもらってます。
2、出会い喫茶に行ったのに、女が全然いねえじゃんってことがある。そこでおれが見つけた、エンコー女が大量にいる日を教えよう。前提として、出会い喫茶にいるような女は基本的に力ネに困っている。そんな金欠女たちが特に集中する日がある。ズバリ毎月9日と26日だ。ピンと来た人もいるだろう。クレジットカード支払い日の前日だ。審査がゆるいことでお馴染みのYahooや楽天を始め、多くのクレ力は10日、27日を支払日にしている。つまり、この前日の9日、26日には支払いに困った女が金を求めて大勢やってくる。
彼女らは1日で数をこなさなくてはならないため、割引交渉もしやすいしなにより無茶なプレイにも気軽に対応してくれる。先月の26日に引っ掛けた女は、即尺やアナルまでOKしてくれた。金がないってのは大変だ。
3、滅多に来店しないレア就活美人は夕方5時までにさっさと売り切れる
半年ほど出会い喫茶に通い詰めていると、どの時間帯に上玉の女がやってくるか、自分なりの統計のようなものができあがる。
客引きに釣られてやってきた本当の純粋っ子もおります『出会い系バー』の女性客は、大半が売春目的である。話が早くてありがたいのだが、言い換えれば風俗嬢っぽい。抱いてもなんだか虚しい。そこで私は、なるべくスレてないコを探し求めているわけだが…。
『出会い系バー』は、だいたいどこも、店先で呼び込みをしている。
「おねーさん、入場料タダなんで。ドリンクも3杯、フードも2品まではタダなんで、寄っていってくださいよ」
だからときどき、客引きに釣られるカタチで、普通のコもやってくる。こちらがワリキリを持ち掛けると、驚いてドギマギするようなコが。
「えっ、ここってそういう場所なんですか?」
「知らなかったの?」
「…相席のお店みたいなもんだろうと思ってたんですが」
もちろん彼女ら、ワリキリ嬢じゃないので、すんなり援交の話には乗ってこない。「そういうのはムリです」とか何とかかわしてくる。とはいえ、タダ飯のフレーズに引かれてやってきた人種だ。5千円ほど小遣いを出して「とりあえず飲みにでも行こうよ」と言えばまず乗ってくるし、いざ移動した飲食店で2万円くらい現金を握らせれば、心が揺らいでくれるものだ。信じられないかもしれないが、あるお見合い形式の出会いバーでは、かなりの美少女とタダマンできたこともあった。
4、値引きや無茶なプレイに応じやすい女のある行動とは?ある行動とは?
出会い喫茶で値引き交渉がしやすい女っていますよね。それがトークルームに入る前にわかったら、便利だと思いませんか? 
これは出会い喫茶の構造を利用した判別方法なんですが、女が待機している場所は、結構狭くて、混んでいるときは、マジックミラーとソファの間を通るのが結構大変なんです。ほとんどの女はふてぶてしく通るんですが、10人に1人くらいの割合で、他の女の前を通るときにすみませんと申し訳なさそうに頭を下げてる女がいるんです。そんな女は間違いなく融利きます。実際、このやり方で見つけた女にお願いしたらイチゴー希望のところを、イチニーにしてくれました。さらにホテルで、生でもいい? としつこく食らいついたら、ここまで来たならしょうがないという表情で了承してくれましたよ。
5、出会い喫茶などでもっとも客から喜ばれる女は、間違いなく“新規”(初めて店に来た女)だ。深く考えずとも理由はわかるだろう。新規ということは、まだ他の男どもの手垢にまみれておらず、その時点では完全なシロートだ。常連化したセミプロのような女よりもダンゼン価値が高い。その点、土日は仕事や学校もないため決心しやすく、しかも日中は買い物、夜は友だちとの飲みなど、カネが必要になる具体的なイベント前の時間帯に新規ちゃんがやってくるのだろう。なかでも特にオススメしたいのは昼の時間帯。ライバルの男客が少ないため、ラクに新規ちゃんをゲットできるのだ。
6、タトゥーの入った女を敬遠する男が多いのは、どうしてもやさぐれたイメージや、性格のきつさなどを感じ取ってしまうからだと思う。そしてタトゥー女は出会いカフェや出会いバーなどで見かけることもままあるが、やはりというか、総じて人気がなかったりする。これはもったない。非常にもったない。私ならイの一番に声をかける物件だというのに。
といっても、タトゥー女のビジュアルが好きなわけではない。むしろ見た目だけでいえばタトゥー無し女の方がよほど好きなのだが、ことセックス内容でいえばタトゥー有りの方が断然濃く、楽しいからだ。具体的に言えば、刺青女はドM率がメチャクチャ高い。それも全身リップやアナル舐めなどが大好きな奉仕型のドMだ。そもそも体にタトゥーを入れるのは一種の自傷行為だが、えぐい愛撫で男に奉仕するのも、自分を堕落させるという意味では立派な自傷行為といえる。つまりは、そういうことなのだ。言うまでもなく、出会いカフェや出会いバーでは女をじかに物色できるわけで、タトゥーちゃんを探すにはうってつけの場所だ。ちなみに刺青の大きさはドMの可否とは関係ない。足首、腕、指、胸元、首すじ、腰などをチェックして、たとえどんなに小さくてもそこにタトゥーがあれば、迷わず買いだと覚えておいてほしい。
7、キャバクラ情報誌に出てくるような、マニアなら知ってるレベルのキャバ嬢も出会いバーに来ています。普通に彼女らの店に通えばセックスのセの字にも近づけないところ、出会いバーならホ別2程度の額でヤレてしまう。
8、都内の出会いカフェにいくと、男性エリアに何時間も滞在しつづける男たちがいることに気づくはずだ。彼らは女の子をトークルームに呼ぶことなく、ただひたすら黙って何かを待ちつづけジッとしているため「地蔵」と呼ばれている。最初のころは、地蔵たちが何の目的であんなことをしてるのかわからなかったが、常連になった今ならわかる。とにかく待ちさえすれば、驚くほどの上玉女が来る(かもしれない)からだ。上玉女と言われてもピンとこないかもしれないが、20代後半から30代前半ぐらいの、ものすごく綺麗で可愛くて、かつ上品で清楚な女。と言えばわかってもらえるだろうか。つまりは誰が見てもいい女と思うようなタイプだ。出会いカフェに来てる時点で清楚なワケがない、というツッコミもわかるが、丸3日ほどかけて待ち続けていると、「友達に聞いて、初めて来たんです」という清楚な美人が1人ぐらいは来るものだ。我々地蔵たちは、そのワンチャンスにかけ、ひたすら待ち続けているのである。もちろん、そんな上玉ちゃんたち全員が援交目的ではないが、上玉ちゃんとご飯を食べるだけでも満足な人、食事からプチサービスに持ち込む人、お金の力でホテルに連れ込む人など、それぞれの要求にあわせて話を進めていけばいい。とにかく待ちさせすれば、それだけの女に出会える、ということが重要なのだ。この感覚はもはや釣りと同じ。かならず当たりが来ると信じて針を垂らしていれば、待ち時間すらも楽しくなってくる。
出会いカフェの連れ出しセックス現場に潜入取材
選んだ素人女性と交渉し、店外に連れ出せる出会いカフェ。過去に裏モノ誌上で何度か取り上げたので、皆さんもご存じのことだろう。女の子の容姿が確認できるので、出会い系サイトで遭遇するよう
女はほぼいない。ハイレベルなルックスの女の子と手頃な価格で遊べるとあって、援交オッサンたちの人気を集めている。女の子の数が多いと言われる出会いカフェ「K」の新宿本店は、金曜日の夜になると祭りのようだ。
あらためてシステムを簡単に。マジック越しに気になる女の子を見つけたら、10分間のトークをし、
交渉が成立したらつれだし料を払って外出するという流れだ。奥の男性会員用フロアに進むと、マジックミラー越しに5人の女の子が座っていた。パッと見、みんな年齢は20代前半で、ワンピース姿の巨乳OLや色白黒髪の学生など、70点クラスのそこそこ可愛い子たちばかり。目の前のテレビや雑誌を見たり化粧をしたりと、それぞれの時間を過ごしている。
一方の男性フロアにはオッサン客が8人もいる。まだ夕方だというのに、予想以上の客入りだ。マジックミラーギリギリまで近づいて、女の子のナマ脚やパンチラを眺めている者もいれば、設置されたパソコンで無修正エロ動画を観てる者も。俺も誰かと話してみよう。今いる女の子の中で一番可愛い白ワンピースの巨乳ちゃんをトークルームに呼ぶことにした。出入り口に張られた女の子のプロフカードを取って店員に渡し、個室へ移動。すぐに女の子が現れた。
「こんにちは」
「どうも、こんにちは」
間近で見るとなかなかエロそうだ。いい匂いもするし。
「今日は何か目的があってきたの?」
「まあ、一応…」
「お小遣い稼ぎ?」
「はい」
「ぶっちゃけどこまでできるの?」
「まあ、どこまででも…っていうか条件次第ですね」
「最低でもいくら欲しいとかある?」
「まあ、イチゴー…とかなら」
「なるほど」
正直、これぐらいのレベルの子と1万5千円で本番できるなら十分満足できる。5時を少し過ぎたころ、モデル風の小顔美人ちゃんが来店した。と、同時に椅子に座っていた男性客たちが一斉に立ち上がりゾロゾロと集まりだした。俺も行こっと。女の子かなり可愛い。ショートパンツからのびたナマ脚も眩しいぞ。男たちが彼女の元へ駆け込み、最初にカードを手にした男性が店員にトークを申し込んだ。展開が早い。トークを終えた男性客が苦笑い、フロアに戻ってきた。2人目の男性がトークを申し込んだが、すぐに彼もフロアに戻ってくる。おそらくとんでもない条件を提示してるんだろう。
個室に小顔ちゃんが登場した。
「こんばんは〜」
「あ、どうも」
軽いノリで登場した小顔ちゃんが、タイマーをイジりながら椅子に腰掛ける。かなり場慣れした様子だ。「お姉さん、キレイだね。普段何してる人?」
「え〜ありがとう。フリーターですよ」
「ここはよく来るの?」
「うん、たまに〜」
「今日はどんな目的?」
「あー、ゴハンとワリキリです」
「へー、いくらなの?」
「あ、ニーゴーでーす」
高いよ! なるほど、これが彼女が連れ出しされない理由か。
フロアに戻ると、店員と親しげに話していた男性客がいたので話かけてみた。
「ここはよく遊びに来るんですか?」
「うん、ほぼ毎日きてるよ」
「毎日ですか。援交目的ですよね?」
「そうそう。キミさっきあの子としゃべったでしょ? 条件ニーゴーの子。あんなのはダメだよ。あのね、プロフィールカードに番号が書いてあるでしょ? ここ見れば誰が古株で、誰が新しい子か一発でわかるから。古い子はダメ。プロみたいなもんだから」
この達人さんは、相場を知らない新規の女の子が相手なら、うまくいけば1万円以内で本番できると耳打ちしてくれた。
「常連客がこうやって待ってるのはさ、みんな新規の女待ちなんだよ」
そんなに新規嬢の価値が高いとは知らなかった。夜7時までの間に新たな女の子が5人ほどやってきた。学生、フリーター、OL、事務員、アパレルなどなど、皆さんごく普通の生活をしてる女の子たちだ(あくまで自称だが)。しかも全員が、条件しだいではホテルに行ってもいいという。
提示してきた条件は、1人を除いた全員が、1万5千〜2万円で本番まで可能。1人だけ、ややブサイク目のちょいポチャギャルだけは、3千円でフェラ、8千円で本番もOKと答えてくれた。見た目がブサイクな女は、誰からも声が掛からないので、自分の市場価値がわかるのだろう。とにかく安く抜きたいというときは重宝しそうだ。
夜8時、女の子の数が本日最大の12人に達した。男性客も10人以上がうごめいている。
酔ったグループ客なども冷やかしに来ていて、どの子が可愛いだのとワイワイ大騒ぎだ。まさにお祭り状態だ。学生やOL風など、そこそこ可愛い子とトークして、外に連れ出す男性客もポツポツいるが、長時間居座ってる連中も何人かいる。彼らは新規嬢狙いだろう。
9時前、女性フロアに地味目の可愛い女の子が現れると、静かに座っていた男たちが一斉に立ち上がった。店員が入り口に貼ったプロフカードの周りに男たちが殺到する。見ると「新規」と書かれたクリップがついていた。
「はい、ご新規さんでーす! トーク希望いらっしゃいますか?」と、店員が叫んだ直後、ハイ! ハイ! 男たちが一斉に手をあげた。
ハイ!俺も慌てて手をあげ、5人でジャンケンすることになった。
「ジャーンケーンポン!」
あ、勝っちゃった。すごいぞ俺! 
「やったじゃん。絶対いけると思うよ〜」
達人さんに激励されながらトークすると、間もなくして新規の地味女が現れた。
「こんばんは…」
「こんばんはー。プロフ見たけど、今日来たの初めてなの?」
「あ、はい、そうなんですよ」
「何か目的があるのかな?」
「はい、あの、お金がなくって…」
「じゃワリキリの条件があったりするんだ?」
「あ、はい。2で…」「2か。1でフェラとかはムリなの?」
「あー、どうしても2が必要なので…、ちょっとそういうのは…」
うーんダメか。達人さんは、新規の女の子なら1万でもイケるって言ってたのになぁ。ガックリ。
その後、ジャンケンで2番目に勝った達人氏も彼女とトークルームに消えたが、やはり「絶対に2万」と堅持されてあきらめたようで、結局、3番手のスーツの男性が連れ出していった。夜9時を過ぎたあたりで外出カップルが増え、徐々に男女とも人数が減ってきた。俺もそろそろ相手を決めたいところだ。
30代後半と思しきエロそうなお姉さんが目に留まった。ちょっと歳は行ってるけど行ってみるか。
「こんばんはー」
「どうも。今日はどんな感じですか?」
「条件付きでーみたいな?」
なんだか鼻に掛かった声が妙にヤラシイ。
「じゃ、例えば1万でホテルとかはどう?」
「え〜、イチサンとかはムリなの?」
「できれば1万でお願いしたいんだよね」
「うーん。まあ仕方ないね。いいよ」
というわけで、あっさり1万円で商談成立だ。安い!
わずか10分後には近くのレンタルルームで素っ裸になってプレイしたのだが、彼女、見た目まんまのエロ女なうえに名器の持ち主で、AVの痴女モノのようなプレイを堪能することができた。これで1万円はお得だと思う。10時半。スッキリしたところで再び「K」に戻ってみると、あれだけいた女性客の姿は1人もなく、くたびれたオッサン客がさみしくテレビ画面を見つめているだけだった。今夜のお祭りは終わったようだ。
出会いカフェの新規茶メシ嬢と卓球バーでピンポン外交
全国的に大ブームを巻き起こしている相席居酒屋の本家がこの店だ。東京・赤羽の第一号店をはじめとして、渋谷や新宿などの都内主要繁華街はもちろん、北は札幌、南は博多まで20店舗以上を展開している。ここ1カ月、俺がいつも足を運んでいる新宿歌舞伎町店は、連日大混雑している。ピークタイムの19時から22時ともなれば、2時間待ちなんてこともザラ。なので最近ではあえて都心から少し離れた下北沢店や大井町店に足を運んでいる。今さら店のシステムなどは説明不要と思うので、ここでは相席屋に20回以上足を運んでいるオレなりの必勝法を紹介したい。まず、会話が盛り上がらなかったり、不機嫌なブスは容赦なく切り捨てること。特に最近は女客がひっきりなしにやってくるので、ブスをリリースしてもまったく問題はない。宴席でのポイントはなんといっても酒の飲み方だろう。ドリンクはセルフサービスなので、アルコール濃度の調整は自由自在。「お酒つくってきてあげるよ」と言って少し濃い目の酒をつくるのは基本中の基本だ。席の座り方にもひと工夫加えたほうがよい。男女向かい合って座るといかにも「合コン」といった感じでなかなか打ち解けられない。1~2杯飲んだところで「席替え」と称して男女隣同士で座るようにしよう。距離が近づくだけでなく、男女2対2の飲み会から、個人戦に持ち込むことができる。
もちろん、長居すると金がかかるので、意気投合した女とはさっさと別の店に移動してしてしまったほうがよいのは言うまでもない。卓球台が置かれているバーがある。ほろよい気分になるとカラオケを歌いたくなったり、ダーツをしたくなる人がいるが、それの卓球版だと思ってもらえればよい。実は、ここがいま出会いの場となっている。酒を飲みながら、男同士でダラダラ卓球をプレイしていると、店側が女性客とのダブルス試合をセッティングしてくれるのだ。言うまでもなく、試合が白熱するに従い互いの距離は親密になる。試合が終わったところで「反省会」と称して飲み直すのもよし、
「今回は負けちゃったけど、リベンジ受け付けるよ」なんて言ってすんなりと連絡先を交換するのもよし。卓球が上手か下手かは関係ない。知り合うきっかけが用意されていることが重要なのだ。
出会いカフェは素人エンコー女の巣窟だが、たまに一緒にゴハンを食べるだけでOKのいわゆる「茶メシ女」と遭遇することがある。奴らは「1時間だけならゴハンいいよ」などとのたまい、セックスもさせないくせにたいした面白い話もしないままタダ飯、タダ酒を食らって、小遣いをもらって帰っていく性根の腐った女たちだ。が、同じ茶メシ女でも「新規の茶メシ嬢」に限ってはまったく事情が違う。1人ないし2人でやってくるカフェのシステムもよくわかってないような女たちだ。
 新規の茶メシ女は1日粘って1組いるかいないかの希少な存在だが、彼女たちとうまく飲みに行けると大化けすることが多々ある。友達に「男とデートすればお小遣いがもらえる」程度の知識しか聞いてないので、姑息な時短ワザも使わないし、頑なに帰ろうともしない。どころか、いい具合に酒を飲ませて盛り上がればその後の展開も期待できるのだ。カフェにくる新規嬢はいつも人気で、抽選のジャンケン大会に発展するものだが、茶メシ女だとわかればスルーされて回ってくる確率も高い。そこをあえてすくい取るのが通の遊び方だと思っている。
黒木瞳クラスも現れる熟女店の出会いカフェ体験談
女性は若くても30代後半、メインは40代の出会いカフェです。しかもマジックミラー式の例のあれではなく、男は個室で待つシステム。いかにも地雷を踏みそうで魅力を感じないかもしれませんが、なぜかいつも大盛況です。この店、熟女のツブが揃ってるんです。黒木瞳みたいな人がやってきたこともあるほどです。
しかもみなさん歳を食ってるだけあり、割り切った話をしやすい。1万円出せば相当なことまで出来るでしよう。相手が奥様ということもあり、昼間の時間帯が賑わっています。
女子大生祭り
男が個室で待機し、女性を待つというという逆ナンシステムを採用している出会いカフェだ。女は積極的にエンコーを持ちかけてくるため、こちらはそれに応じるか応じないか答えるだけでいい。つまり、男性側は終始有利な立場で交渉を進められるのだ。
「ねぇねぇ、ちょっとエッチなことしよーよー」と持ちかけられても
「うーん、キミだったらフェラで3千円かな」なんて言って。個室はわりと広いのでその場でおっ始められるというのもポイントだ。
出会いカフェ嬢を尾行して職場で援助交際を持ちかけるというやり方も
ご存知、出会いカフェには、お小遣い目的の素人エンコー娘が多く集まってくる。客として普通に店に行ってもいいが、オレは店には入らない。店が入ったビルの一階エレベータ前でひたすら待ち続け、そして、お店のある階からエレベータが降りてきて、扉から出てきたのが女の子一人だったら、ここからお楽しみ。尾行開始だ。
第一の目的は、「出会いカフェエンコー娘の普段の顔を見る」ため。彼女らの後をつけると、キャバクラに入ったり、居酒屋に入ったり(客ではなくバイト)することがある。そうなったら当たりだ。オレもそのキャバクラに行って当人を指名するし、居酒屋に入ってその子の働きぶりを観察する
(居酒屋の場合キッチンで働いている子も多いので観察できないことも)。エンコー女であることをひた隠し、すました顔で働いてる姿にはなんとも言えないエロさがある。そんな子がお金のために知らない男とセックスしてるのかと考えると勃起ものだ。そして第二の目的。普段のすまし顔を確認したあとで、援交を持ちかけるのだ。
居酒屋バイトの子なら、「よかったら遊ばない? 2万出すよ」と連絡先を書いた紙を渡す。まだ成功したことはないが、紙を見せたときの、ギョッとした表情は何度やっても面白い。キャバ嬢の場合なら、耳元で「ぶっちゃけお小遣いあげるからエッチしない?」と交渉し、実際に翌日に会って2万円で1発キメたこともある。客に愛想をふりまいていたあの子が、目の前でちょっと嫌そうな顔をしながらチンポをしゃぶってるのは、脳がとろけそうになるほど興奮した。
電車で見かける可愛い女性大生が出会いカフェで援助交際していたなんて

朝の通勤電車で若い女を見かけた。ロングの黒髪、きめ細やかな白い肌。そして、ミニスカートからは、エロくさい柄タイツに包まれた長い脚がスラリと伸びている。間違いなく、我が人生でも1、2位を争うほどのイイ女だ。てか、目まいがしそう!声をかけてみるか? 

いやいや、小心者の俺には電車内で堂々とナンパする勇気などあるわけがない。神々しい姿をチラチラと盗み見るのが関の山だ。やがて電車は目的の駅に到着。俺は後ろ髪を引かれる思いでホームを降りた。はあ。あんなキレイな女とはもう二度と会えないんだろうなぁ。

人生はままならないものとよく言われるが、時には例外もあるらしい。何とあの日以来、同じ電車でしばしば例の女と乗り合わせるようになったのだ。頻度は週に2、3回。もしかしたら俺が気づくずっと前から、彼女はこの電車を利用していたのかもしれない。好奇心がムクムクと湧いてきた。何をしてるコなのか。年恰好からして多分、女子大生だろう。

彼氏は絶対いるな。あのルックスじゃ、男どもが放っておくはずがないし。彼女への関心は日ごとに増すばかりだった。さすがにセックスは高望みだとしても、せめてお茶ぐらいはできないものだろうか。これほどの上玉に何もアクションを起こさず、ただ眺めているだけってのはあまりにももったいない。
そこで浮上したのが手紙作戦だ。彼女に接触しようというのである。これなら誠実な印象も与えられるし、勇気もさほど必要ないはずだ。はりきって手紙を作成した翌日、さっそくチャンスが巡ってきた。電車に乗りこむと、入口ドアのそばで彼女がちょこんと立っている。

周囲に人はいない。よし、今だ。渡せ。おもむろに彼女の方へ歩み出す。が、彼女の背中が目前に迫ったとき、足がピタッと止まった。今さらのように、最悪のシーンがまぶたに浮かんだのだ。
「これ、読んでほしいんですけど」「え、そんなの困ります」
うっ、やっぱ無理無理。できないって。こうしてまた、彼女を眺めるだけの日々が始まった。スーツの内ポケットに忍ばせたままの手紙を、どうすることもできずに。つい1カ月前のことだ。大学時代の友人と久しぶりに飲んだ帰り、やつが思い出したように言った。

「ちらっと遊んでいかね?」この近所に友人がたまに利用する出会いカフェがあるという。根っからのフーゾク派のため、出会いカフェの類は未体験の俺だが、たまに趣向を変えてみるのも悪くはない。

「ふうん、じゃ行くか」連れて行かれた店は、雑居ビルにあった。マジックミラーの向こうには、女が5人ほど、退屈そうにケータイをいじったり、マンガを読んだりしている。やや殺伐、そしてやや愉快な光景だ。何気なく女の顔を順にチェックしていた矢先、妙な違和感を覚えた。50、60点のルックスが並ぶなか、ひとりだけこの場にそぐわないめっちゃ美人がいるではないか。しかもあれって……電車のコじゃねえの!?ウソでしょ?思わず、友人に聞いた。
「あのコめっちゃかわいいんだけど。話したいときはどうするんだっけ」
「店員に言って、トークルームに呼び出すんだよ。でも、ああいうコはスルーした方が
いいな」ルックスが抜群なのに、誰にも連れ出されず売れ残っているというのは、エンコーの要求金額が相場(別イチゴー)より高いか、お茶や食事が目的の可能性が高いらしい。そんなことはどうでもいい。とにかくあのコと話さねば!3万で思いのたけを晴らせるなら「こんにちは〜」トークルームにやってきた
彼女は、やはりどこからどうみても“電車のコ”だった。なんちゅうことだ。まさか、まさかこんな形で会話する日が来ようとは。歓喜の念を押し殺し、彼女の顔を見つめる。特に動揺した様子がないあたり、同じ電車に乗り合わせてる相手だとはわかっていないようだ。

「ど、どうも。大学生?」「そう。いま2年」「こ、ここはよく来るの?」
「たまに」「たまに」の割には、実にこなれてるというか、愛想のかけらもない話しぶりだ。恐る恐る、キミと遊びたいんだけどいくら払えばいいのかしら的な質問をぶつけると、彼女は即座に答える。「3でしか出てないし」3万のエンコーだ。相場の倍。強気にもほどがある。密かに思い慕っていた相手が、ばりばりのエンコー女だったとは興醒めもいいところだが、しかし3万の金でこれまでの思いのたけを晴らせるなら安いものだろう。

「わかった。3万出すよ」「オッケー」ようやく彼女は笑った。ホテルに入ってからのドギマギ感は、時間を追うごとに薄れていった。キスは拒否、フェラもゴム付き。さらに挿入後の堂の入ったマグロッぷりを見せつけられれば、さすがの俺もゲンナリだ。今も電車でときどき彼女の姿を見かけるが、もはや空気のような存在だ。もちろん手紙は破り捨てた。

お泊まりコース確定

出会いカフェは夜11時ごろからがアツイ時間帯となる。
店内で男に買われるのを待つワリキリ嬢たちの心境を想像してみてほしい。
̶̶金額交渉に10分、ラブホへの移動に20分、そろそろデッドラインか̶̶。
つまり、この時間に店内に残っている女たちは、電車での帰宅をあきらめた連中だ。数は少ないが、必ず何人かはいるので、買ってあげてホテルに連れ込んでやれば、彼女らは何を考えるか。
̶̶とりあえず一発抜いてあげたし、これでバイバイすることもできるんだけど、電車はもう終わってるし、マンキツとかに泊まるのもダルイ。だったらエッチはしなくちゃいけないだろうけど、このまま朝までラブホにいようっと̶̶。
どうだろう、終電前のワリキリ嬢、狙い目でしょ? 朝までしっぽり楽しめますよ。
プリクラでサクッとピンサロの代用に
出会いバーにいる女をもっぱらフェラ援交に使っている。簡単に言ってしまえばピンサロの代用だ。
しかし、援交女のフェラ相場はだいたい5~8千円、ホテルが3千円と、普通に払っていたんではピンサロに行くとの大して変わらない。というか、むしろ高い。 これでは意味がないので、安くヌイてもらうためにも、交渉の際にはこの文句が必須だ。
「プリクラとかトイレでサッとヌイてくれればいいから」
中にはシャワーで洗ってもらわないと…と臆する女もいるが、ウェットティッシュで拭くからと言えば簡単に寝返る。そもそも、短時間で数千円稼げるんだから、衛生面さえクリアされれば向こうにしてもありがたい提案なのだ。この手法、ホテル代が浮くことはもちろん、公衆の場でフェラさせるドキドキ感も味わえて一石二鳥なので、ぜひどうぞ。
ハメ撮りをネットで売って小遣い稼ぎにも
裏モノ読者のみなさんなら、『FC2』や『Gcolle』といった動画販売サイトに、個人のハメ
撮りが出品されているのをご存じだろう。盗撮ではなく、ちゃんとカメラを向けて撮影された若い女のムービーなら、相場は1本980円くらい。自分も小遣い稼ぎにトライしてみたいと思っている方は少なくないのでは?出会い系バーは、そんなハメ撮り用女性を調達する場としても打ってつけだ。交渉の仕方を教えよう。まずは撮影のことを言わず、買う気まんまん。
「じゃあ2ってことで。いやー、いいコが見つかってよかったわ」
相手の鼻先に万札をぶら下げたところで、本題を切り出す。
「すごくカワイイんでお願いするよ。お金はプラスで払うし、マスクをしてもらっていいんで、プレイを撮影してネットにアップさせてもらったりできないかな?」
個人観賞用ではなく、ネットに公開したい旨はきちんと伝えておく。ダマし打ちはトラブルの元なので。
出会いバーに来る女は貴重な存在だ。
ホテルに連れ込むだけではもったいない。彼女たちを最大限に活かせる場所に連れて行くべきだとオレは考える。まず入店してこれぞという女とトークルームへ。女の質はそこまでこだわらないが、なんとなくノリの軽そうなタイプのほうが、その後の目的達成のためには好都合だと思う。そしてこの一言だ。
「ハプバーって知ってる? オレ行ったことなくてさ。よかったら2万払うし、一緒に行ってくれないかな」
知らない男とのハプバー遊びだなんて、なんとなく敬遠されそうなイメージがあるかもしれないが、きっちり援交代相場の2万を支払えば、このぐらいのハードルは簡単に超えられる。実際は、「ハプバーという言葉は知ってるけど、まだ行ったことがない」ぐらいの子が一番面白いけど、何度も行ったことのある子でも十分。なぜなら、オレの狙いはその女とのセックスではないからだ。いわばこの子はエサであり、ハプバー店内にいる別の子と絡むためのアイテムなのである。ハプバー経験者なら理解してもらえるだろう。単独男性として入店するのと、カップルで入店するのとでは、他の客と絡める確率に天と地ほどの差が出ることを。店に入ってからは、「僕の彼女、口説いてみてくださいよ」とカップル客に小声で持ちかければ、こちらも相手の女性とベタベタできる。援交女をエサに、普通のヤラシイ女を食えるというわけだ。それも、上手く行けば何人も。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内